早いものでもう1年が終わります。

皆様にとって今年はどんな年だったでしょうか。
合格された方にとっては最高の年だったでしょうし
残念ながら結果が出なかった方にとっては、来年への希望に燃える気持ちで年末を迎えられているでしょう。
社労士以外にも勉強されている方は、それぞれの試験に向けて頑張ってくださいね。

私はまだ来年どうするか結果が出ません。
父の病気がはっきりしないことと、自分の仕事との両立も難しそうで決められていません。
でも、何かを常に頑張れるようでありたいと思います。

それは勉強でないかもしれません。
趣味になるかもしれませんが、ただ毎日をダラダラ送ることにならないようにしたいと思います。

このブログは、社労士という勉強にまったく無知なオバサンが
勉強せざるを得なくなってその経過を綴る日記でした。
受験なんて考えて無かった一人の人間が、いつの日か社労士を夢見るようになり、特定社労士にまで、なりたいと思いました。

ブログを通じてたくさんのお友達が出来、心より皆様に感謝しております。
オフ会にもたくさんご参加いただき、素敵な思い出が出来ました。

ひとりでは何も出来ませんでした。

ブログを通じて励ましてもらって、頑張れた受験生時代。
そして合格後は、つたない先輩としての応援に、お付き合いくださりありがとうございます。

心無い人のコメントにも悩まされながらも、ここまでこれたのは
忙しい中、ここに来てくださった皆様のおかげです。

合格して2年経ちました。
私の持っている情報は今の受験生にとって、アドバイス出来るものではなくなってきました。
以前より、少しお伝えしていましたが
この年末をもって一応、ブログは一区切りです。

きっぱりやめることを考えていましたが
また、ちょこっと書きに来ます。

お友達が合格するまでは、交流の場として残しておこうと思います。
勉強をしていて、行き詰ったり・・・悩んだり・・・辛くなったら
コメントを入れてください。

ひと月に最低一回は近況報告をする予定です。

そして、お友達がみんな合格したら
その時がブログ卒業の時です

ありきたりの言葉ですが
この8年ほんとうにありがとうございました。

皆様、良いお年をお迎えください。
今年も残りあと一日です。

毎年、一番に誕生日メールをくれるバーチャル友達が居ます。
彼女との出会いはもう10年ほど前になりますが
とあるサイトで知り合いました。
それ以来、ブログかメールでの付き合いですが、心からの友達だと思っています。

ネットって怖い部分もいっぱいあります。
悪意のある人も多いですし、知らない間にスパイウェアを送られて困ったこともあります。
チャットで喧嘩別れした人もいますし、反対に今も仲良くしてもらっている人もいます。

差引して考えると、怖い部分もありますがネットはやっていたいと思うのです。
このブログでもたくさんの方と友達になることが出来ました。
それでも、悪意のコメントに悩まされたこともあります。

でもでも、今まで生きてきて、やっぱり今の私で良かったと思っています。

いろんな選択肢が有って、その中で選んだ今の人生
もし、あの時こうだったら・・・と思うことは山ほどありますが
やはりその時に戻ったとしても、また同じ道を歩むと思います。

いろんなことを経験してきて、ちょっとだけ大人になっていればいいかな~

また新しい1年、後悔が無いように一生懸命頑張ろうと思います。
愚痴をいうのも多い性格なので、これも無くすように努力します。
不平不満を言っても、得することはないですし
ネガティブなことを口に出すことは、「負」のオーラを寄せ付けますから。

去年の自分よりも今年の自分、
今年の自分よりも来年の自分が
少しでも素敵な人間になれていると良いな

出会ったご縁を大切に、またこれからもよろしくお願いいたします。
昨晩は、毎年28日恒例のブラスバンド忘年会です。
今年は仕事とだぶらなかったので、初めから参加です。

カニ鍋だったので、またもやカニを食しました。
美味しかったです~ぅ。

今回はちょっと共感する先輩とずっと話してました。
松〇のシステムにいたという方ですから、ネットの裏側のこともよくご存知です。
大学も国立の理系出身ですから、私たちとは頭の出来が違います。

で、その先輩が言うのには
今のような日本の管理体制では簡単にハッカーにやられる状態とのことです。

大手企業や警察の内部は情報漏えいをしないように、対策が取られていてもそれが国家レベルでは出来ていないこと。
それを取り締まる法律がないことに憂えてました。

これからマイナンバー制になっていく上で、国は危機感を感じていない。
番号でその人のすべてがわかってしまうのです。
収入はもちろん、前科や、知られたくない過去まで・・・。
そんな重要なデーターを漏えいすることなく、管理できる体制が揃っていないのに見切り発車をするのは危険だと言ってました。
韓国でも情報漏えいで大変なことになっていたのに、日本は安易すぎると。

アメリカのトップにはネットの知識の最高レベルの人が揃っているとらしいです。
日本人は善人過ぎるのでしょう。

社労士セミナーでも、預かったそのデーターがわかる「個人番号の管理」をどうするのか。
情報漏えいしないようにどうすれば良いのか、日本のそんな甘いセキュリティで大丈夫なのか。
そんなお話が出ていました。

話を聞いているととても怖くなりました。

ネットを繋ぐことで便利なことはいっぱいあります。
便利なことと危険なことは隣り合わせかもしれません。
なんだか背筋が寒くなった夜でした。

それでも最後はやっぱり、笑顔でみんなとお別れしました。
私もまた楽器を吹きたいな~と思います。
みんなと一つの音楽を作ることがとても楽しいのです。

やっぱり私の周りは良い人ばっかりで~す。
ide社労士塾からカレンダーが届きました。
CIMG5204_convert_20141228171155.jpg

初めていただいたのは、祝賀会の時。
お土産にいただいて感激しました。

CIMG5205_convert_20141228171216.jpg
こんな風に一枚が3ヶ月になっていて、ひと月終わるとその月だけを点線から切り取ると、また次の3ヶ月になるのです。
とても良く考えられていて、これは特許だと思いました。

