今日は勉強会です。

いつものメンバーと楽しい時間を過ごしました。
ブログから出会ったみんなです。
友達の友達はみな友達・・・そんな合言葉で繋がりました。

そう思うと、ブログをやめるのもちょっと寂しい気がします。

今年から参加してくださった方なのに、
「ずっと以前から友達だった気がするね~」と言ってしまいました。
本当に楽しいメンバーです。

たまたま、京都で開催していますが、
東京や大阪、奈良から来ていただいて、遠いところありがとうございます

今回は、澤田師匠が仕事でお休みのため
大阪と奈良の合格者二名にお手伝いをいただき、なんとか終えることが出来ました。
感謝です

いつも会場取りが私の役目で、ただその場に居て勉強させてもらっているのですが
今回は苦手な一般常識で、急きょ、一夜漬けで勉強しました。

もし、質問されたら・・・と不安でいっぱいになりました。

ほんと、すっかり忘れておりますねぇ・・・お恥ずかしい。

遠いところから来てもらっているのに
受験生の貴重な一日を無駄にしているのでは?
なんて思いつつ、なんとか終わりました。

終わった後、みんなでお茶をしたのですが、みんなの笑顔が嬉しかったです。
全員合格で秋には祝賀会しましょうね!

お疲れ様でした!
今日は午前中、仕事に行き、すこしだけ納期特例の計算をしました。
まだまだ、道半ばです
月曜日から、また頑張ります

さてさて、これからが本題
うちの娘がやっと社会保険に、この6月から加入させてもらいました。
本当なら入職したら即日加入のはずが、雇用保険のみ加入で2か月半未加入でした。

「母親が社労士やって言ってみたら?」と意地悪で言うと、
「いつか言うわ・・・」と応える娘。

まっいいか~

それでもやっと加入したので、給与明細を確認しました。
6月1日加入の協会けんぽと厚生年金です。
普通は後取りです。
ってことは7月給与から控除です。

それでも、国保組合の場合は当月分を当月徴収なので先取りになりますが
娘の場合は、協会けんぽですから、普通は後取りでは?

以前、事業所が厚生年金を先取りにしたいと言われたので、年金事務所に聞いてみたことがあります。
引き落としは翌月だけど、保険料を当月徴収にするか翌月徴収にするのかは、事業所が決めれば良いとのことでした。

ですから、娘の職場も決して間違いではないのですが・・・。
ちなみに、息子の事業所は後取りになっています。

退職するときには気を付けるようにと娘に言ったところ
ふと、明細をもう一度見て驚き

年金基金との名称で、保険料が引かれているのです。
ええええ~~~
基金は解散すると決まっているのに、徴収されるの????
おまけに、娘には説明はなかったようです。
加入の書類も何もないのですが、こういうものですか?

基金には私は一度も縁がなかったのです。
社労士の勉強で始めて知りました。
そして一番苦手なところでしたから、どんどん知識が消えていきます。

娘は今の事業所には長く居ないと思うのですが
そうなった時にはどうなるのか。。。ってところを確認してました。
『加入10年未満で55歳未満の退職者』は、企業年金連合会に移換されます。
『加入3年以上10年未満の退職者』は、選択申出により、脱退一時金がもらえます。

一時金か・・・そういえば、そんなのが有ったなぁ~と
勉強で習ったことが実際にあると、結構覚えられます。

が、しかし、けれど!

運用状況はどうなんでしょうか???
代行部分とか、プラスα部分とか・・・そ
ういえば、私が合格した年の厚年選択問題は基金でした。
よく3点取れたものです。

まったくもって苦手な基金・・・
でも、3,23が私を救ってくれました。

絶対にありえない・・・そんな数字。
娘にとっては掛け損になりそうです。

そんなこんなで、気になる給与明細でした
やっと労働保険が終わりかけです。
半年の源泉所得税の納付書と一緒に発送です。

そのために、なんとか電子申請でやり終えました。
自分を褒めたい気持ちです。

電子申請ってね・・・・処理が遅いんです。
一週間経っても返ってきません

お客さんへの納付書送付も、公文書が発行されてからという手順でやっていましたが
それでは間に合いません。
納期限も7月10日ですから、何十万となる場合もあるので早い目に送りたい心境です。

今日は他の職員が納期特例納付書を作成してました。
昨日今日でほとんど終わりのようです。
私は、放っておいた新規適用や得喪手続きをやっていました。

一人だけ乗り遅れています

辛いなぁ・・・。

でも、負けないゾ!
仕事で助けは求めない!
これがポリシーです。

可愛げないかな・・・。

今日も疲れたので、また明日頑張るために英気を養います。
無理は禁物。

受験生もそうですよ。
今はまだ無理はいけません。
体力温存です。

がんばりましょうね~~~
今週はトイレ掃除当番です。
が、今日はトイレが詰まった・・・

ちょっと早く掃除して、行政に電話をしたかったのですが
トイレの詰まりを取る、ゴボゴボってするアレ!
名前をなんていうのでしょうか?

