毎年恒例のオフ会日程が決まりました。

10月26日土曜日 夜

参加してみようかなって思われる方は、コメント欄からご連絡ください。
連絡先のメルアドも載せてくださいね。
もちろん非通知でお願いします。

最後に、スーさ~~~ん
連絡ください。
メルアドエラーになります
今日は夕立もなくとてもカラッとした良い天気でした。
少し早く大学についたので人も少なくてちょっとのどかで得した気分でした。

とても緊張していました。
ただの試験監督なのにね・・・慣れません。

午前の選択式はまだしも、択一試験の長さは半端ではないですね。
本当に何年もよくぞ受けていたものだと改めて感じます。
座っていてもしんどいし、立ったままでは足が痛いので教室の中を歩き回ります。
いろんな方がいらっしゃるのだと感じます。

用紙を配るときに頭を下げてくれる人、回収するときもありがとうと言ってくれる人、
トイレに付き添うだけでお礼を言われたり、すみませんねと謝られたり、
みんな本当に良い人ばかりです。
ほんの少しの間の出会いですが一日中ずっと傍を歩いていて頑張っている姿を見ていると
合格して欲しいなあと思います。

いろんな人生があって今ここにいる。
そして受験というイベントで一つの部屋に集まって出会う。
この日のためにいろんなことを我慢して、努力して、頑張ってきてこの場所にいる。

終わったらまた日常が待っているんですよね・・・。

70歳代の方もいらっしゃいます。
ご家族の応援もあるでしょう。
答案用紙を一生懸命読んでられる姿に、合格してねと思いました。

受験生のころは自分のことに精一杯でまわりなんて見えません。
きっとその時の試験監督の方々も同じことを思ってくださっていたのだろうと思います。

監督主任の先生が最後にアドリブで「お疲れさまでした」という言葉の前に少し言葉を話されたのですが、やはり早く帰りたいものなのですね、最後まで聞いて席を立ってほしかったなと、少し残念でした。
一人でも多くの人が合格してほしいと私たちは願っています。
一緒に社労士会で出会いたいです。

本当に本当にお疲れさまでした。
ゆっくりと休んでくださいね。
いよいよ明日は社労士試験日ですね。
受験生にとっては長い1年だったと思います。
京都の予想はなんとか天気が良いようです。

今日はゆっくり休んでください。
明日は実力をすべて出せるように頑張ってくださいね。

何がなんでも合格する!そんな気持ちは必要ですが
それがプレッシャーになっていませんか?
少し力を抜くのもありだと私は思います。

今年ダメだったらしばらく勉強はやめよう。
数年経ってそれでも自分にとって必要だと思ったらもう一度勉強しよう。
そんな風に思った年に合格しました。
なので、「できた!合格かも!」なんて気持ちは全くなく
まただめだったなぁ・・・と思って採点もしなかった年でした。

プレッシャーに弱い私にはそういう考え方があっていたのだと思います。
何が何でもと自分をぎりぎりのところまで追いつめてできる人は
自分に厳しくしてください。

そうでない人はプレッシャーにつぶされないように自分に甘くても良いと思います。
応援してくれる人の気持ちを考えすぎてしんどくなったり
家族の期待を一身に受けることでしんどくなっては
実力が出せません。

私の好きな言葉です。
ケ・セラ・セラ

この世は、なるようになるという世界だから、
自分の意思こそが物事に意味を与えるものなのであり、
どうせ定まっていて変えられないものなら自分の信念こそがすべて。

過去や現在に憂慮してその気持ちばかりにとらわれていたら、
その気持ちでしか世界が見えない。
だから過ぎたことも先のこともくよくよ考えないで、
おおらかに構えてほんのり前向きな気持ちであれば、
そう信じたように世界は見えてくるしなっていく。

精一杯努力しないことは問題外だけれど
頑張ったことには必ず結果があって、それはどんな結果であってもその結果には意味がある。
そう思います。

私も明日、試験会場に行きます。
ファイト!
毎年恒例の大文字の送り火の際に燃やしてもらう護摩木を書きに行きました。
それぞれの場所で保存会の方々が割り木や護摩木を用意してくださり
それを購入し「無病息災」「家内安全」などを書き、奉納します。

ところが今年は台風10号の影響で15日は中止となっていました。
わざわざ銀閣寺の坂を上がって行ったのに・・・。
市内は雨も降っていないし、風もそんなに強くなかったのでとても残念です。

ところがなんと、保存会は中止でしたがその横の
【浄土院】というお寺で護摩木を書かせてもらえるとのこと。
せっかくここまで来たのだからと、勝手なものでそちらでお願いすることにしました。

初めて入りました。
IMG_9763_convert_20190815201903.jpg

IMG_9765_convert_20190815201917.jpg

仏足石
IMG_9762_convert_20190815201937.jpg

他も撮りたかったのですが人がいっぱいで撮れませんでした。
残念。

母は元々この近くに育ったのでこの辺りは遊び場だったようで
よく知っていました。
子供の頃は銀閣寺の疎水に入って遊んでいたとか…今では考えられません。
それでも緑がとっても綺麗でした。

金閣寺よりは銀閣寺が好きです。
なんか落ち着きがある気がします。

京都は16日までがお盆です。
夏も終わりです。

今年は台風が無事通り過ぎるのを待ちます。

受験生の皆さんもあと少しです。
最後の粘りがものを言います。
ぜひとも頑張ってくださいね。

私も試験監督で参戦します。
頑張りましょうね!

五山の送り火に祈ります。
先週、社労士試験の全体会議がありました。
これも何度目だろう・・・と思いつつ会場を見渡すと顔見知りのお友達が声を掛けてくれました。
大原時代に一緒に勉強したお友達です。

他にもiDE社労士塾時代のお友達もいました。
なんだかとっても嬉しいです。

同じ部屋の中には毎年初めての方がいらっしゃいます。
初めてってことは不安だろうだなって思いました。

去年よりは受験生は少し増えたそうです。

私たちがすることは、受験生が書いた答案を一枚残らずセンターに送るということです。
受験生は頑張ってほしいと思っています。
この1年の成果を思う存分発揮してほしいものです。

そして、将来一緒に社労士試験監督をしましょう

夏は本当に暑いです。
体力を温存し、しっかりと戦えるよう頑張ってくださいね。

応援しています。
社労士会の同じ仕事をしている支部の先生方との懇親会がありました。
何気に堀川通を走るバスに乗ったのが失敗でした。
この日は祇園祭の後祭りのためお神輿などが都大路を通ります。

堀川通はまったく動かず・・・

普段15分ほどで行けるところが1時間ほどかかり、運転手さんに途中で下ろしてほしいというと、バス停以外では下ろせませんとのこと。
以前、東山通りを南に下がるバスに乗っていたら、祇園さんの辺で渋滞し
運転手さんの判断で普通の道で下ろしてもらえました。