でも翌年からは手に入らない・・・と落ち込んでいたら
注文予約のメールが届きました。
去年は残念ながら気づくのが遅く、すでに申込みが済んでしまっていました。

今年はすぐに注文ボタンをクリック
無事、ゲットしました

塾は無料で送料のみで提供していただけます。
とっても嬉しいプレゼントです。

そして、塾ならではのカレンダーです。
こちらを見てください
CIMG5207_convert_20141228171237.jpg

右の上に”昭和90年”とありますでしょ。
これが年金の計算の時などに重宝します。
良く塾長が昭和で言うと〇〇年ですとおっしゃっていましたが
それをカレンダーに載せているところが、ide塾らしい

来年は昭和90年です。
みなさん、覚えましたよねぇ~

ということで、来年は良い年で有ってほしいと思います。
もちろん自分自身も努力します。

今日の夜は今から、毎年恒例の高校時代のブラスバンドの忘年会です。
行ってきま~~~す
今日で仕事納めです。
まだ、ギリギリまで年末調整をやってました。

慌てて納付書を書き損じたりと、駆け込みでしたが
なんとか間に合うことが出来ました。
とは言うものの、年始にもまだ残っていますが・・・。

そんな中、今日は父の主治医から呼び出しがあり、昼に病院へ行ってきました。
容体が良くはなっていなくて、白血球が多いのにどこが悪いのか結果が出なくて困っていること。
体力が無くなってきて衰弱していること。
いつ何があるかもわからないこと。
もしもの時は延命治療はしないこと。

そして、年末年始のため、病院が少し手薄になることの了解を取られました。
去年は元気だったのに・・・。
そう思うと、人間何がどうなるのかわかりません。
一瞬一瞬を大切に生きるということが大切ですネ。

大掃除のために事務所に戻り、その後は忘年会に行きました。
祇園の「かに家」です。
美味しかった~~~

やっぱりカニは美味でございますぅ

事務所のみんなと楽しい時間を過ごしました。
良い雰囲気でした。

そして所長からのお話で、
事務所をもっと充実した事務所にするために、どうしたら良いのか?
みんなも考えていかないといけないってことでした。

所長代理の、「一人一人が今までやってなかったことをやればいい。やろうと思っていて出来なかったことをやればいいだけ」との言葉に、思わず目が点

そうですね、そのとおりです。
現状維持は楽だけれど、それでは何も変わらない。
何事も努力することから始まるのです。

新しいことが苦手な私ですが、それでは進歩はありません。
何かを始めよう。

改めて心した夜でした。

いろいろありましたが、無事に一年勤められました。
感謝です。

年賀状・・・明日の夜から作らなきゃ・・・
今日で終わりの方、多いですね。
残念ながら事務所は、明日出勤日となりました。

もし休みでも、仕事に行かないと出来ない状況ですから同じですが、
好きな時間に行けるかどうかの違いは大きいです。
足の捻挫の治療もここしばらく行けてなくて、年末に年始のお休みになるので困ってます。

カットも行きたいし~ぃ
映画も行きたいよ~ぉ

もういくつ寝るとお正月
楽しみです。

年末調整もあと少し、頑張ります

1年間お仕事お疲れさまでした。
受験生の方、お勉強お疲れさまです。

年末年始は時間を少しでも作って、問題演習やテキスト読みに励んでください。
小さな積み重ねが大事です。

小さなことからこつこつと

この一年、頑張った自分を褒めてあげてください。
仕事も今日を含めてあと3日。
なのに、まったく仕事が進んでいません。

この時期に、父が入院しバタバタしています。
足の捻挫の治療にも時折通っています。
おまけに今日は母の誕生日で、仕事を切り上げて帰ってきました。

ケーキは娘が買ってきてくれました。
image_convert_20141225215452.jpg
なぜか、クリスマスケーキ

夢は、神戸のルミナリエとクリスマスのディズニーランドです。
いつになったらいけるのかな~~~

それでも、好きな仕事だし
残業していても苦にはなりません。
まだまだ仕事が山積みですが、仕事納めまで頑張りま~す。

支払調書を作っていると、社労士さんが少ないです。
やっぱり、社労士との顧問契約って難しいようにも思えます。
まだまだ厳しいです。
ワタクシ・・・社労士です。
が、年金が苦手です。。。。

質問にスイスイと答えられず、ええっとぉ・・・と記憶をむさぼります。
振替加算と加給年金
年金の裁定請求など、年金アドバイザーの試験でもちょっとは勉強したはず。

それなのに、それなのに・・・ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

根本から見直しが必要です。
一番身近な年金ですから、しっかりと覚えておくに越したことはありません。

今は忙しくて時間がないのですが
いつか、HPを作って年金のページを作って、必要なことをまとめておきたいです。
紙ベースで作ってもどこに行ったのかわからなくなるので

