本日の講義
行政書士 : 事例研究Ⅰ(死亡後の事務処理のケース)
弁護士 : 消費者保護に関する法制度
社会福祉士 : 成年後見人としての実務・身上監護について

本日も盛りだくさんでした・・・

机上の空論ではなく、実際に成年後見人として活躍されている先生方のお話しですから、
とても分かりやすく、かつ、真実味があり思わず引いてしまいそうになります。

昼休みには、お友達の社労士さんが
「私、絶対に成年後見人なんかやらない!」って言ってました。
綺麗な仕事でもなく、ちゃんとできて当たり前の仕事です。
なのに報酬はとても少ない・・・。

労務相談一日の日当の二回分もありません。

今日の先生のお話では、
身寄りがなくて葬儀も一人であげて、斎場までも一人で行き収骨し、お寺さんにお骨を渡したそうです。
収骨・・・

後見人は、被後見人が死亡した時にお役御免となります。
ところが、実際はそうはいかず、今度の民法の法改正でやっと死亡後まで手続きができ
相続人に財産を渡すところまでできるようになるそうです。

でも、相続人の一人が行方不明だったりするととても大変だそうです。

今日の先生のお話では、やはり弁護士さん、司法書士さん、社会福祉士さんが有力で
ややこしい状態で避けてこられた方が、行政書士さんのところに回ってくるらしく
初めの関わりの状態で拒否されたり、信頼関係を築くまでが大変そうです。。。。

今日も社会福祉士の先生がおっしゃってましたが
「受容、傾聴、共感、ラポールの形成から始まります」とのことでした。
これってこの1年、耳にタコができるほど聞いた言葉です。

精神障害の方の場合や、認知症が進んでいる場合など同じことを何度も繰り返すお年寄りにも、この姿勢で対応していくそうです。
精神障害のある方は、とても感情に敏感なので、こちらが「いやだな~」とか思ったりすると感じるそうです。

相手を受け止めること。
それは相手の行動やいうことの善悪を判断するのではありません。
産業カウンセラーの姿勢と繋がっています。

私も昼休みには、成年後見人なんて絶対にしたくないって思いました。
でも社会福祉士さんのお話を聞いていて、儲けるための仕事ではなく
目の前の人が後見人を必要とするならば、やってみたいと思うようになりました。

お話をお聞きしていると、精神的なストレス、金銭的な問題、物理的な問題が出てくるようです。
わがままな私がもし出来るとしたら、それは精神的に成長できるかもしれません。

独居の身寄りのないお年寄りに後見人をと決まった場合、
その人は自分で後見人を付けたわけではないので、何度も何度も足を運んで始めていくそうです。
仕事を持っている人は、有給休暇を使って対応しているとのこと。
めちゃくちゃ忙しい私にできるのかな・・・と思ったりします。

それでも、これからどんどんお年寄りが増えていきます。
今の段階でも後見人のなり手が少なく、私たちのように専門職後見人のほか
市民後見人も自治体が普及しようと頑張っているようです。

仕事として考えるとなかなか難しい状況で、ほとんどボランティアですしね・・・
登録者数が少なくて難しいのでしょうね。

この講義も、私が参加するのはあと1回です。
残り1回はキャリコン講座と被るので、補講となります。
頑張って最後までしっかりと聴きます
この4月から、キャリアコンサルタントは国家資格になります。
今現在、技能士としてお持ちの方は自動的に国家資格へとなるわけです。

去年の4月に産業カウンセラー養成講座で、キャリコンが国家資格になるらしいと聞き
1月の産業カウンセラー試験を受けて、その後3月のキャリアコンサルタント試験を受ければ
自動的に国家資格へと行ける

そんなことを思いました。
たぶん、他のお友達たちも思ったはずです。

本来ですと1月の産カラ試験(産業カウンセラー試験)のあと、8月ごろにキャリコン試験(キャリアコンサルタント試験)だったのですが、国家資格へとなることで、急きょ3月にキャリコン試験が決まりました。

