キャリアコンサルタント特別講座の四日目です。
今週は休みなくてふらふら・・・

今日も昨日のチーフトレーナーの講義でした。
今日のメインはジョブカードです。

社労士の勉強の時に習ったのは、
ニートやフリーターのように、定職に就く機会がなく十分なキャリアを持っていない人や、母子家庭の母などのように再就職が難しい人が対象となっていたように思います。

井出先生も講義ではジョブカードという単語をよく話されていたのですが
試験ではそんなに出なかったような記憶があります。

でも今、国は新ジョブカードなるものを広めようとしているようです。
新ジョブカードの対象者は、学生も含めたすべての求職者が対象とのこと。
それでなきゃ広まらないよなぁって、やっとですかぁ~と思いました。

登録キャリアコンサルタントという研修を受けた人がその担当になってるようですが
ジョブカード作成アドバイザーという名称に変更になるそうです。
求職者の新ジョブカードの作成支援にあたるとのことでした。
ジョブカード作成アドバイザーは、二日間の研修でもらえる資格ですが
産業カウンセラーは一日で良いそうです。

恥ずかしながら、いまいちジョブカードなるものが分かりません。。。

今日もグループワークがありましたが、知らない人とやるのは苦手です
人見知りって治らないのかなぁ。。。

とにかく、今日の提出課題3枚も提出し、これで修了です。

image+(1)_convert_20160327194446.jpeg
修了証を手に入れました!

これで受験資格は出来ました。
あとは勉強して夏の試験を待つだけです

ここにきてもまだ、やはり3月の試験を受けるべきだったと後悔しています。
私の失敗は産業カウンセラー試験終了後、試験がダメだったと思い込んでしまったこと。
不合格確実だと思い、次のキャリアコンサルタント試験に臨む気持ちが無くなってしまい、他の資格取得へ逃げたこと。

どんなに忙しくてもあとで後悔しても、諦めなければ今のようなもやもやした気持ちにはならなかった。
きっと来週のみんなの合格発表を聞くとまたもやもやするだろうけれど、
この気持ちは今日を最後に葬り去ることにします。

二度とこんな後悔をしないように、以下の言葉を肝に銘じます。

諦めるのはいつでもできる!
チャレンジする前に諦めないこと!
しんどくなって言い訳して逃げないこと!
年齢は関係ないし、やろうと思った時がベストの時!
周りの声に惑わされず、自分の信念を通すこと!
やらなかったことを後悔するより、チャレンジしたことを後悔する方がずっといい!
二週間ぶりのキャリアコンサルタント特別講座です。
提出課題は4種類の小論文です。

講義は"キャリアコンサルタントの基本スキル" 
ということで、日本産業カウンセラー協会のチーフトレーナーが講義をされました。

今日は前回と違って、グループワークが何度かあり、眠くなりませんでした。
じっと聞いているのは辛いです。

今日の会場は前回と違い、協会のビルでしたが
方向音痴の私は行く前からドキドキです。
地下鉄に乗って、知らない駅に降り立ち、地上に上がって立ちすくみます。
スマホで位置確認し、地図を検索しやっとこさ到着です。

スマホって便利ですね~~~
っていうか、大阪って広い

今回はたった4回なので通えますが、長期講座となると片道2時間は辛いです。
そう思うとこの講座に飛び込みセーフで良かったです。

今日の講義の最後に、VPI職業興味検査というのをやりました。
これは産業カウンセラーの時にも習ったのですが、実際に見たのは初めてです。

160個ある職業の名前をみて、好きか嫌いかを丸していき
その数を数えることで結果を出します。
出し方も少しややこしくて、面倒でしたが6つの職業領域に分かれます。

現実的職業領域は建築関係・機械運転・熟練技能者など
研究的職業領域は研究者・医学関係者など
芸術的職業領域は美術・音楽・演劇・デザインなど
社会的職業領域は福祉関係・カウンセラー・美容師・学校関係など
企業的職業領域は経営組織運営・営業・コンサルタントなど
慣習的職業領域は経理事務・法務関係など

