先日、給付金研究会に参加しました。

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の方が来られていて
65歳超の助成金のお話と障害者の助成金の説明を受けました。

障害者のほうは事業所からの納付金を助成金に充てているとのことでした。
報奨金とかそういえば受験生の頃、丸暗記してました。
なので今はすっかり抜けています

65歳超雇用推進助成金のほうはギリギリでの120万を申請した経験があるので
少しは説明もわかりやすかったです。

キャリアアップ助成金とダブルのですが
50歳以上の方で6ヵ月以上有期契約で勤務していた方を無期契約にすればもらえる助成金があります。
ただ機構の方もおっしゃっていましたが、ハードルはとても高く審査は厳しくなったとのことでした。
この4月までのは、ある程度書類を揃えれば良かったのですが
5月からの65歳超雇用推進助成金は人数が多ければ
以前よりももらえる金額が上がり145万になっているので審査も厳しいとか。

顧問先さんから最近、よく助成金の依頼を受けるのですが
とあるところの営業活動で、事業所に「助成金もらえますよ」ってFAXなどがくるようです。
社労士違反の恐れありとのことで、助成金センターからもハローワークからも要注意とのことでした。

ただ、その影響で、あまり助成金に興味がなかった顧問先さんも目覚められることがあり、
今までやったことがないような助成金にもチャレンジしています。

助成金は社労士にとってはおいしいネタではあるのだと思います。
でも事業所にとったら、その半分ほどは税金で持っていかれますし
社労士への報酬も発生しますから、助成金ありきで就業規則を直していくとあとで大変なことになります。

ともすれば、助成金の純利益以上に負担金が増えることがあるのです。
一度作った就業規則の内容を下げるのは簡単にはいきません。

たとえば、定年年齢を5歳上げることで助成金をもらっても
今の従業員を今と同じ条件で伸びた定年の年まで雇わないといけないのです。
仕事をバリバリ頑張る従業員ならいいのですが・・・そうでない人だとしたら
あまりにもリスクがあるのではないでしょうか。

それでも中小企業は助成金が入ることで少しでもゆとりが出来るのですから
もらえないよりもらえる方が良いですよね。

できれば助成金ありき!ではなく
今の動きの中でもらえる助成金があれば狙う!という本来の姿で動きたいです。

そのためにも、本来の助成金を上手にもらえるように
常にアンテナを張っていないといけないと思っています。
それを上手に活用出来たら最高なんですけどね。

実務としていろんなことを学んで身に付けたいものです。

ふう~
久々に参加しました。
~社労士が行う安全管理上の事業場指導のポイント~

ということで元労基署の所長であり、現在は社労士さんが講義をしてくださいました。
メインはパワーポイントでしたが、おまけの資料としての
【労働安全衛生法のあらまし】という冊子がとても良かったです。

まるで安衛法の重点ポイント集のようでした。
受験生の時にこんなの欲しかったなぁと。

安衛法のポイントが分かりやすく載っているので
これは宝物になりそうです。

今日は労災事故のナマナマしさをきき、
事故が起きないようにしないといけないと改めて感じました。

人間は失敗する
機械は故障する
だから事故はいつ起きるかわからない。
事故が起きることを考えて行動すれば事故は起きない。

なるほどなあ・・・。

今回は耳を覆うような労災死亡事故のお話もあり
とっても有意義な時間だったと思いますが、参加者はいつもより少なかったです。
次は来月は年金の研修会があります。

苦手な年金を少しずつ勉強していこうと思っています。
頑張るぞ~
少し前、とあるところでの無料相談に参加してきました。
その場では税理士、行政書士、司法書士、社労士が集い、各ブースで一斉に相談に応じます。

司法書士さんが二人いらっしゃいましたが
最後までお客さんがおられました。
登記とか相続の関係って相談が多いのでしょうか。

社労士は一般的な人生設計のような相談でした。
ある程度は社労士の範ちゅうでしたが、途中からはFPの範囲で
一般的な回答しかできませんでしたが、とても喜んでもらえたので嬉しかったです。

いつもの仕事とは全く違う、生の声を聞いているのはある意味
やりがいを感じます。
こういう仕事がしたいなあと最近思います。

社会への貢献、そんなことをやってみたいと思うのですが・・・。
すっかり朝晩涼しくなりました。
いかがお過ごしでしょうか。

社労士試験の自己採点に揺れ動く週ではなかったでしょうか。
最近、労働相談や顧問先の方などに
「社労士さんって試験すっごく難しいんですよね?賢くないとなれませんよね?」とよく言われます。

賢くなくても成れたし・・・(-"-;A ...アセアセ

私が合格した時は合格率が7%ありました。
今や2%から5%ですものね。。。難しい試験です。
今が難しいから前に資格を取った私はおこぼれに預かっています。

今年はもう少し合格率が上がりますかね~

平成24年  受験者数 51,960人 合格者数 3,650人 合格率 7.0%
平成25年  受験者数 49,292人 合格者数 2,666人 合格率 5.4%
平成26年  受験者数 44,546人 合格者数 4,156人 合格率 9.3%
平成27年  受験者数 40,712人 合格者数 1,051人 合格率 2.6%
平成28年  受験者数 39,972人 合格者数 1,770人 合格率 4.4%

こうしてみると、どんどん減っています・・・。
受験生も減っているし合格者も減ってます。
先細りにならなければ良いのですが。

今や合格者が2千人にも満たないんですね。

今年はどうなるのでしょうか。

気になるところです。
晴天の中、無事社労士試験が終わりました。

京都は毎年、同志社と立命館とか同志社と産業大学とかの組み合わせでしたが、今年はすべてが同志社大学で行われました。
会場は今出川校舎と新町校舎の両方に分かれましたが・・・。
それでも交通の便が良いので受験生も試験監督者も助かったと思います。

さて、今年の試験はいかがだったでしょうか?

早速採点した友達から、基準点割れなしの高得点連絡があり
とても嬉しく思いました。
その方は何度もあと一歩で合格を逃していて、コツコツ努力をされていました。
私的なことでも大変なご事情を抱えてられるのに、勉強を続けて来られたのです。

嬉しいなあ~~~

私も試験監督者として試験に参加しました。
試験の間、立ちっぱなしなので足がパンパンです。
トイレ休憩もその階に女子トイレがなく、階段で何度も往復し
痛めていた膝が悪化し、足を引きづっての帰宅となりました・・・

もっと身体を鍛えないとダメですね。。。

一生懸命問題を解いている受験生の姿は、5年前の私の姿にダブります。
みんな頑張っている!
頑張っている!
試験監督のみんなは一人でも多く合格してほしいと思っています。
そう思って今日一日、受験生の熱気を受けてきました。

本当にお疲れ様です。

試験監督された先生方、お疲れ様でした。
朝早くから夕方まで、体力勝負でお疲れ様でした。

予備校のチラシ配りや解答速報を配られた方々、お疲れ様でした。
暑い時期ですから大変でしたね。

無事、試験が終わったことにホッとしています。
11月の発表にはたくさんの方々の努力が実りますように