やりたいことはいっぱいあるのに、なかなか出来ない。
読もうと思って購入した本も山積みです。
自分の時間をもう少し持てるようになりたいです。

でも、時間は自分で作るもの。
受験生の時は、しっかりと時間管理をしてましたから、やろうと思えば出来るはず。
すっかり怠けてしまってます。

何度も書いていますが、来年の課題は年金です
今日は天皇誕生日
でも、息子は仕事。

フード業界は、祝日はないのでその分すべて出勤。
となると、給料は安いなぁと思ってしまう私です。
それでも本人が気にいっていればいいのです

労働基準法で休日出勤になるのは、あくまで一週間に一日だけ。
これは勉強するまで知りませんでした。
職場のお休みに出勤すれば、すべてが休日出勤だと思っていました。

労基法では一週間に一日のお休みがあれば、それでOKなんですね。
そう思うと、週休二日制の仕事ってありがたいことだと思えます。

好きな仕事ってのはもっと嬉しいかな~
社労士受験生や有資格者の人が、やりたい仕事に就けることを願います。

さて、今日も出勤でしたから、一万人の第九コンサートのテレビ中継は録画して夜に観ました。
仕事柄これは仕方がないので愚痴ではありません。
たぶんリアルタイムで観ていたとしても録画しているかも~

もちろん米粒なので、どこに居るのかもわかりませんが
テレビで映っているのを見ると、あまり感動は伝わってきません。
生でその時にそこにいることで、感動を得ることが出来るのでしょう。

毎回、練習やリハーサル時にはもうやめようって思うのですが
本番が終わった後の、気持ちの高揚は何とも言えないものがあります。
これがある限り、やめられません

山登りのようなものでしょうか・・・
いやいや、社労士試験のようなものかもしれません。

達成感という感動は、テレビではほんの少ししか伝わりません。
残念です。

もし、第九を歌ってみようと思われる方がいらしたら
ぜひ、来年一緒に大阪城ホールでお会いしましょうね
(抽選に通れば・・・ですが)
こんな時期でも、退職者がある限り手続きは発生します。
源泉徴収票を広げている真っ只中で、社労士業務も開店中です。

休み明けに離職票を持ってハローワークに行きたいとのことで、昨日のお休みに電子申請したのですが
今日の昼頃に公文書が返ってきました。
なんとか休み前に発送出来て、ホッとしています。

退職してすぐに送ってもらえると、手続きも早く出来るのですが
なかなか難しいですね。

この秋から、雇用保険の電子申請が労働局の中ですべて処理されるようになりました。
京都と滋賀はその連絡がありましたが、他の都道府県はどうなんでしょうか・・・。
今まで各ハローワークで処理されていたので、なかなか返ってきませんでしたが、今はとっても処理が早くて助かります。

せっかく電子申請をしているのに、書面での手続きのほうが早いってことになると意味がないですからね。
手続きに必要な書類もある程度は減ってきています。
こうやって少しずつでも、良い方向に向かっていくのは喜ばしいことです。

仕事納めまで頑張りま~す。
今日も昼から頑張ってきました。

電話も鳴らないし最高です。
捗る捗る~~~~

納付書の発送も今週はピークです。

事務所の発送は、郵便とゆうメールとクロネコメール便ですが
クロネコメール便は、トラブルが多くてあまり利用しなくなりました。
100円足せば翌日着とのことですが、今までにも着かなかったことは何度もあります。

友達から映画のチケットを送ってもらったのに、着かずに返ってしまったり。
お客さんのところに送った時も、結局届かなかったり、ネットで検索しても評判は良くないようです。

今回、あるチケットを送ってもらったのですが、なかなか着かないので問い合わせたら
「いつ着くかはわかりません。メール便はそういうものですから」と。

京都市内から京都市内への配達なのに
「このたびの雪の影響で遅くなっているようです」とかいう、お客様サービスセンターの女性。
「会社はそういう考え方なのでしょうか?」と聞くと
「私はまだ入ったばかりなのでわかりません」とのこと。

何を聞いてもわからないし
番号検索をしても発送センターで止まっていて、どこにあるかもわからないとのこと。
こういうことが有るたび、そんな状況ならメール便を扱わなければ良いのにと思います。

モノを預かって、それを配達することに何も考えていない。
それを待つ人が居るって考えない。
根本が違う気がするのです。

集配に来てくれる人は良い人ばかりです。
末端の配送対象者が悪いのか、トップの考え方が悪いのか・・・。
それでもDMとか、着かなくても困らないようなものには利用価値があるのでしょうね。

そんなこんなで、今日はちょっとイライラしてしまいました。
大人げないワタシ

着かないからって死ぬわけじゃないのにね。
後一週間、穏やかに乗り越えます。
事務所では年末調整時に合計表まで作成します。
必然と士業の支払調書も作ります。

以前から疑問に思っていたことなんですが、行政書士さんは支払い時に源泉徴収しないのです。
支払先が法人であれば、税理士法人や社労士法人の場合も源泉徴収しません。
でも、支払調書は提出しないといけません。

なのに、行政書士はその支払調書も作成しない。
なぜでしょうか?
不思議・・・。

国税庁HPでは
行政書士の業務に関する報酬については、所得税法第204条第1項に規定する報酬には該当しませんので、「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」を提出する必要はありません。
例えば、依頼した業務が建築基準法第6条等に定める「建築に関する申請若しくは届出」の書類の作成のような場合には、その業務が建築代理士の行う業務に含まれるため、支払調書の提出が必要になります。

とあります。

なぜかはわからない・・・。

弁護士をはじめ司法書士、土地家屋調査士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士、測量士、建築士、不動産鑑定士、技術士、これらの士業等に対する報酬等には、源泉徴収義務が課されています(所得税法第204条第1項第2号)。

不思議です。

毎年、行政書士はいらなかったっけ??と悩みます。

社労士も10,000円の仕事をしたら、消費税800円で10,800円が入金ではなく
1,021円が源泉されて9,779円の入金になります。
給与からも源泉所得税が引かれるので、それと同じです。