前の事務所でも使っていたので、探しても見当たらない・・・。
地下も1階の物置にもない

便器の中にバケツの水を捨てた時に、床に水をこぼしたのを拭いたトイレットペーパーがゆらゆら~~~

あああああ~~~~ぁ・・・。
やばい・・・やばいよぉ~~~

結局、見当たらないので
詰まり取りのグッズをホームセンターに買いに行くことを提案

ちょっと遠かったので、後輩が車で行ってくれました。
最近のは良いデザインをしているんですね。
トイレのインテリアとしても変じゃないし・・・。

とりあえず

みんなが協力して探してくれたり、買いに行ってくれたり。
素敵な従業員達です

雑務を嫌がらないのって良いですね。
誰かが事務所に来てもすぐに近くの人が対応します。
電話も鳴りっぱなしにももなりません。

誰が何をするのか決まってないことを、さりげなくする人って素敵です。
私はそれに甘えてる。
フットワークが軽くないとだめですね。

みんなありがとう

そんなこんなで、忙しい毎日
今日も一日終わりました
月刊社労士
CIMG4732_convert_20140625215336.jpg

先日届きました。
綺麗な写真です。

福井だそうですが、いろんなところに行ってみたいと思うようになりました。
以前は旅行に行くより家でゆっくりしたいと思っていたのに・・・。
今行きたいのは、トワイライトエクスプレスで、北海道へ。

夢ですけどね

まだ10件ほどは残っていますが・・・今日でほとんどの年度更新が終了です。
次は納期特例と、算定基礎に入ります
来月は算定基礎の調査も入っていますし、大忙しです。

そうそう、今日はこの前からお世話になっている労働局の方とまたお話しました。
その後の処理もめちゃくちゃ適切、的確です。
おまけに、めちゃくちゃ親切~~~

サクサク説明してくださるので、素晴らしいです。
出来るオトコって素敵です

私は人に説明するのが下手です。
素人さんに説明するのは、わかり易く話さないといけませんが
順序立てて話せないのです。

人前にも出れないし、講師業は120%無理です!!!って誰も頼んでませんってアセアセ・・・

そう思うと井出先生はわかり易い説明をされるので、神様のようですネ。

出来るオンナを目指してますが・・・はてさて・・・
今日は労働保険頑張りました。

電子で送ると、メールで返ってきますが、確認事項、審査終了だの納付の連絡だの
一件に公文書も含めて5つも返ってきます。
一つずつ開けていると時間がいくらあっても足らないので、私は公文書のみ開けています。

正直、紙ベースの方が確実に早い!
電子なら5件処理する間に、倍は出来ます。
返ってきたらそれを出力もしているので、余計に時間がかかります。

一番、電子申請に対してモノ申したいのは
返ってくるのが遅いこと!
中3日はかかります。
還付請求などは20日経っても後回しにされて、ずっと止まったままです。

一応、公文書が出てから納付書を先方に渡そうと思っているのですが
なかなか返ってこない・・・・

窓口も忙しいでしょうし、大変なのはわかるのですが・・・。

この前の研修会の時も、職員が減らされているので社労士さんにお願いしたいとおっしゃっていました。
年に一度のことで、職員を置いておくことも出来ないし
かといってアルバイトですべてが網羅出来ないし・・・とのことで社労士のお手伝いが意味を成すのですが・・・。

各労基署や労働局で社労士さんが活躍されています。
私たちも頑張るから、職員さんも頑張ってね!って感じです。

ふう・・・

みんな、頑張りましょうね~
忙しくて忙しくて・・・猫の手も借りたい・・・。
労働保険は今日は出来ず。

試算表を慌てて仕上げました。
月次監査の日程を勘違いしてましたから、大慌てです。

失敗ばかりしています。

今日も頑張りましたが、目が疲れてしんどかったです。
また明日頑張ります。

っていうか。。。
なんでこの時期にまとめるんだろう。

年度更新して、算定して、最後に賞与です。
本当は5日以内なのに・・・出来ません。

手続きも放ったままで、期限が過ぎないように気を付けてなんとかこなしてます。
失敗しないようにしないといけません。

超繁忙期・・・死ぬよ・・・
模試が終わって悲喜こもごも・・・有ろうかと思いますが。
先ずはお疲れ様でした

私は模試を受ける派でしたが
勉強会の師匠である澤田さんは受けない派です。

どちらがどうだから合格するというものではありません。
要するに自分に合った方法を見つけることです。
人の方法を聞いて、その中で自分がやってみようと思うことを実現してくださいね。

私のように朝が弱い人に、いくら朝勉が良いと言われても出来ません。
自分にとって勉強が楽しいと思えるような勉強の方法でないといけません。

好きだから勉強するのです。
社労士になろうって思って勉強しだした時を思い出してください。
決戦まであと2か月

覚悟を決めてぶっとばしましょうね

先日行ったゆり園で買ったゆりが咲きました。
CIMG4729_convert_20140622214526.jpg
おきらく社労士の特定社労士重要判例集の出版記念セミナー
こちらに参加してきました。

image2_convert_20140621190017.jpg

佐々木先生のお写真もipad miniで撮ったはずなのに・・・ビデオになっていて・・・失敗です
今日は前回の特定社労士講座の時同様、京都ひよこの会の大原先生にお世話になりました。
お世辞じゃなく、去年は先生方のおかげで合格できたと思っています。

特別研修よりも楽しく充実していたと思います。
合格するためのコツも含め紛争解決の流れを知らない、ど素人の私にはわかり易い講義でした。
なんといっても、おきらく先生が面白い~

去年の9/21のブログここから始まりました。
リベンジの方もいらっしゃいましたが、合格率は高かったと思います。

今日のお題は”ブラック企業VSホワイト企業”
CIMG4726_convert_20140621185725.jpg

こちらも面白くてあっという間に3時間半が過ぎました。

今回は"おきらく社労士の特定社労士重要判例集"こちらの記念セミナーとのことでした。
実は去年の特定試験の勉強の時に、去年の写真にあるように判例集もいただきました。
これ、すっごく読みやすくて、面白いのです。