なのに、この日の運転手さんはダメだという。
急行バスだったので延々バス停に着きません。

やっと次のバス停に着いた時には遅刻状態で、そこからタクシーを拾いなんとか到着です。
京都はメインがバスなので渋滞した日には最悪のシナリオです。
オフ会の前に京都見学をしていて開始の時間に戻ってこれず、大変なことになったこともありました。
帰りの新幹線やJRに乗る時には、バスは危険です。

少し話がずれましたが、そんなこんなで懇親会が始まりました。
派遣アドバイザーの話も出て、去年参加された先生方の努力を聞き
社労士も営業をするのだと驚いたものです。

社労士会もいろんな事業を手掛けているのですね。
でもそれも地域によって違うのでしょうね。

元々、偏食大魔王ですし、お酒も飲めないので食事会は苦手です。
これからはこういう機会も増えるのだと思うと、ちょっとしんどいです。
この日は同じ支部の先生方だったのでとても楽しかったのですが
人見知りをするので知らない先生方とは出来れば避けたいところです。

・・・・といいつつ、大人だしそうもいかないですね。。。

いろんな人とすぐに親しくできて楽しめる性格になりたいです。
算定基礎届提出期限の7月10日が過ぎましたが
まだやってます(;^_^A

この時期、本当に忙しいです。
労働保険から始まり、賞与支払届と算定基礎届、そして他には納期特例がありました。
その合間には助成金がいくつかあり、例年通りひとりだったらきっとこなせていなかったと思います。
去年のこの時期、本当に大変でしたもの・・・

今年は私の後任者が居てくれるのでずいぶん助かっています。
ほんと、よくひとりでやっていたものです・・・。

後輩はまだまだ経験が少ないので、顧問先さんとの関わりが上手くないのですが
これは年数を重ねていけば自然と出来るものだろうし、後は仕事へのやるきかなぁぁぁ・・・。

今の若い人はやりたくない仕事はしないようです。
仕事は頑張る必要がなく、嫌な仕事を我慢してまでする意味がないそうです。

驚いています。

やりたくないことでも、苦手なことでも失敗しながらでもやっていけば必ず身になるものだし、自信もつくし仕事の幅も広がります。
そうやっていろんなことが出来る人間になっていくのではと思うのですが、どうも今は違うようです。
世の中変わりました・・・。

努力することをしない、やりたいことしかしない、
そんな人ばかりになったら日本はどうなるのかと思うことも有ります。

私は私。
それって違うと思うのですが・・・。

仕事への考え方が変わっていく昨今、社労士という立場でのアドバイスも変っていかざるをえないのでしょうか。
昭和の人間は昭和の働き方しかできないです。
昭和は人が温かかったと思います。
他人の子も同じように注意しました。
今は注意しようものならお母さんが怒ってきますよね。。。。

学生時代に先生に叱られて廊下に立たされたのが妙に懐かしく感じるときがあります。
それが良いとは言わないのですが、良いことと悪いこと、羽目をはずしても良いこととやってはいけないことの区別がつかない世の中なのかと思うことも有ります。

こんな風に思うのも歳がいった証拠ですね。

事務所での忙しい手続き作業がいつか懐かしいと思うのでしょうね。
悔いのないように精一杯燃え尽きようと思っています。

算定基礎、頑張ります。



早速、新人研修なるものがあり、心得などをお聞きし
会長や他の先生方とのご挨拶もあり、半日が終わりました。

役員て大変じゃん・・・

それが実感です。

私にとって一番大変なのが政治連盟のお仕事です。
今回の参議院選挙の公示日には参加しないといけないとのことでした。
社労士法は議員立法で有り、議員さんのお力があっての今があるとのことです。
そういわれればそうなんですが、もともと全く政治に興味がない身としては
どなたが立候補しているのかさえも分からない状態でした。
お恥ずかしい。。。

他にも各委員会に少なくとも二つは入らないといけなくて
そちらの活動にも参加し、かつ、会としてのお仕事もあるわけです。
はあ・・・

会長のお言葉でなるほどと思ったのです。
社労士の仕事を例えて、畑を耕して実を作り刈り取ることをする。
役員理事というのはそのために、畑を探したり、作ったり、
作物を作れるように準備することだとのこと。

なるほどねぇ。。。そのとおりです
縁の下の力持ちです。

社労士試験にも強制参加となります。
私としては受験生のみんなと同じように緊張し、闘う気構えを感じられる、教室での試験監督が良いのですが、本部になります。
用紙を数えて準備したりなどの本当の裏方です。
(それが嫌だというわけではありません。)

ただ今回初めて知ったことが多くて
こんなにも役員の先生方が知らないところで動いてくださっていたのだと、驚くと同時に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
報酬もなくボランティアです。
それなのに貴重な時間を使って裏方作業をしてくださっていたのかと思うと、少しでもお手伝いをすべきかと思いました。
でも、今は事務所の仕事も忙しいのでしんどいのですが。。。

取りあえずはやるっきゃないですね。

最後に会長がおっしゃいました。
会員の規範になるようにと。
その心構えで頑張っていきます。
タイトルどおりですが、当たり前のことですが苦手です。
特に歳をとると守りに入りたくなります。
今さら新しいことをして失敗をしたくない・・・なんてね。

でもこの前、75歳までなんでもやってみる!とおっしゃった先生のお話がずっと心にあり
私も頑張ってみようかなと思ってきています。

先ずは仕事を辞めたら顧問契約考えてますという嬉しいお話。
新しい分野でやってみませんか?という勧誘のお話。
社労士会の役員の件。
そして突然舞い込んだ講師依頼

どっひゃ~~~

人前恐怖症の超あがり症の私にありえない・・・
おまけにパワーポイントさえ使えないし(;^_^A

参加しているNPO法人の方に依頼があったそうです。
げげ

目立つのが大嫌いなんです、人の後ろに隠れていたいタイプです。
なのになのに・・・。
仕事の幅が広がるよと言ってもらいました。
確かにね、そのとおりです。

でも気持ち的はすっごく嫌・・・。出来ればやりたくない。

仕事も去年とは違っていくつか依頼されている仕事があり
先日も支部長からの依頼がありました。
とにかく知らない人とは話したくない人なのでお腹が痛くなります。。。

これからは知らない先生方とも出会いますし、労務相談等にもいかないといけなかったり
そう思うととてもしんどいです。

正直、面倒なので投げ出してしまえば楽になれるよなとも思うのですが
そうもいかず・・・。

事務所でも新しい人へ仕事を教えることでストレスを感じています。
今までは一人で時間のやりくりをしてきた身としてはしんどいのですが
教えられる人はもっとストレス感じているでしょうね。

皆さんは新しいこと好きですか?