だめで元々!
そう思ったので、産カラ試験と同時に願書を出しました。
受験費用は、産カラ試験発表まで待ってもらえるとのことでしたし、保険だよね~って感覚です。

産カラ試験の発表を待たずに、キャリコン試験の勉強をする予定でした。
それが予想に反し、仕事が超多忙になったことと、
産カラ試験の出来が悪くて合格できないと思い込んだことで
ある日、受験をやめよう!と思いました。

少しだけ勉強してみて思ったことは、社労士の内容ととても近いということ
駆け足でやるのではなく、しっかりと勉強してみたいと思ったこと
小論文の学科試験への対応時間がないこと
実技試験への心の整理が出来てないこと
こんな理由で断念しました。

・・・でもやっぱり、捨てがたい・・・この特権・・・。。。。
ってことで、今回の特別措置の第二弾に乗っかることにしました。
キャリコン受験組用特別講座第一弾は、今週末から特別講座が二週連続で始まります。

そちらは断念し、悩みに悩みぬいて、
3月12、13日と26、27日のほうに参加することにしました。
費用は58,320円也

たっ高い・・・

特別講座に参加すれば、5年間の受験資格が手に入ります。
っていうか・・・5年経っても合格しないなら、【価値なし】ってことなんでしょうね・・・。
大丈夫かなぁ・・・私。

でも、やるって決めたのだから後戻りはしないでおきます。

社労士なったら取りたかった資格は
年金アドバイザー、特定社労士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの四つです。
それ以外として、受講するだけでもらえた『医療労務コンサルタント』ともらえるはずである『成年後見人』という資格。
すべて、社労士として役に立つだろうと思っています。

一度テキストを読んで、これは苦手・・・とやめたのはFP。
これは嫌いな分野でした
行政書士や司法書士は難しいですし、これ以上は考えてはいないので
私の中では今度のキャリコンが最後の目標となる予定です。

私は勉強が大嫌いです。
コツコツ何かをするってことは苦手です。
でも、前にも書きましたが、勉強は生きていくうえで必ず役に立つと思っています。

知識は裏切らないし、知識を得ることで、その後の人生の選択肢は広がると思います。
毎日が忙しく、朝がしんどいのですが
ボ~~~~っと生きていくことが出来ない性分のため
これからもバタバタしながら生きていきます。

ふう~~~~

もうちょっとだけ、がんばりま~~~す。
びっくり!
ブログコメントやメールとか本当にありがとう!

みんなが応援してくれたから合格できました。
試験は運もあると思うのよ~

今回の産業カウンセラーの勉強は、実技は分かるけど学科試験ってよくわからなくて
何を勉強していいのかわからなかったのです。
去年合格したお友達に「何を勉強したらいいの?」って訴えたりしてました。

一番苦手な、カウンセリングの理論名、創始者の名前。
頭の中でごちゃごちゃになってました。
でも結局はそんなに出なかったような気がします。

何を勉強したらいいのか・・・きっとこれはみんな悩むかも。
まずは、厳選問題集をこなすこと。
その中にある、逐語の問題も重要です。
たぶんこの配点も大きいと思います。
基準点割れにならないように、一般の学科と逐語と両方を6割がた取る必要があります。

でもね、私のグループは受けた人が全員学科は合格でした。
6割って結構嬉しい倍率です。

社労士試験は満点を目指して勉強するけど
産業カウンセラー試験は、その時の上位6割に入ればいいってことだから
それほど危機感は感じなくても良かったのかもしれません。

社労士試験ほどマニアックな試験はないって思いますもん。。。

産業カウンセラーって何するのかご存知でしょうか?
産業医って習いましたよね。
同じような感じで、企業にいる心の相談窓口なんです。

企業の中の従業員がなる場合もありますが
外に委託する方が多いようです。
だって、同じ社員に心の中をさらけ出すのってちょっと勇気が必要でしょ。

社労士のように委託されて週に1回とか企業に行き、心のバランスを崩したかな~って人の相談を受けるのです。
でも、なかなか産業カウンセラーを雇うほどの規模の会社って出会えません。
時折、会社じゃなくても、例えばハローワークだとか公的な機関での求人があるときもあります。

「傾聴」って技法を使って、心にもやもやしている部分を出してもらって
元気になってもらえたら、とっても嬉しいです。

自分が世の中でたった一人っきり・・・
誰も自分のことを気にかけてくれない・・・。

そんな風に思ったことはありませんか?

私はあります。
辛くて辛くて・・・死んでしまったら楽になれるかも・・・
そう思い心を痛めた日々・・・。

悲しくて悲しくて
「上をむ~いてあ~るこ~う」って泣きながら空を見上げた夜。。。。

そんな時に、話を聞いてくれる人がいたらどんなに心が楽になれたことでしょう。

ウツからくる自殺は年々増加しています。
特に男性が多いとのこと。
相談する人がいないようです。

女性は相談する人は一番が友達。
男性は一番が奥さんだそうです。
友達には弱音を吐いたりしないようです。

だから独りで抱え込む・・・。

そんな人の話を聞いてあげたい・・・と思うのです。
まだまだ実力がないので、口で言うほど何もできないのですが
いつかは・・・ってことを思います。

今、思うことは
誰かの役に立ちたいってこと。
私が生きている証が欲しいのです。
こんな私でも誰かの役に立てるとしたら、存在価値を見出せます。

そんな目標を持って、自分の残りの人生を歩んでいけたらいいな~
まだまだ頑張ります。

頑張ることに年齢は関係ありません。
いくつになっても頑張れます。
自分の出来ることを頑張りたいです。

これからもお友達でいてください
本当に応援ありがとう。
1週間ぶりの講座です。

今日は三つの課題です。

京都地方法務局 戸籍係長 :後見登記制度について
京都市保健福祉局長寿社会部介護保険課 課長 :成年後見制度と介護保険制度との関わりについて
舞鶴公証役場 公証人 :後見人に関わる相続手続きについて

知らないことばかりで、お恥ずかしいのですが
本当に良い機会をいただいたと思っています。

介護については父の時にお世話になったので、申請の手順などを思い出しました。
昼からの公証人のお話は、とても難しくて付いていけませんでした。

お話では後見人になる方は、やはり弁護士、司法書士、社会福祉士が多いようです。
行政書士や社労士はまだまだその域に達していないとおっしゃっていました。
参入したのも遅いですし、まだまだです。

それでも以前の月間社労士に、女性の先生で成年後見人として活躍されている記事が載っていました。
ようするに本人のやる気かと!

我が家の父には財産もないので必要はないのですが
同じように認知症になった人たちが、世の中の悪に痛めつけられないようにはどうしてあげればいいのか。
そんなことを考えていて、制度を勉強したかったのです。

漠然と軽い気持ちで始めたのですが、内容はしっかりと重い内容でした。
いただく資料は素晴らしいものばかりですので、ちゃんとファイリングしようと思います。

さてさて、社労士が集まるといろんなお話を聞きます。
ここに書くことは出来ないのが残念ですが、良いお話しも多いのです。
社労士資格を取って、小規模なリにも顧問先さんを増やしていかれています。
受験生の方々も頑張って合格し、何年か後に今を懐かしく思えると良いですね。

勉強したことは本人の身になり力となります。
受験生のころ、いつも思っていました。
「勉強(知識)は裏切らない」と。
資格というのは、そうやって頑張って勉強したことの証明です。

私もあと一つだけ勉強したいです。
産業カウンセラー試験 合否結果

昨日発表がありました。
HPで発表でしたが、なんと驚くことに電話での対応もあるんです。
ビックリ~
おまけに、受験番号ではなく、確認番号ってのが受験票に載っていて、その番号で確認です。
試験中は、「受験票はしまってください」と言われます。

ほう~~って思うことの多いこと。

試験問題は範囲が広くて浅いので、とらえどころがありません。
難しければ全問正解する必要もなく、合格者が受験生の60%なのでその中に入ればいい。
そう思うと、社労士試験の合格率って低すぎる・・・。

私はというと、正直本当に出来ませんでした。
試験前には、神頼みで鞄の中はお守りだらけでしたし
試験後には、こりゃダメだと成年後見人制度を追加申込みしてもらったくらい。

試験は絶対に受からない⇒キャリコン試験の受験資格がもらえない⇒受験をやめよう
となったわけです。

ところがところが蓋を開けてみると、棚からぼた餅です
なぜか合格していたのです・・・
信じられん・・・ほんと信じられない・・・この試験はなんぞ???と頭の中がグルグル・・・

じゃあ、あのままキャリコン受験することにしとけば良かったのかぁ・・・と自問自答です。
冷静になってみると、学科試験が3月12日ですが、
自分の確定申告もあるし、仕事も繁忙期です
おまけに、土日にキャリコンの特別講座もあり、小論文の勉強もしないといけない。。。となると
やはり自分の決めた選択は間違ってないと思います。

ただ、一番の失敗は、特別講座の存在をしっかりと認識していなかったこと。
合格した場合は、二者択一で、今回のキャリコンを受けるか
今回のキャリコンを受けないけど、特別講座には参加して国家試験の受験資格をゲットするかのどちらかです。

私の選択は、そのどちらでもなく今回の特別研修も受けないってことでした。
キャリコン試験は、もし産業カウンセラー試験に合格していたら
ゆっくりと勉強して次の機会にイチから受けるつもりでした。

が、な・な・なんと! それでは受験資格が手に入らず、
またまた324,000円も払って養成講座に参加し、何か月も通わないといけないのです。

そういったことがまったくわかっていませんでした。
おバカです。。。

それなら少々無理してでも、58,320円で特別研修だけでも受けとけば
受験資格がもらえるのでお得かもしれません。

講座の費用振込期限は22日まで。
ゆっくり考える時間はないのですが、じっくりと考えようと思います。
今回のグループのメンバーは今のところ、連絡がない人以外は全員合格です。
とっても嬉しいです。

合格証書はあとで来るらしいですが
とにかく、今日は合格通知が届きました。
image_convert_20160219235206.jpeg
今日の講義も盛りだくさんでした。

弁護士  認知症高齢者、高齢者の虐待、精神障害者の権利擁護について
税理士  成年後見人としての実務・財産管理について
       事例研究(財産管理のケース)

午前中の先生は、とても穏やかにお話しされ、すごくわかりやすかったです。
ご自分が成年後見人として受けられていることで、経験されたことや実際の現場のお話しでした。
弁護士さんなので、とても難しい案件がくるそうです。

何度も「専門職成年後見人となられた場合は・・・」とおっしゃって
実際のところ、尻込みしてしまいそうな事例が多く目が点になることも。

昼からの税理士さんは、もっとリアルなお話でした。
現実は綺麗ごとではなく、申立人が悪徳い場合もあり
難航したことなどを聞くと、私に出来るのだろうかと不安になります。

これが実態です。

ですから、後見人になる人が少なくて困ってられるそうです。

成年後見人は被後見人の財産を守ることが使命です。
やからなどに騙されないようにするのです.。
お話を聞いていると、高齢者だけの場合、家の修理を勧めては必要のない修理をしてお金を盗ったり
グループで騙しあったりなどがあったそうです。

日本人の平均年齢が高くなることで、認知症が増え、高齢者の問題としていろんな対応に迫られています。
成年後見人制度はその一つです。

報酬ははっきりとはおっしゃいませんでしたが、漏れ聞くところでは仕事として儲かる金額ではありません。
ほとんど、ボランティアのようなレベルです。
それでも人のために・・・と思える仕事だと思います。

一人の人が最期の時を迎えるまで、かかわっていくことは並大抵のことではありません。
改めて、すごい仕事だと感服しました。

まだあと4回ありますが、正直いってあまりにも重い仕事なので
最後には登録したくないって思ってしまうかもしれません。。。。
始まりました。
image_convert_20160213193417.jpeg

