IMG_4978_convert_20170624220728.jpg
毎年あるide塾の法改正ゼミに参加してきました。

大阪だと日中は受験生と一緒しかなく、OBだけとなると平日の夜。
終わるのが22時になると家に帰るのが24時・・・・。
東京ならOBだけの講座が日中にあるので、去年はそちらに参加しました。
やっぱり夜はしんどいですから。

今回もとても悩みました。
悩んで悩んで・・・結局今年は平日の夜に参加することにしました。
しんどかったです

井出先生とは新年会でお目にかかったのですが
相変わらず素敵です
でも、お話しする内容も見つからず・・・今回はご挨拶だけでした。

それでも名前を憶えてくださっているだけで十分です

井出先生の説明って本当に素晴らしいです。
とてもとても分かりやすいし、一番の魅力は
なんでそうなるかを教えてくれること
丸暗記だと忘れてしまいますが、道理が分かると考えだすことが出来ます。

ややこしくて間違ってしまいそうなところも、しっかりと説明してくださいます。
相変わらず板書も早くて綺麗です。

毎年法改正に参加するたび思います。
ide塾で良かったなぁって。
合格してからも法改正講座でしっかりと知識の更新が出来ますし
OB向けのゼミの場合は、顧客に対して〇〇したほうが良いですよとかのアドバイス入り。

やっぱり最高~~~~

そうそう、ひとつ驚いたことがありました。
助成金の申請の際、今年の4月からですが
生産性が3年前に比べて6%以上向上していると助成金額がアップします。

税理士事務所にいるとそういった時にはとても簡単に算出できるので
とてもラッキーだなって思っていましが、雇用保険法で条文が追加になっているんですね。
とてもびっくりです。

受験生ではないからと法改正をおざなりにしないほうがいい
どんな小さなことでも仕事で活かせることが出来るからと先生はおっしゃいます。
確かにそうだと思います。
ちいさなことでも提案できることで顧客との関係も密になるのでしょう。
心して日々精進だと改めて感じ入りました。

最近、仕事がめちゃくちゃ忙しくてめげていましたが
頑張ろう!と前向きな気持ちになれました。

それにしても受験生ってたくさん覚えないといけないものなのですね。。。。
受験生が一番、正しい知識をたっぷり持っているとおっしゃいますが
その通りです。

合格してからは、どこを調べれば正しい答えが見つかるのかを知ることだと思います。
そこから始まります。
頑張ること!それのみです。
みなさまお疲れ様です。
社労士業務をされている方には、一番の繁忙期ですね。
あと少し頑張りましょうね~

さて、毎年恒例のオフ会の日程をお知らせいたします。
去年参加いただいた方にはメール連絡をさせていただいていますが
アドレスが変られた方もいらっしゃいますので、こちらからもお知らせいたします。

日程は10月28日土曜日の夜7時ごろです。
参加いただける方はコメント欄から非公開でお知らせください。
その際、連絡先のアドレス入力もお願いします。

初めての方も大歓迎です。
社労士の勉強をされていなくても参加可能です。

では秋に、皆様とお会いできるのを楽しみにしております
最近特に思うのですが、社労士の仕事はどこからどこまでが専門職として決められているのかと。
もちろん受験生の頃に、しっかりとその辺りのことは習いました。
行政でも「〇〇は社労士しかできません」と書いてあることもあります。

でも、実際はグレーゾーンの多いこと

労働保険の受付をしていると、胸張って税理士事務所が大量に申告書を提出します。
税理士と社労士、行政書士などグレーゾーンがいっぱい・・・。
でもそれなりに、正しいものを作れれば、それはそれで良いのかなって思うことも。

でも、驚いたのは保険会社が就業規則を作るのです。
めちゃくちゃ驚きました。
確定拠出年金に入って欲しいからと、規定の就業規則を作ってきます。
もちろんコピペなので全く実態に沿ってません。

「〇〇規程による」と書いてあってもその規程がないとか
育児介護についてはこの1月からの法改正には対応していなとか・・・。
内部資料としてはそれで良いらしいのですが、納得いきません。

作るのならばきちんとしたものを作って欲しいと思うのです。
その辺りのことをお話しすると
「それはこちらの仕事ではありませんから」とおっしゃる。
わけがわかりません。

司法書士さんも就業規則を作られるとかも、きいたことがあります。
誰でもちょっと勉強したら作れるとは思うのですが
法改正には忠実で有って欲しいと思います。

私は何のために社労士になりたかったのかと考えると
やはり手続きをスムーズにできるようになりたかったのです。

「社労士さんでないので出来ません」
「社労士さんでないと書類は返送できません」
そんなことを言われる都度、めんどくさいから社労士になっちゃえ~って思ったのです。

社労士になったら次は手続きだけではなく
社労士として顧問先さんに何が出来るのか。
どんなサービスが提供できるのか。
ワンステップ上のことを考えないといけないのですね。
当たり前のことだけれど、とっても大切なことだと思います。

今の私は手続き業務でアップアップしています。
これじゃあいけないなぁと、ふと忙しい中でも思う今日この頃。
難しい・・・デス
金曜日は総会がありました。
仕事で出かける予定だったのと、年度更新を少しでも進めたかったので
欠席の委任状を提出していましたが、人数が足りていないので参加要請の連絡が入り
急きょ懇親会のみ参加しました。

いつもの支部のメンバーだけでなく、
久々に特定試験の時のグループのメンバーたちにも会い、楽しく過ごしました。
と言っても、人見知りをするのであまり顔見知りは増えません

受験生の頃のからのリアル友達のAさんは、私よりも開業が3年遅かったにも関わらず
営業活動にも力を入れていて、すでに従業員を雇ったそうです。
いろんな会にもどんどん参加し、名刺を配りあいさつし自分をバンバン売っていっているとのこと。
最近はロータリーにも入ったとのことで、凄腕に脱帽です。

でも顧問先を開拓するってことはそういうことなのでしょうね。
懇親会でも熱心に名刺を配っていました。
総会には政治家の先生方も多いのですが、積極的にお近づきとなり親しくなれるととても有効だそうです。
京都には政治連盟会の会長の堀谷先生がいらっしゃるのですが、この先生の貫禄はただモノではありません。
私など挨拶も出来ない・・・。

でもAさんはどんどんいきます。
こういう積極性が開業には必要なんですね。

最近勤務登録から開業に代えた友達もいます。
小さなお子さんのためもあり、自分の将来のこともあり自宅開業されました。
そのお話とかを聞いていると、とても勉強になります。