今は娘の転職と一人暮らしの準備で忙しくしています。

一度に今、すべてが来ているのでへとへとです。
これが来年になれば実を結ぶのでしょうか。

投げ出せない以上、やるっきゃない!
やるなら精一杯やるっきゃない!と言い聞かせています。。。。
でもネガティブな私はすぐに愚痴ってしまうのです。

すみません。

辛い時になるといつも思いだす言葉
「今頑張らずにいつ頑張る」
何度かここでも書いていますが、若い頃に勤めていた会社の社長が大好きだった言葉です。
一休さんで有名な紫野大徳寺の大仙院の和尚さんのお言葉だそうです。

頑張るしかないですね。
法改正ゼミに行ってきました。

毎回のことながら大阪での夜の講義はキツイです。
終わるのが9時半なので家に帰るのが11時半になります。
それも上手くJRに乗れたとしてです。
乗れなかったら12時ごろになってしまいます。
毎回、先生の終わりのお言葉をいただくと同時に部屋を飛び出し
大阪駅まで猛ダッシュです。。。
一度受けたことはあるので、来年は東京で受けようかなと先生に相談してみました。

法改正の時だけでも先生にお会いできるので嬉しいです。
お話ししたくてもお話しする用事もなくて、いつもただ遠目に見ているだけですが
ちゃんと私の名前を憶えていてくださるのは何よりも嬉しいことです。
それだけで十分かなぁ・・・

今年の法改正の内容より、去年のほうがしんどかった気がします。
それでもだんだんと使わない知識の回転数が悪くなっていて
先生がお話されることの内容について行くのがいっぱいいっぱいで
頭の中が整理できません。
ちゃんと勉強していないといけないなと思います。

先生のお話に何度も笑いました。
やっぱり関東よりは関西のほうが受けがいいのでしょうね。
こうして法改正講座を開いてもらえることは何よりも嬉しいことです。
費用も安いですし本当に助かっています。

iDE社労士塾にしてよかったなと思います。
受験生の皆さんもあと少し頑張ってくださいね。
そして来年の法改正ゼミでお会いしましょう。

お互い頑張りましょうね。
私は政治が嫌いなので
今年の参加は政連が終わってからの参加と思っていたのですが
支部長からNGが出ましたので初めから参加しました。

思えば・・・初めてかも(;^_^A
政連も本会総会も同じことをします。
でも規模が違う。

衆議院議員の先生方も続々と参加されてすごいことに
そういえば、初めて賀詞交歓会で政治家の皆様を拝見し驚いたものですが
今ではすっかり慣れてしまいました。

やっぱり前原さんは男前なんて不届きなことを思っておりました。
知事も市長ももちろん他士業の先生方も来られます。
初めての先生は気おくれがするとおっしゃっていました。

今年は記念行事も終了し、会長が交代されました。
私が社労士になってずっと内藤会長のお顔を拝顔しておりました。
いつも笑顔でお優しく私は癒されておりました。。。残念です。

おひとり、大好きだった副会長もおやめになりました。
その副会長の先生は新人研修の時に初めてお話をお聞きし
ずっと憧れておりました。
本当に素敵な女性です。

残念です。。。。

私も役員をするということで他の方々に「大変だね~」と言われていますが
何が大変なのかもわからない
先輩方には、とにかく周りを見て同じように動くこと
一人で勝手な振る舞いはしないことと訊きました。

どうも聞くところによると、私の一番苦手な人間関係で苦慮しそうです
お世話をすることや、雑務をすることなどはまったく苦になりませんが
みんなと同じようにするとかいうことは苦手です。

飲み会も不参加だし、行きたくなければみんなが集う場所にも行きません。
正直めちゃくちゃマイペース人間なので困りました・・・・

でも帰りにとある先生と一緒になりました。
まだ開業したての50代半ばの女性です。
なんとか資格が取れたので、それを生かして75歳までは頑張りたいとのこと。
年金の知識や労働問題もまったくもって知らないけれど
知らないと言っていたら何も出来ないからと、行政協力で窓口で勤務されることになりました。
とある行政では、資料もご自分で作成しセミナーもされるとか。

す、すごい!

私は自分に出来ることしか手を出さない人間です。
自信もないし、自分を守ることが一番になっています。
でもその先生は違う。
なんでもチャレンジしてやってみる。
そうしたら実力はつくのだからと努力されます。
「わからない」とか「できない」とかいうことは言いません。

すごいです、本当に。
こんな風になりたい!と思いました。

なかなか急には変われないのですが、
これからはなんでも声を掛けてもらったらやってみようかなと思いました。

総会の後の懇親会では、かつての受験仲間や友達たちとも会えるので楽しいです。
今はバリバリ活躍されている友達を見ると羨ましい気持ちになるのですが
努力をすれば必ず何か得るものはあるのだと思うと
何もしないでただ毎日を送ってきた自分が恥ずかしく思います。

そろそろ引退かな・・・と思っていたのですが
もう少し何かをやってみようかなと思ってきました。

でも何をしよう???

そんな気持ちになる一日でした
初めて支部のレクリエーションに参加しました。
今までは行っても居場所がない気がしたり、浮いてしまうのではないかとか
なんで来たの?なんて思われないかとか
いろんな思いがありました。

今回、支部長や他の先生方からもお誘いがあり参加したのですが
正直楽しかったです。
普段の研修会や懇親会でも他の先生方の雰囲気はとても良く
悩むほどのことでもなかったのですが・・・。

こう見えて、人見知りします。

そんな風に思われたくないので無理に、はしゃいだりするのですが、それがまたしんどい。
それでも元々寂しがりなので誰かと一緒が好きってタイプなんですが
かといっていつもべったりはしんどくてダメなのです。
本来はひとりでいたいけど、ひとりが寂しく感じられるので人恋しくなるって感じでしょうか。

会の中では女性はやはり群れますね。
同期の方々でどうしても仲良くなるようです。
先輩方のグループと後輩たちのグループ。
私は同期の先生がいないので、両方を行ったり来たりという感じです。

本当に楽しい一日でした。
お昼ご飯もホテルで美味しくいただきました。
親睦委員の先生方のおかげです。

会も運営するにはこういう縁の下の力が必要だと改めて感じています。
社労士合格者が減っているので、幹事や役員をしてくれる先生方が居なくなっているともおっしゃっていました。
この6月で改選となります。
支部幹事も代わりますし本部も代わります。

いよいよ月曜日は総会です。

先日、なんとかアドバイザーの説明会がありました。
社労士会のほうから行ってほしいと言われて参加したのですが
何が何だかからないままでしたが、帰り際には何となく趣旨が理解できました。

偶然、同時合格した友達が来ていて、聞くところによるともう5年もやっているとのこと。
ええ~~~~って感じです。
ようするに顧問社労士が居ない企業が、困ったときに相談できる社労士に訪問してほしいという感じです。

一番向いてないし・・・(;^_^A

わが支部のメンバーを見ると、開業間もない先生方が多かったです。

最近、会の運営に関わらせていただいているのですが
いろんな事業があるのだなあと驚いています。
見えないところでたくさんの先生方がいろんなことをされているのだとわかり
頭が下がる思いです。

社労士試験監督などもそうです。
朝早くから夕方遅くまでお手伝いしてほんとうに疲れます。
問題用紙や解答用紙を数えることも結構大変ですし、机の上のシールを貼ったりはがしたりも大変です。
ただ受けるだけだったことがとても大きなイベントだったけれど
裏方は裏方で大きなイベントでへとへとに疲れます。