でも今回のは本好きの私にはどうしても欲しいと思える綺麗に製本した本でした。
おきらくノートと並べて本棚におけばとっても美しい
CIMG4727_convert_20140621185745.jpg

パラパラと内容も見せてもらいましたが、気に入ったので会場で購入しました。
予約されている方もいらしたのに、足りたのかなぁ・・・と気になりましたが、OKが出たので安心しました。

CIMG4723_convert_20140621194240.jpg
去年のおきらくノートもサインをもらったので、今年もいただきました

今日もとっても楽しく勉強できましたよ~~~
もめないための就業規則の「ひとこと」は参考になりました。

特定社労士になるということがすべてではないけれど
持っていないよりは持っていた方が良いとおっしゃいました。
それは、何と言っても特別研修の内容が良いからと。

あの頃はただただ、毎週の土日がビデオ研修で潰れることが辛くてたまりませんでした。
毎回、睡魔との戦いだった時もありました。
でも、今改めて分厚いテキストを見てみると、内容がぎっしりと書かれている素晴らしい参考書ですね。
出来れば今、もう一度見たいビデオです。

その知識担保研修がためになるのだと先生はおっしゃいます。
判例の勉強や、あっせんの場合の答弁書などの勉強もとても有意義です。
労使紛争になったら、こんなに大変なことになるのだと知ることは大切です。
そのためにも、一歩踏み込んだADRの勉強は必要だと思います。

もし、迷っている人がいらしゃったら、私は背中を押します。
今年受けられる方は、頑張ってくださいね。

応援します
今日は蒸し暑かったので雨が来るだろうなって思ってました。
湿気は苦手です。

北海道の雨、続いているとの朝ニュースに驚いています。
そういえば、上の子がお腹にいる時に北海道に行ったのですが
「北海道は梅雨がない」との言葉が嘘だと思うほど、6月末の一週間ずっと雨でした。

そんな昔のことをフト思い出したり・・・。

その次、北海道に行ったのは、事務所を移ることになった19年の1月です。
雪まつりを兼ねて行きました。

寒くて外は凍えるほどの気温でしたが、カニが美味しかったのを覚えています。
靴の裏にバンドを付けて道を歩きました。
そういえばその頃のブログも懐かしい・・・。

あの頃は、ただただ一生懸命で、不安と希望でいっぱいでした。

でもまさか、社労士になれるとは・・・です

人生って何があるかわからない。
そう思うとワクワクしますね。

もう先は短いかもしれない・・・なんて思うこともありますが
同じ生きるのなら、希望に燃えていたいものです

今日も労働保険の電子申請を頑張りました。
まだ3分の2は残っています。
算定基礎届も集まってきていますし、仕事がいっぱい

猫の手も借りたい・・・ =^_^= 🐈

でも少しでも役に立っていると良いのですが、失敗もするので事務所に迷惑を掛けていることもいっぱいです。
失敗しちゃいけないって思う先さんに限って、またやります。
今日は資料をメール添付するのに、添付忘れです

あ~~~ぁ・・・

焦ってはいけませんね。
何事も落ち着いてこなすことが大切です。

社労士試験の問題も同じです。
焦ってはいけません。
見落としや勘違いをしてしまいます。
ちょっとしたことで選び間違いをしてしまい、
わかっている答えが選べないでいることの口惜しさ・・・

仕事も試験も同じです。
忙しい時こそ、慌てずに処理しないといけません。

簡単なことなのに、一番大切なことですね。
平常心で乗り越えましょうね
またまた今日も勉強させてもらいました。

先ずは60歳到達時の同日得喪。
社会保険や雇用保険の得喪や年間の社保手続きはされるので、ほとんど私が何かをすることはないのですが、ソフトのバージョンアップ時や、困った時には相談に乗る先さんです。

・・・て、ちょっと偉そうに書いてますね

今日は、60歳になった人が給与が下がったので、3か月後に変更ですよね?との質問でした。
「いえいえ、定年ならすぐに落とせますよ~」とお知らせです。

その手続きの書類も月変の用紙だと思われていたのですが、
同日得喪なので、喪失届と取得届を出します。
番号が変わるので健康保険証も返送です。

ただし、定年による退職で、その後再雇用、あるいは継続雇用の場合のみです。
契約が変わらなければ、普通の月変となります。

他にも70歳になった方もいらして、その場合は用紙が付いていたそうです。
喪失届と70歳の該当届で、厚生年金は喪失し健康保険の金額算定のために届け出がいります。
こんな風に用紙が付いているとわかり易いですね。

届け出の時に必要な添付書類も、年金事務所の方に教えてもらいました。
すらすらと教えてくださいます。
すごいですぅ~~~

一番大事なのは、該当日が誕生日の前日なのか、当日なのか
その月までなのか、その月からなのかってところです。

手続きってほんとうにややこしいです。
難しくはないけれど、面倒だったりします。
だから、社労士がいるのでしょうか。

例えば、医師国保は先取りですが、協会けんぽは後取りなので
一つの事業所で混在するとややこしいです。

労働保険で忙しいけれど、今日はそんなこんなで頭の中が社会保険モードになりました。
切り替えが上手くいかないと、頭の回転が悪くなります。
でもおかげで、勉強させてもらえるので感謝です