先ほどのAさんや産業カウンセラー講義の時に知り合った社労士さんも同じような感じを受けます。
開業するということはこういうことなんだと、あらためて感じます。

Aさんに手続き料金を聞きました。
今の事務所の料金と比べると「え?」と思うような料金ですが、
それでも依頼があるというのはそんなに高くはないのかもしれません。

料金も含め、開業するってほんとうに大変なことなんですね。。。

今からバンバンに大きな事務所にはしなくても、
事務所を構えることで、歳を重ねていって仕事が出来なくなるまでは細々とでも仕事ができる。
お小遣い程度は入るだろうし、社会貢献という意味でも意義があるのかもしれません。

先ずはお客さんの確保ですが

社労士の集まるところは情報の山です。
仕事で困ったことも先輩社労士先生は気さくに教えてくれます。
有意義な時間だったと思いました。

同じ支部で、リアル友達が出来ると良いんですけどね・・・。

気分一新、頑張るとします
労働保険の緑色封筒がどんどん手元に届いています。
こればかりはほとんど全件・・・毎年ながらキツイです。
建設業はもっとややこしいし、泣きが入ります

賞与支払届と算定基礎もやってきますし
納期特例もあるこの6月と7月は超繁忙期です。

まだまだ就業規則も抱えているので身動きできない状態です。

おまけに風邪でのどが痛い。。。
最悪です

受験生の頃ってそういえば風邪をそんなにひかなかった気がします。
気が張っていたのでしょうね。
身の回りの書類整理もしないと、ドンドン溜まっていくので大変です。

のどが痛い~~

家に帰ったら疲れ果てています。
太ったので体力がなくなっているのでしょうか。。。

繁忙期に入るので、効率よく仕事を廻さないとこなせません。
頑張らなきゃ!
ってことで、社労士業務に明け暮れていらっしゃる方
お互い頑張りましょうね。

体力勝負で乗り越えましょう!
京都でも有名な"一澤帆布店"
数年前に兄弟で揉めて裁判になりました。

その後いろいろあり、三男の信三郎さんが元のお店に戻って
一澤帆布店でお店を続けられています。

詳しい記事はこちら

一澤帆布の鞄が好きで自分はもちろん、ムスメの高校時代のサブバッグにも使っていたほど。
なのに騒動が長引き、自然と足が遠のいてしまっていました。
たまたま仕事の続きでお店の近くへ行き、懐かしく思いました。

IMG_4953_convert_20170604203454.jpg

思えば、受験生の頃の筆箱も一澤帆布の麻生地のモノでした。
毎年の社労士試験の日、その筆箱の中からシャーペンを出し、消しゴムを出し・・・と
緊張しながらも最後まで付き合ってくれた筆箱でした。

懐かしい・・・そんな気持ちで少しだけ覗いてみました。
新しい柄のバッグや見慣れたバッグがところ狭しと並んでいます。

今度ゆっくりと来たいと思ったので、この日はすぐにお店を出ました。
お店の中に入ると生地のにおいがプン~と鼻につきます。
それでもとても懐かしかった・・・。

以前はタクシーに乗りつけて来られるお客さんもおられました。
観光名所に入っているとも聞いたことがあります。

京都の伝統ある作品が、相続で長引く裁判となり
泥沼になったことはとても残念なことでした。

帆布ってとても丈夫なんですよ。
(某有名私立小学校のランドセルにも使われています。)
色は使っている間に色あせてくるのですが、いつまでも愛着をもって使い込めるものだと
私は思っています。

あまりに懐かしくて、家に帰って一澤帆布と信三郎帆布のタグの付いている鞄を出してみました。

私が好きなのはシンプルなところと丈夫なところです。
人間としてもそうありたい。
飾らず、それでいてめげずに強くありたい。

一緒に5年間の社労士試験を乗り越えてくれた一澤帆布の筆箱も
また使ってみようかなと思ったりしています。
労働局の年度更新説明会に参加しました。

まだまだ先だと思っていた年度更新の受付も始まりました。
早いものですね。

久々にお会いしたら、勤務社労士だった先生が独立されて
頑張られているのをみると羨ましく思ったり・・・。

どんどん新しい先生が入ってこられるので
自分の居場所をしっかりと構築していかないと!なんて思ったりしていた昨日の支部会でしたが
今日も同じようなことを思いました。

仲良くしていた先生が今年は行政協力に行かれていたりと
それはそれでまた羨ましかったり・・・。

隣の芝生は青いようです

それでも同じ大原会のお友達に会って、ちょっとほっこりしたり
やっぱり、社労士として出会った人と受験生の頃に出会った人とは違います。
「〇〇さん」と呼べるのは気を遣わなくて良いわあ~なんてね。

社労士になったらなったで、どんな風に仕事をしていくのかと
模索するわけです。
日々の日常業務だとあまり考えることはないのですが
こうして社労士が集まる場に参加すると、いろんなことを考えます。

あり得ない話ですが、私がもしまだ学生で進路を考えるとしたら
労働基準監督署に勤めたいです。
労働局でも良いかな~

監督官も良いですね。
この前、監督官募集のチラシを見つけました。
カッコいいです

もしタイムスリップして戻れたら・・・監督署に勤めたいと
いつも私は思ってしまいます。

今の自分を後悔しているわけじゃないけど
もし・・・なんて思うことは、それはそれで楽しいです。

今できることを頑張ること。
それに尽きますね。。。

年度更新業務頑張りマッスル
2カ月ぶりの支部会でした。

いつの間にか役員さんのメンバーが変わっています。
支部長も変わるとのことで最後の支部会となりました。

支部会ではいろんな情報をもらえます。
今回私が困ったことも、大先輩にフォローいただきました。
詳しいことはまた後日載せることしますネ。

今回の「みんなどうしてます?」は
住民税特徴の一覧にマイナンバーが載っていたこと。
あれほどのマイナンバーの取り扱い要注意!と国はガイドラインを決めているのに
いきなり普通郵便で送られてきました。

それもマイナンバー記入ありです
マイナンバーは拒否しますと言う人も、教えたくないと言う人の分もみんなが載っています。

はてさてこれをどう扱うか・・・ということで、とある先生が総務省に問い合わせたようです。
総務省は全国の市区町村にマイナンバー入りで送るようにと指示したそうですが
東京大阪など心あるところはマイナンバーをアスタリスクにしての印字でした。

京都市はクッキリ!印字されています。。。。きゃあ~~~~

マイナンバーがあると保管、管理・・・面倒なことです。

事務所でもマイナンバーの印字に驚いたものですが
やはり他の先生方も戸惑いを隠せないようでした。
国がしていることは統一性がないと思われても仕方がないのでは・・・。

その後は労働保険年度更新の研修会です。
問題を用意してもらい、普通の計算と還付金の場合と最後は一括有期の計算練習です。
私も顧問先の分を、やらないとなあ・・・とあらためて感じました。

