みなさまお元気ですか?
忙しくて毎日明け暮れております。
ブログの更新もすっかり滞り・・・毎日書いていた頃が懐かしいです。

たぶん他の社労士さんも同じだと思いますが
この年度末から年度初めには手続きが集中します。
離職票も盛りだくさんで、なかなか処理できません

一番の優先は社会保険加入です。
先ずは健康保険取得が一番ですからね。
それに加えて、就業規則や助成金のお仕事が入ってくるので
半泣き状態です

助成金は年度が替わり、もらえる助成金の金額も変わりました。
驚くことに65歳超の助成金は4月いっぱいまでは以前と同じ条件での駆け込みが可能です。
諦めていたのですが、挑戦することになりバタバタです。

3月末も駆け込みしたので、二度とこんなことはやりたくないと思っていたのに
顧問先さんの資料が揃わないのでギリギリになりました。

でも助成金の入金連絡があると嬉しくなります。

バタバタしないでスマートに届け出が出来るように!
今年度は助成金の勉強をしようかなって思っています。

キャリアコンサルタントをいかした助成金も無事、計画の届け出が終了です。
もっと助成金を特化したいです。

そうそう、営業に来られている社労士さんがいらっしゃるそうです。
ううううぅ・・・営業は出来ないのですぅ・・・
ハングリー精神には欠けているので少しやばいかもしれませんが
負けないようにこちらも頑張る所存です。

社労士になっても日々、法改正や情報収集に明け暮れて
常に動き続けないといけないのは、少々しんどいことです。

受験生の皆さんはどんな社労士になりたいのでしょう。
どんな仕事がしたいのでしょう。
受験勉強も大事ですが、モチベーションアップのためにも
将来の自分を描いてみるのも良いかもしれません。

あと4か月です
何度かアップしている菅原院天満宮
IMG_4421_convert_20170409192318.jpg

社労士会研究会が始まるまで少し時間があったので行ってきました。
小さな神社ですが私にはご利益があり、気に入っている神社です。

天神さんにおなじみの牛がいました。
IMG_4422_convert_20170409192347.jpg
目が悪いので目をさすり、頭が良くなるようにと頭を撫でました。

IMG_4423_convert_20170409192445.jpg
こちらはおみくじ。
初めて見つけたので購入してみました。
が、ちょっとイマイチでした
可愛いんですが・・・。

社労士試験は実力はもちろんですが、運も大きく左右する試験だと思います。
特に選択試験はその傾向があると思います。
それで、いつも最後は神頼みでした

もちろん努力しないでの神頼みはダメだと思いますが
最後の最後に頼るのは精神的に少し楽になります。
かといって、ダメだったときに神様のせいにするのは間違っていると思います。

不合格だったことにも意義がある場合もあると思います。
私はそのおかげでたくさんの友達ができましたし、今もその友達たちのおかげで頑張れています。
だからいつも神様の選択が自分にとって悪いことであるわけではないのです。

でも、やっぱり頑張った結果を出したいですよね・・・。

試験をパスしないと次に進めない・・・
私はそんな気持ちでいっぱいでした。
一人取り残されていくような気持になったり・・・ネガティブでしたね・・・。

これからがしんどい時期だと思います。
頑張っている自分を褒めながら8月迄頑張ってくださいね。
応援しています。
この前、支部研究会がありました。
会場が変更になり約1年、私は前の会場の方が便利なのですが
これからも今のホテルになったそうで少し残念です。

外人さんが多いホテルのようです。
何が不満かって・・・事務所からの交通の便が悪いのと
家に帰るのにバスが間に合わず帰宅時間が30分も遅れること。
残念です

今回は10年年金の内容を詳しく教えていただきました。
年金は苦手なので、ところどころ「?」となることがあったのですが
勉強になりました。

4月からの法改正の情報もいただきました。
雇用保険の失業給付の所定給付日数が変更になるんですね。
受験生の頃、特定受給資格者の表を覚えるのに四苦八苦していました。
今思うと、丸覚えしないといけない意味が分かりません。。。
実際は表を見て確認しますしね。

覚えるのが苦手だったうちの一つが健康保険の高額療養費の表でした。
今では私の頃よりも多くなっているので大変ですね。

この4月からの助成金の変更も教えてもらいました。
両立支援助成金も申請予定で動いています。
キャリアアップ助成金も金額が変わりました。
目まぐるしく変わっていく情報に付いていくのに精一杯です

自分が知らないだけで、お客さんの方が知っているってことがあると、とても恥ずかしいので
社労士会で情報をもらえるととても助かります。

受験生の方々も模試の時期になりましたね。
自分の弱いところがわかるので、この時期に間違っておくこともアリかもしれません。
モチベーションを保ちながら頑張ってくださいね。

私も頑張ります!
年度末からこの4月にかけては手続きが恐ろしく多くなります。
雇用保険の取得は出来れば翌月10日までなので5月にしてほしいとハロワからの連絡が有ったりします。
そのせいか・・・電子データの戻りが遅い・・・

3月下旬からこの4月分までは年金事務所からも公文書が戻って来ません。
きっとすごい量になっているんだろうなぁと思ったりもしますが
国保組合の健康保険の場合、厚生年金の手続きが終わらないと健康保険証が発行してもらえないので困ります
なんとかなんないんでしょうかねぇ・・・。

私も年度末に旅行に行ったので、その前ギリギリに助成金の手続きをしました。
3月末で無くなってしまう助成金もあり、慌てて書類を作成したのですが
助成金センターもすごいことになっていました。

顔見知りの社労士先生たちにもお会いしましたし
滑り込み!状態なのかなぁと思ったりしていました。
(私も滑り込みです

就業規則と助成金のお話が多いです。
ココだけの話、両方とも好きな仕事じゃないのですが。

とにかく、離職票依頼が多くてさばけません
もう一人自分が欲しいです。
あっという間にもう4月です。
ついこの間、年が明けたと思ったらもう桜の季節なんですね。
早いなあ~~~

3月末から3日間仕事を休んで旅行に行ってきました。
四国の9名城すべてを廻るツアーです。

元々、歩くのが嫌いで階段が大嫌いな人間ですが
社労士友達に影響されてお城巡りにハマってしまいました。

今回は四国の社労士友達の住むところも廻りました。
同じ空気を吸っているのだと思うと、なんだか嬉しくなったりしました。
しっかりと四国内を廻ったこともありませんでしたので、とてもワクワクしました。

社労士の勉強をしなかったら、こんな気持ちにはならなかったと思うと
受験生時代が長かったことも、妙に嬉しかったりします。

旅行の間にも、同じ社労士会のお友達から
勤務社労士から独立開業するというメールが届きました。
良いなあ~って思います。
(実際は大変でしょうけれどね)

みんな頑張ってはります。

私は私で頑張るしかない!ですよね。
今年は年金と助成金も頑張ろうと思います。

そしてお城巡りも
今年度も頑張っていきましょうね~
またまた忙しくて、更新が途絶えました。
受験生の頃って、これにまだ勉強していたんだなって思うと
恥ずかしい気がします・・・

さてさて、少し前ですが労務相談に行ってきました。
これは一年に1回だけ、参加させてもらっています。

今回は派遣の相談もありました。
特定派遣が無くなるとのことで、一般派遣のみになるんですね。
派遣は苦手でしたので受験生の頃勉強したのに、すっかりと忘れていて一夜漬けで勉強しました。

労働条件のお話しなど、フルに対応したのですが
よくよく聞いてみると、まったく違う悩みだったり
今回は税金の相談にもなり、いくら知っているとはいえ、
この場では詳しくいうことも出来ないので、税務署に行ってくださいと言いました。

