労使関係セミナーに参加です。
こちらは中央労働委員会主催のようです。
今回は2回目だそうです。

先月、直々に事務所に電話があり、参加要請がありました。
覚えていないのですが、1回目に参加したらしい・・・(いつだろう???)
ひょっとして人が足りないのかなぁと思って会場に行くと
目いっぱいの人たちで熱気ムンムン。。。

会場は同志社大学の新しい校舎でありました。
image+(2)_convert_20150225222859.jpg

image+(1)_convert_20150225222505.jpg

赤いレンガの建物がこの界隈に続きます。
新しく烏丸通にも校舎が建ちました。
この工事のために、社労士試験が数年同志社では出来なかったのです。

今回の講演をしていただいた先生が同志社の先生でもあり、労働委員会の地区委員長でもあり、弁護士先生とのお話も面白かったし、第二部として、5名の方がたのパネルディスカッションも楽しませてもらいました。

5名の先生方は、弁護士の先生、労働委員会地区委員の方、労働局均等室の方など様々です。
実際の判例を元に話し合いを持たれました。

セクハラとならないためにどうしたら良いのか
パワハラになるのはどこまでなのか
いろいろと興味深い内容でした。

慰謝料の相場金額のお話も出ました。
日本は結構少ないようです。

私がなるほど!と思ったのは
意見を聞かれた均等室の方が、おっしゃった言葉です。

「私たちは行政の人間なので、慰謝料を決めたり、どちらがどう悪いのかとかは言えません。
ただ、セクハラならセクハラと言われないように、会社は何を怠ったのかということを話します。
そして、怠ったことを金銭で解決するならどれくらいなら出来そうかと、話をします」
ということでした。

確かにね・・・。
判断するのは裁判所ですね。

要するに、揉めている労使間を収めるために力を貸してくれるんですね。
労働局のあっせん、労働審判、それでもダメだったら裁判。
今回の公演はパワハラとセクハラの案件でしたが、感情と言うモノが入って来るので難しいと思いました。

それにしても・・・XとかYとか出て来るので、特定の勉強の時を思いだしました。
特定社労士になっても何も変わらないけれど、こうして意識はちょっと高まっているのかなって思います。
っていうか、思いたい(;^_^A アセアセ・・・

勉強することは知らなかったことを知ることができるので← 当たり前ですが
結果だけがすべてじゃないと思えます。

ただのオバサンだったので、一般常識なのに知らなかったことも多いので
日々勉強を怠らず、アンテナを常に張っていることが必要なんだと思います。

全然できてな~~~い

ヾ(_ _。)ハンセイ…
日曜日に、ide塾OB会のイデアクラブノ研修に参加してきました。

"改正パートタイム労働法の全貌と就業規則見直しのポイント"
講師は岩崎先生でした。

驚いたことに、先生が塾の講師をやめられてもう2年経つのですね。
ide塾生2年で合格した友達が、岩崎先生を知らないとのことでビックリ(@_@)
私が塾生の頃は、大阪での模試の時にはいつも岩崎先生が来られてましたし
終了後の説明会も岩崎先生でした。

祝賀会の時にも同じテーブルでしたから、懐かしいイメージでしたが
今はそうではないのですね。

知らない間にどんどん変わっていくのだと
塾生ではないことが寂しく思えます。

お友達が、「今、塾長の講義に来ています」とメールをくれて
そっちに飛んでいきたい気持ちになってしまいました

今までに何度も受けていますが、岩崎先生の講義はわかり易いです。
レジュメも見やすくてお気に入りです。
でも、イデアクラブ以外では受講料が高いので、この頃は受けられないのです。
イデアクラブは、格安で受けられるので助かっています。