1年は早いです。。。。

明日は労働局の研修があり、参加予定です。
6月スタートです

昨日は久々の大原メンバーでの食事会でした。
私もここ数年資格取得のために勉強していたので、ゆっくり時間が取れずご無沙汰してました。

とても久々で懐かしく、前回時には生まれたばかりのお子さんが
もう4歳になるのだと聞き、月日の経つ早さを感じました。

家庭の事情や体調の問題で勉強が中断してしまった人もいるけれど
それ以外は、みんな合格しているなあって思うとやっぱり大原ってすごいのですね。

試験合格のためなら大原
仕事のためならide塾
・・・かなあ~と、両方知っている友達も言っていました。

大原のテキストって本当に空白が多いし
教材も少ないのに合格できるんですね。。。ある意味効率的なんだと思います。

でも暗記できない私とか、実務ではどうなんだろうって止まってしまうようなものには合わない。
覚えてねって言われても納得いかなかったりしてしまってました。
だから人それぞれなんでしょうね。

あっという間に時間が経ち、
仕事の話や家庭の話などいつまでも話していたかったです。
受験生時代の友達は気兼ねなくていいわ~~~

10年前に前の事務所の所長から、副所長の独立についていくようにと言われたことも
今となってはとても懐かしく思えます。
何も知らなかったから勉強のために通いだした社労士講座。
まさか試験を受けることになるなんて思いもしないで、軽い気持ちで門をくぐったあの時。

受講申し込みに行った時の受付の対応が悪かったので
大原の受付で押し問答したこともとっても懐かしい。
もし、やめていたらこのみんなとは出会わなかったな~って思うと
いろんなことが"運命(さだめ)"なのかと。

こういう友達は、上下関係もないし損得関係もないのでやっぱり心安らぐなあ~って実感です。

「またね~」って言いつつ別れました。
また会いたいです。
そしていつまでも友達でいたいです。

大原の祝賀会には出ることは出来なかったけど
元大原生には違いないですもんね。

受験生のみなさんも、いつか今を思い出す時がきます。
今を頑張っているから、その先の未来があるのです。
そしてふと過去を振り返って懐かしく思う。
頑張った自分を懐かしく思う。

そのためにも今は頑張って合格をもぎ取ってくださいね。
あと三ヶ月の頑張りです!
ご無沙汰です

この土日、和歌山城に行ってきました。

個人旅行は結構大変です。
先ず、方向がわからない。
お城の入り口がわからない。
階段があるのかないのかがわからない。
予定が上手くいかず、無駄な時間が出来てしまう・・・。

一番、旅行の計画立てたり、どの電車で行くかとか考えるのが苦手です。
めっちゃめんどくさい
いつものお城ツアーなら一切お任せ~~~なので今回はしんどかったです。

先ずは何で行くのかで悩みました。
車で行くか、電車で行くか。
結局車はやめたのですが、JRか南海電車かで悩みました。

南海電車って乗ったことがなかったのです。
そこで、持つべきものは他府県のお友達。
前日まで悩んでいたので、情報をもらいました。

サザンに乗ったのですが、特急料金いらないんですねぇ。
太っ腹
指定券が510円で、それを取ると乗り心地の良いシートに座れます。
ガラガラでどこでも座り放題です。
1時間ばかりですがシートもゆったりして乗り心地満点でした。

自由席は横向きのシートで普通電車でした。
でも指定席がガラガラでもったいない気がしました。

和歌山も暑かったのですが、京都の方が盆地なので最高温度は高かったようです。
良かったですよ~和歌山。

ここで知り合ったみなさんといつかお会いしたいです。
日本は広いから、いろんなところに友達がいてくれるって素敵です。

ネットでの出会いってすごいことだと思います。

PCの画面の向こうに友達がいる。
スマホの向こうに友達がいてくれる。

そう思うことでいろんなことを乗り越えてきました。
思えば・・・通信で勉強が続けられたのもそのおかげです。

独りじゃないって思えたから頑張れた。

最近忙しくてなかなか更新できないのですが
気持ちも新たに更新を頑張ろうと思ってきました。

また、お国自慢お願いしま~す。
ここで知り合ったお友達の一世一代の晴れ姿を拝見してきました。

元々美人さんですから、まるでお人形さんのように綺麗な花嫁さんでした。
結婚式って旦那さんは目立たないですよねぇ・・・可哀想だけど。
やっぱりこの日のメインは花嫁さんです。

ここで出会ってもう10年近くなるでしょうか。
社労士友達としては長いお付き合いですが、本当に優しくて思い遣りのある方です。
私よりもずっと早くに合格されていましたが、偉そうな態度もされずいつも温かく見守ってくださっていました。

結婚がすべてじゃないし、結婚しないのもその人の自由です。
でも、私はやっぱり古い人間なので
自分の人生を共に歩こうとしてくれる伴侶と出会い、
一緒に生きていける人と暮らすことは何にもまして素晴らしいことだと思うのです。

だから今日はとってもとっても嬉しくて・・・。

幸せになって欲しいです。

大人になってからの友達って、なかなか作りにくいです。
そんな中で受験生の頃に出会ったお友達。
たまにしか会えなくても、心で繋がっていると思っています。
これからもずっと大切な友達の一人です。

もし勉強していなかったら、その友達を含め
今ここに来ていただいている方々にはお会いしていなかったのですね。
そう思うとなんて味気ない人生だったのでしょう。

受験生時代が長くて良かったと、強がりじゃなくそう思っています。
出会いは宝ですね。

皆様にも素敵な出会いがありますように。
それとも、すでに素敵な出会いがありましたか?
私は社労士になってすぐから電子申請を始めました。
社労士ソフトをつかっていなので面倒といえば面倒ですが
会計ソフトでもある程度のCSVデータは作ってくれるので便利です。

最近は電子申請をしてくださいとアピールがすごいのですが
冗談じゃないよ!って腹が立つことが多いのです。

まず、電子を推進するなら、受け側をしっかりとサポートしてからやって欲しい。
何度も要望を出していますが、髙や﨑などの文字が使えない。
地方に行くと、処理する人が少ないのかなかなかデータが戻ってこない。
などなど・・・。

4月の初めに送ったデータもまだ戻ってきません。
年金事務所はどうなっているのか・・・。
雇用保険の得喪も以前ならその日のうちに戻ってきたのに、なかなか返ってきません。

先日、新規の設置届が1ヵ月半経っても返ってこないので
たまりかねてハローワーク(京都市ではないのです)に問い合わせしました。
電話に出た方が「今は忙しい時期なので」と言うのです。
毎年この年度替わりが忙しいのはわかっていること
ならば、対処すべきなのでは?