今週もあと一日です。
がんばりま~~~~す

歳は取りたくないです・・・
パートさんに聞かれました。
「何年くらい勉強してはったんですか?」と。

私が社労士の勉強を始めた頃、前の事務所のパートさんで有資格者の女性がいらっしゃいました。
「何年かかりましたか?」と同じようにきいたことがあります。
「4年です」と恥ずかしそうに言っていた彼女。。。

私はといえば・・・「え?4年もかかるん?」と思ったのです。
資格試験でそんなにかかるなんて・・・と思ったバカな私でした。
国家試験の難しさも知らなかったのです
検定試験と同じように考えていたようです。。。ハイ・・・ごめんなさい

私は、記念受験を足すと6回受けました。
大原の普通コースと上級コースと二年通いました。
その頃は、イマイチ危機感もなかった気がします。
その後、ブログのお友達にide塾を教えてもらい、大阪まで講義を聴きに行き一目でファンになった私でした。

ちゃんと勉強すればなんとかなるかもしれない・・・って思ったのです。
1年目は勝手がわからず、なんでもかんでも受講し、こなしきれませんでした。
2年目に入る頃には、今まで択一が40点超えなかったのに超えるようになってました。
2年目が勉強時間も1000時間も超え、一番良く勉強しましたが、選択問題ばかりを直前にこなすことで択一で撃沈。
3年目は先生のアドバイスを素直に聞き、勉強内容も取捨選択しやっと合格出来ました。

思えば、この3年間が一番つらく、しんどい時期でした。
好きな本も読まず、映画にも行かず、勉強友達意外とは会わず
自分に厳しい日々でした。

それが良いとは思いません。
人それぞれ、性格も違いますし得手不得手もあり、家庭や職場の環境も違うのですからね。
でも共通することは、自分との戦いだということです。
ライバルは自分自身です。

弱音を吐いたり、やめたくなったり、精神的にも不安定な時もありました。
でも大切なことは、精一杯頑張ろう!って思う気持ちです。

試験前に、
「あかんかも・・・」
「やっぱり無理かも・・・」
そんな風に思う時はやはりダメでした。

試験が終わって「ダメだった・・・」と思うのとは違います。
受ける時に弱気ではダメなんです。

試験当日は、強気でいてくださいね。

何年勉強したかなんて、合格したら聞く人はありません。
何年に合格したか?とか登録はいつしたか?とういうことは話題に乗ることがありますが
受験生だった期間など誰も気にしません。

合格すればヨシです

あと2か月だけで良いのです。
強気になって頑張ってくださいね。
「これだけやったから悔いはない」と思えるほど、量ではなく内容を充実させてください。

応援しています

労働保険料の時効ってご存知ですか?
2年間ですが、その起算日を知りませんでした。

今日も労働局の方にお世話になり教えてもらいました。
今回は25年度の確定保険料を払うのですが期限は7月10日です。

2年前まで変更を遡れるとして修正できるのは、23年度の確定までです。
ところがその受付日が重要なんです。
23年の確定保険料を計算したのは24年の今頃です。

24年6月30日に受付していれば、26年6月30日までOK
でも期日後の7月10日を過ぎると、自動的に6月1日受付となり、変更はすでに出来ません。
「へえ~」と思わず言いました

期限は守るべきですね

そして還付分を今年度の保険料と相殺も出来ます。
還付請求書にそういえば、選ぶ欄があったなぁ~~~と。

去年教えてもらったのですが、
従業員が居なくなって廃止するのかどうしようか・・・って事業所は清算して還付請求するよりも、残っている分をそのまま翌年の概算保険料として計上しておく方が面倒じゃないのです。
もし、還付してほしいって要望があった場合でも1,000円でも概算として置いておくと、従業員を一人でも雇った時に、また初めから手続きをしなくても良いので便利です。

労働保険の年度更新は、実際に顧問先さんがこの処理をするのは面倒です。
パソコンから集計表を作成していても、必ずしも正しくはなく、手入力で直すことも多いのです。
それが出来てから申告書の計算になりますから、経理担当者が居てくれないと大変なところもあるでしょうね。

手引きを見てもらったらわかるのですが、いろんなパターンがあります。
これをすべて網羅されている労基署や労働局の方ってすごいですね

実は今日はいろいろと説明してもらったのですが
頭の中だけでは理解できず、「おバカですみません・・・」と言いました
とても良くご存知で聡明な方でしたから、これからもご指名でお願いしようと思いました。

まだまだ、事務所の分もまだ半分もこなせてませんが、頑張ります!
頑張りますとも
労働保険の失敗です。

出向している人の労災保険料は、どちらが払いますか?
出向元?出向先?

簡単に言うと、働いている先で事故に遭うので、出向先が払います。

従業員への給料分+出向して来ている人の給料分が労災です。
労災は出向先ですが、雇用保険は出向元です。
これを間違ってしまってました・・・

合計して計上してました・・・

電子申請してしまったので、さっそく電話です。
労働保険はピークのようで、めちゃ込状態のようで
新しく送りなおしてくださいとのことでした。

労働局も大変ですねぇ。

勉強で習っていても、実務で繋がらないと意味がありません。
反省・・・

でも自分で気づいて良かったです
今日は、母が行きたいというので大阪のゆり園まで行きました。
ちょうど見ごろとのことでしたが、とても綺麗でした。

CIMG4701_convert_20140615191924.jpg CIMG4702_convert_20140615192023.jpg
CIMG4707_convert_20140615192117.jpg CIMG4708_convert_20140615192142.jpg

