カンカン照りの中
今日も産業カウンセラー講座に参加です。

最近特に同じグループのみんなの結束が強まってきています。
顔を見るだけでホッとします。

今日は予定していたセッションの方々が遅刻されて、急きょカウンセラー役となりました。
先週カウンセラーとして録音した内容の続きです。
今日も20分と言う時間でしたが、長かった・・・

今回もやってしまいました
クライエントではなく、その中の登場人物の気持ちに同調してしまっています。
あかんなあぁ・・・。

相手の気持ちを理解すること。
あくまで「良かったなあ」って考えは持ってはいけないのですが・・・。

ふう・・・

その次は、クライエント役でした。
こちらも苦手です。
赤裸々にみんなで私がどう思っているかと話し合われるので
少し居心地悪いです。

疲れました。。。

午後からは、臨床心理士さんの講義”職場のメンタルヘルスケア”でした。
パワーポイントでわかり易くテキストをまとめてくれているのですが、
なんせ昼からの座学は睡魔との戦いです。

時折、記憶が飛びます。
すみません

今日は宿題が多くて、出来るのだろうかと不安です。
小論文です。

論文て・・・・

以上、今日は盛りだくさんの内容でしたが、めげないで頑張ります。

暑い夏
勉強に励みますよ~
泣いても笑っても、あとひと月なんですね。
早いなあ~

この一年頑張ったことを当日発揮できるように、
その頑張りが実を結ぶように、
悔いの無い毎日を送ってください。

社労士業も結構ストレス溜まります。
手続きをするのも、数が多いとじっくりと向き合う時間がなくなります。
労使間の揉め事に入ると、どちらの言い分も理解できて辛くなります。
それでも頑張ったことで、人に喜んでもらえると嬉しくなります。

小さなことでも、役に立つと思ってもらえることで、やる気も出ますから単純です

そんな風にいろんな方が、いろんな夢を描いて社労士になろうと目指しているのです。
私には何も出来ないけれど、心から応援してますよ~~~~

ファイト
【宿題提出】 
対話分析Ⅱ : 出社が困難な経理担当者
前回と違い、カウンセラーの会話を考えるのも難しくなっていました。
採点が怖いです・・・。

今週は先週が座学だったので、実習自体は2週間ぶりです。
今日はカウンセラー役でしたが、そんなこんなで久々のため
また勘が戻るまで、あたふたしてました。

今回のカウンセラーの会話はレコーダーで録音し、逐語記録の宿題となります。
20分という時間の会話をすべて、文章に起こすのですが、
すでに終えた方に聞くと20時間ほどかかったとのことでした

おそるべし・・・

仕事が忙しいので、なんとかやりくりしないといけません。

昨日は毎年恒例の高校時代のクラス会でした。
その時に来ていた一人に「また勉強しているの?好きやなぁ~」って呆れられました。
自分の身内にも歳がいっても資格を取られる方がいらして
「仕事で使うわけでもないのに、信じられへん」と言っていました。

私も社労士の勉強をするまでは、事務所で税理士の勉強をしている年配者にそんな風に思っていました。
もっと自分のための好きな時間を使うほうが良いのでは?なんてね。
・・・失礼な人間でした

ひとこと「ガンバレ」ってなぜ言わなかったのかと、いまさらですが思います。
昨日は、その人のひとことでなんだか悲しくなりました。

産業カウンセラーの勉強は、社労士試験とは違って実習がメインです。
カウンセリングの練習のため、自分の心の内をさらけ出します。
職場のこと、家庭のことなどなど・・・。

こんなに奥が深く、人とのかかわりを大切にする資格とは知りませんでした。

人生、この歳でも勉強できることに感謝しています。
勉強することは決して無駄ではありません。
必ず身には付くのです。

毎週、あまりに出来の悪い自分に落ち込みながら家に帰ります。
でも、こうしてブログに文字を打つうちに、また頑張ろうと思えてきますから不思議です。

社労士受験生の時もそうでした。
模試の出来が悪くて落ち込んで、私にはもうだめだと思って弱音を吐いてばかりでしたが
最後には「ガンバロウ」って思っていました。

もうだめかも・・・なんて思っても
また、やれるかも!って思えて来て
頑張ってみようと思える自分になれる。

私も諦めないで頑張ります!
超多忙状態継続中です。
まだ算定基礎が終わりません・・・。

これも期間が済んでもOKなんですね。
去年までは必死になってこなしてましたが、今年はどうしても出来ませんでした。

一番は一日でも遅れれば延滞金が付く、源泉所得税の納期特例です。
次は、同じく7月10日期限の労働保険。
こちらもすぐに延滞金が付くわけではないですが、納付をしてもらわないといけないので急ぎます。
それから、算定基礎届で、最後は賞与支払届という感じです。

この時期、PCと使う上で大切な場所が、へそを曲げて動かなかったりと
仕事が予定どおりに進まず、涙涙です

そんな中、労働保険の行政協力に参加しました。
去年は一日だけでしたが今回は3日も頑張ってきました。
なぜか、人が足りなくて困ってられて断り切れず・・・。

ずいぶん前に決まっていたので、直前でこんなに忙しくなっているとは考えていませんでした。
その分、事務所に戻って残業です。
それでも、私が手伝えるのはこれくらいです。