「新規の届け出をしているってことは、こちらも新しいお客様なのにまったく返ってこないのって信用問題ですよね」
というと二度目に電話対応してくださった方は、良心的な方でした。
でも、おっしゃるのには・・・
この時期人事異動があって、仕事に慣れてから電子の対応をしようということになり止まっていますとのこと。

おいおい・・・すでに1ヶ月以上たってますけどぉ

本当にこの時期、ハローワークも年金事務所も大忙しです。
それはわかるのですが、新規は急ぐべきでしょうし
手続きも早くしてもらえないと健康保険証がもらえないので従業員さんは困るのです。

このあたりのことをクリアしてから、電子を推進すべきなのでは?
と思うのは勝手な言い草でしょうか・・・。

行政の方々、個人個人はとても頑張ってくださっています。
頑張っていないとは思っていませんし
夜通し処理されている方もいらっしゃるので心配になっています。
なのにこなしきれないのなら、もう少し人員を増やすべきですよねぇ・・・。

これから社労士にとっても忙しい時期に入ります。
身体を酷使しないで仕事が出来るのが一番です。
少しでも手続きがスムーズにいくようにと願っています。
母が何十年とお詣りしている大阪の石切神社。
正式には石切劔箭神社というらしい

父が亡くなってから、いえ認知症で運転が出来なくなってから・・・は私が運転して行っています。
方向音痴の私はひと月に一回のためまったく道が覚えられない・・・ので
毎回カーナビを使っています。

石切さんの参道には多くの占いの館があります。
偶然、社労士友達がお詣りし占ってもらったと聞き
私も占ってもらいたくなりました。

娘も手相を視てもらい、私は"総合占い"を視てもらいました。
総合占いってなんなん?って思ったら、何のことはない四柱推命でした。
これは以前、京都の清明神社の人生相談で視てもらっていたのですが
今回は内容も少し違っていたので、違う結果が出ました。

ただ感想としては、清明神社のほうは宮司さんが視てくださるので
占いと一口では言えず、重々しい感じがしたのに対し
今回は"占い"という軽い感じだったこと。

占った結果もくれなかったし(清明神社はもらえる)ちょっと残念。

でも人当たりはとても良かったです。

視てもらったのは、仕事のこと。
まだまだ仕事を続けそうだとのこと。
15年くらいは仕事をしているそうです(;^_^A・・・。

ただそれほど強くないので一人でやるってことはないそうです。
どこかで勤めているらしい・・・これもなんかちょっとやだなぁ・・・って感じ。

自分の中であと数年、どんな働き方をすればいいのかと悩んでいるので
ちょっと驚いた結果でした。
まあ、パートで働くのもアリなのかもしれませんが
きっぱりと仕事を辞めるということはないのでしょうね。

占いってあまり心にズシッと入ってしまう人は視てもらわないほうが良いですね。
軽く考えて、良いとこどりをすればいいのかも知れません。
あまりこだわっていては心もしんどくなってしまいます。

他にもちょっと言われたことも気になってしまっています。
こんな性格の人は視てもらっちゃいけませんね・・・。

2年ほど前に京極で母と視てもらったことがあります。
占い師さんは母に「あなたこういう仕事向いていますよ。今からでもいかがですか?」と。
驚きました。。。。

母は若い頃、勘が良く、言ったことが当たったり
抽選にもよく当たりました。
それが占いで何か出たのでしょうか、母と顔を見合して驚きました。

占いは勉強したら誰でも出来るとその方はおっしゃいました。
確かにそうなのかもしれませんが、それだけではだめだと思います。
やはりプラスαが必要です。
それは経験だったり勘だったりするのでしょう。

出た結果をどう判断し、その人に伝えるのか。
それが一番必要なことだと思います。
その占い師に話すことで、安心できると思えば、また相談に来ます。

社労士も同じかなぁ・・・

労使間の間で、どうかかわっていくのか
労基法などの法律とで、どうかかわっていくのか

やっぱりどんなことでも最後は、人とのかかわり方なのでしょうね。

要するに頼りになる人。
そんな人になりたいです。

でも器が小さいからなぁ…私。

なんてねいろいろ考えてしまいました。。。
今日は楽しい午後でした。
気の置けない友達たちとのランチです。

楽しかった~~~ぁ。

日頃のうっぷんもあり、少々吐き出し過ぎましたが・・・反省
受験生の友達たちには、あと3か月と少しを頑張ってもらうことになります。
社労士の友達からはいろいろと参考になることもお聞きし
やれることはやるっきゃないなあと、頑張ろうと思う気持ちもアップしました。

今年の受験申込も済まされているので、あとは当日を待つばかりです。
これからが長いんですよねぇ・・・。
暑い夏なので体調管理も大切です。

年々試験が難しくなっていくように思います。
受験生って大変だなあって、改めて頭が下がります。
実力だけでは合格できない試験です。
運も大きく左右します。

でも運だけでも合格できないですし
知力と体力と精神的な強さも求められるのではないのでしょうか。

今年こそ!頑張っている受験生が結果を出せますようにと
心から願っています。

次に会うときは秋のオフ会。
笑顔で会えるのを楽しみに別れました。

勉強してたから出会った仲間たち。
ブログをしていたから出会った仲間です。
これからも大切にしたいです。

みんなよろしくね
最近、助成金のお仕事をよく依頼されます。
残念ながらこの4月から金額がダウンしたものが多く
ガッカリすることも多いのですが。

助成金が苦手な理由が良くコロコロと変わるところです。
申請日によって金額が違っていたり、申請書のフォームが違っていたりと
戸惑うことが多いのです。

それになんていっても面倒・・・とこれは大きな声では言えないのですが・・・。

前にも書いたかもしれないのですが
助成金のために就業規則を作ったり直すというのはちょっと違う気がします。
目先のお金ばかりを考えて、労働者にとても有利な事業所になってしまい
要らない経費が掛かってしまうこともあります。

実際助成金をもらっても、税金がかかるので
高所得者だったら半分くらいは税金へ・・・なんてことも。
それでも収入は増えるのでありがたい制度ではあると思いますが。

今年度になって初めてやったのが、労働移動支援助成金(早期雇入れ支援コース)
なかなか”離職を余儀なくされた”という方に出会わなかったのです。

そういえば、大量に離職してもらうときはハローワークへ書類を提出って習いました。
時として、受験生の頃習ったなぁと思う現場に出会うと、井出先生の声が聞こえてきて懐かしく思います。
長い間勉強していたので、結構覚えているものですね。
細かいことはすっかり忘れているのですが、こんなこと習ったなぁって感じで思い出します。

実際はもっとしっかりと覚えていないといけないのですが・・・(;^_^A

今年は年金と助成金の勉強をと思っています。
頑張らなきゃ!と自分を励ましながら
明日は元勉強会メンバーとのランチです。

楽しみ~
あっという間に4月が終わろうとしています。
早いなあぁ・・・。

毎年のことながら年度末の手続きの多さには辟易してしまいます。
今年もすごい数の離職票を作りました。
まだ残っていますが・・・

それでもハローワークはなんとか早く公文書が返ってくるのですが
労働局や労基署と年金事務所はとても遅い!
ハローワークも新規の届け出になると超遅い!