司法書士さんは、報酬から1万円を引いた金額に10.21%の源泉になります。
これもまた不思議。。。

忙しくて疑問に思うのもすぐに忘れます。
取りあえず、こなさないと

今日は事務所もほとんど出勤でした。
今年は、去年休職していた人が戻ってきてくれたので助かります。
去年はその人の分も年末調整やっていて、ほんと大変でした。

でも私だっていつ何がどうなるかわかりません。
その時に助けてもらえるように、出来ることはやろうと思います。
忙しい時はそういう気持ちになれなかったりしてましたが
仕事って独りでするものでもないし、協力し合ってするものだと思います。

明日も頑張ります
今年も残すところあと少し。
仕事が出来るのは1週間しかありません。

年末調整真っ只中です。
短期決戦ですから、時間との勝負です。
優先順位をしっかりと把握しないと、とんでもないことになります。

28年からマイナンバー制のため源泉徴収票のフォームが変わります。
A5の縦になります。
マイナンバー制になると社労士はどうなるのか・・・結構今話題になっているようです。

でも、なるようにしかならない!ってのが私です。
あまり深く考えないので、良くないのですが
それも性格かと

最近、会計事務所の社労士さんとよく会います。
いろいろと共通点もあり、参考になります。
でも、ほとんどが社労士と税務の仕事との二足の草鞋です。

その辺りのことも、聞けば聞くほど、うちの事務所のほうが良いようです。
しっかりと労務にも力を入れてくれていますから、ありがたいと思います。

そろそろ、開業して2年が経ちます。
何かが変わったわけではないけれど、それなりに頑張ってきたとは思います。

どっちかって言うと、税務の仕事のほうが好きなんですが・・・。
そう言いながらもあまり深いところはわかりません

これからも、もっと知識を入れられるように頑張ろうと思います。
このブログもあと少しになりました。
ちょっと寂しいです

年末調整のお仕事されている方、
頑張っていきましょうね~~~~
年金が苦手なので、ネットで購入
CIMG5201_convert_20141218221503.jpg

結構読みやすくて良い感じです。
来年から年金が変わりますが、基本はしっかりと押さえないといけません。
読んだからと言って覚えられるわけでもないのですが
何もしないで憂えるよりもマシかな~~~~

先日の、研究会でも年金請求で報酬が取れるのはやはり、障害年金だよね~って話でした。
それ以外は難しい。
なぜかと言うと、年金相談は年金事務所でも詳しく対応してくれるし
街角年金相談センターでも無料で対応してくれます。
無料でしてくれるところがあるのに、社労士だからと報酬を請求しにくいとのことでした。

なるほどねぇ~

商売にはならないけれど、話のネタには必要だと思うので
年金からは遠く逃げないでおくに越したことはない・・・。

ぼちぼち読みます。

でも、井出先生の解説だったらもっと面白いでしょうに。
なんて思うと、また会いたくなりました。
あれほど説明上手な人は、今までに出会ったことが有りません。

打倒年金!

今年・・・いえ、来年の課題です
社労士としての月次訪問です。
今日は従業員さんに紹介をしていただきました。

一応、名刺をお渡ししました。
ですが・・・社労士って何?状態です。

「何かあったら相談してください」と言うと
「何を相談していいのかわからない」と・・・

私も、税理士事務所に入るまで、社労士って知りませんでした。
認知度もう少し上がって欲しいですね。

事業所の労務関係の相談だけじゃないのです。
個人の年金や健康保険のことも相談してくださいね。
と言いました。

まだまだ私もあやふやなところが多いので、相談されても即答が出来なかったりします。
勉強あるのみ!です。

大きな声では言えませんが、やっぱり人と話すのは苦手です。
態度には出さないようにはしていますが・・・。

社労士として一番必要なのは、知識よりもまず
人付き合いの良さや会話力ではないでしょうか。
こういうものは社会に出たときから養うべきものです。

空気を読む力、人を見る力
何よりも必要なものは好感度だと私は思います。

この前お会いしたある方Bさんは、とっても温かい方でした。
知らない人にもちょっとした心配りでひとこと話されます。

「大丈夫ですか?」
「ありがとう」
「どうぞ」

一緒に居た時間は、ほんの数時間でしたが
知らない人にも何気ない一言をかけるBさんに、感激してました。
おまけに、レディファーストだし💖
きっとBさんの周りは笑顔でいっぱいでしょうね。

そんな人に、わたしもなりたいな・・・。
はっきりとは書けないのですが・・・今日は、とある勉強会への参加です。
遊びではなく、貴重な時間を割いて行っているですから、それ相応のものを持って帰りたいと思うものです。

なのに・・・

たぶん、他の方々もウトウトされていたょうな気もします。
終わった後も、空気がちょっとしんどかったように重くて、拍手も何も出ませんでした。
そんな雰囲気ではなかったのです。

自分の仕事をする上での、愚痴ばかりでした。
お世話係の方が、「ちょっと愚痴っぽかったですね~」と軽く流すと
「法改正や詳しい内容は皆さんご存知でしょうから、敢えて自分の実際経験したことをお話したかったのです」とのことでした。

社労士としての内容はあまりプラスにならなかったのですが
人として観察していると、見えてくるものがありました。
そういえば、この前も、愚痴ってられたなあ・・・と。

お客さんが来られて、お昼休みが1時間取れなかったと何度も何度も怒ってられました。
そんなこと、普通にありますよね。

ちょっと私に似ているのかもしれないなと、思いました。
鏡のようだから、受け入れることがしんどいのかもしれません。

何気に文句を言うこと、愚痴を言うこと
それでこんなにも周りは不愉快になるのだと実感しています。
本人はそんなつもりじゃなくても・・・。

普通の事務ではないので、税理士事務所にしても社労士事務所にしてもお客様あっての仕事です。
勝手な人もいるでしょうし、わがままな人もいるでしょう。
でもそれも仕事です。