相談業務とは実際の相談もありますが、
その人の悩みを聞いて、どこに行ってもらえば解決するかを考えて
導いてあげることも一つだと思います。

年金の詳しい相談は、やはり年金事務所に行ってもらうのが一番です。
来られる方は、自分の考えが自分勝手なのか、それとも正しいことなのか
法律的にはどうなのかってところが気になるようです。

最後にはすっとして帰ってもらえるととても嬉しくなります。
いつもの事務作業も好きですが、人の喜ぶ顔を見るのも幸せな気持ちになります。

「どうして無料なんですか?」と相談料が要らないことに驚かれることもあります。
先ずは、社労士の知名度をあげること!
それが一番のような気がします。。。。←これは私個人の考えです。

間違ったことを話してしまわないようにと、そこが大切です。
労務ハンドブックを買おうかと、少し悩んでいます。
一冊あると、あとは法改正を書き込んでいけばいいし
持って歩くにも良いかなって思っています。

知識ってほんとドンドン無くなっていきます。
受験生のころが一番物知りでした。
やばいです。

今は年金の基礎をもう一度勉強しています。
今年は年金力を上げるのが目標で~す
第12回紛争解決手続代理業務試験の発表がありましたね。
試験を受けられた方々には長い月日に感じられたと思います。
お疲れ様でした。

合格された方 おめでとうございます。
桜が咲かなかった方 残念でしたね・・・でもまた頑張ってくださいね。
 
年々難しくなっていくようですね。
時間内にボールペンで字数を気にしながらの記述式での解答です。
とてもストレスがかかる試験だったことを覚えています。

取ったからと言って何かが変わることもなく
労使紛争になっても最後は弁護士さんに依頼されるので
私は一度も答弁書などを見たこともありません。

ただ、特別研修で勉強したことはとても参考になったと思います。
労使紛争にならないようにどうしたらいいのか
もし紛争になったらどうなるのかがわかるので、水際でとめることを考えるようになりました。
それだけでも役に立ったと思いたいです

社労士試験のマークシートもスピードとの闘いでしたから、結構しんどかったのですが
特定試験の記述式も本当に精神的にしんどいです。

でも、どんどん内容も難しくなっているようですので
受けようと思われる方は、ぜひとも頑張ってくださいね。
応援します!!!

さあ明日から3連休、
ゆっくりして素敵なお休みを
今日で事務所の確定申告が終わりました。
発送もすべて午前中に終了です。

ケーキをいただきみんなで寛ぎました。
ひと山越えました。
まだ1月決算の先があるので、担当者は大変です。
事務所は4月になってから、お疲れ様会となります。

これから私は大忙しです

さてさて、息子の労災障害の件ですが、ひとつ勉強になったことがあります。
皆さんはご存じだったのかもしれないので、知らなかったのは私だけかもしれませんが・・・。

労災の障害補償給付の請求時に診断書代の請求が付いてないと、労基署の方に言われました。
-----えええ???診断書代って労災から出るの?──
以前、自分の通勤災害で手続きをした時には(障害ではありません)
それにかかった診断書等は労災からは出ませんと言われました。

実際には被災をして、労災指定病院に療養の給付を請求し無料で診断・治療を受ける場合、お金は一円もかかりませんが、
労災指定病院以外に行って治療代等を一度自己負担し費用請求で給付を受ける場合、病院で医師の証明を受ける費用請求書の文書作成料は自費負担なんです。

今回の障害請求で、診断書が添付資料となっていて、費用が4,000円かかったのですが
以前のことがあったので、自己負担もやむを得ないなあって思っていました。
ところが、障害の請求時の診断書代は、労災の方から出るのです。

用紙は7号です。
ふう~んって感じでした。

労災は「〇号」って話をされますが、慣れていないとよくわかりません。
でもダラダラと正式名を言われるよりはわかりやすいです。

ってことで、もう一度会社の印鑑をもらわないといけないので
それがちょっとネックです・・・

でも4,000円返ってきたら、私は嬉しい~
お客さんの障害請求はしたことがないのですが
息子の労災の請求を自分で書きました。

1年半ほど前に職場での暴力により、眼窩骨折で手術入院した件で
弁護士さんから障害等級に該当するかもしれないからと言われて、請求することになりました。
以前にもそうかもしれないなと思い、労基署に尋ねてみたのですが
「電話では何も言えないので、まずは請求してみてください」と言われていました。
正直、診断書代も結構かかるし、辛いところで・・・そのまま放っていました。

今回示談するのも目的なので、弁護士さんとしては労災認定が欲しいそうです。
障害年金とは違い、結構簡単ですね。
どうなるのか、しばらく結果を待つ状況です。

しかし、本当に面倒です。
社労士さんに頼みたいと、その都度思います。

家の相続の登記も司法書士さんに頼んだので
費用は発生しますが、役所に行くこともなくすべてやってもらい助かりました。
そういう意味で"餅は餅屋"です。

社労士に頼むことで、依頼者が助かったな~っと思ってもらえれば
費用が掛かったとしても、喜んでもらえるのだと思います。
士業の仕事とはそういうものだと思います。

そのためにも専門家と呼ばれるのにふさわしくならないといけないなと
日々精進ですね。

障害認定おりると良いなあ・・・。
やっと時間が出来ました。
仕事で忙しく、家に帰っては自分の確定申告もしないとけなくて
バタバタしていてここにもなかなかこれずにいました。

昨日、e-TAXで送信しました。
毎年電子で送るので、住基カードも持っていたのですが
結局のところ、取得率はすごく低かったですよね。

今年からはマイナンバーカードに替わり、カードリーダーに差し込んで送りましたが、マイナンバーカードの利用は他にもあるのでしょうか・・・
疑問・・・

今年は労務関係の仕事が立て込み、あまり確定申告のお手伝いが出来ませんでした。
ぎりぎりになって助成金のお話が有ったり、普段の手続きに輪をかけて忙しいです。
まだ年度末にかけても忙しいようです。
ふう~(´・_・`)

今年は、キャリアコンサルタントのジョブカードの勉強が必要となります。
あとは、年金を勉強しなきゃなあと思っています。
資格のための勉強はもうこりごりなので、産業カウンセラーの講義を聴きに行ったりと
メンタル部分の勉強もやっていきたいです。

頑張らなきゃ

あと少しで新年度です。
気持ちも新たに頑張っていきます。

受験生のみなさんも勉強は進んでいますか?
いつも春ごろには予定が上手くいかず、模試が始まるとバランスを崩していた私です。
ライバルは自分自身。
合格通知をもらう自分を想像し、頭に焼き付けてくださいね。

北野天満宮
IMG_1_convert_20170312200254.jpg

IMG_3896_convert_20170312200320.jpg IMG_3903_convert_20170312200344.jpg
梅が綺麗でした。
先週、同志社大学で有った、中央労働委員会セミナーに参加してきました。

一部 働き方改革について
同一労働同一賃金/労働契約法20条
長時間労働の是正
解雇の金銭解決制度

二部 パネルディスカッション

先週よりも活発なパネルディスカッションでなかなか有意義でした。
同一労働同一賃金はこれからどういう方向にいくのでしょうか。
労働契約法とパートタイム労働法の兼ね合いもあり
正社員と非正規社員との処遇について悩むところです。
今回のガイダンス案では、手当も同じようにしないといけないとありました。
賞与もその対象になるのかならないのか・・・。

