早いものでもう社労士会忘年会のシーズンです。

いつも不思議に思うのは、みんなが「先生」なこと。
油断して今日も「〇〇さん」と言ってしまって焦りました

先輩に「先生」と呼ぶのは良いのですが・・・なんともおかしなものですね。
一向に慣れません。

今日も新しく入会された先生方のご挨拶があり
数年前を思い出しました。
今もまだなじんでませんけど。。。

たぶん、これからもずっと私の立ち位置は同じだろうなって思います。
それ以上を期待しても無理でしょうし。

とりあえず、ひとつ終わりました。
社労士会では無料相談会をやっています。
年金と労働とに分かれて対応します。
場所によっては総合で相談会をされるところもあるようですが。

去年は少々重い相談があり、気分的にしんどくなりましたが
今年は少しましだったと思います。

いつもは企業側の社労士としていろんなアドバイスをしていますが
こういう時相談に来られるのは従業員さんです。
いつもとは全く反対の相談です。

「解雇されたんですけど。どうしたらいいですか?」
「賃金が勝手に下げられているんですけど、いいんでしょうか?」
などなど・・・。

偶然、相談に来られた人の給与計算が間違っていて
結局その計算をした社労士さんが私の知り合いだったことに、少しショックを受けました。

私も気をつけなきゃいけません。
いくら企業側の人間だとしても、労働者が困らないように
誠意を尽くしているつもりですし、事業主さんや経営者さんにも法律にのっとって対応してもらえるように努力しています。

少しでも、労使間がうまくまとまるようにと
それを一番に考えています。

労務相談は苦手だけれど良い勉強になります。
できることを頑張ります。
今年もいただきました

image+(3)_convert_20151117223120.jpeg

感謝しております

今年はエンジ色。
毎年重宝しています。

前のほうはスケジュールを描く手帳として
後ろは"資料"として、厚生年金の保険料一覧や、失業給付の支給日数一覧、有給の一覧など、社労士として必要な資料が盛り沢山に載っています。

受験生のころには、いつかは自分で!とそれも目標の一つになっていました。
ところがこれは、京都の社労士会では手に入らない手帳でした。
連合会が作っている手帳はもう少し小ぶりで、用紙も薄く税理士手帳とよく似ています。

それよりも、これが本当に使いやすいのです。
年々一年が早く感じます。
また、アッという間に年末なのかなぁ・・・。

明日は産業カウンセラー試験の願書受付です。
まだ何も用意してなくて、写真すらありません。
実は今日、実技試験免除のお知らせが来るかとドキドキして帰りましたが
残念ながらダメだったようです。

その発表を待って、願書受付です。
今年はキャリコンも同時なのですが、意気消沈しています

以前から受けたかった、成年後見人制度の講座のお知らせが来ました。
ちょうど、キャリコンの講座と試験日がダブります。
一日ならなんとかできても3日も重なるので、どちらかしか行けません。

父のことがあるので、成年後見人は勉強したかったのですが
ここ数年開催されていませんでした。
またしばらく予定はないようなのでチャンスだと思っています。

キャリアコンサルタントは今年が狙い目で、今回は産業カウンセラーと同時進行で動くことになるのですが
私に向いているのだろうかと思ったりもします。
初めはキャリコンを目標に考えていましたが、産業が面白くてハマってしまいました。

どっちかを決めないといけません。

でも実技免除にもならないレベルで、キャリコン試験も論述があるらしく
合格できる可能性がとっても少ないのです。
それを思うと、やっぱり成年後見かなぁ・・・とか。

両方、ほしいんですけどね。
これは前からの目標でしたから。

そうそう上手くはいかないようです
今日は、社労士会の年金セミナーでした。
題して『年金万華鏡』 年金の一元化のお話です。

毎年、特定の時にお世話になった佐竹先生がお話ししてくださいます。
年金の著書も多く、今回のレジュメも立派なものをいただきました。
200人ほどの人が参加されたようです。

年金の一元化とのことですから、少しは覚えているようです。
でも、いつまでもキープは無理なので、こうして更新することは必要です。

忘れないように頑張らないと。

今日もたくさんのお友達と会いました。
こういう繋がりは大切にしたいと思います。

連日の勉強にちょっと疲れた私です
医療労務コンサルタント フォローアップ研修 開催
という連絡が社労士会からきて、さっそく申し込み本日参加してきました。

image+(2)_convert_20151110225740.jpeg

本日のお話はとある特定社労士の先生です。
いろんなチェクリストを病院の方に書いてもらい
そこから改良点を見つけ出し、対応していくというスタンスだそうです。

題して
『医療分野の雇用の質向上のための勤務環境改善マネジメントシステム』

本日の受講料は8,000円でした。
講義のあと、グループワークがありましたが
前回の基本コースは丸二日で6,000円でした。

今回はたった半日で8,000円。
高いなぁ・・・と負担する身としてはつらいところでしたが
フォローアップとのことですから、それなりのものをいただいて帰れるのかと思い参加したわけです。

師匠と仰ぐ、前の事務所の社労士さんと会いましたが
お互い途中から顔を見合わせておりました。

この先生、ほんとうに現場に行っているんかなぁ・・・と・・・。

グループワークでの検討課題も、意見することもなく終わりました。
今日のはホント、貴重な時間をもったいない気がしました。

めちゃくちゃ毒舌

その後は時間がなかったので事務所に戻らず、支部社労士研究会に行きました。
マイナンバー実務のお話しです。
毎回、実務をしているものには、とっても参考になるお話です。

昭和12年4月1日以前生まれの、70歳以上の届け出の経過措置のお話も目から鱗です。
届け出はするつもりでしたが、経過措置を使えるかどうかで違ってくるんですね。
危ないところでした。

本当に参考になります。

そして、この前の試験のこともおっしゃっていました。
支部の先生方が受け持った教室からは誰も合格者がなかったそうです。

私の友達からも合格者はなく、最短最速のほうからもなかったと思われます。
こんなことがあっていいのでしょうか・・・。

なぜ今回のような合格率だったのかとか、そのあたりのことも今日は少し話されていました。
それでも合格された中に77歳の方もらっしゃるのですから驚きです。
狭き門を潜り抜けても、なかなかその先が難しいのですから、この社労士って資格を目指す人は減るのでしょうか。

それを狙ってる???

私は明日も社労士会の年金研修です。
頑張ってきますね。