やってみないとわからない。
本当にそのとおりです。

これから事務所を辞めて、家で仕事をやっていく上で
時間が取れると思うので、会のサポートメンバーとしてやっていこうと思っています。

でもどうなることやら・・・ハラハラ
風邪もマシになってきたので予定通り、キャりアコンサルタント更新研修に参加してきました。
今年はこれで4回目になり、これで次の更新までのノルマ達成です。
ネットで他の団体も探したのですがなかなか取れないので、ほとんどが産業カウンセラー協会の講習になりました。

知識講習8時間、実技講習30時間
結構きつかったです。
時間もお金も

これで終わったと言っても、また次の更新をしたら同じように更新研修が待っています。
なんだか更新研修のために資格を取ったかのよう。
これってなんだか変だな。

いつも隣の部屋では養成講座が行われています。
少し覗くと、満席の様子。
たくさんの人が勉強しています。

年に3回もある国家試験ってちょっと変な気がするし
そんなにたくさんの合格者が居るのに、実際活躍している人はどれほどいるのだろう。
今回も参加者のほとんどが、ハローワークやすでに就職支援をしている方ばかり。
「実際には仕事をしていません」とおっしゃる方も多いのです。

本当に変。。。

これって初めからブログでつぶやいていますが
変だと思うのは私だけでしょうか。

協会の先生は、国家資格のキャリアコンサルタントが一番上だと言いますが
実際の産業カウンセラーの時の先生に言わすと首をかしげます。
やっぱり技能士のほうが上じゃないのって。

国家資格のキャリアコンサルタントは、どうも国にそそのかされている気がしてなりません。

臨床心理士という資格は民間資格だけれど
国家資格として公認心理師が出来ましたが、
これもはっきりとした線引きがないまま医師の指導の下、
動くことになるための公認心理師という資格が上になるのかもしれません。

資格の上下って変だなってことを思いますが
看護師だって正看と准看の違いはあるのでそういうものなのかなぁ・・・。

やっぱり国家資格が一番上になるのでしょうか。

いろいろと思い悩む私です。

今日の更新研修は女性対象の案件だったので興味深くできました。
更新研修でお会いして顔見知りになった方もいらっしゃいました。
いつも思うことですが、参加される方はほんとうに良い方ばかりです。

キャリアコンサルタントという資格がこれからもっと必要とされる資格になることを願って、最後の更新研修を終えました。
以前から癌患者の働く上での支援をしているとお伝えしていました。
団体が個人化ならNPO法人となり、スタッフも充実し知名度も上がり
理事長はいろんなところで講演をしています。

が、しかし・・・私の未熟さに改めて気づきました。

私の40年来の友人が癌になったと訊いたのは
もう一人の友人からです。
1月に京都に来た時に教えてくれました。

二人は愛知の方で、若い頃私が勤めていた会社の関連先の職員さんでした。
当時の担当者が私を可愛がってくれ、その二人とのご縁を繋いでくれたのです。
会うのは3年ぶりだったり5年ぶりだったりと、それでも繋がっていた仲です。
二人が結婚したと言っては家に呼んでもらったり、写真をみると懐かしくて懐かしくて・・・。

今回、すごく悩んでやっと決行するまでに4か月かかりました。
間に合わなかったらどうしよう…と思いつつもどうしていいかわからない・・・。

結局、その彼女のお家に寄せていただくことになったのですが
3年ぶりに会った友達は、元々細かったのですがより細くなっていました。

病状などは敢えて書きませんが、本人が一番つらいのに
一番たくさんの笑顔をくれました。
私と言えば涙ばかり・・・。

まったく・・・支援しているなんて恥ずかしくて言えません。
仕事なら客観的に見れても、実際に身近にこういうことがあると
こうも動揺するのかとお恥ずかしい次第です。
結局は心から支援できていなかったのだと反省しきりです。

癌になっても今は死ぬ時代ではありません。
でもそのためにお金をすごく使います。
そして身体も痛めてしまいます。
再発の不安にさいなまれて毎日を送ります。

あくまでも他人事でした。。。。
(もちろん今でも自分自身が癌になったわけではないので他人事なんですが・・・。)

いつも京都に来てもらっていたので、今回訪ねて行ったのですが
もっと頻繁に顔を見に行こうと思っています。

何年経っても友達は友達。

仕事での支援のようにはいかないけれど
それも私なのかと無理はしないでおこうと思います。

私は検査もいかないので実際はどうなのかもわかりませんが
検査で防げるものは防ぐべきだという友達に言葉をしっかり受け止めなきゃと思ったわけです。

いつか、癌で亡くなる人がゼロになる日が来ればいいなと思います。
そしてこれからも社労士として、両立支援にもっと心をしっかりといれて対応していこうとも思いました。

「泣いていても変わらないなら、笑っていようよ~」
友達の言葉です。
早いもので新元号になり、もう5日も経ちました。
電子申請も5月になったら仕様チェックプログラムを更新するようにと連絡があり
用紙のデータも変わるんだろうなと、また一から保存なのか・・・と重い気持ちでいるとことです。

そんなこんなで始まった10連休ですが
一日目は社労士会の用事で出かけました。
その翌日は、家族と買い物に行き、また翌日には久々に竜王アウトレットに行ったのですが、これがダメだったようです。

実はその1週間ほど前から風邪気味で咳をしたり、のどが痛くて辛かったのです。
その日も、まあいつもの風邪だと思っていたら
夜から悪寒がし、身体の節々が痛くて動けなくなりました。
GWだからどうしようかと・・・。

とりあえず、翌朝HPをスマホで観ながら開いているところを探しました。
いつもの耳鼻科へ行くとなんと70人待ち
1時間で10人ぐらいなので7時間後ですねと言われて愕然・・・

もう一件、いつも行っている医院にかろうじて滑り込んだのですが
11時には別の用事があったので、診察予約をキャンセルし夜にお願いすることにしました。

結局、診察してもらったのは夜の18時ごろ。
それまで家で寝ていましたが、本当にしんどかったです。
インフルエンザの疑いまであり、検査をされて別室で待機。
それすら座っていられなくて横になりました。

結局は普通の風邪だったようですが、飲み薬を10種類1週間分もくれました。
しんどかったので薬の説明もあやふやで、覚えていない状態。
それでも「お腹を壊すかもしれないので下痢止め5回分出しとくね」と言われたのには驚いたのです。

今日で6日目。
本当にお腹が痛くなりました。。。。

なんで?

あんなにたくさんの薬を飲んだから?

