一年に一回の成年後見人更新研修がありました。
朝から夕方まで6時間びっしりです。

養成講座を受けたのが去年ですからもう1年。
見事に忘れています。

少し前に顧問先さんの方に、患者さんの成年後見人を付けたいのだけれどと、
問い合わせがありましたが上手く断った感じでした。
本当なら私がやります!とか社労士会で受けたいです!とかいうべきでした。
正直、面倒だしなぁって気持ちがないとは言えません。
反省です。

今回の研修でも、親族後見よりも第三者後見の方が増えているとのことでした。
一人住まいのお年寄りも増えているので、成年後見人は必要だと思います。

午前中は司法書士さんのお話をたっぷりと聞きました。
専門職と言われるのは、弁護士・司法書士・社会福祉士だそうで、それ以外の士業は専門職とはならないとのこと。
税理士さんも参加されていますが、イマイチのようです。
それに加えて、最近は行政書士さんの参加が顕著で、すごく頑張ってられるとのこと。
社労士はなかなか難しいようです。

京都では今まで3回の養成講座があり、計100人超の方々が受けられているのですが
今回来られたのは60人ほどでした。

登録してもなかなか後見人になるまでのハードルが高いようです。
昼からは実際に後見人になられている社労士さんのお話と
地域で社労士の認知度を上げるために奮闘されている先生方のお話でした。

午前中の司法書士先生もおっしゃっていましたが
法定後見人としては社労士は無理だろうから、任意後見人のほうを頑張ってはどうかと。
確かに裁判所が後見人を選ぶのですが、先ずは専門職と呼ばれる士業の方々を選ばれるのでしょう。
もっとニーズがあるのかと思っていましたが、そうではないと知り驚きです。
実際に成年後見人を付けた方が良い方々も多いのに・・・。

でもよくよく考えてみると、成年後見人がなぜ必要となったのでしょう。
昔は禁治産と言ったそうです。
まったくそういう制度がなかったわけではないのでしょうが
今ほど、一人暮らしの方々が多くはなかったのではないでしょうか。

お年寄りがいても、その財産を守る子供が同居していて
騙すような人が来ても追い払えました。
でも今は、お年寄りを騙してお金をとろうとする人が来ても、誰も守ってくれる人がいません。
施設に入ることになっても、契約してくれる人いなかったり
その費用の管理をする人もいない・・・。

悲しい気持ちになります。

そもそも、自分の父がアルツハイマー型認知症と診断されて
この先どうしたらいいのだろうと思い、
成年後見人になるためにはどうしたらいいのだろうと養成講座を受けたのですが
我が家のように母がいて、私たち家族が同居している場合は、必要ありませんでした。

独りっきりの方の場合は、成年後見人がお葬式をあげて斎場まで行き
お骨を一人で拾ってお寺に預ける…というところまでされたようです。
でないと、誰もしてくれる人がないからだそうですが
なんだかとっても寂しい。。。

実際に子供に障害があって、親が死んだ後のことを憂い
成年後見を付けるというのはよくあるのですが、
核家族になることで、お年寄りを守るために成年後見人が必要になるというのは
世の中の常とはいえ、ちょっと寂しい気持ちになります。

認知症が増えていくことでこれからももっと必要になるのでしょうが・・・。

成年後見人制度について考えるときに
いつも私は気持ちが暗くなります。
私だけかなぁ・・・。

この日は、とても雪が良く降っている日でした。

二条城 北大手門
IMG_3851_convert_20170210231753.jpg
コメント
俺も去年、母の成年後見人制度の相談をしたよ、出来れば使いたくない制度ですね!

高齢化が進んでいるのに、核家族化で孤独死が増えてるのも事実です。
2017/02/14(Tue) 10:42 | URL | hiro007 | 【編集
hiroへ
そうだったんだぁ・・・
本当にちょっと辛い世の中だよね。

いつも講義を受ける都度、お年寄を騙したり、相続人になる人らでもめたりという現実に悲しくなる。
我が家は財産がないので気が楽かも~
2017/02/15(Wed) 20:31 | URL | 春 | 【編集
母は認知症です。
他人に騙されるならまだしも、実の子供に年金は愚か、貯蓄、保険まで解約して母の残金がゼロ!

挙句の果てに土地建物処分するからって俺に相続放棄の書類が送られて来た!

俺はお金なんて要らない!いつでも放棄してやる!
けど、こんな事が許されるんでしょうか?
犯罪ですよね?
愚痴ってみました、すみません...
2017/03/02(Thu) 11:31 | URL | hiro007 | 【編集
hiroへ
そうなんですよ。。。家族がってことはよくあるのです。
兄弟間で絶縁になることもよく聞きます。

悲しいことですが、本当によくある話なのです。

相続放棄はしないでね。
遺言を書いていたとしても、相続分はもらえます。

負けないで!
2017/03/05(Sun) 18:45 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック