この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
今日は昼休みに書いていた途中の記事を捨てるほど、すっかり気が失せる出来事が夕方にありました。

実は・・・また所長に言われたんです。
夕方電話で誰と話してはるんかなぁって思いつつ仕事をしていたら
「〇〇さん。△△株式会社さんが社労士を紹介してくれって言うてるんや」と電話を切ってから声がかかりました。
「前の事務所の社労士の★★さんではダメなんですか?」と訊くと
「あかんみたいやなぁ。それでボクの同級生の◎◎社労士を紹介したわ」と言われました。

その◎◎社労士さんは結構手広くされているようです。
前の事務所のその地域の顧問先さんも委託されていて以前から知っていました。
もちろん現在のウチの顧問先さんも何件か顧問契約されている事務所です。

確かに大きな社労士事務所ではあるのですが
そういうことを平気で私にニコニコ嬉しそうにいうのもどうなんだろう・・・。
私が勉強していることも十分知っているのに・・・です。
悲しいです。

やっと資格を取るために頑張ろうって決心したのに、心が泣き叫びました。
こうやってどんどん私が夢見ていた社労士関係の分野が他の社労士さんに取られていきます。

もし私が社労士を取ってもそこで終わりなんですね。
仕事を任してもらえると思ってはいけないのです。
なんてね・・・思うと、ちょっと悲しいです。
心が痛くて痛くて泣いてました。

目の前で紹介したと嬉しそうに私に言うなんてね・・・。
私がどう思うかなんて関係ないのでしょうね。
理解してもらおうと思うほうが間違っていたのです。

今は家に帰って少し落ち着きました。
事務所での仕事が出来ると期待していた私がバカだったのでしょう。
前の痛手からまだ幾日も経ってないのに・・・(T_T)

社労士資格絶対に取ります。
意地でも取ってやる!
なんて今は鼻息荒くしております( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
少しココで怒ったので落ち着きました。

いろんな理由やいろんな考えがあって同じ社労士という目標を抱いている受験生仲間達!
頑張りましょうね。
本当に今年こそ合格したいのですσ(・・*)アタシ
眠いです・・・。
かといって勉強が出来ているかと言うと全く進んでません。
徴収法のテキストを読んでいるのですがメリットが一番良くわかりません。
ざっくりとは雰囲気的にわかっているのですが覚えられていません。
難しいです・・・(>_<)

仕事では日本年金機構から手続きのことで電話が有りました。
第3号加入の件ですが、結婚されて第3号になったので結婚した証拠になる"婚姻受理証明書"が必要だと言われました。

扶養控除申告書などで事業主が確認に〇をすればいけるはずだと思っていた私は驚きました。
今までそんなことを言われたことがないので結構しつこく質問してみました。
そうすると「私は詳しくないので・・・」と他の人に代わられ
長い間待ってから「すみません必要ありません」と言われました。

今度調査で年金事務所に行くことがあるので、その辺のことをちゃんと訊いてこようと思います。
協会健保と組合国保とでは違うのでしょうか。

もう一つ疑問なんですが
「一家に国保は一つです」と良く言われます。
ですから奥さんが〇〇国保に加入になると旦那さんが協会健保で無い限りは市町村国保から離れて一緒に〇〇国保に入るように言われます。
そうでなければ世帯を別にしてくださいとのことですが
これも市区町村によっていろいろあるようです。

この件でもこの前は区役所の方と長い間お話をしていました。
健保って難しいですね。
まだまだ知らないことがいっぱいです。

その次は苦手な年金がやってきます(>_<)
頑張らないといけないですね。

でも家に帰るとついついPCにハマってしまっていけません。
ほどほどにしないとね・・・。
昨日の記事についていろいろと意見を訊かせていただいてありがとうございました。
少しスッキリしました。
迷わないで8月まではしっかりと前を向いて突っ走ろうって改めて決心しました。
ありがとうございます。
社労士になるためにこうして皆さんにかかわっていただけることに感謝しています。

私には一番初めに社労士への夢を与えてもらった大切なリアル友達がいます。
社労士勉強の第一歩をスタートした時に傍に居てくれた人です。
その友達が1月2日に二人目の赤ちゃんを産んだので帰りに会いに行ってきました。

やっぱり赤ちゃんは可愛いですね~
とても目が綺麗です。
澄んだ目をしていました。
きっと世の中の汚いものを見たことが無いので純粋な輝く目をしているんでしょうね。
久しぶりだったので長い間お邪魔してしまいました(^^ゞ

その友達は今から6年前、社労士の勉強をしていました。
それを知ったのは税務の研修に大阪に行ったときです。
「なんで社労士なん?社労士の何が魅力?」って訊いたのを覚えています。
大栄経理学院に通って勉強していると訊いて驚いたものです。
いくら兼務事務所とはいえ税務の仕事をしているのに不思議でした。

その後、私が今の事務所に変わることになった時に一番に彼女を思い出し一緒に勉強を始めました。
それから彼女は結婚、出産と忙しくなり、中休みをしていましたがまた今年から始めるとのことです。
「"人"の仕事が好きやし、育休の間に勉強するわ!やっぱり資格は有ったほうが良いし転職のときにも有利やと思うからね」
今日もそういってました。
ちゃんと彼女は将来のことも考えてました。

あっぱれ~

資格は無いよりは有ったほうが良いのです。
資格なんて取っても使わないと意味が無いという人は資格が無い人のセリフだと思います。
資格を今、活かせなかったとしてもいつか役に立つかもしれないのです。
資格を持っていることで自分に自信も持てるのです。
資格を取らないと通用しないのです。

たかが資格というけれどされど資格です。
資格なんて・・・って思ううちは取れないのでしょう。
なんとしても資格が欲しいと思って始めて手にするチャンスは訪れるのでしょうね。

来年は一緒に合格しようね!って言って帰ってきました。
資格はやはり欲しいですから勉強を続けます(^O^)
今日でやっと年末調整が終わりました。
疲れました・・・。

後は法定調書と給与支払報告書の提出です。
今日も社労士さんに委託されている事業所から合計表の原稿が届きました。
社労士さんは源泉納付書を書いたり合計表の提出はしてはいけないのですが、作成されている事務所も結構あります。

うちの事務所としては助かるので嬉しいのですが(^_^)v
・・・なんてね・・・ここだけの話にしてくださいね。

そこそこの規模で社労士に頼まない事業所は有っても、税理士を付けない事業所は少ないので
税理士になりたい人は多いのでしょうね。
税理士になれば行政書士も付いてくるので、後は司法書士と社労士が居れば合同で仕事も受けられるのだと思います。

でも不景気で社労士にお金を払って顧問契約をしてくれるところは有るんだろうか・・・なんて思ったりもします。
単発ならありそうな気もしますが…。
労使紛争をメインに受ける事務所だとかそういったウリを何か持っている事務所は強いのでしょうね。

会社の経理でも社労士じゃなくても手続きが出来るところが弱い気もします。
就業規則だって作れますよね…。
社労士の必要性ってなんだろう・・・なんて思うとそこで止まってしまいます。
自分がいろんなことを我慢してでもなりたいと思う資格を取った後のこと
そういったことも考えつつ仕事もしていきたいと思うのですが・・・やっぱり取ってからで良いのでしょうね。
今は・・・。

皆さんは社労士になってどうしたいですか?
何をしたいですか?

社労士合格の皆さんはこれからどうしていこうと思われているのでしょうか。
起業するのも大変ですよね…。
前の事務所で一緒に働いていた人が税理士として独立開業したのですが、さっぱり顧客が取れないようです。
いくら資格が有ってもサービス業で有る以上、顧問先が有っての士業であるのですから難しいですね。

家族によく言われます。
「社労士取ってどうするの?」と。
「老後のために資格が欲しいの」と応えますが、漠然としすぎています。
私の中で確かなものがないのです。
今の現状からの脱出の手段として捉えている部分もあって、取った資格を活かせるようにどうしたら良いのかな。

『社労士になりたい・・・』というタイトルは安易すぎるのかな・・・なんて思う今日この頃でした。
いつもの毎日が戻ってきました。
やはり仕事に行っているほうが楽しいですね。
主婦業は向きません(ーー;)