どういうことでしょ

年金事務所の手続きが遅くなるとその間健康保険証がありません。
特にGWに入ってしまうととても困ります。
今回は新規適用も数件ありましたが、まったく返ってきません。

事務センターに問い合わせしても電話がかからないし
先日は少しイライラしておりました。
原因はとある事務センターの方との電話でした。

私が任意適用届を出したのですが、これは強制になるので任意ではないとおっしゃる。
いやいや被保険者になるのは4人だし強制ではないですよね。
でも人数が10人になってますよね。
そこは事業所の全従業員の内訳を書くところですから、月に一度しか来ない人も入っています。
でもその人は5人の中には入れませんよね。

違います。全従業員の人数が5人以上だと強制になるんです。

いや・・・そんなことは今まで聞いたことがない。。。
不安になって京都事務センターに確認しました。
やはり、被保険者になる人が5人以上です。

どうして都道府県によって違うのかと、再度、お電話をしてみますと、
すみません間違っていましたとのことで納得はしたのですが、釈然としない一日でした。
年金事務所の方も忙しいでしょうしわかるのですが・・・。

そういえば電子の公文書も夜の12時を超えたころに返ってきたことがありました。
遅くまで頑張ってられるのだと頭が上がります。
こんなに遅くまでお仕事をしないでいられる世の中になれば良いなあと思います。

社労士さんも忙しくなるのでご無理のないように頑張りましょうね。
私も頑張ります!
みなさまお元気ですか?
忙しくて毎日明け暮れております。
ブログの更新もすっかり滞り・・・毎日書いていた頃が懐かしいです。

たぶん他の社労士さんも同じだと思いますが
この年度末から年度初めには手続きが集中します。
離職票も盛りだくさんで、なかなか処理できません

一番の優先は社会保険加入です。
先ずは健康保険取得が一番ですからね。
それに加えて、就業規則や助成金のお仕事が入ってくるので
半泣き状態です

助成金は年度が替わり、もらえる助成金の金額も変わりました。
驚くことに65歳超の助成金は4月いっぱいまでは以前と同じ条件での駆け込みが可能です。
諦めていたのですが、挑戦することになりバタバタです。

3月末も駆け込みしたので、二度とこんなことはやりたくないと思っていたのに
顧問先さんの資料が揃わないのでギリギリになりました。

でも助成金の入金連絡があると嬉しくなります。

バタバタしないでスマートに届け出が出来るように!
今年度は助成金の勉強をしようかなって思っています。

キャリアコンサルタントをいかした助成金も無事、計画の届け出が終了です。
もっと助成金を特化したいです。

そうそう、営業に来られている社労士さんがいらっしゃるそうです。
ううううぅ・・・営業は出来ないのですぅ・・・
ハングリー精神には欠けているので少しやばいかもしれませんが
負けないようにこちらも頑張る所存です。

社労士になっても日々、法改正や情報収集に明け暮れて
常に動き続けないといけないのは、少々しんどいことです。

受験生の皆さんはどんな社労士になりたいのでしょう。
どんな仕事がしたいのでしょう。
受験勉強も大事ですが、モチベーションアップのためにも
将来の自分を描いてみるのも良いかもしれません。

あと4か月です
何度かアップしている菅原院天満宮
IMG_4421_convert_20170409192318.jpg

社労士会研究会が始まるまで少し時間があったので行ってきました。
小さな神社ですが私にはご利益があり、気に入っている神社です。

天神さんにおなじみの牛がいました。
IMG_4422_convert_20170409192347.jpg
目が悪いので目をさすり、頭が良くなるようにと頭を撫でました。

IMG_4423_convert_20170409192445.jpg
こちらはおみくじ。
初めて見つけたので購入してみました。
が、ちょっとイマイチでした
可愛いんですが・・・。

社労士試験は実力はもちろんですが、運も大きく左右する試験だと思います。
特に選択試験はその傾向があると思います。
それで、いつも最後は神頼みでした

もちろん努力しないでの神頼みはダメだと思いますが
最後の最後に頼るのは精神的に少し楽になります。
かといって、ダメだったときに神様のせいにするのは間違っていると思います。

不合格だったことにも意義がある場合もあると思います。
私はそのおかげでたくさんの友達ができましたし、今もその友達たちのおかげで頑張れています。
だからいつも神様の選択が自分にとって悪いことであるわけではないのです。

でも、やっぱり頑張った結果を出したいですよね・・・。

試験をパスしないと次に進めない・・・
私はそんな気持ちでいっぱいでした。
一人取り残されていくような気持になったり・・・ネガティブでしたね・・・。

これからがしんどい時期だと思います。
頑張っている自分を褒めながら8月迄頑張ってくださいね。
応援しています。
この前、支部研究会がありました。
会場が変更になり約1年、私は前の会場の方が便利なのですが
これからも今のホテルになったそうで少し残念です。

外人さんが多いホテルのようです。
何が不満かって・・・事務所からの交通の便が悪いのと
家に帰るのにバスが間に合わず帰宅時間が30分も遅れること。
残念です

今回は10年年金の内容を詳しく教えていただきました。
年金は苦手なので、ところどころ「?」となることがあったのですが
勉強になりました。

4月からの法改正の情報もいただきました。
雇用保険の失業給付の所定給付日数が変更になるんですね。
受験生の頃、特定受給資格者の表を覚えるのに四苦八苦していました。
今思うと、丸覚えしないといけない意味が分かりません。。。
実際は表を見て確認しますしね。

覚えるのが苦手だったうちの一つが健康保険の高額療養費の表でした。
今では私の頃よりも多くなっているので大変ですね。

この4月からの助成金の変更も教えてもらいました。
両立支援助成金も申請予定で動いています。
キャリアアップ助成金も金額が変わりました。
目まぐるしく変わっていく情報に付いていくのに精一杯です

自分が知らないだけで、お客さんの方が知っているってことがあると、とても恥ずかしいので
社労士会で情報をもらえるととても助かります。

受験生の方々も模試の時期になりましたね。
自分の弱いところがわかるので、この時期に間違っておくこともアリかもしれません。
モチベーションを保ちながら頑張ってくださいね。

私も頑張ります!
年度末からこの4月にかけては手続きが恐ろしく多くなります。
雇用保険の取得は出来れば翌月10日までなので5月にしてほしいとハロワからの連絡が有ったりします。
そのせいか・・・電子データの戻りが遅い・・・

3月下旬からこの4月分までは年金事務所からも公文書が戻って来ません。
きっとすごい量になっているんだろうなぁと思ったりもしますが
国保組合の健康保険の場合、厚生年金の手続きが終わらないと健康保険証が発行してもらえないので困ります
なんとかなんないんでしょうかねぇ・・・。