私は、現実的職業領域・研究的職業領域・芸術的職業領域・社会的職業領域の四つは普通に同じくらいだったのですが、企業的職業領域はゼロで、慣習的職業領域は90%もありました。
そしてその中で一番多い3つを選んで適正な職業を選ぶと
な・な・なんと
簿記事務員、経理事務員、税理士という結果が出ました。

独身の頃から、営業が苦手で事務職ばかりを選んできたので
やはり、適職だったのだと思います。

知らない人と話すのが苦手で人見知りしますし
社労士としては、企業的職業領域と社会的職業領域が高い人が向いていると思います。
ってことは、やっぱり私は事務屋ってこと。

ふう~~~~

向いてないと思っていましたが、やはり・・・です。
人と関わることが好きじゃない私が、カウンセラーって向いてないのか・・・と。

そんなこんなで、今日は刺激のある一日でした。
残り、明日一日です。
頑張ります
去年の11月7日の事故の件、その後動きがありました。
詳しいことはまた、もう一つの方で書くことにしますが
こちらでは、簡単に書いてみます。

まず、仕事に起因する暴行であったことで労災認定が下りたこと。
手術と入院費用などの治療費は、すべて無料。
でもそのために第三者行為災害の届が必要だったこと。

仕事ではあまり、業務災害でかつ第三者って書類を書くことがなかったので
ふんふん~って思いつつ、書き上げました。

暴力報告書ってあるんですね。
初めは相手の署名押印をもらう用紙があったのですが
相手がどこにいるかもわからす、知っていても会いたくもないですし労基に相談しました。
そうすると、そういう場合はこの報告書で、相手の名前を書くだけで良いとのことでホッとしました。

労災でのポイントはやはり、平均賃金の計算ですね。
忘れているところもあり、用紙に載っている計算式で復習です。

業務災害の場合は、初めの3日の待期期間は事業主が払う事になっていますが
実際は有給休暇を充てることが多いのではないでしょうか。
有給だと満額ですしね。
労災だと、60%補償と特別支給金(20%)とで80%が限界です。

受験生だったら当たり前の内容ですが、ええっとお~~ってなります

息子は現在も通院での治療中ですが、書類は面倒ですね。
社労士に頼みたいって思いましたよ。。。私

今回の事件で思ったのは、第三者が払う費用を払わなかったらどうなるのかなってこと。
健康保険を使って、3割分を負担するっていうのなら出来そうですが
労災だと1点が12円です。

例えば、治療代が1、000点とします。
点数は1点が10円と決まっているので、基本10,000円です。
健康保険を使うと1,000点×10円×30%=3,000円の負担
労災なら1,000点×12円=12,000円の負担

これって大きいですよね。
う・・・ん。
払ってくれるのかなぁ・・・とちょっと不安になってきました。

そして、被害届を出したので裁判がありました。
傍聴したかったのですが、仕事が忙しくて断念です。
一応審判はおりました。
あとは、完治すれば、民事請求のみとなります。
これも面倒です・・・。

いろんな経験させてもらってます
合格したあと、ブログをどうするか悩みました。
取りあえず、目標だった特定社労士までは続けようって決めたのですが。
運が良くて訳も分からないのに、合格してしまって戸惑いました。

どうしようかなぁ・・・ってまた思ったのですが
仲良しの友達が合格するまで続けようって思い始めて
また、途中で悩みました。

あまりためになることが書けなくなっていたからです。
受験生のためのアドバイスってもうないんですよね。
あるとしても合格の翌年まででしょうか。

どんどん試験の傾向も変わっていくので、意味ないなあって思ったり。。。。
何度も何度もやめようって思いました。
でも、今回嬉しいお友達たちのコメントをいただいて
続けていて良かったな~って思いました。