合理的な区別なのかそうでないのかの基準も、しっかりと決めておかないといけません。
経営者にとってしんどい法改正となりそうです。

解雇についても金銭解決を第一にするのが良いのか否か。
お金よりも地位確認で復職を求める人もあるだろうとのことですが
会社と揉めてもまた同じように働けるのかと、私は心配になります。

今回電通のお話も出ましたが、以前にも電通事件はありますし
そういう制度はなかなかなくならない気もします。
でも、私たちの若い頃に比べると、今は勤務時間も短くなっているし
残業についても厳しくなっているので、何が何でも仕事一途!ってこともなくなってきてはいるのでしょう。

それでも、その仕事をしなければ他の人が取っていく。
そう思うと無理してでもやってしまう。
それが日本人だそうです。

金曜日に少し早く帰ったら
「プレミアムフライデー?」と娘に言われました。
「ありえないし・・・」と思わず真剣にイラっとしてしまい、大人げなかったかと。

娘たちも職場で
「ありえないよなぁ」って言い合っていたらしいです。

早く帰っても仕事は残るだけで
他の日に残業や休日出勤になるだけです。
サービス業ならその分、売り上げが減るだろうし・・・ありえない。

でも、いつかはそういう時代がくるのかもしれないなと思うこともあります。
今は育児休業取得率も、有給休暇の取得率も増えてきているので良い傾向にはなっているのでしょう。

仕事とは楽しくするもので、人間関係のストレスもなくなれば
社労士もいらなくなるかもしれませんね。
その日が来るまでは、頑張って労使間が上手くいくように策を練ることを頑張ろうと思います。
先日、図書の案内が届きました。
普段ならスルーするのですが、今回はフト目についたので注文してみました。
値段も税抜きで2,300円とのことで、これなら払えそうです。

数日して届きました。
IMG_3885_convert_20170226181633.jpg

A5サイズなので持って歩きやすいです。
中はこんな感じで、クイズ形式です。
IMG_3886_convert_20170226181702.jpg

社労士ならすべてスラスラ応えないといけないレベルです。
見やすくなっているので、一般の方への説明には良いのかなって思いました。
もちろん、年金苦手な私にもわかりやすいです。

年金の本は結構購入しているのですが
時間がなくてなかなかゆっくりと読めません。
なので、バス待ちの時間などの読めそうなこういうサイズが良いのかもしれません。

そうそう、遺族年金って非課税なのであまりこだわらないのですが
健康保険の扶養を見る場合には、その金額も対象になると年金事務所の方がおっしゃいました。
その方は別居のお母さまを扶養に入れたいとのことでしたが
仕送り額は、遺族年金の額以上でないと扶養家族とはなれないとのこと。

驚きました。

確か収入額よりも多く仕送りしていること
と習ったと思うのですが、収入の中に遺族年金も入ることを認識していませんでした。

とは言うものの、75歳以上なら後期高齢者になるので
我が家は対象になりませんでした。

ほっ

年金の知識をもっと積まなきゃと思う毎日です・・・
本日、家に帰ったら届いてました。

キャリアコンサルタント登録証
辟。2鬘契convert_20170222215544

とても素敵です
去年もらった産業カウンセラーのほうも同じようなカードでした。

思えば社労士だけがなぜカードじゃないのか・・・
未だに用紙に写真を貼って、まるで学生手帳のような感じで、とても不思議です。

そして、この前気になっていたことが「ご案内」の中に書かれていました。
「この登録を受けたキャリアコンサルタントは、別途ジョブカード作成アドバイザーとして登録しなくても、ジョブカード作成支援を行うことが出来ること。ただし、養成講座を受けていない人、新制度に対応していない人は、オンライン等で知識を習得すること。」

仕事で必要なので勉強しないといけません。
あと少し、頑張ります

思えば、キャリアコンサルタントについてはずっともやもやしていました。
そもそも私の考え方が甘かったのです。

初めの予定では一般社団法人 日本産業カウンセラー協会の産業カウンセラー試験に合格し、その後、その流れで翌年の8月にあるキャリアコンサルタント試験を受けるつもりでした。

ところが私が産業カウンセラー講座に通っている時に、キャリアコンサルタントが国家資格になることが決まりました。
産業カウンセラー試験が年明けの1月で、本来ならその半年後のキャリコン試験でしたが、4月から国家資格になるとのことで特例措置で年度末の3月半ばに最後のキャリアコンサルタント試験が行われることとなったのです。

そのために、産業カウンセラー試験の受験申し込みの際、
同時にキャリアコンサルタント試験への受験申し込みも必須となりました。
いざ受験してみると達成感がなく、受験後、落ち込んでしまい
合格できないと勝手に思い込み、2月の発表を待たずにキャリアコンサルタント試験を諦めてしまいました。

これがそもそもの間違い

実際は不思議に合格していて、その合格発表から受験まで1ヵ月しかないので、今更、勉強なんて無理!と諦めてしまったダメ子ちゃんでした。
学科試験が無理でも、せめて実技だけでも受けていれば、協会内の試験ですから合格出来ていたかもしれません。
なのにそれからも逃げてしまったのです。

結局、友達が試験は落ち着いて4月以降に国家試験として受ければいいし
受験資格だけは取っておいたほうが良いよと教えてくれて、気持ちを入れ替えました。
そうでなければ、キャリコン養成講座に324,000円払って半年通わないと受験資格がもらえないのです。

せっかく、滑り込みで年度内に産業カウンセラー試験に合格したのですから、それを使わない手はない!
ってことでこちらも滑り込みで、急きょ臨時で行われたキャリコン特別講座に参加しました。
これも2月末と3月の各2日ずつの4日間、講座に通うだけで修了証がもらえました。

これでめでたく、国家試験を受けることが出来るようになったわけです。
友達に教えてもらえなかったら大変なことでした

初回の国家試験の1回目は6月でした。
実技試験で落ちてしまった私は、なぜ3月までの特例試験を受けなかったのか。。。
何度も何度も後悔しました。

その時受けていても合格出来ていたかはわかりませんが
とても後悔しました。
その"後悔"は今回の2回目の試験に合格するまで続きました。

やらなかった後悔は、やったことの後悔よりもずっと辛く苦しいですね。
なぜ、やる前から諦めて逃げてしまったのか。。。。

年々難しくなる社労士試験に比べたら大したことない試験でしたが
精神的にも金銭的にも負担の多かった27年、28年でした。

しんどかったです
もう、試験勉強は二度といいですわぁ・・・
最近、「助成金推進センター」とか「助成金支援センター」だとかの怪しい名前のところから連絡があります。
FAXでも堂々と送ってきます。

「社労士の先生方へ
助成金の手続きを待ってられる方がいらっしゃiいます。
その手数料を一割いただくだけで先生にその事業所を紹介します」
って感じです。

反対に、事業所には
「助成金を申請しませんか?
〇〇とか△△とかがもらえる予定です。
サポート代として◎◎円いただくだけで、御社に助成金が入ります」
という連絡がきます。

法人格なので調べてみると、堂々とHPに助成金代行って載っているので
驚いて支部役員の先生に聞いてみました。

はっきりと「それは社労士法違反です」とのお返事です。
「その会社に紹介されて代行する社労士も社労士法違反です」とのことですが
じゃあなぜ、そういうHPを載せてまでやる人がいるのだろう・・・って思うのです。

先日、キャリアアップ助成金の手続きで職安に行ったときに、そういうことを聞いてみました。
最近とても多いそうです。
事業所にFAXが流れてきて、その件で助成金センターや職安への問い合わせがよくあるそうです。
職安の方もおっしゃっていましたが、提出代行が出来るのは社労士だけですが
委任状があれば一般個人でも出来るとのことで、騙されないようにしてもらいたいとのことでした。