朝9時半から16時15分までの一日です。

リーガルサポート京都支部の司法書士  成年後見人の倫理について
京都産業大学法務研究科教授       法定後見制度の概要について
                           任意後見制度の概要について

たっぷりと講義を聴きました。
全6回で15分遅刻、早退で欠席となります。
欠席した時には、補講としてビデオを見ることになるのですが
そのあとにレポート提出があり、一番の難点は社労士会に行かないといけないこと。
時間がない私には、やは出席するのが一番のようです。

本当は明日、産業カウンセラーの修了会があったのですが、悩みに悩んでキャンセルしました。
お世話になった先生方にお会いしたかったのですが・・・。

社労士会の成年後見人養成講座は、京都は前回の募集から1年空いていました。
来年はもうないかもしれないとのことです。
実際に、社労士会での人気が無くなっているのでは???

医療コンサルタント研修もあったり、年金マスター講座もあったりと
時期が重なったのか、今回は25人でした。
私は人数枠が空いているからと、追加募集での参加でしたが他にはなかったようです。

人気ないのかなぁ・・・。

今回は法定後見制度と任意後見制度の違いについて知りました。
良いところと悪いところがあるのですが、後見人を指名できるので任意のほうが良い気もしました。

今回のテキストです
image+(1)_convert_20160213195017.jpeg

年配の方が多いからか、文字が大きくて、とっても見やすいテキストです。
書類のひな型もあるので、このテキストは大切にしようと思います。
・・・って他のテキストも大切にしてますよ。

座学はしんどいです。
何度も記憶が飛んでいて・・・。

明日も一日、頑張ってきます
先日、大阪助成金センターに行ってきました。

郵送では取り扱えないとのことで、仕方なく・・・。
事務所が東京でも行かないと行けないそうです
京都も持参限定ですが、他の都道府県では郵送でもOKなところもありまちまちです。

方向音痴ですから、しっかりと事前にネットでチェックして出かけていきました。
無事、着けたのは良かったのですが、あまりのビルの高さに唖然・・・
大阪は30階とかザラにあるんですよね。
京都人は驚きます。

思わず、見上げてしまいました

助成金センターの中も京都とは比べものにならないくらい広くて
規模も大きかったのです。
さすが大阪~~~~
すっかり田舎者になっておりました。。。はい。

最近いろんな助成金をさせていただいています。
でも知らない間に改正が入っていたりするので注意が必要です。
毎回、新規のようにドキドキです。

同級生の娘さんが社労士試験を受けるそうです。
京都ではないのですが、会社が予備校代を出してくれて、
講座を受けている間も、給料が発生するというので、良い会社だと喜んでられます。

会社も助成金を狙っているんだと内心思いましたが、それでも社員のレベルアップを図ろうとしてくれるのは嬉しいですね。

社労士の勉強は実生活でも役に立つので無駄にはならないと思います。
受験生!がんばれ~~~
今日は昼から支部会の研修でした。
仕事が忙しいのに、行かせてもらいました。
苦手な派遣法です。

あまり普段の仕事では派遣は使わないのですが
時折、派遣か請負かという内容の相談を受けます。
すっかり忘れてしまっていると焦ります。

この前の産業カウンセラー試験にも、派遣法の法改正が出ていましたし
自分が実務で使うかどうかということも大事ですが
それ以上に知っておかないといけない内容は押さえておかないといけませんね。

今日は労働局需給調整事業課からお越しいただき
溢れるほどの資料をいただき、しっかりと3時間講演していただきました。

でも、初めの方はなかなか付いていけてませんでした。
やばいです

今日は、受付を頼まれていて早くに会場に向かいました。
普段はだた行くだけで良く、自由だなぁって改めて思いました。
裏方は結構大変です。

といっても私は今日だけなのです。
役員さんは大変です。

少しでも手伝うとありがたみが分かります。
なんでもできることを頑張ろう!
お手伝いしようって思います。

派遣法、もう一度勉強しなおしです。
報告です。

いろいろと考えた末、
キャリアコンサルタント試験の受験を止めることにしました。

理由としては、まず、試験までたった1か月ほどしかなく、勉強時間が取れないことです。
申し込みはすでに済んでいるので、受けるだけでも受けようかと思いました。
でも、内容も盛りだくさんですし、なんといっても小論文の試験対策もする時間がありません。