私も年度末に旅行に行ったので、その前ギリギリに助成金の手続きをしました。
3月末で無くなってしまう助成金もあり、慌てて書類を作成したのですが
助成金センターもすごいことになっていました。

顔見知りの社労士先生たちにもお会いしましたし
滑り込み!状態なのかなぁと思ったりしていました。
(私も滑り込みです

就業規則と助成金のお話が多いです。
ココだけの話、両方とも好きな仕事じゃないのですが。

とにかく、離職票依頼が多くてさばけません
もう一人自分が欲しいです。
あっという間にもう4月です。
ついこの間、年が明けたと思ったらもう桜の季節なんですね。
早いなあ~~~

3月末から3日間仕事を休んで旅行に行ってきました。
四国の9名城すべてを廻るツアーです。

元々、歩くのが嫌いで階段が大嫌いな人間ですが
社労士友達に影響されてお城巡りにハマってしまいました。

今回は四国の社労士友達の住むところも廻りました。
同じ空気を吸っているのだと思うと、なんだか嬉しくなったりしました。
しっかりと四国内を廻ったこともありませんでしたので、とてもワクワクしました。

社労士の勉強をしなかったら、こんな気持ちにはならなかったと思うと
受験生時代が長かったことも、妙に嬉しかったりします。

旅行の間にも、同じ社労士会のお友達から
勤務社労士から独立開業するというメールが届きました。
良いなあ~って思います。
(実際は大変でしょうけれどね)

みんな頑張ってはります。

私は私で頑張るしかない!ですよね。
今年は年金と助成金も頑張ろうと思います。

そしてお城巡りも
今年度も頑張っていきましょうね~
またまた忙しくて、更新が途絶えました。
受験生の頃って、これにまだ勉強していたんだなって思うと
恥ずかしい気がします・・・

さてさて、少し前ですが労務相談に行ってきました。
これは一年に1回だけ、参加させてもらっています。

今回は派遣の相談もありました。
特定派遣が無くなるとのことで、一般派遣のみになるんですね。
派遣は苦手でしたので受験生の頃勉強したのに、すっかりと忘れていて一夜漬けで勉強しました。

労働条件のお話しなど、フルに対応したのですが
よくよく聞いてみると、まったく違う悩みだったり
今回は税金の相談にもなり、いくら知っているとはいえ、
この場では詳しくいうことも出来ないので、税務署に行ってくださいと言いました。

相談業務とは実際の相談もありますが、
その人の悩みを聞いて、どこに行ってもらえば解決するかを考えて
導いてあげることも一つだと思います。

年金の詳しい相談は、やはり年金事務所に行ってもらうのが一番です。
来られる方は、自分の考えが自分勝手なのか、それとも正しいことなのか
法律的にはどうなのかってところが気になるようです。

最後にはすっとして帰ってもらえるととても嬉しくなります。
いつもの事務作業も好きですが、人の喜ぶ顔を見るのも幸せな気持ちになります。

「どうして無料なんですか?」と相談料が要らないことに驚かれることもあります。
先ずは、社労士の知名度をあげること!
それが一番のような気がします。。。。←これは私個人の考えです。

間違ったことを話してしまわないようにと、そこが大切です。
労務ハンドブックを買おうかと、少し悩んでいます。
一冊あると、あとは法改正を書き込んでいけばいいし
持って歩くにも良いかなって思っています。

知識ってほんとドンドン無くなっていきます。
受験生のころが一番物知りでした。
やばいです。

今は年金の基礎をもう一度勉強しています。
今年は年金力を上げるのが目標で~す
第12回紛争解決手続代理業務試験の発表がありましたね。
試験を受けられた方々には長い月日に感じられたと思います。
お疲れ様でした。

合格された方 おめでとうございます。
桜が咲かなかった方 残念でしたね・・・でもまた頑張ってくださいね。
 
年々難しくなっていくようですね。
時間内にボールペンで字数を気にしながらの記述式での解答です。
とてもストレスがかかる試験だったことを覚えています。

取ったからと言って何かが変わることもなく
労使紛争になっても最後は弁護士さんに依頼されるので
私は一度も答弁書などを見たこともありません。

ただ、特別研修で勉強したことはとても参考になったと思います。
労使紛争にならないようにどうしたらいいのか
もし紛争になったらどうなるのかがわかるので、水際でとめることを考えるようになりました。
それだけでも役に立ったと思いたいです

社労士試験のマークシートもスピードとの闘いでしたから、結構しんどかったのですが
特定試験の記述式も本当に精神的にしんどいです。

でも、どんどん内容も難しくなっているようですので
受けようと思われる方は、ぜひとも頑張ってくださいね。
応援します!!!

さあ明日から3連休、
ゆっくりして素敵なお休みを
今日で事務所の確定申告が終わりました。
発送もすべて午前中に終了です。

ケーキをいただきみんなで寛ぎました。
ひと山越えました。
まだ1月決算の先があるので、担当者は大変です。
事務所は4月になってから、お疲れ様会となります。

これから私は大忙しです

さてさて、息子の労災障害の件ですが、ひとつ勉強になったことがあります。
皆さんはご存じだったのかもしれないので、知らなかったのは私だけかもしれませんが・・・。

労災の障害補償給付の請求時に診断書代の請求が付いてないと、労基署の方に言われました。
-----えええ???診断書代って労災から出るの?──
以前、自分の通勤災害で手続きをした時には(障害ではありません)
それにかかった診断書等は労災からは出ませんと言われました。

実際には被災をして、労災指定病院に療養の給付を請求し無料で診断・治療を受ける場合、お金は一円もかかりませんが、
労災指定病院以外に行って治療代等を一度自己負担し費用請求で給付を受ける場合、病院で医師の証明を受ける費用請求書の文書作成料は自費負担なんです。

今回の障害請求で、診断書が添付資料となっていて、費用が4,000円かかったのですが
以前のことがあったので、自己負担もやむを得ないなあって思っていました。
ところが、障害の請求時の診断書代は、労災の方から出るのです。

用紙は7号です。
ふう~んって感じでした。

労災は「〇号」って話をされますが、慣れていないとよくわかりません。
でもダラダラと正式名を言われるよりはわかりやすいです。

ってことで、もう一度会社の印鑑をもらわないといけないので
それがちょっとネックです・・・

でも4,000円返ってきたら、私は嬉しい~
お客さんの障害請求はしたことがないのですが
息子の労災の請求を自分で書きました。

1年半ほど前に職場での暴力により、眼窩骨折で手術入院した件で
弁護士さんから障害等級に該当するかもしれないからと言われて、請求することになりました。
以前にもそうかもしれないなと思い、労基署に尋ねてみたのですが
「電話では何も言えないので、まずは請求してみてください」と言われていました。
正直、診断書代も結構かかるし、辛いところで・・・そのまま放っていました。