助成金って金額が大きいので、それに目を付けるのでしょうね。
正直、私は助成金が好きじゃないのですが
それに特化していれば、稼げるのかもしれません。

こういう制度を始めたいからというところから始めて、
それならこういう助成金がありますねって流れで有って欲しいです。

65歳超に定年を延ばせば120万の助成金がもらえる。
この場合、就業規則への変更が必要で、その時に社労士にその作業を依頼し費用を払わないといけません。
その領収書も助成金申請の時に必要になります。
事業所で直しておくだけではもらえない助成金です。

同じような感じで、キャリア形成促進助成金は、キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティングを受けないといけません。
このキャリアコンサルタントというのが、国家資格になったキャリアコンサルタントか、ジョブカード作成アドバイザーに限られるそうです。

この国家資格のキャリアコンサルタントというのが、この前私が合格した試験のことです。
でも試験問題にもジョブカードのことは出ませんでしたし
養成講座を受けていない私は、ジョブカードを見たこともありません。
それで不安になり、試験を受けた団体に問い合わせしました。

合格発表があってすぐに登録の申請をしたのですが、それが1月半ばでした。
現在、その登録証待ち状態です。
それがないと、この助成金のためのキャリコンである証明が出来ません。

先輩社労士さんに尋ねてみました。
たぶん私の今の資格でいけるのではないかとのことで少し安心しました。
また資格を取るための勉強は、これ以上無理だと思っているので正直焦りました。

その後やっと、団体からの回答があり
国家資格のキャリアコンサルタントであれば、今のままで大丈夫とのことでした。
ただジョブカードの勉強は自分でしておいてくださいとのこと。
確かにそうですよね。
知らないでは済まされません。

国家資格になる前にキャリアコンサルタント試験に合格されていた方々は、登録することで国家資格になるのですが、技能士としての資格をお持ちの方々はもっと難しいことも勉強されているので、今回の標準レベルのキャリアコンサルタントといういう位置づけはどうなんだろうと思うこともあります。

キャリアコンサルタントを国は増やそうとしているのですが
それよりもメンタル部分をしっかりと支えることが出来る人を、増やすべきではないのかと思います。
新しくできる公認心理師と臨床心理士に位置づけも微妙ですし
産業カウンセラーももっと微妙です

就業支援も大切ですが、心のケアをすることも大切です。

あ・・どんどん、それてしまってますが
キャリアコンサルタントと言う位置づけ、今の私にはとても落ち着かない状況です。

資格は取ったけれど・・・状態
何事も始めは初めてですよね。
そう思って、まずはやってみることにしようと思っています。

は~やくこいこい 登録証~

助成金って本当に奥が深いです・・・来年度は助成金をちゃんと勉強しようかなってことも思います。
縁あって、とあるNPO法人に参加することになりました。
もちろんボランティアですし、今までとこれからも変わりません。
参加し始めて半年ほどになりますが、人見知りするので少しずつみんなと話せるようになってきました。

代表の方はとてもパワフルで素敵な女性です。
先日も市民講座でお話しされていたので、聴きに行ってきましたが
とても分かりやすく丁寧に、自分が今立ち上げてやっている団体のことをお話しされました。

「みんなを支援しているつもりですが、反対にみんなに支援してもらってます」
その言葉が印象的でした。

私もいつもみんなにパワーをもらっています。

そこでは社労士の知識と、カウンセラーとしてこられた方々のメンタル部分も担当します。
世の中に必要だと思ってもらえることがとても支えになります。
っていいつつも、まだ何にもできていないんですけどね。

会場が今までのところが借りられなくなったので
因幡堂(平等寺)というところを借りることになりました。
それでみんなとご挨拶に行きました。
IMG_3853_convert_20170212224034.jpg

街中にひっそりと佇んでいますが、たくさんの方が来られていて驚きです。
それほど大きいお寺ではないのですが・・・。

なぜか文鳥です。
こちらは朱印帳
IMG_3855_convert_20170212224101.jpg

可愛いので文鳥のお守りを買ってしましました。
IMG_3858_convert_20170212224128.jpg
このほかにもシナモン文鳥などもあり、4種類の文鳥お守りが置いてあります。

ご住職ともお話したのですが、そのお部屋に置いてあったのがコレ
IMG_3859_convert_20170212225429.jpg
ブスの25か条です。

一枚いただき、さっそく家に持って帰り何気に置いておくと
子供たちに反応アリ。

娘は嫌味かぁ~と言いつつ、顔のことじゃないのかと納得。
息子は読んでみて、性格ブスのことやなと一言。

読んでみれば、時折身に覚えのあることもあり
まだまだ性格ブスのようです
気をつけなきゃと反省しきりです。

人との出会いは必然だと思っています。
無駄な出会いは絶対にありません。
出会うべくして人は出会う。

何のためにその人と出会ったのかと考えると、わかってくることもあったりして
いつも必ず、出会いの大切さを感じています。

これからも、小さなことを少しずつやっていきます
労使関係セミナーに行ってきました。

以前も受けたことがあって、今回も中央労働委員会さんからの案内で参加してきました。
今回は滋賀県庁内で開催されました。
方向音痴の私は、県庁までは行けたのですが、その後、県庁の中で迷子になり、3人の方に聞きながらやっとたどり着きました

今日のお題は
職場のセクハラ・パワハラ
~ハラスメント法概論と凡例の傾向~

講師は同志社大学教授 吉川英一郎先生
以前にも同志社大学でのセミナーを聞きに行ったことがあり、わかりやすくて良かったです。
今回もどんどん進められて、途中でついていけなくなりそうでした。

偶然、前の事務所で一緒だった友達社労士さんも来られていて
有意義な半日でした。

二部構成で、その後はパネルディスカッションとなっているのですが
私はあまり好きではありません。
それよりも講義を受けたいタイプです。

セクハラ、パワハラ、マタハラ、アカハラと最近いろいろなハラスメントが勃発します。
事業主さんて本当に大変だなってことを改めて思いました。

セクハラとかでも、被害者が加害者を訴えるだけでなく
被害者が雇用者に使用者責任・配慮義務違反・労働契約違反等で訴えるそうです。
判例集をいただきましたが、被害者と加害者よりも被害者と雇用者の多いこと・・・。
めちゃくちゃ驚きです。

雇用者が自分は悪いことしていないとしても
職場内でハラスメントがあった場合は、訴えられる可能性は十分にあるということです。
怖いですね・・・

判例についてのお話もありましたが、一審から最高裁までで一転二転することも多く
裁判の大変さを感じます。
儲かるのは弁護士さんだけ。

社内恋愛とセクハラの違いは?という質問に
職場の相談係が従業員へのアドバイスとしての一言が強烈に印象的でした。

「社内恋愛とセクハラの違いは誰にも分らない。
別れることになり腹立ちまぎれに、セクハラだと訴えられても
二人の関係がセクハラでないということを立証することは大変難しい。
付き合っていると思い込んでいただけかもしれないし、
本当のことはわからないから。
だから必ず従業員に伝えてください。
社内恋愛はリスクが高いということを。
上手くいかなかったらセクハラで訴えられる可能性もあるということを知って付き合ってくださいと。」

なるほどねぇ・・・。
職場恋愛OR不倫の代償は大きいってことですね。

特定社労士になるための勉強時に判例集を買いましたが
そういえばどこかに置いたきりで読んでもいなかったようです。
今日いただいた吉川先生のたくさんの著書の中からの判例の抜粋が充実していました。
時間を作って読んでおこうと思います。