勉強できるのは土日しかないですし、受験するとなると特別講座も必須となり、
講座に行くと土日が潰れてしまうので、学科試験勉強の時間が取れなくなります。
仕事も確定申告の時期に入り、自分の確定申告もしないといけません。

試験が3月末なら何とかなるかもしれませんが
3月14日となるとまったくもって不可能です。

それに、産業カウンセラー試験の合格のめども立っていませんしね・・・

国家試験になるからと、3月中に資格取得した人はそのまま国家資格へとのことですから、取りたかったです・・・ほんと

今回もし、産業カウンセラー試験に万が一受かっていたら
しっかりと勉強してから、国家試験となるキャリアコンサルタント試験を受けることにします。
受けるからにはしっかりと学びたいです。

内容としては、産業カウンセラー試験よりも、社労士にとっては近いのかもしれません。
勉強することはきっと社労士としてプラスになると思いますので。

それで、じゃあこれからどうしようかと・・・せめて特別講座だけでも受けようかとも思ったのですが
諦めていた、成年後見人養成講座を受けることにしました。
すでに締め切りは済んでいたのですが、ギリギリ追加していただけました。

2月13日から毎週土曜日、たまには日曜日の終日で、合計1800時間になります。
こちらは以前から受けたかったのですが募集がなく、
来年以降も募集がある可能性は、今のところないとのことでした。
父の状態がすでに成年後見人を必要とするような状況ですので、とても興味があります。

養成講座ですので、試験があるわけではなく
さぼらずに参加すれば、修了証がもらえるので今回はこれを頑張ろうと思います。

資格マニアではないので、内容を理解し勉強することに意義を感じています。
試験のための勉強は間違っていると思うので、産業カウンセラー試験合格が一番の目標であり
それが達成した時点で、しっかりと勉強して次のキャリアコンサルタント試験へ臨みます。

経験した情報を発信していきたいと思います。
すでにご存じの方は、どんな内容でも情報をいただけると助かります。
よろしくお願いいたします。
【健康保険の諸手続きおよび保健事業について】
こちらは支部会の研修会でした。

顧問先は職域国保が多いので、協会けんぽの知識が薄れつつあります。
時折、任意継続の質問や、高額療養費や限度額適用認定証の質問もあるのでしっかりした知識を入れようと参加しました。

新しい冊子をいただいて説明を受けていたのですが
昼からの研修は睡魔との闘いになりました。
部屋が暖かかったのもあるのでしょうか・・・。

あまり目新しい情報はなかったような気もしましたが
法改正情報には目が点になりました。

知りませんでした。。。

傷病手当金と出産手当金の算定方法が変わるのですね。
1日につき被保険者の標準報酬日額の3分の2に相当する額(1円未満四捨五入)が支給されますが
この4月からは、支給開始日以前の継続した12か月間の各月の標準報酬月額を平均した額から計算するようです。

この制度改正により、傷病手当金と出産手当金の時期が違う場合には金額が違うことにもなり
その差額を支給してくれるそうです。
今までなら同額なので出産手当金が支給されていましたね。

こんな直近まで知らなかったなんて、大きな声では言えません。。。

実務にあまり関係がなくても、法改正にはアンテナを張っておかないといけません。
この前の産業カウンセラー試験にも、法改正の派遣法が出てました。
答えられませんでした・・・

一番知識があるのが受験生だと、井出先生はいつもおっしゃいます。
ほんとうにその通りです。
合格と同時に・・・いえ、試験が終わったときから忘却は始まっています。
発表の頃なんて、すっかり勉強癖が抜けてしまってたりしてました。

だめですね。
どんどん情報を更新していかないといけないので、なかなか辛いところです。

我が家は、税理士国保、共済組合、医師国保、協会けんぽ、後期高齢者とバラバラです。
勉強し甲斐がありますね

頑張らないと