今回示談するのも目的なので、弁護士さんとしては労災認定が欲しいそうです。
障害年金とは違い、結構簡単ですね。
どうなるのか、しばらく結果を待つ状況です。

しかし、本当に面倒です。
社労士さんに頼みたいと、その都度思います。

家の相続の登記も司法書士さんに頼んだので
費用は発生しますが、役所に行くこともなくすべてやってもらい助かりました。
そういう意味で"餅は餅屋"です。

社労士に頼むことで、依頼者が助かったな~っと思ってもらえれば
費用が掛かったとしても、喜んでもらえるのだと思います。
士業の仕事とはそういうものだと思います。

そのためにも専門家と呼ばれるのにふさわしくならないといけないなと
日々精進ですね。

障害認定おりると良いなあ・・・。
やっと時間が出来ました。
仕事で忙しく、家に帰っては自分の確定申告もしないとけなくて
バタバタしていてここにもなかなかこれずにいました。

昨日、e-TAXで送信しました。
毎年電子で送るので、住基カードも持っていたのですが
結局のところ、取得率はすごく低かったですよね。

今年からはマイナンバーカードに替わり、カードリーダーに差し込んで送りましたが、マイナンバーカードの利用は他にもあるのでしょうか・・・
疑問・・・

今年は労務関係の仕事が立て込み、あまり確定申告のお手伝いが出来ませんでした。
ぎりぎりになって助成金のお話が有ったり、普段の手続きに輪をかけて忙しいです。
まだ年度末にかけても忙しいようです。
ふう~(´・_・`)

今年は、キャリアコンサルタントのジョブカードの勉強が必要となります。
あとは、年金を勉強しなきゃなあと思っています。
資格のための勉強はもうこりごりなので、産業カウンセラーの講義を聴きに行ったりと
メンタル部分の勉強もやっていきたいです。

頑張らなきゃ

あと少しで新年度です。
気持ちも新たに頑張っていきます。

受験生のみなさんも勉強は進んでいますか?
いつも春ごろには予定が上手くいかず、模試が始まるとバランスを崩していた私です。
ライバルは自分自身。
合格通知をもらう自分を想像し、頭に焼き付けてくださいね。

北野天満宮
IMG_1_convert_20170312200254.jpg

IMG_3896_convert_20170312200320.jpg IMG_3903_convert_20170312200344.jpg
梅が綺麗でした。
先週、同志社大学で有った、中央労働委員会セミナーに参加してきました。

一部 働き方改革について
同一労働同一賃金/労働契約法20条
長時間労働の是正
解雇の金銭解決制度

二部 パネルディスカッション

先週よりも活発なパネルディスカッションでなかなか有意義でした。
同一労働同一賃金はこれからどういう方向にいくのでしょうか。
労働契約法とパートタイム労働法の兼ね合いもあり
正社員と非正規社員との処遇について悩むところです。
今回のガイダンス案では、手当も同じようにしないといけないとありました。
賞与もその対象になるのかならないのか・・・。

合理的な区別なのかそうでないのかの基準も、しっかりと決めておかないといけません。
経営者にとってしんどい法改正となりそうです。

解雇についても金銭解決を第一にするのが良いのか否か。
お金よりも地位確認で復職を求める人もあるだろうとのことですが
会社と揉めてもまた同じように働けるのかと、私は心配になります。

今回電通のお話も出ましたが、以前にも電通事件はありますし
そういう制度はなかなかなくならない気もします。
でも、私たちの若い頃に比べると、今は勤務時間も短くなっているし
残業についても厳しくなっているので、何が何でも仕事一途!ってこともなくなってきてはいるのでしょう。

それでも、その仕事をしなければ他の人が取っていく。
そう思うと無理してでもやってしまう。
それが日本人だそうです。

金曜日に少し早く帰ったら
「プレミアムフライデー?」と娘に言われました。
「ありえないし・・・」と思わず真剣にイラっとしてしまい、大人げなかったかと。

娘たちも職場で
「ありえないよなぁ」って言い合っていたらしいです。

早く帰っても仕事は残るだけで
他の日に残業や休日出勤になるだけです。
サービス業ならその分、売り上げが減るだろうし・・・ありえない。

でも、いつかはそういう時代がくるのかもしれないなと思うこともあります。
今は育児休業取得率も、有給休暇の取得率も増えてきているので良い傾向にはなっているのでしょう。

仕事とは楽しくするもので、人間関係のストレスもなくなれば
社労士もいらなくなるかもしれませんね。
その日が来るまでは、頑張って労使間が上手くいくように策を練ることを頑張ろうと思います。
先日、図書の案内が届きました。
普段ならスルーするのですが、今回はフト目についたので注文してみました。
値段も税抜きで2,300円とのことで、これなら払えそうです。

数日して届きました。
IMG_3885_convert_20170226181633.jpg

A5サイズなので持って歩きやすいです。
中はこんな感じで、クイズ形式です。
IMG_3886_convert_20170226181702.jpg

社労士ならすべてスラスラ応えないといけないレベルです。
見やすくなっているので、一般の方への説明には良いのかなって思いました。
もちろん、年金苦手な私にもわかりやすいです。

年金の本は結構購入しているのですが
時間がなくてなかなかゆっくりと読めません。
なので、バス待ちの時間などの読めそうなこういうサイズが良いのかもしれません。

そうそう、遺族年金って非課税なのであまりこだわらないのですが
健康保険の扶養を見る場合には、その金額も対象になると年金事務所の方がおっしゃいました。
その方は別居のお母さまを扶養に入れたいとのことでしたが
仕送り額は、遺族年金の額以上でないと扶養家族とはなれないとのこと。

驚きました。

確か収入額よりも多く仕送りしていること
と習ったと思うのですが、収入の中に遺族年金も入ることを認識していませんでした。

とは言うものの、75歳以上なら後期高齢者になるので
我が家は対象になりませんでした。

ほっ

年金の知識をもっと積まなきゃと思う毎日です・・・
本日、家に帰ったら届いてました。

キャリアコンサルタント登録証
辟。2鬘契convert_20170222215544

とても素敵です
去年もらった産業カウンセラーのほうも同じようなカードでした。

思えば社労士だけがなぜカードじゃないのか・・・
未だに用紙に写真を貼って、まるで学生手帳のような感じで、とても不思議です。

そして、この前気になっていたことが「ご案内」の中に書かれていました。
「この登録を受けたキャリアコンサルタントは、別途ジョブカード作成アドバイザーとして登録しなくても、ジョブカード作成支援を行うことが出来ること。ただし、養成講座を受けていない人、新制度に対応していない人は、オンライン等で知識を習得すること。」