大阪駅から西九条まで行き、そこからバスです。
埋め立て地は、神戸の花鳥園も、TDLもそうですが同じような感じでした。
京都市はそういうことが出来ないので、ちょっとうらやましい気がします。

浜風はとても気持ちが良かったです。

西九条駅で降りたときに、妙に懐かしく感じたのですが
よく見ると1年前に此花会館で、就業規則の二日連チャンセミナーを受けたのでした。
すっかり忘れてた

大阪駅は大きいのでよく乗り間違えますが、
ide塾生になって大阪に行く機会が増えたことで、少しは上手に行けるようになりました。

以前は一万人の第九コンサートのリハーサル時に乗り間違い
大阪城ホールに行くはずが、ユニバーサルスタジオジャパンに行ってしまった私です

今年は迷わず行けるかな~~~

受験生になった年から不参加になり、今年は久々に申し込みました。
抽選に通ったら12月には、佐渡裕さんの”一万人の第九コンサート”のテレビ出演です
・・・といっても1万人いるのでテレビを見てもどこに居るのか・・・まったくわからないのですが・・・

去年から参加したかったのですが、特定社労士試験があるので我慢しました。
なので今年こそは!と意気込んでいます。

大阪はいろんなものがあって良いですね。

今日のゆりは本当に綺麗でした
土曜日は子供達も普通に仕事なので、いつものとおりの早起きです。
忙しいので仕事に行きました。
午前中なら涼しいだろう~~~~ってことで8時前に事務所へ。

涼しくてクーラー要らずで快適です。
昨日は室温25℃なのに、小さな虫が入っているとのことで窓が閉まり、クーラON!となりました。
外が涼しいとクーラーって効かないんです。。。

部屋の中がむんむん・・・
私はそばに扇風機を置いてもらっているので良かったのですが
隣の方は暑くてパタパタ扇いでられました。

窓を開けると騒音がうるさいのですが、やっぱり外気は気持ちが良いのです。
暖房も冷房もエアコンは身体に良くないのですけどねぇ・・・。
ってことで、今日は窓開けてひとり快適に仕事が出来ました。

前から後回しにしていた建設業の今日は第二部。
一括有期が多いので、報告書作成が大変でした。
おまけに字が小さいし・・・ってコレ昨日も書きましたが・・・虫メガネ欲しいです

金額もまちまちで、件数も多いのでこんな仕事は休日に限ります。
途中で電話など掛かってきたら半泣きですから。

初めて建設業の年更をしたときは、道理がわからず何日もかかりました。
それでも勉強になるので、「やりたくない・・・」って思ったことはありません。
こういう先があるから、忘れないで手続きが出来るのです。

コレを仕上げたあとは、普通の年更が簡単に思えます。
まだまだ来週も続きますが、頑張ります。

聞いた話ですが・・・電子申請はすごく混んでいるとのことでした。
そういえば公文書が返ってくるのも遅いです。
遅かったら電子の意味もないのですが・・・。

労働局も労基署もこの時期大忙しです。
みんなで頑張りましょうねぇ~
今日も労働保険を頑張りました。
電子で送ったデーターが返ってくるのを処理する作業に半日。
新しく電子データーを作って送るのに半日。
この繰り返しです。

その合間に、離職票や資格の得喪も来るので、正直間違わないかとドキドキです。
とりあえずひとつずつこなすことと、慌てないことを意識しています。
焦ると確認が疎かになり間違います。

今日は建設業の年更を電子でやりました。
始めてなので選ぶところを間違えて、『確定(建設業)』ってのでデーターを作って申告書で気づきました。
あららら。。。概算の入力が出来ない・・・そっかあ~
確定申告ではダメでした

手続きの検索画面を見たつもりがちゃんと探せてなかったようです。
普通に『年度更新』で『建設業』がありました・・・

もう一度、一括有期の報告書と総括票から入力です
私は初めてやる時にはよく失敗をします。
見ているようで見ていない・・・。

笑える失敗なら良いのですが大きな失敗はしないようにと、気を張って仕事をしています。
一に確認二に確認です

でもついつい、他人様がされたことをそのまま信用して間違うってことがあります。
それでも見直さないといけないのに・・・。

一に確認二に確認です

イーガブのみで年更をされている方はいらっしゃるでしょうか。
その方に質問です。

文字が小さくないですか?
チェックのためにプレビューを出力するのですが、文字が小さくて小さくて・・・
建設業の総括票などは入力時も「はあ~?」って思うほど小さくて
出力してもA4用紙の上の方に小さく印刷されてました。

設定があるのでしょうか・・・。

こんなこと思うのは私だけ???

年更の電子も慣れてくると早く出来ます。
亀の歩みではあるけれど、前よりも進歩出来るようにと頑張ります
労働保険頑張ってます。
嬉しいことに後輩が記帳を手伝ってくれているので
社労士業務に専念しています。

ありがたいです

来週は給与計算もあるので、何とか今週中に少しでも終わっておきたい心境です。

そうそう、今日はちょっと笑えるお話が・・・。
お客さんがすでに、納付金額を書き込んで支払い済みとのこと。
概算の金額をそのまま・・・
申告書は白紙なんですよ・・・なのに受け取るほうもねぇ~
受けとりますか?
思わず大笑いです。

払わない人もあるでしょうが、率先して支払われるってところが素敵です。

納付書はまだ発送していませんが納期限は7月10日です。
納期特例で半年分の税金も払ってもらわないといけません。
賞与の時期でもあり、事業主さんたちには懐が痛い時期ですね。