社労士になったら、自分で法改正などは取りにいかないといけません。
ともすれば、スルー・・・なんてことにならないようにと、アンテナを張っていますが、怖い怖い

今回のパート法の改正は、仕事でも関わってくるところなので
しっかりしないといけないな~と思うものの
仕事で明け暮れている間に、少しずつ忘れていきます。

忘却の彼方に・・・。

そうならないように、頑張っていかないといけませんネ。
昨日、社労士会の電子申請研修会がありました。

京都は、雇用保険の得喪などはこの10月から労働局に事務センターが出来、迅速な対応をいただいています。
離職票の発行も早いので、すごく助かっています。

電子申請研修は前々回に参加し、そこから電子申請を始めたのが始まりです。
前回は参加しなかったので、今回改善点などがあるかと参加してみましたが
今回は、ソフト会社のお話がメインでした。

(株)セルズ
(株)ケーオーシー
(株)エムケイシステム
それぞれのウリを各20分で説明いただきました。
確かに早く出来るので便利なようです。

4月からは、イーガブに入らなくても手続きが出来るとのことも聞きました。
ソフトを使っていないとダメなようです。
残念。。。。

事務所は税務ソフトを使っています。
税務ソフトと労務ソフトが一緒になったのがあれば、いいなって思います。
労務ソフトは時間短縮で電子申請が出来るので、魅力的ですが
一年に10万から20万ぐらいかかるので、コスト的には無理です。

開業したらどんなソフトが良いのか。
これはみなさん気になるところでしょう。

セキュリティの問題は一番大切ですが、
電子で処理をすることはとてもメリットがあると私は思います。

電子処理をしている社労士は7%ほどだそうで、驚きました。
良い面も悪い面もいろいろあるとは思いますが
変化を嫌がらずにやっていきたいと、思いますのでこれからもチャレンジしていきます。

良い情報等、ございましたら教えてくださいませ

偶然、大原時代の友達に会いました。
一緒に勉強し、同期の彼女ですが、バリバリ社労士として仕事をしている姿に憧れます。

お互い、もっと早くに資格を取っていれば良かったね・・・・と言い合いましたが
今でも決して遅くはなかったよね・・・とも思います。

勉強しようと思った時が、"その時"であり、決して遅くはないのです。
社労士を目指そうと思った気持ちを忘れずに、あと半年頑張ってくださいね~
社労士の仕事として、社会保険の未適用事業所への訪問があります。
「ピンポ~ン」と鳴らして訪ねていき、加入を促します。
実際にお友達も行ったらしく、それはそれは冷たく追い出されて二度としたくないと言っていました。

そういえば・・・井出先生も以前労災加入で行った時に
「生命保険入ってるよ」とか言うらしく、強制加入だと言う意識がないので難しいですとおっしゃってました。

実際、社会保険加入となると、事業所の負担も大きいでしょうし
躊躇する事情主もいるでしょう。

でも、やっぱりそれは違う気がする。

一家の大黒柱を雇っていて、その人にもしものことが有った時に
事業主は家族に補償をしないといけないのです。
無責任に、ただ人を使っているのではなく、これからの若者だったり、赤ちゃんを産もうとしている妊婦さんだったりするのです。

その人たちに仕事をしてもらうことで、何かが有った時のために
業務中に災害補償には労災保険
失業した際の生活補償の一部としてや、教育訓練などレベルアップのための給付として雇用保険
ケガをしたり、入院した時に手厚い補償を受けるために健康保険
老後の収入源としての年金や、障害になった時の補償、その人が万が一亡くなった時には遺族年金
これらの補償は最低限必要でしょう。

それがわからない事業主がいっぱいいるのです。

手取りが減るから・・・とか
扶養で居たいから・・・とか
生活保護をもらっているから・・・とか
従業員の中にも、自分から入りたくない人もいます。

今の現実しか見れないようでは、もしもの時にどうするのでしょう。
いつまでも、配偶者が元気だとは限りません。
生活保護に頼ってばかりではなく、自分でバリバリ働くことで生きる張り合いを得ることも良いのではないでしょうか。

正直、忙しい思いをして仕事をしても
生活保護でもらわれている方のほうが多い場合もあると
医療費もタダで良いな~とか、働くことが虚しいな~とか思う時もありますが
いつまでもそれが続くとは限らないなら、一つでも若く元気なうちに仕事をしたいと今までやってきました。