以前私も何気に、顧問先さんの悪口を言ってしまっていました。
資料揃えが悪いだとか、言ったことをやってくれないだとか。
その時には所長が諌めてくれました。

ついつい、調子に乗ってしまいますが、それではいけないのだと
当たり前のとですが、今日はまた、勉強させてもらいました。

気を付けよう・・・・。
またまた父のお話ですみません。

今日は、この前コケて頭を縫ったところと、内科の受診で母と朝から出かけてました。
母はへとへとです。
昼から早退し私も参加して、病院への送迎です。

また肺炎になっているそうで、入院を勧められたのですが一応抗生物質で様子を見るとのことになりました。
まったく症状もないのに、過剰診療ではと以前入院した時にも思いましたが・・・。

病院は老人が9割です。
それも父のように、診療科を掛け持ちも多く
一つの病院でこれだから、他も同じはずです。

そりゃあ医療費、高く付きますよね。
ある程度の診察や治療は必要ですが、どうしても金儲け主義の過剰診療に思えてなりません。

老人医療よりも、子どもの医療をもっと充実してほしい。
ある程度になったら、病気があるのも不思議じゃないと母は言います。
お年寄りを大事にするのも必要ですが、延命治療は必要なのかなってことも思います。

その後、土曜日に見に行ったところと同じ系列の、サービス付き高齢者向け住宅を見に行きました。
山科のほうまで、へたくそな運転で行ってきました。

思うことは、老後はやはりお金が必要だと。
そして、施設の中にも、成年後見制度のパンフレットがありました。
社労士はまだ参入して間がないのか・・・司法書士さんが強いのですが、父の関係がありやってみたいと思うこの頃です。

認知症になると、字も書けなくなります。
自分がわからなくなっていくようです。

我が家は財産なんて無いに等しいのですが、それでもいろんな手続は必要になります。
介護保険や訪問看護などもことも、実際に直面することで少しずつわかってきました。
これを活かせたら良いなってことを思います。

今はやっぱり、シルバー産業が一番のように思います。
何か出来ることはないのか・・・。
そう思いつつ、帰ってきました。

特養への申し込みもやらないといけません。
特養(特別養護老人ホーム)は安くて良いので申し込みが多く順番待ちです。
来年の4月からは要介護3以上の人しか入れなくなるそうです。

特別養護老人ホーム・・・そんな名前、社一で習った・・・気がする

詳しくはこちら
ライター繋がりの方々とお会いしてきました。
娘との付き合いもあって、遅れていきながら先に失礼しましたが
とても楽しい時間でした。

一緒に勉強し、ライターとして頑張っていた方が今年合格されて、とっても嬉しかったのです。
頑張れば必ずその日は来ます。
その方の笑顔素敵でした。

数年前に、一緒に食事をし集まった私たちです。
みんなが合格しました。

もし、今もしんどくて悩んでられる方がいらしたら
続ければ必ず結果が出ることを信じてください。

応援します。
辛い時、悲しい時には連絡くださいね。
今日はちょっと税金の話をば。

事務所の回覧の中から見つけました。
題して 厚生年金基金の解散と分配金

厚生年金基金に入ってられる方って少ないように思います。
でも病院関係はまだまだ健在です。
娘もこの4月から就職した病院で加入しています。

厚生年金と同じ保険料率での徴収で、プラス基金に入れるのはありがたいことです。
・・・母体が潰れなければ・・・ですが。
社労士試験の勉強でも最も苦手とする基金。
毎年、四苦八苦しておりました。

私の合格年も選択式で厚生年金基金が出ました。
廃止になるって決まっているのになぜに出る???と疑問に思いつつ、解答していました。

その厚生年金基金の税金についてです。
厚生年金基金の解散の場合
老齢年金として受給した場合雑所得課税の対象
退職時に脱退一時金として受給した場合みなし退職所得退職所得控除あり

解散に伴う基金の分配金
母体である企業が経営悪化から倒産した場合みなし退職所得退職所得控除あり
厚生年金基金自体が解散することで支払われる残余財産分配金一時所得課税の対象

この違い、大きいと思います。
の違いは、企業を退職していないかどうかで違ってきます。

普通の老齢厚生年金も課税の対象となるので
はやむおえないのかなとも思います。

所得税法では所得をつぎの10種類に分類しています。
利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得、一時所得、雑所得

雑所得と一時所得の違いですが.、次の3つに当てはまるのもが雑所得です。.
① 営利を目的とする継続的行為から生じたものである。
② 労務その他の役務の対価としての性質を有するものである。
③ 資産の譲渡の対価としての性質を有するものである。
そして、上記以外が一時所得になります。