今日は肌寒い気候でした。
今年はエルニーニョらしいです。

でも、試験当日が涼しいのは受験生にとって嬉しいですね~
参加してきました。

今年は電子申請を頑張るために、用紙での提出はナイつもりでしたので頭の中はすっかり電子モード。
なので今日、用紙での確認作業の説明を聞いて、目からうろこでした。
電子だと計算は自動だし、充当も自動だし快適なんです。
でも手作業だと、ココの箇所がここに来て・・・とか、しっかりわかってないといけません。

25年の途中で無くなった事業の還付も、
還付分を次年度の概算に充当する方法も、
そうだったわ~~~なんて思いつつ、聞いていました。

1,600円定価の本もいただきました。
結構分厚くていっぱい書いてある本です。

説明会に行くのも良いものですね。

でもいつも社労士の集まる場に行くと思うのですが
たくさんの社労士さんがいらっしゃるのですねぇ。

年々3~4千人の人が合格するんですから、どんどん増えますね。
淘汰されないように頑張らないと、消えてしまうかも・・・。

唯一、自信をもって出来る作業の労働保険
明日も頑張ります

建設業が最後まで残ってしまうのですが、早々にやっちゃいましょ~~~~
昨日の弁護士先生の夢を見ました
カッコ良かったな~~~~

早速事務所のHPを拝見しました。
素敵な事務所です。
25歳ほどで司法試験に合格されていますからすごいな~~~

知り合いにも弁護士さんがいらっしゃいますが、みなさま偉そうなんですよ・・・大きな声では言えませんが。
でもこの先生は全然偉そうじゃなくて優しい先生です。

私たちが合格出来るようにと一生懸命考えてくださっていました。
嬉しいことですね。

「先生」と名が付くと、偉そうになってしまう人がいますが
そうはなりたくないです。

昨日は先輩社労士先生からアドバイスをもらいました。
労働紛争などで弁護士と闘おうと思う必要はないってこと。
社労士は紛争にならないように間に入って収めることが仕事であり
紛争になったらそこは専門の弁護士さんにお願いしたらいいのだと。

社労士と弁護士の棲み分けをしっかり分ければ上手くいくのだというお話でした。
なるほどねぇ~~~

普段ゆっくりお話する機会がないのですが、こういう機会はありがたいです。
モチベーションアップ

今日は、労働保険の電子申請を頑張りました。
目が疲れて、マウスを持つ手が痛くしんどいです。
普通の用紙に書き込む方がずっと楽で早いのですが、印鑑をもらわなくても良いのはありがたいことです。

算定基礎の用紙も届き始めています。
私には一番忙しい季節が来ました。
頑張ります
今日は社労士会の通常総会と定期大会がありました。
場所は国際ホテルです。
このホテルでは、クラス会の時にみんなで泊まったり
社労士会では、新人研修や賀詞交歓会などがありました。

このホテルは、今年度末で取り壊されることになっています。
古いので代わりに入ってくれるところもないようです。
何が悲しいって、池の白鳥がどうなるのか・・・。

動物園も白鳥がいなくなっていたので、
とても不安です。

この春にヒナが生まれたところなのに・・・。
この前、写真を撮った時はまだグレーの羽根だったのに、今日は白くなっていました。

PAP_0412_convert_20140609203913.jpg
見えますか?
白い顔が向こうから覗いているのが親鳥です。
こちらからは子どもが向こうを覗いています。

PAP_0411_convert_20140609203809.jpg
クルクル回って親子が顔を見ようと廻っています。
切ない・・・。

逆光で上手く撮れてなかったのですが、
衝立が出来ていて子供が親に会おうとしているのに会えないようになっていました。
親も何度も寄るのですが、ちらっとしか見えません。
ひどいなぁ・・・って思いましたが、何も言う立場にもなく・・・。

動物って本当に可愛そう

さて、本題の社労士会の総会は仕事があるので参加出来ずでした。
せめて懇談会だけでも・・・と言われたので、夜の部だけ参加しました。

たくさんの方で会場は熱気ムンムンです。
堀谷先生も相変わらずお元気でした。

一緒に特別研修を受けたお友達たちとも会えて楽しかったです。
そして、最後の講義をしてくださった弁護士先生もお見えになっていました。
あの時は名刺交換もしたかったのですが勇気が出ず・・・。
とってもカッコの良い先生で惚の字
やっと、今回名刺をいただきました。

嬉しい~~~~

相変わらず、人見知りで他の先生方にご挨拶が出来ずに居ました。
ダメですねぇ・・・。
人脈は広がりません。
こういうところがダメです。

労働局のエライサンも来られてたのに・・・。

まあ、支部の方々と少しずつ親しくなれれば良いかな~~~
ってことで、立食にへとへとになって帰ってきました。

ふう~
幹事会とは言っても、クラス会のことです。

昨日は来月のクラス会の打ち合わせでした。
受験勉強をしている間は参加できなかったクラス会に、去年から参加出来ました。
そして今年は幹事の一員となりお世話係です。

正直、一昨年のクラス会時には
「一生クラス会には行けないかもなぁ・・・と思ったものです。
心の中では、合格したと嘘を言うしかないのかなぁ・・・と思ったりもしてました。
引くに引けない状態だったのです。

毎年、7月の模試の頃にあるクラス会。
勉強していることを伝えての不参加でしたが、友達には異端視されていました。

でもね、高校の頃
勉強が好きじゃなくて、留年し、退学した同級生が税理士になってたり
ネクラでみんなにも無視されているような人が、今では司法書士になり、例年幹事をしているのです。