ひとそれぞれ、いろんな状況があるので、どれが正解かはわかりません。
でも、他人を雇う以上、必要なら社会保険への加入はすべきだと思います。

聞いた話ですが
社労士「社長、週30時間以上勤務の方は社会保険への加入は強制ですから手続きしてください」
社長「そんなことは僕にはわからへん。税理士に任しているから訊いてくれ」
税理士「こんな業績で社会保険に加入してたら、会社が潰れますよ。勘弁してください」
そういうところが多いようです。

5人以上の常勤従業員のいる個人事業主
1人でも常勤従業員がいる法人
強制加入です。

うちの事務所では、こういうことはしっかりと手続きが出来ています。
法に触れることはしない事務所です。
って当たり前ですね~~~
厚生年金基金、290基金が解散予定 9割積み立て不足

基金に加入したことはないので、イマイチ他人事のような気がしますが
娘が今現在、基金加入者になっているので、最近は動向に気を付けています。
そうでなくても、社労士ならしっかりと知っていないといけないとは思うのですが、特に苦手なところでしたので、出来れば避けて通りたいところです。

厚生年金基金が厚年のテキストから消えた・・・
それだけでテキストが薄くなりました!と塾長がニコッとエクボを見せて笑ってられたのを覚えています。
今ではもう試験には出ないのでしょうか。

企業年金も確定拠出なども実際には、実務で使うところですが苦手でした・・・

年金は全国民の義務ですから、避けて通れないところです。
しっかりと勉強して損することはないのですが
企業側の社労士となると、相談は労働関係が多いのでどんどん忘れていきます。

解雇の問題、有給休暇の付与、残業の関係
勉強ではサラッと済んでいったところですが、労使間の揉め事として多いように思います。

でもやっぱり、最後は年金受給者になるのだから
そこのところはみなさん、興味があるのではないのでしょうか。

両親の年金の源泉徴収票を見る都度、減っていく受給額に暗くなります。
今までもらいすぎていたのだと言っても、理解できないようです。

基金は、その点掛けた分が反映されるので平等な気がします。
国民年金基金も個人事業主はお勧めです。(私的には)

安心の出来る老後・・・それは理想に過ぎないのでしょうね・・・。
ジェイソンは生きていた・・・
そんなホラー映画を観ていたのは、まだまだ可愛い頃でした。
未だに13日の金曜日になると思い出します

受験生の皆さんはお勉強、進んでいますか?
私はこの頃が一番ダメでした。

秋は、リベンジに燃えているので頑張れるのですが
今年を越すと、健康保険から年金に入るこの時期
年金を苦手としていた私には悶々とする時期でもあり
仕事の忙しさにかまけて、モチベーションが下がっていきました。

春になると、模試が始まるので緊張感も出るのですが
年度末までは何もないので、ダラダラ勉強をしていた日々でした。

以前(特に2008年)のブログを見ていると、
これじゃあ合格出来ないのは当然!って思うほどの怠けよう。
メンタル的にも言い訳ばかりで、読んでいても腹が立つ内容でした。
「ヤル気はあるの?」って、あの頃の自分に突っ込み入れたい気分です。

ただただ、言い訳して逃げてばかりで
やっぱり今年もダメだし、来年どうしようかな~って5月頃に思ってたり。
ひどい受験生でした。

「社労士取れればいいな~」とか
「やっぱり無理かも~」とか毎日書いてました。

それが、なりふり構わず、本気で臨まないと無理だってわかって
「絶対に社労士になる」って思った時からちょっとだけ、変わっている気がします。

気持ちの持ちようで結果も変わるんですよね。
そんな当たり前のこと、出来てませんでした。

勉強はもちろん、頑張るのは当たり前ですが
それプラス、必要なのは「ヤル気」です。

今年こそ絶対に合格する!