一時所得の例は、懸賞金、生命保険契約の一時金、損害保険契約の満期返戻金など。

雑所得の例は、公的年金、生命保険契約に基づく年金、株主としての利益、国税・地方税の還付加算金、個人的な金銭の貸付による利子所得など。

税金は雑所得より一時所得のほうが税金は安いのです。

税金もややこしいです。
生命保険の満期保険料も払った分を控除するので、余程の金額でないと税金はかかりません。

詳しいことは国税庁HPをご覧ください。
サービス付高齢者向け住宅、グループホーム、有料老人ホーム…など、いっぱいあって違いが分かりません。

介護保険も試験の範囲だったけど、実際に利用してみて、知らないことがいっぱいです。

父のおかげで勉強させてもらってます。
あまり歩けなくなってきたので、転けて頭が血だらけになり縫ってもらったり、大変です。

いろいろ考えさせられます。
また、明日ゆっくり書きます。

急に寒くなったので、皆さん風邪をひかないでね。
事務所の賞与面談がありました。
毎回苦手です。

今回も私の不注意で起こした行動で、お叱りを受けました。
まるで意識もなく簡単に口走り、軽い気持ちでしたが不満を態度に出してしまい反省しています。

仕事に対する姿勢がなってない。

本当にそう思います。
仕事をするってことはそんなことではないのです。

いい歳してなんてことでしょう。

こんな性格だったのでしょうか。
今まで気づかずに居て、誰も注意する人がなかったとしたら
恥ずかしいことです。

注意する方も嫌でしょう。

気を付けないといけません。
先日も書いた”謙虚”という姿勢に近づけるよう
努力します。

忘れないように、書いておこう・・・。
娘の試験の合格通知が来ました。
10月の筆記試験に続き、11月の面接と二度も東京へ行き獲得した資格です。
思えば長い道のりでした。

大学4年間+大学院2年間+受験までの1年=7年
医療現場で働く人もいるのに、それでも国家資格じゃないってどうなんでしょうね。

娘の資格は臨床心理士というのですが、結構ドライで私に言わすととても人の気持ちに沿うような仕事が出来る子だとは思えないのです。
試験前後は荒れてひどいことになっていました。
これで、人の悩みを聞くなんて・・・と呆れていたのですが、不思議です。

心療内科も今では普通になっていますし、学校でもスクールカウンセラーもメジャーになってきました。
就職先があると良いのですが・・・。

でも大変なのはこれからです。
社労士の資格もそうなんですが、資格を取るのは自分が頑張れば良いのですが就職するのは自分の努力だけではどうしようもないのです。

相手があってのことですから、難しい。

資格を取ることは大変でしょうが、それを活かすことはもっと大変です。
そう思うと、まだまだこれからも頭が痛い。

私も社労士の資格を活かすことが出来てないし
これから頑張らないといけません。

資格はあくまで資格でしかないのですが
生かすも殺すも自分次第です。

親子ともども精進します。
81歳創業者はなぜトイレを素手で磨くのか? イエローハット、世界のトイレ掃除に挑む!

すごい!って思った記事なので載せておきます。
出来ないですよ・・・。

謙虚な気持ちってなかなかなれない。
なっているつもりでも出来てない。

急いでいたら、誰よりも早くエレベーターから降りたいと思うし
ゆっくりダラダラ歩いている人を見たら、イラッとしたりもする。

ダメだなぁ・・・って思う。

仕事ってやっぱり傲慢ではいけないし、こんな人に話したくないって思われるようでは意味がないです。
何が自分に出来るのか・・・と思うと悩んでしまうのですが
出来ることはいっぱいあるのに、やろうとしてない自分に気づきます。

カッコつけたり、言い訳したりしています。

今こうして少し反省しているのに、またいつもの日常ではいつもの自分。
本当にだめだな~って思います。

でも奢るような人間にはならないでいようと、強く思います。
今日も一日、頭の中は第九の曲が流れています。
この二日間どっぷりだったしな~~~

そもそも始めた成り行きは、今回も一緒だった前の事務所のお友達。
正直言うと、後輩です。
彼女が入ってきて、私が先ず仕事を教えました。

「あの頃は怖かったよね~ごめんね」と言うと笑ってました。
あは・・・怖かったよねぇ・・・

私よりも早くに事務所を辞めて他へ行きましたが同じ業界。
ちょこっと突っ込んできいてみました。

社労士は事務所の中には居なくて、何かが有ると提携している社労士さんに依頼するようです。
が、簡単な手続きや労働保険は事務所でするとのこと。
典型的なパターンですね。

この前の労働保険年度更新の受付でも、税理士事務所さんが大量に申告書を持って来られてました。
間違いがないなら良いのですが、結構あったのでう・・・んと思いましたが
ほとんどの事務所はそんな感じです。

月刊社労士11月号で行政書士が就業規則を作ることに対して、会からは就業規則を作るのは社労士の独占業務である旨通告されましたが、行政書士連合会からは、排除される理由はないとの見解です。

昭和55年の行政書士法改正で、その時に登録されている行政書士は1号も2号も出来るという経過措置だったため、今もうやむやになっているのでしょう。

税理士も昔は社労士にもなれたので、同じようにうやむやになっているのです。
社労士って立場が弱いのでしょうか・・・。

ちなみに、これは社労士になって知ったことですが
就業規則にも1号と2号があるのです。

10人以上の従業員の事業所の就業規則作成業務は1号
10人未満の従業員の事業所の就業規則作成業務は2号

どちらも社労士の独占業務であるとの行政解釈であり、違反すると社労士法27条違反になり懲罰の対象になるとのことです。

怖いですね・・・。

業務の住み分けってややこしいですね。
税理士と行政書士と社労士・・・交わるところが多いです。
だからこそ、上手にやっていけたら強い味方になります。

行政書士の友達も、税理士の友達もいるので特に思います。
仲良くいこうね~~~
一万人の第九コンサートが終わりました。
CIMG5187_convert_20141207222409.jpg

テレビ放送は23日の祭日です。
お時間があれば見てくださいね!