来週は、同一労働同一賃金等のセミナーがあります。
楽しみです。
一年に一回の成年後見人更新研修がありました。
朝から夕方まで6時間びっしりです。

養成講座を受けたのが去年ですからもう1年。
見事に忘れています。

少し前に顧問先さんの方に、患者さんの成年後見人を付けたいのだけれどと、
問い合わせがありましたが上手く断った感じでした。
本当なら私がやります!とか社労士会で受けたいです!とかいうべきでした。
正直、面倒だしなぁって気持ちがないとは言えません。
反省です。

今回の研修でも、親族後見よりも第三者後見の方が増えているとのことでした。
一人住まいのお年寄りも増えているので、成年後見人は必要だと思います。

午前中は司法書士さんのお話をたっぷりと聞きました。
専門職と言われるのは、弁護士・司法書士・社会福祉士だそうで、それ以外の士業は専門職とはならないとのこと。
税理士さんも参加されていますが、イマイチのようです。
それに加えて、最近は行政書士さんの参加が顕著で、すごく頑張ってられるとのこと。
社労士はなかなか難しいようです。

京都では今まで3回の養成講座があり、計100人超の方々が受けられているのですが
今回来られたのは60人ほどでした。

登録してもなかなか後見人になるまでのハードルが高いようです。
昼からは実際に後見人になられている社労士さんのお話と
地域で社労士の認知度を上げるために奮闘されている先生方のお話でした。

午前中の司法書士先生もおっしゃっていましたが
法定後見人としては社労士は無理だろうから、任意後見人のほうを頑張ってはどうかと。
確かに裁判所が後見人を選ぶのですが、先ずは専門職と呼ばれる士業の方々を選ばれるのでしょう。
もっとニーズがあるのかと思っていましたが、そうではないと知り驚きです。
実際に成年後見人を付けた方が良い方々も多いのに・・・。

でもよくよく考えてみると、成年後見人がなぜ必要となったのでしょう。
昔は禁治産と言ったそうです。
まったくそういう制度がなかったわけではないのでしょうが
今ほど、一人暮らしの方々が多くはなかったのではないでしょうか。

お年寄りがいても、その財産を守る子供が同居していて
騙すような人が来ても追い払えました。
でも今は、お年寄りを騙してお金をとろうとする人が来ても、誰も守ってくれる人がいません。
施設に入ることになっても、契約してくれる人いなかったり
その費用の管理をする人もいない・・・。

悲しい気持ちになります。

そもそも、自分の父がアルツハイマー型認知症と診断されて
この先どうしたらいいのだろうと思い、
成年後見人になるためにはどうしたらいいのだろうと養成講座を受けたのですが
我が家のように母がいて、私たち家族が同居している場合は、必要ありませんでした。

独りっきりの方の場合は、成年後見人がお葬式をあげて斎場まで行き
お骨を一人で拾ってお寺に預ける…というところまでされたようです。
でないと、誰もしてくれる人がないからだそうですが
なんだかとっても寂しい。。。

実際に子供に障害があって、親が死んだ後のことを憂い
成年後見を付けるというのはよくあるのですが、
核家族になることで、お年寄りを守るために成年後見人が必要になるというのは
世の中の常とはいえ、ちょっと寂しい気持ちになります。

認知症が増えていくことでこれからももっと必要になるのでしょうが・・・。

成年後見人制度について考えるときに
いつも私は気持ちが暗くなります。
私だけかなぁ・・・。

この日は、とても雪が良く降っている日でした。

二条城 北大手門
IMG_3851_convert_20170210231753.jpg
以前も書いたことがあるのですが、年金事務所との間で「別送届」いうのがあります。
初めて知ったのが東京の某年金事務所から連絡があったときですから
ほんの1年ほど前のことです。

電子申請でデータを送っても、対象となる従業員さんの名前が
電子に対応していない"髙"や"﨑"だったりする場合に、
関西ではその人のみ、用紙での決定通知書が事務所に届きます。

ところが東京ではすべて事業所に届きます。
提出代行の証明書を添付し、電子署名を付けているにも関わらず
電子申請側の理由でその字が対応していないからというので、事業所に決定通知書が送られます。
算定基礎や月額変更や賞与の時がその対象となります。

おかしいですよね。
何のための電子証明書?
何のための提出代行?

その時も随分と年金事務所に対して奮闘しましたが、「東京の決まり事です」の一点張りでした。
事務所への決定通知書発送を希望するなら、年金事務所あてに”別送届”を提出しないといけないのです。
東京ではそれが周知されているのです。

それが、なんと京都にも飛び火したようです

少し前に開業社労士の元に別送届の用紙が届きました。
算定・賞与・月変の決定通知書を事務所に届けてほしい時は
付箋やメモ書きではなく、正式に別送届を提出するようにとのことでした。
新規の資格取得届については今までどおりで、メモ書きでも事務所に送ってくれるそうです。

驚いて事務センターに問い合わせましたが
今のところ東京のように電子申請の場合まで対象とはならないようで
電子申請の場合は、メモ書きも別送届も必要なく決定通知書は事務所に送ってくれます。
ただ、いつかは東京のようになるかもしれないとのこと。。。。

納得いかない・・・。

東京の場合、賞与支払届は顧問先さんが出され、算定や月変などは事務所でする場合
別送届を出してしまうと、先方が提出された賞与支払届の決定通知書まで事務所に届きました。
なんだかなあ・・・って感じです。

年金事務所への電子申請の場合、すべての書類が電子署名が必要です。
それも一つずつ付けないといけないのでめちゃくちゃ面倒です。
電子申請することで処理が煩雑になったり、決定通知書が遅れるなんて変な話です。

それに比べて雇用保険関係の処理の早いこと!
朝に送った離職票が昼過ぎ、もしくは夕方には返ってきます。
簡略化を目指しているとのことで、必要書類も最小限になったり郵送ではなくPDFで良かったりと
とても考慮されています。

年金事務所の管轄は時代に逆行していて、とても残念

電子申請ってどれくらいの方が利用されているのでしょうか。
上手に使えばとても便利です。
ソフトがなくても出来ますし、郵送料がかからないのは何より素晴らしいことです。

そのためにも行政はもう少し考えてほしいと思うのです。
行政への意見交換募集の際には、いつも要望を出すのですが
電子については中々・・・です。

電子申請を上手に利用して手続きに時間がかからないようにし、
顧客への気配り対応に対して時間を取れるようでありたいと思うのが
私の意見デス。。。

ちょっと過激な別送届反対派でした
昨日は支部研究会がありました。
本年度もあと一回で終わりです。
以前は毎月あったのですが回数が減ってしまって、物足りなく思います。

夏過ぎからいつも使っていたホテルが改装のため使えなくなり
御所の向かいにあるホテルで行われています。
私としては今のホテルは行くのにも帰るのにも不便なので
元に戻してほしいのですが、どうなることやら・・・

参加することで勉強になることが多く、知らない情報を教えていただいたり、
自分が困っていることを相談してアドバイスもらったりと
とても有意義な夜になっています。

今年から給与支払報告書を紙で出す場合には
個人事業主だとマイナンバーの確認書類が必要になり
マイナンバー通知カードともう一つ本人確認の出来るものが必要とのこと。

実際どれだけの先が出されているのでしょうか?
市区町村もそれを求めないところがほとんどですが、
「番号法の決まりなので」とあくまでも確認書類を求めてくる市区町村があり困っています。