そんな強い気持ちがあることで、後半戦も乗り越えられます。
あと半年です。
長いようであっという間です。

毎日の積み重ねがモノを言います。
頑張ってね!
2月になったばかりなのに、さっそく2回目の更新です
今日は社労士会の勉強会がありました。

仕事が終わってからなので、私は参加しやすいのですが
今日も人数は少なくて、なくなるような予感が少ししたりしてました・・・が、続けてほしいです。

新しい改正点の連絡とかがもらえるので、とても助かります。
10月からのマイナンバー制のこと、年金一元化のこと、有期雇用の無期転換制度のことなど、盛り沢山です。

健保の保険料の変更が今年は閣議決定が遅れて、5月納付分から率が変更になるとのことで
健保組合の保険料変更とずれてくるので、ちょっと困ったな~とか思っていました。

はあ?って思ったのは
年金一元化に伴い、在老が変わることの緩和措置。

現在、昭和12年4月1日以前生まれは、報酬と年金と両方もらえます。
ところが、一元化に伴い共済に習い、超過分は年金カットとなるということですが
既得権って言うのでしょうか、いきなりストップされると生活できない~~~って人が居るだろうからと
緩和措置があるとのことでした。

それなら、一元化する意味はあるの?
と、言いたくなるのです。

3号の届け出のまま、本当は1号になる人の場合
遡って追加で保険料納付が出来るようになるとのことですが
こちらも緩和措置。

急に年金が減るのは可愛そう~ってことで、払わなくても9割保障されるとのこと。
それなら、誰が追納しますか?
どうも、年金の改正はイマイチ納得いかないことだらけです。

まともに払っている人がバカをみないような体制であって欲しいです。

2時間たっぷりお勉強したのですが、エアコンが強すぎてしんどくなりました。
エアコン大嫌い~~~

次は3月です。
早いですね。
もう節分です。

ついこの前、お正月だったのに・・・。
そう言えば、今年のおみくじをまだ引いてないことに気づきました。
一応、一年に一回おみくじを引いて、凶以外は1年間手帳に挟んで持っています。

私のお気に入りは清明神社なので、出来ればそこで…と思いつつ
もう節分になってしまいました。

旧暦ではやっと新年になるんですね。
はやっ

受験生のみなさんはお勉強進んでいますか?
事務指定講習のみなさんもきっと頑張ってられることでしょう。

私は去年一年どっぷりと遊びました。
まさか、まさか特定社労士試験に受かるとは思わなかったので、もう一年頑張るつもりでした。
なので、ぽっかり空いた時間を、読書に明け暮れて楽しく過ごしてしまいました。

でね、今年はちょっと頑張ろうと思います。
お友達が去年勉強されていた、産業カウンセラーにチャレンジします。
正直、申し込む直前まで悩みました。

資料を取り寄せてもイマイチ反応がないことにも影響し
HPを見てもよくわからないし・・・。
果たして自分に出来るのだろうか・・・とか。

それでも、社労士会で出会う方がよくお持ちの資格です。
国家試験ではないので、合格率も社労士試験のように一桁ってことはないので、頑張れば報われる試験だと思います。

が、去年講座を受けられたお友達に訊くと、毎週の座学はもちろん、家での宿題がかなり大変なようです。
フルの仕事を持つ身としては、辛いところです。
おまけに父のこともあり、勉強できる状況とは言えないのです。

それでも、みんなが頑張っているのに、何もしないのがどうも…辛い。
サボっている気がしてならないのです。

もう一つ、成年後見人の資格も取りたいのですが、今はチャンスを上手くつかめなくています。
資格マニアではないので、仕事に関係のない資格や、興味のないものまで手を伸ばす余裕はありませんが
社労士として持っていれば良い資格を取りたいです。

受験生のみなさん!
試験は自分との闘いです。
気持ちが弱い人は負けてしまいます。

昔のブログを読んでいて、いつも不合格だったのが良くわかりました。
とにかく甘い、甘かった。。。。
自分に甘い性格は直りませんが、次はもっと厳しく頑張ろうと思います。
一緒に頑張っていきましょうね

2月はide塾のセミナーにも参加します。
お会いできる方がいらっしゃればと、楽しみにしていま~す。