みんな変わるんですねぇ。
学校の先生になっている人や、看護師、京都大学の准教授、日展に出している芸術家など様々・・・。
それでも原点は同じ高校です。
今からもう30年以上も昔のことですが

今も女子は仲が良く、外国に行っている人を除いて一緒に旅行に行ったりしています。

付かず離れずの同級生って良いですね。
でもやっぱり、今は社労士仲間の方が落ち着きます。
きっと同じ道のりを歩いてきたという仲間意識が強いんでしょう・・・。

それが、嬉しかったりしています。

私は変わってしまったような気がしていています。
みんなとはちょっと距離感を感じたりするのです。

これは内緒・・・。

次は、来月みんなと買い出しです。

そうそう、東京の友達が幹事のみんなに買ってきてくれました。
CIMG4686_convert_20140608215242.jpg

中に『半沢直樹』名刺も入ってました
”継続は力なり”

これはお友達から教えてもらった言葉です。
すぐにめげて、諦めてしまう私でしたが
通信という勉強方法に切り替えて、不思議と合格できたのです。

今まで、「通信教育」というもので最後まで終了した試しがない。
ペン習字や、速記、税務の勉強などなど・・・
そういえばトールペイントも放ったままです

本当に続かないどうしようもないヤツでした。
大原への通学を母から断念するように言われて、選んだのが「通信」か「web通信」
結局ブログ友達のアドバイスでide塾に代えました。

「続くかな・・・」
提出課題も滞りがちで、教材も積んだままって状態が続き
勉強している自分に酔っているような時もありました。

それでも、模試会場で友達に会ったり、
短期ゼミで井出先生とお話するたびに、頑張ろうって思えるようになったのです。

続けることの大切さを感じた年月でした。
もしも・・・あの時に止めていたら・・・と思うと、あの頃に私を応援してくださった先輩やお友達に感謝です。

模試でも40点の壁が越えられず、ide塾に代わってやっと越えられるようになって嬉しかったこと。
次は45点の壁、その次は50点の壁という風に上がったり下がったりしながらの3年でした。
自分との戦いです。

ライバルは自分自身。
そして続けることの気力、体力・・・財力もかな・・・。

仕事も勉強も同じです。
めげそうになった時に、今まで頑張ったことを思い出し、もうちょっと続けてみようって思うことで、また頑張れます。

辛い時はみんな同じです。
そして頑張った後はちょっとだけオヤスミも良いかもしれませんね。
ヤル気がみなぎらない時に、強制すると余計にモチベーションが下がります。

思い切って勉強を一日しないと、またやりたくなるのです。
その時に、めっちゃ頑張る方が効率も良いかもしれません。

頑張ることと、無理をし過ぎることとは違います。
自分がやりたいと思うことが「頑張る」こと
いやいやすることが「無理する」ことだと私は思っています。

ide塾模試に参加のみなさん!
ぜひ頑張ってくださいね。

解説会に参加の方は一日どっぷりですね。
来年には良い思い出になりますよ。

検討を祈ります
今日は午後から支部会の研修がありました。

「中小企業最低賃金引上げ支援対策補助金」と
「キャリアアップ助成金」の内容です。
労働局の賃金室から解説に来ていただきました。

最賃の補助金は結構使えそうです。
全国でも結構な数が請求されているようです。

助成金や補助金って就業規則の変更が必要なものや、計画の届け出が事前に必要だったりするのです。
これがまた難しい・・・。
顧問先さんはほとんどが就業規則を必要としてないのです。

それに、直接事業所の内容を知っているわけでもないので
一度、窓口担当者に打診してみようかと思っています。
この機会に就業規則を作って、お金ももらえる~ってなると嬉しくないでしょうかねぇ。

今日は裏のお話もちょっと聞かせてもらって、有意義な時間を持ちました

来週の月曜日の総会参加も打診されたのですが、今日も仕事を抜けさせてもらったのでお断りしました。
でも、仕事が終わってからの懇親会への参加を要望されて、悩んだ末参加することに。
いつもお世話になっているのですから、時にはお付き合いも必要ですね。

他の支部も温かい方が多いようです。
わが支部も和気藹々楽しい雰囲気です。

1年経っても、まだ人見知りするのでなかなか馴染めず、ぽつんとしていますが
少しずつ居場所が出来ている気がしています。
何事も継続することが大切です。

頑張ってます
今日は三六協定を提出です。

これって不思議と社労士印の欄がないんです。
でも、作成した場合は印鑑が必要です。

以前は、こんな当たり前のことを知りませんでした。
押印箇所があれば押していましたが、ない場合はそのままスル~~~
支部会の勉強会で教えてもらうまで知らず・・・

欄がないので裏に押しても、表面でもOKとのことでしたが
表面にしっかりと押しました。

どのくらいの事業所が提出されているのでしょうか・・・すごく疑問です。
残業のない職場なんてある?
仕事って残業&休日出勤が当たり前って思って今まで仕事をしてきました。

独身の頃からずっと・・・です。
仕事を持って帰ってやっていた頃もありますが
それに対して何も思いませんでした。

とある官庁にアルバイトに行ったときのこと
「そんなに一生懸命仕事しんで良いよ」と言われ、驚いたことがあります。
そうなのか・・・。
仕事はゆっくりするもの???