支払調書でもマイナンバーを拒否する方が多いです。
実際に、マイナンバーの扱いが煩雑であるにも関わらず
拒否した人へのペナルティがないとはおかしな話です。

印字してあるマイナンバーの確認書類が必須で求められるなら
書くのを辞めようかとなっても、仕方がないのでは?
マイナンバーがあることで扱いがややこしいなら、マイナンバーを書かなければややこしくない。
おかしな話です。

研究会ではほかに、年金加入10年での受給が始まるとのことで
こちらも色々と新情報を聞きました。

年金マスターの先生方はほんとうによくご存知です。
私も勉強すべきかと思う反面、もう今更いいや・・・って気持ちも大きくて・・・
年金は国民みんなが対象になるので、勉強するに越したことはないのですけどね。

最近忙しくて月間社労士も読めていません。
旬の情報を入れないといけないので、少し反省しています。

いつまで経っても勉強ですね
年金は奥が深いです・・・。
今日は大阪でした。
IMG_3827_convert_20170129214612.jpg

iDE社労士塾のセミナー&合格祝賀会&新年会参加です。
セミナーは岩崎先生の"同一労働同一賃金の基礎知識と社会保険労務士の役割"
これからは特別条項の36協定を交わしても残業時間の制限が入るだろうし
いろんな意味でも規制が厳しくなってくるだろうとのことでした。

ぼ~~っとしていたら、労基署にガッツーンといかれますね。
注意しないといけません。
法改正をしっかりと見ていないと危ないことになりそうです。

でも毎回思うのは合格していて良かったということです。
もうすでに知識の劣化が半分以上ですから、年々ややこしくなっていく情勢に受験生なら絶対についていけないと思うからです。
今年の合格者も少なかったのですが、それでも難関を突破した方々は素晴らしいと思います。

IMG_3828_convert_20170129214635.jpg

その後に始まった合格祝賀会&新年会では、顔見知りの方々がいっぱいでとてもリラックスしました。
久々に関口先生とお話をしました。
やっぱり優しくて素敵な先生です。
通信だったので関口先生の年金を受ける機会がなかったことはとても残念です。

もちろん、井出先生と写真を撮ってもらいました
どんな時もニコニコされて嫌な顔をされません。
誰かにとって特別でもなく、みんなにやさしい先生です。

その後はクイズゲームがありました。
IMG_3835_convert_20170129214712.jpg

12_convert_20170129220702.jpg

塾のテキスト10冊が欲しかったなあ~
テキストと過去問など一式で7キロ分をもらった人がいました。
羨ましい~

iDE社労士塾はやっぱり素晴らしいと思います。
予備校を変えて良かったなと思います。
法改正セミナーが一年に一回、塾長の講義が受けられて
時折、その他のセミナーも受けられて、こういったイベントもあっていつまでも繋がっていられる。

一緒に頑張っていた友達たちとも会えるし、また新しい出会いもあり
満喫して帰ってきました。

最後になりましたが、同じライターだった青空さんが合格です。
オフ会では来年頑張るよ~っておっしゃっていたのに、救済もなく合格でした。
ほんとうに喜ばしいことです。

合格された皆様、本当におめでとうございます
毎年のことながら、1月は大変忙しく
それに加えて、父の行事が入ったりして忙しさに追われています。
ただ一つ救われているのは、受験勉強をしなくても良いことかなぁ
去年の今頃は大変でした・・・。

産業カウンセラー試験を受けられた方はいかがでしたか?
学科はすでに終了されていて、実技で終了となりますね。
実技免除の方は、すでにほっこりされているのではないでしょうか。

受験された方は2月の結果発表を楽しみにしていますね。

さてさて、私はこの数日ちょっといろいろとあり
凹みまくっております
やはりこういう仕事は向いていないのかと、改めて感じている次第です。

やっとアップする元気が出てきたって感じでしょうか・・・。
ここでは詳しく書けないので、リアル友達の方はお会いした時にでもきいてやってください

明日は大阪でiDE社労士塾の法改正セミナーと合格祝賀会&新年会です。
大好きな井出先生のお顔を拝顔し、元気パワーをもらってきます。

出席予定の方々、どうぞよろしくお願いいたします。
仕事で東京へ行ってきました。

何度も書いていますが、恐ろしいほどの方向音痴です。
トイレに行ったら、どっちに出るのかわからなくなるほどのレベルです。
それでも、この10年で年金事務所やハローワークへ行くことが増えて、一人でいろんなところに行けるようになりました。

スマホのおかげも半分以上あるのですが・・・

行きのJRで前の事務所の女性と偶然席が向かいになり
「縁だよね~~~」とlineの交換を始めました。
最近こういう機会が増えてほんとうに驚きます。

人と人とのご縁は宝物ですね。

でも「はるさんがひとりで東京???信じられない!」ってまた言われたし・・・
ほんとに京都駅でさえわからなかったんですよね・・・。
それがなんとなんと、一人で東京です。

社労士の勉強をしだしてide塾に替わってから、大阪に行くことが多くなり
その次は東京にまで進出出来ました
たくさんの友達が出来て、東京に行くのがとっても楽しみになっています。

これも一つのご縁です。

東京の友達の社労士さんに、以前ブログに書いていた別送届のことを聞きました。
電子で届け出処理していても、文字が電子申請に対応していない場合
例えば「髙」という字などは決定通知書を公文書で返送できないため、用紙での発送となります。
京都であれば、用紙が事務所に送られてきます。

ところが東京は、わざわざ「別送届」を出さないと、すべての書類は事業所に届きます。
そして顧問先さんに事務所宛に郵送してもらうか、取りに行くかしないといけません。
めちゃくちゃ面倒です。

提出代行の意味がない・・・。
いろいろと地域制があるんですね。

今回、年金事務所でついでに別送届の用紙をいただきましたが
算定基礎の場合は、また別の別送届を出さないといけないとのことでした

今回は東京だったけど、北海道とかに顧問先があって
助成金の申請でどうしても行かないといけなかったりしたら
とっても嬉しいかもな~~~なんて

実際は北海道なんてありえないですけどね。

新幹線から見た富士山がとっても綺麗でした。
IMG_3787_convert_20170124223004.jpg
仕事が半端なく忙しく、例年になく仕事の進捗度合いが遅れています。
焦る・・・
ってことでなかなか更新が出来ず、もやもやしておりました。

実は先日めちゃくちゃ驚いたことがありました。

助成金の申請に行った時のことです。
元々助成金は苦手で、お電話での問い合わせなどでも助成金センターの方々にはお世話になっておりました。
助成金も簡単なものもありますが、結構面倒なものもあり、
おまけに地域によっても許容範囲で許されるものと、絶対にダメなものが違っていたりするので右往左往しております。

その日もドキドキしながら行きました。
-----いつも年配の方が多いのに今回は若いなあ-----
と思いつつ書類を渡し、少し遅れて名刺を渡しました。

するとその方が「え?」って顔をされてジッと顔を見つめられました。
「〇〇会社の?」と独身の頃勤めていた会社の名前を突然言われ、私も「はあ?」って・・・。
担当の人の名札を改めてみてみたら、な、ななんとお友達だった元経理マンです

めちゃくちゃびっくりしましたよ~~~

「昨日、寒中見舞い届いてたわ。お父さん亡くなったんやね」と言われ、
「懐かしいわ、その声。変わってないね」ととても懐かしくて…泣きそうでした。

会社を辞めてからも、同僚や後輩たちと1年に一回は会っていたのですが
そのうちに忙しくなり、会う回数も減り、そういえばもう十年ほど会っていませんでした。
「一度仕事で事務所に電話したことあると思う。もしかしてって思ったけど、まさか社労士になっていたとは・・・」と驚かれました。