しんどくて、娘にききました。
どうやら、抗生物質は長い期間飲み続けるとお腹にくるようです。
知らなかった・・・。

いつもは風邪の時には抗生物質を出されてものみません。
ウィルスなのに菌の薬なんて意味がないと思うからです。
内科医はすぐに出しますが。。。

でも今回は風邪をこじらせて寝込んでしまう状況だったので、言われるまますべての薬を飲んでいました。
朝、昼、晩、寝る前と袋に入れないとわからなくなるほどの量です。

その甲斐があり、起きられるようにはなったのですが
鼻水、痰のからんだ咳はなおりません。
少し動くとしんどくなるのでどこにも行けず最悪の休日です

お腹を壊すのは一番辛いので、今日で抗生物質は止めました。

知らなかったなぁ・・・。

でも本当にこんなにたくさんの薬が必要だったのかと疑問に思います。

連休明けはまた忙しくなるので、早く体調を整えないといけません。
お城にも行きたかったのに今回はどこにも行けず残念です。
元気が一番だと本当に思います。

みなさんもこの連休いかがお過ごしでしょうか。
今日の夜は、勉強会のみんなと食事予定なので、まだ完ぺきではないのですが、参加予定です。

健康が一番。
改めて感じたお休みでした
先日、支部会がありました。
役をしているといろんなことで勉強になります。
でも、もともと人見知りをするのと、人間関係が上手くないので
支部に馴染んでいるかというとそうでもないのでそれはそれでしんどいです。

他の先生方のように、誰かと仲が良かったり、だらだらと話したりするのが苦手なので
用事が終わったらさっさと帰ります。
呑めないので二次会も参加しません。
私よりも後に入られた方々のほうが、先輩方と距離が近くなられていて
羨ましいなと思うのですが、
付き合いの悪さが原因だと思うのですが、こればっかりは性格なのでなかなか・・・。

次の年度はもう少し大きな役を仰せつかっているのですが
果たしてどうなんだろうと思うのです。
お手伝いすることはなんでもするのですが
どうも人間関係が不安です(-_-;)

難しいですね。
合格したらしたで次のハードルがあって
それにはまた次の人間関係がある。
そこにも上下関係があって、その中で上手くやっていかないといけない。。。

合格後はなんといっても、経験がモノを言うと思います。
知識は情報をいれることで入るのですが、実務はそれだけではないのですから。

年を重ねていくことで、どんどん不安になっていきます。

それでも頑張るしかないと思うのですが・・・。
新年度なのに少しナーバスです。
1年ぶりの産業カウンセラー時代の先生方と仲間たちとの食事会でした。
今年は参加者が少なくて少し残念でしたが、その分いっぱいお話が出来て中身の濃い時間でした。
先生方とのお話はとても有意義な時間です。
そして参考にもなります。

あれから4年かな。
毎週毎週、本当に7カ月よく頑張ったものです。
グループのメンバーも癖のある方もおられず
先生にも恵まれて、いつの間にか親近感が芽生えていました。

人見知りをする私がひとりでよく参加したものだと
今更ながら驚きます。

資格をとってそれを生かすのも大切ですが
そこで学んだことはとても重要なことだと感じています。
(キャリコンはあまり意味がなかったですが・・・)

あれから結婚した人、新しい仕事についた人、転職した人、子供の受験で忙しい人、親御さんの介護がある人と、それぞれ今はいろんな事情があって会えなくても、毎年食事会をやっていれば誰かがいけるときに参加してくれた良いよなって思うのです。
せっかく出会ったご縁ですから。

社労士オフ会も同じです。
勉強していなくても良いのです。
このブログで知り合った人たちが、ご縁があって出会ったのだからその絆を深めたいと思うのです。
無理はしないで参加できるときに参加しようって思ってもらえたら嬉しいです。

大原の食事会も然り。

たくさんの人の中から出会えたってことは、縁があるのです。
その縁を大切にしたいと思います。

産業カウンセラーで勉強した”傾聴”はすべての人間関係にも有効です。
人の話をただ聞くのではなく、真摯にその人の気持ちに寄り添い耳を傾け聴くこと。
その人の歩いてきた人生を、考え方を否定しないで受け止めること。

簡単そうで難しい時があります。

これからも日々勉強です。
机に向かうだけが勉強じゃないと思います。

すぐに自分の物差しで測ってしまうので、そうならないためにも
心の勉強が必要です。
1年に1回のこの日は、私にとっては心が浄化される日なのかもしれません。

かといって、仙人のようにはなれませんが・・・(;^_^A
臨床心理士の娘が精神保健福祉士という試験を受けると以前書きました。
私がお城旅行に行っている日に発表がありました。

社会福祉士を受けた友人が合格したとの連絡が入り、
試験科目がダブっているので試験日が同じ日でした。
きっと発表も同じ日だったような・・・と思っていたのですが一向に連絡がなく
落ちたのかなと思っていたら、合格の連絡が翌日届きました。

ホッとした~

結構スリリングな毎日を送っていたので、家族としてはピリピリしている娘の様子に一喜一憂してました。
私の時もそうだったのかなと今更ながら申し訳ない気にもなりました。

国家試験って緊張しますよね。。。

精神保健福祉士の合格率は6割でしたが、社会福祉士は3割切ってました。
難しい試験なんですね。
(それでも今の社労士試験は1割にも満たないのでもっとすごいですが。)

どの試験もそうですが、勉強内容が好きじゃないと受験勉強がとても辛いです。
精神保健福祉士の試験勉強には社一の内容も入っています。
浅くですが健康保険や年金も範囲になります。
とても範囲が広いのです。

突き詰めて深く勉強するのが良いのか
浅く広くすべてを網羅できるのが良いのかはわかりませんが
勉強したことは決して無駄にはならないと思っています。

受験生の頃、何度も言い聞かせていました。
”勉強は裏切らない”と。
必ず自分に身に付くのです。
勉強したことは忘れることがあったとしても決して無にはならない。

取れた資格は使わないと、死格になるなどと言われたことがありますが
資格は決してなくならないし、忘れていたら勉強しなおせば取り戻せると思っています。
娘が頑張ったことは、これからの人生に必ず役に立つと思っています。

私もまた何かをしようかなとも思うのですが
毎日好きな読書が出来る今の環境が楽しくて抜け出せません。

資格はもういいから、次のことに何かを・・とも思います。
まだまだ頑張りますよ~
先日、大きな封筒で重いものが届きました。
何だろうと中を開けてビックリ
社会保険労務士制度創設50周年 記念誌が入っていました。

A0CA7B34-D78E-4E6F-B6BA-4CE03E110286_convert_20190321182239.jpeg

中は写真も含めこの50年の歴史が入っています。
歴代の役員の方々も載っているので良い記念になりますね。

これってとてもお高いのではないのかなぁ~と思わずにはいられず(-_-;)

50年後にはもう生きていないので、私の記念誌でもあるのかなとも思います。
大切にしておこう~
行ってきました。
今年になって3回目です。
結構これがまたしんどい・・・

朝から夕方まで6時間+昼休憩1時間を閉鎖的な部屋で過ごさないといけないこの時間が辛い。。。
毎回同じように初めの挨拶と最終の今日の感想がまたしんどい
これになんの意味があるのか。。。
次に行ったときに先生に聞いてみようかなぁ・・・。