仕事で必要なので勉強しないといけません。
あと少し、頑張ります

思えば、キャリアコンサルタントについてはずっともやもやしていました。
そもそも私の考え方が甘かったのです。

初めの予定では一般社団法人 日本産業カウンセラー協会の産業カウンセラー試験に合格し、その後、その流れで翌年の8月にあるキャリアコンサルタント試験を受けるつもりでした。

ところが私が産業カウンセラー講座に通っている時に、キャリアコンサルタントが国家資格になることが決まりました。
産業カウンセラー試験が年明けの1月で、本来ならその半年後のキャリコン試験でしたが、4月から国家資格になるとのことで特例措置で年度末の3月半ばに最後のキャリアコンサルタント試験が行われることとなったのです。

そのために、産業カウンセラー試験の受験申し込みの際、
同時にキャリアコンサルタント試験への受験申し込みも必須となりました。
いざ受験してみると達成感がなく、受験後、落ち込んでしまい
合格できないと勝手に思い込み、2月の発表を待たずにキャリアコンサルタント試験を諦めてしまいました。

これがそもそもの間違い

実際は不思議に合格していて、その合格発表から受験まで1ヵ月しかないので、今更、勉強なんて無理!と諦めてしまったダメ子ちゃんでした。
学科試験が無理でも、せめて実技だけでも受けていれば、協会内の試験ですから合格出来ていたかもしれません。
なのにそれからも逃げてしまったのです。

結局、友達が試験は落ち着いて4月以降に国家試験として受ければいいし
受験資格だけは取っておいたほうが良いよと教えてくれて、気持ちを入れ替えました。
そうでなければ、キャリコン養成講座に324,000円払って半年通わないと受験資格がもらえないのです。

せっかく、滑り込みで年度内に産業カウンセラー試験に合格したのですから、それを使わない手はない!
ってことでこちらも滑り込みで、急きょ臨時で行われたキャリコン特別講座に参加しました。
これも2月末と3月の各2日ずつの4日間、講座に通うだけで修了証がもらえました。

これでめでたく、国家試験を受けることが出来るようになったわけです。
友達に教えてもらえなかったら大変なことでした

初回の国家試験の1回目は6月でした。
実技試験で落ちてしまった私は、なぜ3月までの特例試験を受けなかったのか。。。
何度も何度も後悔しました。

その時受けていても合格出来ていたかはわかりませんが
とても後悔しました。
その"後悔"は今回の2回目の試験に合格するまで続きました。

やらなかった後悔は、やったことの後悔よりもずっと辛く苦しいですね。
なぜ、やる前から諦めて逃げてしまったのか。。。。

年々難しくなる社労士試験に比べたら大したことない試験でしたが
精神的にも金銭的にも負担の多かった27年、28年でした。

しんどかったです
もう、試験勉強は二度といいですわぁ・・・
最近、「助成金推進センター」とか「助成金支援センター」だとかの怪しい名前のところから連絡があります。
FAXでも堂々と送ってきます。

「社労士の先生方へ
助成金の手続きを待ってられる方がいらっしゃiいます。
その手数料を一割いただくだけで先生にその事業所を紹介します」
って感じです。

反対に、事業所には
「助成金を申請しませんか?
〇〇とか△△とかがもらえる予定です。
サポート代として◎◎円いただくだけで、御社に助成金が入ります」
という連絡がきます。

法人格なので調べてみると、堂々とHPに助成金代行って載っているので
驚いて支部役員の先生に聞いてみました。

はっきりと「それは社労士法違反です」とのお返事です。
「その会社に紹介されて代行する社労士も社労士法違反です」とのことですが
じゃあなぜ、そういうHPを載せてまでやる人がいるのだろう・・・って思うのです。

先日、キャリアアップ助成金の手続きで職安に行ったときに、そういうことを聞いてみました。
最近とても多いそうです。
事業所にFAXが流れてきて、その件で助成金センターや職安への問い合わせがよくあるそうです。
職安の方もおっしゃっていましたが、提出代行が出来るのは社労士だけですが
委任状があれば一般個人でも出来るとのことで、騙されないようにしてもらいたいとのことでした。

助成金って金額が大きいので、それに目を付けるのでしょうね。
正直、私は助成金が好きじゃないのですが
それに特化していれば、稼げるのかもしれません。

こういう制度を始めたいからというところから始めて、
それならこういう助成金がありますねって流れで有って欲しいです。

65歳超に定年を延ばせば120万の助成金がもらえる。
この場合、就業規則への変更が必要で、その時に社労士にその作業を依頼し費用を払わないといけません。
その領収書も助成金申請の時に必要になります。
事業所で直しておくだけではもらえない助成金です。

同じような感じで、キャリア形成促進助成金は、キャリアコンサルタントのキャリアコンサルティングを受けないといけません。
このキャリアコンサルタントというのが、国家資格になったキャリアコンサルタントか、ジョブカード作成アドバイザーに限られるそうです。

この国家資格のキャリアコンサルタントというのが、この前私が合格した試験のことです。
でも試験問題にもジョブカードのことは出ませんでしたし
養成講座を受けていない私は、ジョブカードを見たこともありません。
それで不安になり、試験を受けた団体に問い合わせしました。

合格発表があってすぐに登録の申請をしたのですが、それが1月半ばでした。
現在、その登録証待ち状態です。
それがないと、この助成金のためのキャリコンである証明が出来ません。

先輩社労士さんに尋ねてみました。
たぶん私の今の資格でいけるのではないかとのことで少し安心しました。
また資格を取るための勉強は、これ以上無理だと思っているので正直焦りました。

その後やっと、団体からの回答があり
国家資格のキャリアコンサルタントであれば、今のままで大丈夫とのことでした。
ただジョブカードの勉強は自分でしておいてくださいとのこと。
確かにそうですよね。
知らないでは済まされません。

国家資格になる前にキャリアコンサルタント試験に合格されていた方々は、登録することで国家資格になるのですが、技能士としての資格をお持ちの方々はもっと難しいことも勉強されているので、今回の標準レベルのキャリアコンサルタントといういう位置づけはどうなんだろうと思うこともあります。

キャリアコンサルタントを国は増やそうとしているのですが
それよりもメンタル部分をしっかりと支えることが出来る人を、増やすべきではないのかと思います。
新しくできる公認心理師と臨床心理士に位置づけも微妙ですし
産業カウンセラーももっと微妙です

就業支援も大切ですが、心のケアをすることも大切です。

あ・・どんどん、それてしまってますが
キャリアコンサルタントと言う位置づけ、今の私にはとても落ち着かない状況です。

資格は取ったけれど・・・状態
何事も始めは初めてですよね。
そう思って、まずはやってみることにしようと思っています。

は~やくこいこい 登録証~

助成金って本当に奥が深いです・・・来年度は助成金をちゃんと勉強しようかなってことも思います。