去年は、いきなり建設業の白紙の申告書を持ってこられました。
が~~~~んと焦りましたが
今年は一括有期もすらすら対応出来るようになりました。

申告に来られる人とお話するのも慣れてきましたし
電卓をたたくのを見られているのも平気になりました。
少しだけ進歩です。

いろんな方が来られます。
それはそれで貴重な体験です。
社労士として、仕事をすることを実感した週でした。

来年はこれを読んでもらっている、受験生のあなた!
来年の今頃は試験を懐かしく思っているかもしれません。
そんな自分を想像してみてください。

来年は社労士試験の監督をしているかもしれませんね。
イメージを持つことでモチベーションも上がります。
あと少しです
応援していますよ~
今日は座学です。
苦手だなあ~って思いつつ参加しました。

今日は某大学の先生の講義です。
さすがに講義をされるのでお話がお上手です。
眠くならずに終日しっかりと聴きました!

今日は"カウンセリングの基礎"
いろんな技法は前回の講義で済みましたから、次は実践のための内容です。

ほう~って感じでした。

日常会話と傾聴の違い。
会話は、自分の意見を言っても良い。
「会社を辞めたいんです」⇒「辞めてどうするんですか?考えなおしたほうが良いですよ」って感じ。

傾聴は、自分の考えを言わない。
「会社を辞めたいんです」⇒「辞めたいって思っているんですね。」と気持ちを解ってあげる。

大事なことは共感すること。
じゃあ"同感"と"共感"はどう違うのでしょうか。

同感は、「会社を辞めたいんです。残業ばかりでこんな会社やってられないですよ」
って言われたら「うんうん、私もそう思ってる。辞めたいよねぇ」って言うこと。

ここでいう共感は、普段使う"共感"とは違い
「会社を辞めたいんです。残業ばかりでこんな会社やってられないですよ」って言われたら
「そうですかぁ。辞めたいって気持ちが強いんですねぇ」って辞めたく思っているという気持ちを理解すること。
自分も辞めたいってことではなく、その人の今の気持ちを解って寄り添うこと。

なんだそうです。

誰だって弱い部分はあります。
自分を理解してほしいと思っているんです。
辛いって思う気持ち、悲しいって思う気持ちなどを理解してくれて、そんな気持ちになることをおかしいとも言われず受け入れてくれる。

それだけで心が軽くなります。
私たちはまだ勉強中の身だけれど、毎週実習でクライアント役になった時に
カウンセラー役の人に優しく、共感してもらえると泣きそうになります。。。っていうか・・・泣いてしまう私です。

もし、社労士試験受験生の時に出会っていたら
もっと心が軽くなっていたかもしれません。

仕事は忙しくて勉強時間は取れない。
家族には「いつまで勉強してるの!」って呆れられて
同級生たちからは、この歳で勉強って信じられないって言われ
だれも理解してくれない・・・って落ち込んでいた。

その頃は、同じ受験生仲間がいたし、塾の先生方も応援してくれたから乗り越えられましたが
独りぼっちで受験していたらきっとめげていたと思います。

解ってくれる人。
理解してくれる人。
そんな人がいてくれることで強くなれます。

私もそんな人になりたいです。
受験するのは受験生自身。
でも、頑張っている気持ちは誰よりも私は理解できます。

頑張っていることを解っている友達がいますよ。
だから独りじゃありません。

あと少し、乗り越えてくださいね。
私も頑張ります!
とある都道府県の顧問先さんからいただいた
算定基礎届と賞与支払届の中にそれぞれCDが入っていました。

何これ?

さっそく年金事務所に訊いてみました。
調べますとのことですが、用紙が欲しい場合は変更届を出してくれとのこと。

いやいや、CDの届け出をしてないのになぜこちらが変更届を出さねばならない???
おかしいでしょうよぉ・・・。

とりあえず、調べますとのことでかかってきたお返事にまた驚きです。

前回、電子申請をした先には、用紙は送付されないとのこと。
不便(コレがあると従業員のもれがないか確認ができるので欲しい)だけれど
そういうことなら仕方がない。

はあ?
って思ったのはそこから先・・・。

「電子申請をされた先には、用紙の代わりにCDが送られることになります。」と。

CDの中に従業員さんのデータが入っているならともかく
それも入ってないサラのCDです。
なんで??って何度も言いましたが、「そう決まっているのです」のみ。

経費もかかるのにそれってどうよ。

社労士会は電子申請を推進しています。
他の士業に比べると、一桁ですから推進したいのです。
それなのに受け側の対応に唖然

滋賀事務センターは、電子申請をした先は、次回からは自動で用紙が出なくなるため
センターのほうで職権で解除し、次回からも用紙を送ってくれます。
3月賞与の場合はそれが洩れたりするのですが、そういう対応に頭が下がります。

イーガブがどれだけ進歩したとしても
社会保険の受け側の意識が低い気がします。
労働保険関係(雇用保険含)は提出代行には署名がいらなかったりしますが
社会保険関係は全ての書類に署名がいるのでとても面倒です。

電子のメリットをもっと生かしてほしいです。
電子申請は便利です。
それだけに今回の対応はとても残念です。
「CDどうしたら良いですか?返しましょうか?」って聞いたら
「廃棄してください」とのこと。

もったいないなぁ・・・。
これからもずっと捨てるんですかぁ・・・。