もらえるパンフレットの内容も厚生労働省に報告しておかないといけなくて
それ以外のモノを配布することは出来ないとのこと。
当日の定員もしっかりと決められているとのこと。
いろいろと規制があって大変なんだなと思います。

もちろん毎回最終には筆記テストがあります。
これに合格しないと修了証はもらえなくて、ダメだった場合はレポート提出とのことです。
これもまた精神的にしんどい・・・。

キャリアコンサルタントって国が頑張って国家資格として生かしていこうと決めて
年々たくさんの資格者を出しています。
なのに少しも活躍の場が広がらない。
産業カウンセラーなどのメンタルカウンセラーも少しも活躍できる場がない。
臨床心理士においても同じ。

これってどうなんでしょうね。

精神的にしんどくなって自殺する人は減っていないです。
そんな人たちをもっと支えようと有資格者が思っていても、結局はただの資格マニアに終わってしまう気がしています。

毎回参加するたびに自己紹介で仕事を何しているのかなどをいうのですが
行政の人(特にハローワーク)や大学などの進路指導などの方が多いです。
需要と供給とが上手くいっていない気がします。
なのにどんどん養成講座を行って、合格したら合計38時間の更新研修を受けないといけない。

なんだかおかしい気がするのは私だけでしょうか。

今回は同じように思われている方がいらして、今現在はキャリコンとしてお仕事をされているのですが
先生になぜ上手く機能しないのかとお尋ねになったのですが、とある団体・・・(ここには書けないのです)が、反対していて止めているとのことでした。

年に数回、たくさんの合格者を出してはいるのですが
果たして国家資格のキャリアコンサルタントは必要なんだろうか・・・と思います。
現実に触れると、だんだんネガティブになってしまっています。

更新までリーチがかかりました。
とりあえず次の更新へのラスト研修へは意欲的に参加しようと思っています。
先日、社会保険調査で年金事務所に行きました。
ぽかぽか陽気でとってもいい気候でした。

IMG_8661_convert_20190303214919.jpg

IMG_8663_convert_20190303214937.jpg

とても綺麗に咲いていました。
春もそこまで来ていますね。

この年金事務所は年初めからもう4件目です。
調査官とも顔なじみになりました。
人見知りする私としてはとても心が楽になります。

もちろんだからといって優遇されることはありません。
事務所でも管理はきちんとしているのでドキドキすることもありませんが
いつも緊張するのです。

この年金事務所の受付に編みぐるみがたくさん置いてありました。
カラーバリエーションの靴下が壁に吊って有ったり
小さな靴を編んで置いて有ったり、小さな木に毛糸のぼんぼりさんが刺して有ったりと、待っている間も癒されていました。

一番気に入ったのはこれです。

IMG_8666_convert_20190303215007.jpg
表情がとても可愛いです。
思わずパチリ

対応してくださった調査官にとても癒されます~っていうと
「私が作ったんですよ~」とのこと。
「ええええ~」と驚きの言葉しか出ませんでした。
いろいろ考えて作ってみたとのことでした。
私も税理士事務所に勤める前は編み物の師範の資格を生かしていました。
編み物が何よりも大好きで、鞄の中にはいつも編み棒と毛糸が入っていたものです。

「階段のところにもひとつあるので見て帰ってくださいね~」って教えてもらったので見てみると
これです!

IMG_8664_convert_20190303214953.jpg

窓際に置いてあるので逆光なのがとても残念です。
お雛さんとは!

ほのぼのした気持ちになり笑顔が出ました。
こういうのって良いですね。
ふと忘れていた安らぎです。

私も作りたいなぁ
今年初めてのキャリコン更新研修です。
残すところあと2コマの12時間となりました。

今日は産業カウンセラー協会主催の研修でした。
やはりここで資格を取ったので落ち着きます。
更新研修も他では取るのが不安なので専らここと大原しか受けていません。

以前の記事にも書きましたが更新研修を予約するのがものすごく大変です。
今日も始まる前にそのことも話されていました。
「申し込むのもスキルがいる」と

今日は20名だったのですが、定員はほぼ20名から30名です。
もっと増やせなのかなと思うのですが、どうやら厚生労働省からのお達しのようです。
それでも申込日の夜にメールで送って参加できたとおっしゃっていた方もいらしたので、タイミングなのかと思いました。

今日の参加者はほとんどが行政や大学でのキャリコンをされている方です。
技能研修なので、ワークがメインですから久々のロールプレイで疲れ果てました。
実際カウンセリングを仕事にされている方は上手だなってことを感じます。

同じテーブルだった方の中に社労士さんがいらっしゃいました。
その他登録をしているが仕事はしていないとのことです。
まだ10%以上の合格率だったころに合格されたとのことですが、本当に難しい試験だったとおっしゃっていました。
済んでしまえば思い出として言えるのですが、受験生の時は本当にしんどくて辛かったとお話をしていました。

キャリアコンサルタントとしての仕事もキャリアドッグ助成金もなくなり
社労士にとってはあまり有意義なアイテムではなくなったように思います。
国家資格にもなりましたからそれを目的で取られる方もいらっしゃるかとは思いますが・・・。

今日は隣の会場で、キャリアコンサルタント養成講座をされていました。
「どんどん後輩が育ちますよ。負けないようにレベルアップしてくださいね」とのことでしたが、本当にそのとおりです。
そこで終わってしまうと法改正にもついていけない。
常に更新研修で知識の研鑚が必要です。
そういった意味では社労士も同じです。

次の更新はしようと思うのですが、その後はわかりません。
2年後の5年後となるとその頃にはリタイヤかなとかも思います。

自分の人生設計も含めて、キャリアコンサルティングを受けたいです。
来月もあるので頑張らねば!
先日、とある経済新聞社から広告出しませんかとの電話がありました。
私はとっていない新聞なのですが、誰もが知っている新聞です。

働き方改革についてお任せください!という広告とのことですが結構大きな枠でした。
特定社労士でもあるのでぜひにとのことでした。

なんで私なの?っと訊かずには言われず。
はっきりとはおっしゃらないのですが名簿のようですね。。。。

こういうのやめて欲しいなあと思う反面
事務所が別ならいいのかなとも思ったりしてしまいました。
自宅の住所はなんとしても載せないで欲しい@名簿

結局、考えさせてもらうことにしました。

何故悩むかというと、今やっているNPO法人のURLも載せてもらえるかなって思ったのです。
癌との両立支援に力をいれている身としては、この患者の会ももっと盛り上がって欲しいと思うのです。
新聞やテレビ、ラジオにも取り上げてはもらっていますが、まだまだです。

それと、将来的に今の仕事を辞めた時のことも考えて悩みました。
結局3日考えて、お断りしました。

先ずは費用の問題です。
掲載枠が大きいってことはそれなりのお値段ですしね。
そして、もし万が一、それで社労士契約の依頼があったとして
今の自分にはとてもとても手が廻らないってことです。
受けられないのなら広告を載せる必要もないですしね。
仕事を辞めた頃なら少し考えても良いのかなとは思うのですが・・・。