今日は残っている年末調整を数件したあと、賞与支払届を作成していました。
ソフトによってOCRの印刷だけすれば良いタイプと、資料として出力し自分で書き込むタイプとがあります。
どちらにしてもこれは簡単なのでダイスキです。

さて事務所もこの1月から厚生年金の適用事業所となりました。
法的には任意なんですが従業員の希望を訊いて加入してくれました。

私は事務所を立ち上げた時に資格を喪失して以来なので3年間は間が空いていますが
これで少しでも老後はもらえる金額が増えそうです。
でも毎月の控除が痛いです(>_<")

所長が自ら年金事務所へ行きました。
ある程度の書類は私が用意していたのですが、所々書き込みで抜けているところがあったようです。
「やっぱり行ってよかったわ。ええ勉強になったわ」と言ってました。
私はやはりお払い箱かな・・・なんてちょっと思ったりしました。
ネガティブですみません。。。

信用されていないのかな・・・とか時折思うときもあります。
見ようと思えばみんなの給与は見れるのですが、知ると嫌な気持ちになるだろうからと絶対に私は見ません。
人の給与を知って良い気持ちになる人って少ないと思います。
知らないに越したことはないのです・・・。

やっぱり年始から愚痴になってしまってすみません。

良い職場でいつも笑い声ばかりが響いて近所の人も羨ましく思う職場です。
でも実際はどんどん事務所の雰囲気も変わっていくので
変化が嫌いな私としては3年前に戻りたい・・・って気持ちになる時があります。

そういう気持ちをキッパリとなくすためにも【合格】の二文字ですね!
毎日「頑張るぞ!」って思っていたら強気になれる気がします。

改めて社労士の資格が欲しいと思った新年初日でした。
箱根駅伝が終わりました。
感動!
この一言に尽きました。

関西の大学は参加できないので今までも見ることはありませんでした。
もともと陸上は好きではありませんから・・・。
でも、友達の息子さんが出るっていうので頑張って見てました。

良いですねぇ~
マラソンよりも駅伝はやっぱり良いです。
仲間!の頑張りがないと達成できないので熱いモノがあります。

シードの権利を競っていた中でギリギリダメだった大学。
時間が間に合わずタスキをもらわずにスタートした選手、そのため受け取ってくれる人のいないゴールへ戻った選手の涙。
ギリギリまで頑張って倒れるようにゴールする選手達。

私が一番感動したのは、ゴールした地点で自分が走ってきた道のりを振り返り深く礼をしていた選手達の姿です。
心の中を推し量ることしか出来ませんが感慨深いものがあり涙が出ました。

高校野球もそうですが、人生の中でこの瞬間、4年の間しか出れない大会です。
体調によっては出れない人もいるのです。

当日メンバーが変わることもある中で、
子供の頃からの夢だった箱根駅伝に最後の4回生で出来ることができ完走できたこと。
区間4位だったこと。
子供の頃から知っているオバサンとしては感激をもらいました。

青春とはこういうものなのでしょうね。

そして頑張るってことはこういうことなのですね。
夢を叶えるってことはなんて素晴らしいことでしょう・・・。

内容は全然違いますが、私も夢を叶えるのだと強く思いました。
頑張るってことは素晴らしいことです。
自分の満足いくことが出来るってことは素晴らしいのです。

最近勉強が楽しくなってきています。
勉強し始めた頃は面白くなくてつまらなくてイヤでした。
でも最近はとても楽しいです。

ところが、今日から健保の論点突合せをやっていますが、みごとに忘れています(ーー;)
悲しいくらいに覚えていません。
苦手な科目になるととても危ないです。
いつもなら嫌々やっているところですが今年はそれを乗り越えようって思えるようになってきました。
普通の人なら1年や2年でそう思うのでしょうが・・・。

遅咲きの桜です。
人よりも遅いのですがいつか必ず咲かせます。
しっかりと根を張って太い幹になって花を咲かせます。
そのための充電期間だと思うようにして夢を叶えます。

受験生のみなさん一緒に感動を味わいましょうね。
置いてきぼりにならないように私も頑張ります。
コレもちょっと遅い青春かも~ ヾ(〃^∇^)ノ♪