終業の15分前には帰る用意を始め、ベルと共に退庁。
驚いたものです。
独身の頃のことなので今は変わっているかもしれませんが
組合があるので、労働者は守られているのでしょうね。

労働基準法や年金・・・社労士の勉強をしなかったらまったく触れることもなかったと思います。
それほど無知な私でした。
お恥ずかしい・・・

税金も社会保険もご縁があって、今勉強させてもらってます。
過ごしてきた人生に無駄はないと思っています。

いつか・・・のために、今を精一杯生きたいです。
テンプレート変えてみました。
初めの頃に選んで温めていたものです。

これが最後になるのかなぁ・・・
いやいや最後だしもっと変えてみようかなぁとか

HPも作りたいのですが、面倒だったりして。
もう少し考えます。

思えば・・・もう7年になるのです。
前の事務所から移ることになった、2007年から始めました。

社労士になろうと思って始めた勉強でもなく
まったく知識がないので実務のためにと、学校に行きだしたところから始まりました。
たくさんのお友達が出来たことはなによりも嬉しいことです。

社労士になってからの友達と、受験生時代からの友達とは違います。
上手く言えませんが、学生時代の友達と子どもの関係で出会った保護者との違いのようなものでしょうか。
受験生の間にたくさん友達を作っておくほうが良いと、先輩に教えてもらいました。

ライターをしていたことで知り合った先輩です。
合格するまで応援してもらいました。

ブログが有ったから頑張ってこれました。
これもここに来てくださる方々のおかげです。
友達の輪が広がって、本当に有意義な日々でした。

そう思うと、とっても懐かしかったりしています。

まだまだヒヨっ子社労士です。
知らないことがいっぱいです。

仕事が忙しくて、めげそうになる場合もありますが
何事も経験だと、頑張ろうと思っています。

受験生の皆さんも忙しいでしょうが、めげないで自分を信じて頑張ってくださいね。
週末はide模試があります。
行きたかったのですが用事があるので、京都から力を出し尽くせるようにと祈っています。

先ずは腕試しです。
苦手なところを見つけるためにも、模試と闘って来てくださいね。

そして秋にはゆっくりまったりしましょうね~

私も仕事を頑張ります
月一の勉強会です。
今日は人数が少なかったですが
いつもの先生が復帰されて活気がみなぎっていました。

無くてはならない先生です。
緊張感が・・・ピリピリ。

当てられてドギマギしました。
でも名前を憶えてもらっているのは嬉しいことです。

いつもながら勉強になることばかりでした。
一つ、失敗談ですとおっしゃっていただいた内容が・・・「え?」と思うことで驚きました。
私、電子申請しましたよ・・・って

明日もう一度確認してみます。
ってなんのことだか・・・って、すみません。

秋からの法改正情報も耳寄り情報でした。
何と言っても実務の情報は宝です。
ここに来るとモチベーションも上がります。

今日は労働保険の勉強会もありましたが、経験者は別の案件の勉強をしました。
私は申告書は見たくない・・・って心境です。
でも、来週の労働局の説明会には参加します。

頑張らないと

クーラーがしんどくて辛い毎日です。
エアコンの暖房の乾燥が終わったかと思うと、次はクーラーの寒さに身体がだるいです。
35度だとか36度だとか・・・毎日暑いですね。

頑張りましょうね~
労働保険の緑の封筒が怖い・・・今日この頃です。

労働保険料の延納ってよく計算問題で練習しました。
実際には、ちゃんと自動計算で出るので手では計算しません。
でも、道理は知っておかないといけません。

延納が出来るのは労働保険料が40万以上の場合と
労働保険事務組合に委託した場合でしたね。

この事務組合・・・これってライバルなんです。。。実は。
うちの顧問先さんも、職種の関係の事務組合に加入されているところがあります。
でもこれって実際は給与を入力している事務所で原稿を作ります。

正直言って大変面倒

おまけに、労働保険料だけならいざ知らず
雇用保険の得喪も事務所では出来なくなります。

社会保険等事務手続きは社労士の特権という割に
社労士じゃない事務組合が、手続きをするのってなんだか変な気がします。
この制度、おかしいと思うのですが・・・。

社労士事務所の事業主さんも特別加入するなら
他の事務組合に手数料払って加入となるって・・・やっぱり変・・・。

そんなこんなで、事務組合を作りたいとふと思う
私でした。。。

ありえませんが・・・。
娘は資格が取りたくて勉強中ですが、
大学院を卒業後の3月から、とある病院に時給で勤め始めました。
とあえず、試験発表のある来年3月までは動くことも出来ず・・・といった状態です。

それでも社会保険加入対象の勤務時間だったので、私としてはやきもきしていました。
雇用保険は初めから加入でしたが、試用期間とのことで社会保険は見送りでした。

それがやっと、この6月から加入です。
息子と遅れること2か月・・・二人とも扶養から離れました。
ちょっと寂しい・・・

これで正社員ならホッと安心ですが、そこまではまだまだです。

でもよくよく考えると、厚生年金への加入って良いのかなぁ・・・と。
お客さんからの質問には、
「障害になっても、万が一死亡ということになっても保証は国民年金よりも大きいのでお得です」と言いますが、実際はどうでしょ?

私の年齢なら長生きすれば、もらえる可能性はあるので良いのですが
子どもたちの年齢を考えると・・・。
今のお年寄りたちのために、保険料払ってね~って感じでしょう。

10万ほどから保険料を引かれると、残りは雀の涙ほどです。
それでも社会の一員としてのデビューです
自立への第一歩を踏み出したところです。

やっぱり・・・寂しい・・・

しかし、試用期間は社会保険未加入って事業所
多いんですねぇ・・・。
ビックリです。