でも私だって、会社で経理をしていた彼が今やそんな固い仕事をしているとは驚きです。
私たちが出会った会社は今はもうありません。
本当にみんなが仲良くて、一緒によく遊びに行ったものです。
私の青春時代でした・・・。

年賀状ではいつも連絡を取り合ってはいても
こうして実際に偶然会えることに、お互い「縁があるよねぇ」って言いあいました。
その日は窓口当番ではなく、たまたま混雑してきたので出てきてくれたそうです。

人と人とのご縁とは本当に不思議なもので
どこかで必ず繋がっているのだと思います。
出会える人とは必ずご縁がある。

そう思うと、今の出会いも大切ですね。

たまたま、社労士の勉強をしたことで出会った友達
たまたま、ブログを始めたことで出会った友達

誰かと出会ったことでその次の出会いが生まれる。
私を介してまた次の出会いがあるのも嬉しいことです。

来週はiDE社労士塾の祝賀会&新年会です。
最短最速ライターとして出会ったお友達も祝賀会に出席されます。
本当に喜ばしいことで心から嬉しく思います。

受験生のお友達たちが全員、合格しサクラ咲かせてもらえるのを楽しみにしています。
ご縁があって出会ったのですからこれからもずっとお友達でいてください。

そしてまた、
どこかで偶然会えるかもしれませんね。
人生ってなかなか素敵なものです。

私は遅咲きでしたが皆さんのおかげで今とっても楽しいです。
毎日がとっても忙しくて、ブログの更新もママならず
やっと本日、疑問に思うことがあるので書かせていただきます。

父の年金の振り込みは10月に有ったきりで、入金の口座が凍結し止まっています。
10月分から12月分までの入金が未支給年金になるのですが
この分はすでに母の口座への振り込み手続きは1ヵ月前に済んでいますが、一向に振り込まれない。

年金事務所に問い合わせをしたようですが、入金は2月になるとのことでした。
実際には半年ほど、年金の振り込みがないってことになります。
我が家は私たちと一緒に住んでいるので、すぐに何かに困ることはないのですが
老夫婦だけで、家の家賃とか払っていたらどうなるんでしょうか・・・。

それに加えて、入っていた父の施設の支払いも請求が来るわけで
どうやって支払うの?って感じです。

一番おかしいって思ったのは
葬儀費用がそのあとのお逮夜を含めた支払すべてクレジットカードが使えないこと。
四十九日の法要費用も終わったらすぐに支払いです。

父の死因は肺炎でした。
たまたま、数か月前から父がよく肺炎になると連絡があったので
母がもしものためにと、手元に少しお金をおろしておりました。
それでなんとか今のところ工面しているところです。

我が家はお金持ちではないので、何十万となると大金です。
お墓も買うとなると、何百万とかになってくるわけですが
この費用さえ銀行が口座を止めてしまうので出すことが出来なくなります。

なのに年金の振り込みが半年ほどないなんて、信じられない状況です。
これっておかしくないでしょうかぁ

銀行もある程度のお金は出せるようにすべきだし
年金も未支給年金の支払いはもっと早くにすべきじゃないでしょうか。

我が家も今のところ夫婦で働いているのでなんとか過ごしていますが
ダンナの退職金で家のローンを完済予定になるため
老後は貯蓄ゼロからのスタートです

明日は我が身・・・めっちゃ不安です

すみません、
以上、愚痴でした
先日、社労士会の賀詞交歓会がありました。
前回参加したのは社労士制度45周年記念の年ですから、しばらくご無沙汰しておりました。
今回は思うところあって、私にとっては高額な会費を払っての参加です。

知事や市長他、衆議院議員、参議院議員の方々
行政の偉いさん方と、来賓の方々の方が多いのでは?と思うほどでした。

相変わらず、前原誠司氏は素敵です
同じ世代とは思えない・・・。

行政の方々のご挨拶を聞いていて、雇用情勢が回復しているようですね。
人手不足だというお話もありましたが、それは介護などの福祉関係が顕著らしく、まだまだ業種によって差はある気がします。

社労士は政治連盟の加入率が高いようです。
京都は会長である、堀谷先生がいらっしゃるので、ひときわ政界の方々との関係も密な気がします。
政連に加入することに、初めの頃は納得いかない気持ちもありましたが
雇用の改善という意味で、社労士として必要な法案を通してもらうことも考えると
政界の方々との関係も、良好であるに越したことはないのではないかと思ったりもします。

でも個人的には政治には興味がなく、政治家は苦手ですが
時折、こういう場に顔出しするのも良いのかもしれません。
でも気持ち的に、毎年はしんどいです。

次は50周年です。
合格発表が年末だったので、年明けまで待っての申請となりました。
入力フォームから入力し、データを送った後出力し
9千円の収入印紙を貼って、簡易書留で発送です。

中に入れる書類としては、住民票も必要になり
休日でも発行してくれるところで取ってきました。

その後、審査があり、連絡が入れば手数料を払って登録終了となるようです。
手続きは産業カウンセラーのほうが簡単でした。
やっぱり国家資格だからでしょうか、ちょっと面倒でした。

住民票を取って気づいたのですが、私の本名は少し漢字が違います。
すでに書類がすべて出来上がっていたので、とりあえず送ってみましたが
再提出になる可能性も大・・・

名前って、違っているととっても面倒です。
社会保険の取得時も電子申請だと「髙」も「﨑」も使えません。
これって普段から使う文字なのに、電子申請時にはエラーになります。
マンション名にある、アラビア数字も使えませんし

私の名前を付けてくれたのは、今はもういない祖父ですが
存命中に名前の漢字のことを聞いたことがあります。
はっきりと祖父は「そんな漢字は使っていない」と言いましたので
役所の方の字の書くときの癖なのではないでしょうか。
一度改名してもらえるのか、区役所に行ってみようと思います。

思えば産業カウンセラーも4月に登録しましたが
その後、何の講座にも参加していないので、このままでは5年後の更新は出来ないようです。
それまでの間に有料講座に参加し、ポイントを集めないといけないようです。
・・・そんなことも知らなかった私です

どんな資格でも取っただけでは、どんどん忘れていき、使えない"死格"になってしまいます。
社労士も同じですね。
会費を払って社労士会に入っていれば、研修会の案内もありますが
登録されていない場合は、知識が薄れていかないように、知識担保が必要です。
そういう意味ではiDE社労士塾はOB会に入れば、法改正講座や個別の講座があるので素晴らしいと思います。

年一回の法改正講座では井出先生にお会いできるし最高です

そういえば成年後見人の担保研修も2月に予定がありました
もうすっかり忘れてます・・・。

キャリアコンサルタントの資格もせっかく手に入れたので、ただのお飾りにならないように活かさないといけませんね。
今年は資格を少しでも活かせる年にしたいものです。
身体の体内時計が狂ってしまうほど、よく寝たお休み期間に影響され
いつもの出勤時間に起きられなかった私・・・

それでも何とか暗いうちに起きました
今日から仕事です。

まだ年末調整も残っているのですが、身体と頭がついて行かない・・・。
そんな状況ですが、なんとか頑張ります

去年の年末父が亡くなり、年賀状を出せなかったのですが
喪中葉書も作成できる時間がなく、いつも通りに友達からいただいた年賀状がとても嬉しかった
自分が出さなくても、こうして出そうと思ってもらえる年賀状。
とてもありがたく思えます。