いつも読んでいる地方紙ですが、こちらにも税理士先生の広告が載っていることが有ります。
HPもそうですがやっぱり写真って大事だなってことを思うのです。

どんな先生に依頼しようかな~
依頼しようとするた先生ってどんな先生かな~

私が顧客なら気になると思うのです。
印象って本当に大切ですね。

口下手で人見知りするので、こういう仕事
向いてないですぅ・・・
もう少し成長しないといけないなと反省しました。

年齢ばかり重ねてはいるのですが、いつまで経っても成長できていない私です。
ε~( ̄、 ̄;)ゞフー~
「働き方改革関連法について」ということで労基署所長の研修会がありました。
初めは現場にいない所長なんて講師が務まるんだろうかと思っていました。
ところがなんとなんととても素晴らしい現場の声をお伝えいただきました。

働き方改革っていうだけでまたポシャってしまうのでは?って思っていた私ですが
所長も初めは同じように思われていたそうです。
ところがやはり、これは真剣に国が取り組もうとしているとわかり、署員への研修もされているようです。

今一番の目玉はやはり有給休暇5日取得義務と36協定の上限ですね。
有給休暇については事業主からの問い合わせが多く、36協定のほうは社労士さんからの問い合わせが多いとのことです。

形だけの研修ではなく、本当に惹きつけられる研修でした。
こういうのは良いですね~

『働き方改革』
これが後の世にどうなっているのかとても興味津々です。

その時にいただいた資料の元です。
わかりやすいのでということで紹介していただきました。
一応載せておきます。

パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書
先日、高校時代のブラスバンド部の友達と会いました。
なんと30年ぶり?いや・・・もっとだよねって思わず考えるほど。
他の友達とはここ数年で会っているのですが
その人は探して探してやっと連絡が付きました。

とある県の裁判所で勤めています。
事務局長です。
駅で待ち合わせをしたのですが果たして顔がわかるのかとお互い心配でした。
ネットで知り合った人と初めて会った時のような感じです。

こんな色の服でこんな鞄を持っているとLINEしあって
結局は電話で会うことが出来ました。

携帯があって良かったわ~

仕事帰りなのでスーツを着て、固い鞄を持って眼鏡も黒で真面目なサラリーマン姿でした。
お互い歳をとったなと思っただろうけれど口には出さず・・・。
笑顔はあの頃のままです。

事務官なのでもちろん弁護士さんや司法のことは詳しいのでいろいろと聞くことが出来ました。
私は裁判員制度に疑問を持っている人間なので少しその辺りのことを言いますと
「そういう人もたくさんいるよね。でもまだ始まって10年だから改良点もあるよね」とのこと。
彼の奥さんも偶然選ばれたそうで、すごく真剣に取り組んでいたとのことでした。

裁判員に選ばれる確率は長い一生で40人から50人に一人の割合とのこと。
まあ私はもう当たらないでしょうけれど(-_-;)

で、なにをしているの?と聞かれて
社労士といったのですが、「何する人?」って聞かれました・・・おいおい

社労士の知名度は低いけれど、最近は結構知ってもらっているなと思ってきたのにと、力が抜けました。
そんなもんかなぁ・・・○| ̄|_

卒業して数十年。
みんないろんな仕事についているけれど、誰一人同じ職種の人はいないのです。
そう思うといろんな仕事があるんだなと改めて思います。
教師になった人は校長になっていたり、ナショナルに入った人は早期退職していたり、いろんな人間模様があってそれはそれで興味深いです。

私だってまさか、社労士になるとは思いもしなかったですしね。

仕事をする上で大切なことは、自分がその仕事を嫌でないこと。
嫌いな仕事をするのってストレスですから。

やりたい仕事と好きな仕事はまた違うと思います。
好きな仕事と向いている仕事も違うと思います。
その中でずっと続いてやっていける仕事に巡りあえたら、それはとても幸せなことだと思います。

彼は高校の時から裁判所事務官になりたいと言っていました。
自分がなりたい夢を叶えるのって素敵です。
いくつになっても夢を持って、その夢を叶えるために努力すること。
そんな人は大好きです。

そして彼は.また.その先の夢があるそうです。
そのための勉強をしていると。

リタイヤしたら自分の時間をもっと持って
遊びたいなって思っている私はちょっと恥ずかしい。

夢はその人を成長させます。
私も次の”誠の夢”を探せたらと思いました。
会えてよかった友達でした
昨日と今日は娘の国家試験の日でした。

PSW(精神保健福祉士)になるべく、2年ほど前から某学校の通信教育で学び、臨床心理士であることで実技科目は免除となり、筆記試験が昨日と今日の二日間大阪にて行われました。
6割の合格率とのことで、社労士とは一けた違うわけですが
娘にとっては初めての国試であり、手強かったとのことでした。

緊張のあまり、手が冷たくなり血の気が引いたとのことで、ほんとうに真剣に試験に取り組んだのだなってことを思いました。
とても新鮮でいいなあ~

私は何度も社労士試験を受けていて、そのうちにそれにも慣れてきてしまって、受けることが一つの夏のイベントになっていたような気がします。
緊張はしていましたが、ある意味慣れてしまっていたようです。
次にはこういう風になるよなと、説明や用紙の配る順などにも前年と比べてみたりと結構ひねくれていました。

娘に答え合わせをしてみたらといっても怖くてできないとのことです。
ダメなら次に向かわないとっていうと、どうしてそんなに強いのかと言われました。

確かに精神的に強くないと社労士試験の複数受験などできません。
ダメだった自分をしっかりと見つめて、それを受け入れて次回の試験に向けて勉強を始めること。
それが必要だからです。
いつまでもウジウジ考えていたり、前に進めないでいると次の試験にも影響するのですから。

でもキャリコン試験で1回目の実技試験に落ちた時には落ち込みましたよ。
こちらも6割合格の国試でしたが(;^_^A
しばらくは立ち直れなかった私です。
今諦めたら、ここまで来た意味がなくなる・・・そう思いました。

落ちても這い上がれる根性
どんな試験でもこれが必要ですね。

落ちた時に自分の欠点を見つけてそれを克服すること。
それがあるから合格の日が来るのでしょう。

娘の試験もマークシートだったのですが
解答用紙に同じ番号が並んで、さすがにこれはないだろうと思ったようです。
でも直さなかったと。

これは正解です。

同じ事を私も感じたことがあります。
先生に質問したら、自分が出した答えがどれが正しいのかわからない場合
その直感によって出した答えを変えてはいけないとのこと。
同じ番号が並んでも、どれがが違うだけかもしれないし、合っているかもしれない。
確実に間違っているという場合でない限り
直さない勇気も必要だと。

マークシートって簡単そうで怖いです。
正解か不正解か二つに一つです。
記述問題なら答えは間違っていても、その論述の箇所で1点は取れるかもしれない。
そう思うとドキドキです。

結果が出るまで生きた心地はしないでしょうが
取りあえず終わってホッとしています。

資格は決して裏切らない。
勉強することに無駄はないと私は思います。

頑張っている皆様
必ず頑張れば結果は出ます。
頑張ってくださいね。
二回目の倫理研修に参加してきました。
烏丸通にある平安ホテルにて行われました。
IMG_8600_convert_20190202185646.jpg