昨日は前日リハーサルで、終わったのが8時。
家に帰ったら10時で、へとへとになりました。
今朝は9時集合とのことで、家を出たのは6時前です。

スタッフも踏めると一万人以上が集まる大阪城ホール。
駅もJRも混み混みです。

daiku2_convert_20141207215428.jpg
向こうに見えるのが大阪城ホールの入り口です。
すごい人です

写真撮影は禁止なので中では何も撮れず。
休憩中に会場の様子をパチリ
daiku_convert_20141207215449.jpg

事務所立ち上げと社労士試験でこの7年お休みしてました。
一万人の第九は、初めは山本直純さんが指揮をされていましたが、佐渡裕さんになってから女性がいっぱい増えたそうです。
山本さん16年もされていたとのことでしたが、今回で佐渡さんも16年になるそうです。

私も指折り数えてみると佐渡さんの2回目から7回参加してました。
7年ぶりに戻ってみると、少しずつ変わっていてまるで新人のような気分。

今年のゲストはMay J で、詩の朗読は井川遥 呼び捨てごめん。
お二人ともとっても綺麗で、とっても細い!

ありのままには一緒に歌ったのですが、May J めっちゃ力入ってました。
好きじゃないけど、やっぱり上手い!

本当は足も昨日から痛かったし、今朝も昨日の疲れも取れないうちに家を出て
正直、今年参加するんじゃなかったなって思ったのです。
ほんとうにしんどくて・・・。

11月の始めからずっと予定が入っていて忙しかったのに、子どもの仕事で睡眠不足もあり限界・・・。
もう二度とやらない・・・って思いました。
でもね、不思議ですね。
みんなでホールいっぱいに響く大きな声で一つの曲を歌うことで感動し、またやりたくなったのです。

朝から本格的なリハーサルがあって、最後の蛍の光を歌った時には涙が出ました。。。

リハーサルとは違って、本番はみんなすっごく力が入っていたと思います。
素晴らしい歌声でした。
佐渡さんも涙・・・涙・・・。

やっぱり感激して泣けましたから、来年も参加しようと思いました。
めっちゃ単純~

でも、例年ide塾の祝賀会と重なるんですよねぇ・・・。
来年はきっと仲良しの関東組が合格するだろうし、そうしたら会いに行きたいし。
悩む~~~~

いや! 合格の暁にはきっと会いに行きますよ~~~
そう思うと来年の12月もとっても楽しみです。

今日、祝賀会に参加された方々、本当におめでとうございます。
一生に一回のことですから、きっと楽しまれたことでしょうね。

これからの新しい人生に乾杯
一緒に頑張りましょうね!
昨晩は初めての社労士会の忘年会でした。

去年は東京へ向かう夜行バスに乗っていましたが
今年は一万人の第九への出場のため断念です。
祝賀会には頑張ったお友達も参加されるのに・・・残念。

支部の人数自体も多いのですが、参加者もまた多かったのです。
たまたま同時に加入した方と一緒だったので楽しい時間を持てました。
そうでないと、結構辛いところがあります。

人見知りをするので、いつになったら馴染めるのやら・・・。

そのほかの先生方と少しお話をしました。
お隣に座ってられた先生は、FPと産業カウンセラーとキャリアコンサルタントも持ってられます。
お友達が産業カウンセラーの勉強をしているので、私もやってみようかと思っているというと
「あれは大変ですよ。毎週拘束されますからね。宿題も多いし、更新料もバカになりません」と。
「傾聴が出来ないので、そういう意味でやってみたいとは思うのですが、キャリコンも興味があって悩んでます」と言うと。
「社労士さんはどっちかっていうと、産業よりキャリコンのほうが良いかもしれませんよ」とおっしゃいました。

またまた悩んでしまいます。。。。

その方は、勤務されていて社労士業はされていないのですから
私とはまた条件も必要度も違うので、あくまで参考程度でしょうか。

年金を見に付けるのはどうしたら良いでしょうか?
と聞くと、年金アドバイザーが良いでしょうとのことでしたが
3級は確かに勉強になりましたが、2級までは意味があるのかな~ってことも思います。

実際社労士として開業されて仕事をされている方は、どれほどいるのかと気になるところです。
これからどうしたら良いかも含めて、いろんな意見を聞きたいです。

まだまだ、発展途上です。

料亭のお庭が綺麗でした。
niwa_convert_20141207214549.jpg

なぜかこの日は舞妓さんが・・・
この後、踊ってくれました
maiko_convert_20141207214609.jpg
今日は父のために眼科へ行きました。
いつもの病院が総合病院なので、同じところの眼科診察へ。

認知症の診察と、内科の診察、最近までは歯科まで母が付き添って通っていました。
母も父より一つ下の79歳。
バス停からも不便でもっぱらタクシーになっています。
結構しんどいようですが、私もそうそう休めないのでどうしようもなく
老人が老人を世話するというパターンです。

今日の診察の結果は、瞼と下瞼の筋肉が老化して眼球が飛び出して見えるとのことで
パセドウ病かと心配しておりましたが、ホッとしました。
歳を取るということは・・・なんともはや・・・。
これ以上瞼の筋肉が衰えると、目をつぶったままになるようです。
あららら・・・。

仕事を休んで付き添ったのですが、検査の結果なんともなかったことで安心しましたが
また来週、内科で通院しないといけないようです。
病院の中はお年寄りだらけ・・・。
長生きするってことは喜ばしいことなのでしょうか・・・。
父を見ていて疑問に思います。
健康でいるなら長生きはすべきですが、認知症は周りがとっても大変です。
今日も看護師さんに助けてもらいました。

そんな中で、急に一人の杖を付いたおじさんが声を掛けてくれました。
なんとなんと!
私が独身時代に働いていた会社の元上司の部長さんです。

病院には白内障の手術をしたのでその通院とのことでした。
懐かしくていろいろ話しましたが、初めて聞いたことは
退職理由が解雇されたとのこと!