1年に一回だけでも便りがあると、元気でいることがわかり安心します。
家族の写真やペットの写真もほのぼのしていいなあ~
今年は酉年で、12年前は家のペット全員の写真をはがきに載せたよな~ぁと懐かしく思えました。

もう12年も経ったのかぁ・・・とそれにも驚き。

新年のご挨拶って喪中の人はどうしたら良いのかと
ふと、立ち止まります。

仕事では新年のご挨拶をするのですが、先方に不幸がなければいつもどおり
「あけましておめでとうございます」って言わなきゃならない。
別に、言いたくないわけではないので、良いのですが
とにかく挨拶が苦手な人なので、出来れば普通でスルーしたい気分です。
毎年、10日くらいまでは近所の人にも会いたくない心境です。

挨拶苦手~~~

そうこうしている間に、またもや3連休ですね。
昨日テレビでやっていたのですが、今年は土曜日に祭日が重なるのが4日もあるらしく
週休二日制の人はその分お休みが減るようです。

インタビューで、ダンナさんとか子供さんは「とても残念」と言っていましたが
奥さんは「ラッキーです。少しでもダンナには仕事に行っていて欲しい」とおっしゃってました。
ううう・・・これ実感かも。

息子は飲食業なのでお休みはとても少ないです。
有給もほとんど使えません。
それを思うと、私はお休みが多い方です。

感謝しなきゃ・・・。

そうそう、息子のお店には有名人がよく来るそうです。
昨日も、芸能人が来られて写メを送ってくれました。
京都ではなかなか芸能人を見ることがないので、結構反応します。

めっちゃミーハー ← 死語?

さあ、今年も仕事を頑張ります。
みなさまも頑張ってくださいね

この1年、良い年でありますように

受験生のみなさん!
今年の合格目指して頑張っていきましょうね
年が明けました。
新しい一年がスタートです。

今年は社労士だけでなく、他の資格を使って何かをチャレンジしたいと思っています。
といいつつも何ができるのかわかりませんが、
新しく何かをチャレンジしたいと思っています。

元々、人見知りで出不精なところがあるので
知らないところには行かないし、新しいことにチャレンジするのは苦手です。
でも、今年は違う自分でいたいと思います。

もちろん仕事はしっかりとやっていかないといけませんし
そのための勉強も必要です。
そうなると自分への投資も必要になってきます。
めげないで頑張ります。

皆様にとっても素晴らしい1年になりますように
今年もよろしくお願いいたします。
今年もあと一日となりました。

今日は私の〇回目の誕生日でした。
もうこの歳になるといくつになるのかわからない
最近は子供の歳をきいて生んだ歳を足すということになってます。。。

今日は父のお墓を見に行きました。
両親と私は名字が違うので、将来のことを考えて
結局樹木葬という簡単なお墓に決まりました。

私も自分の分を購入しておこうかと思い、悩んでいます。
子供にお墓のことで負担に感じさせたくないのです。
聞くところによると、そういう方が今は多いそうで、樹木葬が人気のようです。

喪中はがきも多くなっていますので、そういう年代なんでしょうね。

仕事が忙しい中、この12月はいろんなことを決めないといけなくて大忙しでした。
それでも、元気で年末を迎えられることはありがたいと思っています。

ペットが二羽も亡くなったり、父の死があった28年でしたが
誰しもが越えていかないといけないことなのですよね。

生きているといろんなことがあります。
仕事の不満があるかと思えば、仕事のやりがいも感じたり
人間関係が嫌な時も、友達に癒されて人の良さを感じることもあります。
プラスとマイナスがあってうまくいくのではないでしょうか。

同じ一日を過ごすなら、ネガティブになって、いつもだめだと落ち込むよりは
そんなときもあるわと開き直って、楽しいことを探すのも一つです。

また、来年も落ち込んだらココに書き込み愚痴をこぼし
気持ちを入れ替えて頑張っていこうと思います。

こんな私ですが、なにとぞ来年もよろしくお願いいたします。

一日早いですが、今日で今年の更新は終わりにします。
お忙しい中、ここに来ていただきコメントを残してくださる方には、心よりお礼を申し上げます。
いつもその言葉に支えられてきました。
独りじゃないと思えることは何よりも幸せです。

ありがとうございました

皆様も良いお年をお迎えください。
仕事納めの一日前に、キャリアコンサルタント試験の合格発表がありました。
HPで受験番号を確認したのですが、見つからず・・・・
1回目の試験の時にも、同じ顧問先さんへ向かう地下鉄の中で番号を確認しました。

学科試験は合格したけど、実技試験には何度探しても番号がなかった前回。
持ち時間を5分以上も残してしまったことでパニックになり、
不合格かもなって思いつつも期待していたので結構へこみました。

ジンクスを破るべく、今回はそれ以上は深追いしないことにしました。
受験番号の中にある「O オー」と「0 ゼロ」が分からなくて、見つけられませんでした。

この前の実技試験中、相談者役の方との実技面接をしている時に
「私はなんどやっても無理かもしれない。同じようにしか対応できない。」と思ってしまってました。
この私の対応を評価してもらえないとしたら、次受けてもきっと同じで合格できないだろうし
もう不合格でも受けないでおこうと、家族にも言っていました。

学科試験なら、勉強すればできるようになりますが、実技ばかりはどうしようもありません。
長期の実技講座を受けていない私は、これ以上どんな対応をして話をすればいいのかわからない。
私の性格も変えられないし、持って生まれた感情的な喜怒哀楽が激しいところも直らない。
だから自分が出来ないことが歯がゆくてどうしようもありませんでした。

面接試験って胃に悪いです。

今回の結果は、精神的に大きな意味がありました。
それなのに27日発送とのことなのに、28日も届かないし
29日もやっと届いたのは、仕事に行っていた夕方でした。

結果はどこを見ればいいのかわからないほど、見るのに時間がかかりました。
めちゃくちゃドキドキ

実技 論述 A 
面接 (態度A ・ 展開B ・ 自己評価A) 合格

やったあ~~~
がやっと咲きました。

でも前回に続いて、展開がB評価。。。

1回目の試験で、産業カウンセラー時代から一緒だった友達が合格し
「もうやめようかなあ」って思っていた私に
「やめようかなって思っているかと思って・・・」と自分が勉強した実技試験のテキストをくれました。
もし、その時に諦めていたら合格は出来なかったですよね。

今回もネガティブな性格なので、もうやめようって思ってました。
やっぱり大事なことは、”続ける”ってことなんですね。
「不合格の三文字を合格の二文字にする!」
そのために、またブルーになりそうな受験生としての日々が続くとしても頑張るしかない。
それって結構辛かったんですよねぇ・・・。

仕事をする上で社労士が必要であり、
社労士として仕事をする上で特定社労士になれば、仕事の範囲が広がると受験しました。
そして、産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格が、社労士にとってより役に立つことを知り、再び勉強を始めました。
思えばこの4年は社労士後の学習の年でもありました。

「願い事が叶うからやってみて」と友達が送ってくれたスマホの待ち受けをいつも見ては
願掛けしたいくつもの神社のお守りを多数持って歩き
願い事の叶うという念珠を持って試験に臨むなど
今回の実技試験についてはゲンを担ぎ、良いと言われることはみんなしました。

でも、それもこれでやっと終わりです。
勉強が嫌いなので、もうやりたくない
ゆっくりと映画を観に行ったり、好きな本を読んだりして過ごしたいです。

応援いただき、ほんとうにありがとうございました。
心よりお礼を申し上げます