今日の他、平日にも予定されていますが、仕事があるので土曜日を希望しました。
今日の参加者は115名、全員では対象者は250名とのことでした。
知らなかったのですが倫理研修は平成19年から始まったとのことです。
5年に1回の倫理研修ってそれまではなかったんですね。

今日は3人掛けの椅子に、目いっぱい3人でしたのでキツキツでしたが
お隣の先生は80代とのことで社労士歴45年とおっしゃっていました。
きっと何度も研修を受けられているんだろうなと思っていたらそうではなかったんです。
一番多い方でも3回目とのこと。
まだまだ新しい企画だったのかと驚いた次第です。

D40B3A63-DCC3-46DA-9A47-930FE3CB4C07_convert_20190202185707.jpeg
本日のテキストです。

副会長の講義だったのですが、ただダラダラと話されるのではなく
倫理に反した行為をしたことで苦情が届いた案件をお知らせいただきました。

こんなことで?と思うのもあれば
これって犯罪だろう・・・って思うようなこともあり
社労士としてよりも人としてどうなのかと思いました。

今回はテキストの中の5問の設問をやりましたが、読んでいると難しいなと思うものもありました。
解答は4月号の月間社労士に掲載されるとのことです。

一番、印象的だった問題は・・・
弁護士さんの顧問先さんの「合法的に残業代を下げる就業規則を作ってくれ」と言われたらどうするかという問題でした。
私は気づかなかったのですが、弁護士さんは依頼主がどんな状態でもどんな考えであってもその依頼主の利益を考えるとのこと。
でも社労士はそうではありません。
労使の間に立ち、正しい法律の元に対応するのが社労士です。

ほう・・・。
そうだった・・・と、改めて感じ入った次第です。

弁護士さんて、相手がどんな犯罪者でも無罪を勝ち取れるよう弁護しないといけないですから、私たちとは違いますよね。
最近、勉強会に参加している弁護士さんと話すことがよくあるので、そんなことを意識したことがありませんでしたが、そうなんですよね。。。

社労士は社労士としての倫理に反してはいけない。
その通りです。

税理士事務所もある意味、顧問先さん側の立場に立ちます。
それと同じ考えで、社労士の報酬は顧問先さんからもらっているから
事業主優先で事業主の味方をすべきなのでは?ということを言われることがあります。
私は違うと思っていたのです。
お互いにとっての落としどころを探したいのです。
今回の倫理研修で自分の考え方が間違っていないと再認識できて良かったと思います。

最後は苦手なグループディスカッションがありました。
知らない方と意見の交換なんてね・・・しんどいです。

事務所での社労士業もあと1年ほどでしょうか。
もっと早くリタイアすることになるかもしれませんが
そのあとは清く正しく美しく細く・・・細く・・・社労士業が出来たらいいなと思います。

帰りに近くの護王神社に行きました。
今年はイノシシ年なので参拝者で新年はすごい列だったとのことです。
IMG_8624_convert_20190202190000.jpg

長くなるのでこちらの神社はもう一つのブログに載せますね。
今日は、おきらく社労士で有名な佐々木先生の
”聞けばわかる民法 H32.4 改正”のセミナーに参加してきました。

655535CF-0E1A-4215-9009-8E1190BEFBEF_convert_20190126190640.jpeg

平成25年の秋に紛争解決・・・なんだっけ?(;^_^A・・・試験で
特定社労士になるべく特別研修を受けながらも、分厚いテキストは一切読まず
おきらく社労士先生の受験ノート1冊を熟読し、講座にも3回通い
無事一発合格できたという、本当にご恩のある先生です。

それ以来のお勉強です(-_-;)
なのですっかり忘れています。。。。

やばいやばいよぉ~~~

民法は社労士でなくても関係のある法律ですし
知っておいて損になることはありません。

一番身近なのに、社労士として必要なのに、避けて通っている部分があり
昨年、テキストを販売されているというので購入しましたが
忙しいことを理由になかなか読みこなせず、
実際にセミナーがあることを知り参加させていただきました。

行って良かったよ~

やっぱりわかりやすいです。
佐々木先生のテキストは内容が分かりやすくなるように絵が挿入されています。
おかげで、なるほどと、納得します。

テキストはこれ

AB053F3E-F3F8-4270-83CC-652C90AB8371_convert_20190126190705.jpeg

今日はたっぷりとご講義いただき、頭の中がなかなかついて行かず
ん???って思うことも有りましたが
私の中で普段使わない部分の脳がぐるぐると動いた気がしました。
やっぱり勉強しないといけませんね。

最近は受験勉強もしていないので、すっかり頭がボケボケになってしまっています。
老化しないように脳みそを使わないといけません。

佐々木先生は楽しく勉強しようっていう考えをお持ちなので
堅苦しいセミナーではなく毎回楽しい時間が過ごせます。
今日は懇親会にも参加予定でしたが大雪警報が出たので急きょキャンセル。
とてもとても残念でした

参加したかったですもん・・・。

まだこの後、姫路や岡山などでも開催されるようですので
ぜひともお近くの方は参加されてはいかがでしょうか。

最後に先生とシャロ牛君です
22853620-51C4-46C9-AB9D-94344057E0BF_convert_20190126190829.jpeg

お世話になりありがとうございました。
5E2103A2-E71D-4087-BB88-084E57DB2268_convert_20190120202325.jpeg

ide社労士塾の研修会&新年会に参加してきました。
去年と同じ会場ですが一人で行けそうにないので友達に連れて行ってもらいました。
そういえば去年も連れて行ってもらったなぁ・・・ありがとう(;^_^A

今年の合格者で参加されたのは18名でした。
参加人数は70名ほど。
懐かしい顔ぶれにこういう機会があって良かったなと思います。
受験生時代が終わるとなかなかみんなとも会う機会がありません。
井出先生、関口先生、板倉先生と
お変わりない先生方にお会いできるのもこういう機会あってこそです。

先ずは、松下直子先生の研修会がありました。
楽しい先生で著名な先生です。
以前にも名刺交換はさせていただいていますが、再度ご挨拶しました。
先生のお話は楽しくてグイグイ惹きつけられます。
凄い先生だと思わずにはいられません。

1時間の勉強会はあっという間に終わりました。

4514E569-92EA-47D7-A849-2E69A3DB7BA7_convert_20190120202352.jpeg

それからは新年会です。
恒例のビンゴにもじゃんけん大会にも何も当たりませんでしたが
それはそれで楽しい時間でした。

最近は大好きな井出先生とお話しすることもなくなり寂しいのですが
この塾あっての合格です。
塾あげてこんなに熱心に指導し、応援してくださるところは他にはないのではないでしょうか。

あっという間の2時間でした。
元気でまた、来年参加したいです。

参加賞の金の延べ棒です
無題_convert_20190120202258

実はティッシュでした