驚きました・・・。
定年だと思っていたら…解雇。
おまけにその頃の経理部長も解雇だそうです。
それも一切退職金はなし。

社長が亡くなり息子さんが後を継いで、邪魔な部長連中をクビ切ったそうです。
今ならいっぱいアドバイスをしてあげられるのに・・・。

部長さんは腹が立って辞める時に
「そんな風に年長者をクビ切ってたら会社は潰れますよ」と言ったそうですが
それから間もなく会社は倒産し、今では大手スーパーが建っています。

簡単に労働者を解雇するトップには、労働者を雇う資格はない。
そう思っています。
人間だし気に入らないこともあるでしょうが、それではいけません。
労働者は将棋の駒ではないからです。

今知った事実に唖然としました。

今なら・・・と思わずにはいられませんでした。
それでもお互い元気で居られることに感謝です。
年金と雇用保険、定年後にもらうならどちらがお得?

こんな記事を見つけました。

失業給付と年金とどちらが得か。
これは大切なことですね。

いつも思うのですが、長い間被保険者で居ても65歳を済んでしまうと
たった50日しかもらえない。
この制度、あまりにもひどいと私は思います。

私もずっと働いているので、ゆゆしき問題です

昨日、息子の学生免除期間の追納のご案内ってのが来ました。
先ずは古い分からということで4か月分で6万円ほど・・・。
高いです。

それを払ったとしてどれほどの年金が増えるのか。
そう思うと気持ちが萎える気がします。

それでもお金に余裕がある方は、払っておくと節税になるのでお勧めです。
税金で持っていかれるよりは良いかもしれません。

みんなが国民年金を払えばもっと保険料は安くなります。
お年寄りは年金額が減ったことを嘆きますが、若い者の保険料負担は限界が来ています。
安心した老後を迎えるためには、やはり自分でしっかりと貯蓄しておくことが必要かもしれません。

そのために、税金のことや社会保険のことを出来るだけ勉強しておくことも必要かもしれないですね。
社会保険労務士の勉強は絶対に損にはならないと思います。

受験生の方々は、今の最新の情報を勉強することが出来るのですから
胸張って勉強してください。
そして、おかしいことを書いていたら、指摘してくださいね。
お願いします
介護保険は
40歳以上65歳未満は給与から控除(第2号被保険者)
65歳以上は年金から天引き(第1号被保険者)

年末調整では給与から天引きした分は、社会保険料控除となりますが
では、年金から控除される特別徴収の介護保険料は年末調整での社会保険料控除となるでしょうか?

年末調整のしおりには、社会保険料控除のところに
年金からの特別徴収の介護保険料も、後期高齢者医療の分も控除できると書いてあります。
でも、年金の源泉徴収票には介護保険料が特徴されている旨が記載されていて、確定申告をするときにはその分を控除できます。

ということは、年末調整でも引き、確定申告でも引くと二重控除???
年末調整で引かなかったけど確定申告もしなかったら、まったく控除しないので損する???
などなどいろんな疑問点が・・・。

「年金受給者の確定申告不要制度」が創設され、
平成23年分の所得税から、公的年金等の収入が400万円以下で、かつそれ以外の所得金額が20万円以下の場合、確定申告を行う必要がなくなりました。

ということは、反対に考えてみると
年金以外の給与所得があるから年末調整で控除しようとする人は、上記の20万円以下ではなくなるので確定申告をしないといけないのです。

確定申告をする場合は、年末調整の時に年金からの特別徴収の介護保険料をすでに控除しているので、その場合は記入しないようにすれば二重控除にはならないのです。

が、確定申告する場合、年末調整のことなど忘れてしまうのではないのでしょうか?
そういうことを考えると、やはり年末調整では控除しない方が良いという結論になりました。

う・・・・ん。
すっごく当たり前のことなのに、悩みました

年末調整って凝りだすと、どんどん深みにハマります。
市町村国保などの健康保険料は領収書添付も必要ないので、書かれている金額の整合性も定かではなく
不思議な世界だと思います。

この業界も長いのですが、日々いろんなことに疑問を感じます。
小さいことに止まっている場合ではないのですが・・・。

慣れた頃に終わってしまう年末調整。
そろそろ本番になる前に、体力をつけておきます。

会計事務所や社労士事務所の皆様
頑張りましょうね~
保険料の控除金額の計算が面倒です。
ソフトによって自動計算するのとしないのとがあります。

それにしても、年間10万の保険料を払っても税金が安くなるのはたった5千円ほど。
苦労する割にメリットが少ないのです。
それよりは、国民年金や年金基金のように払った金額がすべて、所得控除になるのは大きいです。

いや・・・一番大きいのは税額控除のローン控除かなぁ。

いまやふるさと納税も大人気で、払った以上の特産物が届くのにプラスして寄付金控除が出来るのです。
本屋さんでは、ふるさと納税の本まで出ています。
我が家も子どもたちもの扶養が外れたので、税金がとても高いのです。

どうしよう。。。

私の社労士収入は、雑所得か事業所得か。
こんなことでも税金は変わってくるのです。

ややこしいですね。

国民年金の控除証明書を見ていても、いろいろ思うことが有ります。
たまたま1月納付分を12月に払ってしまうと、来年の控除証明にも載ってきません。
その場合は、最後の納付金額を確定申告で控除します。

ややこしすぎる~~~

毎日叫びっぱなしの私ですぅ