試験勉強って孤独ですよね。
通信になってからはもっと孤独になりました。
ブログで知り合ったお友達たちとの繋がりが何よりも嬉しくて
「独りじゃない・・・」って思えることが心強く
家族も含め周りの人たちの、理解がないことで悲しい思いをした時にも
同じ受験生としての気持ちを分かってくれた仲間たちとの繋がりが
何よりも私を支えてくれました。

受験生の時ってほんとうに不安です。
先が見えないし、時間ばかりが過ぎていくし
このままでは自分はどうなるんだろう・・・

・・・なんて、どんどんネガティブになってましたもん・・・。

今は、いろんなことで忙しくて更新も途切れがちですが
忘れずに来ていただけるお友達がいてくれることがとっても嬉しい
続けていて良かったです。

いつまでも繋がっていたいです。

今、読んでいただいているあなたへ
たくさんあるブログの中で出会ったご縁
来ていただいて本当にありがとう。

これからもまたお互い元気で頑張れますように・・・
やっと届いた、産業カウンセラー試験の合格証書です。
image_convert_20160318231935.jpeg

一か月以上もかかるなんてびっくり

1ヶ月しか勉強時間が取れなくて、とてもしんどかったけど
結果が出て、ラッキーだったと思っています。

この日本産業カウンセラー協会のキャリアコンサルタント試験は、
産業カウンセラーにならないと受けられなかったけど
次からは国家試験となるため、産業カウンセラー試験を受ける人が減るんじゃないかと思ったりします。

この前から、キャリアコンサルタント試験の講義を通勤時に聴いているのですが
産業カウンセラー試験とは似ているけど趣旨が違う気がします。

産業カウンセラーは、心のケアを一番に考えて相手のしんどさを楽にしてあげることがメインです。
でもキャリアコンサルタントは、一番が就職の支援。
その中で、障害のある人やメンタルの弱った人の支援も入ってくるのですが
それは後付けのように思えます。

社労士としてはキャリアコンサルタント試験のほうが近いです。
労務関係の内容もしっかりと入っていますし、労働法規も試験範囲です。
よく井出先生がおっしゃる、ジョブカード
こちらの作成も勉強します。

そしてワークライフバランス。
労働一般で勉強したことが、キャリアコンサルタント試験にバンバン出てくるのです。
苦手な一般常識・・・
どちらかというと、社一のほうが好きでした。。。。私。

講義を聴いていると苦手なことばかりで、失敗したかもしれないと思い始めています。
産業カウンセラーの実技の勉強は、初めはしんどくて辛くて頭痛ばかりでしたが
途中からは、のめりこんできてとても有意義で面白く感じました。

今回もそうであるとよいのですが・・・。

今の職場を辞めた時には何も残らないと思うので
せっかくとった資格を生かして、あとのことも考え自分の道を模索しています。

何ができるのかなぁ・・・。

小さなことからコツコツと・・・。
その精神でやるっきゃないですね
今日は紛争解決手続代理業務試験の発表
官報
これに合格し、付記することで特定社労士となることが出来ます。

お友達も数人受けているのでドキドキです。
さっそくご連絡いただいたお友達ありがとう

努力の結果が出た方は心からお祝い申し上げます。
残念ながら結果が出なかったお友達、もう一度今年頑張ってください。
応援しま~~~~~す。

特定社労士の試験も、社労士試験同様、難しくなっていっているのでしょう。
何の試験もそうですよね。
簿記も昔はとっても簡単でしたもん。。。

私が初めての資格の簿記を勉強したのは、
子どもを産んだ後、再就職に向けて資格がなかったことで就職できなかった33歳の頃。
子どもを預けて勉強に行っていました。
そして2級まで取ってやっと税理士事務所へ勤務したのです。

思えば大変遅咲きでした( ̄▽ ̄)。o0○ ポアン

勉強するのに年齢制限はないですし、頑張りましょ!
ボケ防止のためにも

もうじき4月
大好きな春がやってきます

お仕事に勉強に家事にと頑張りましょうねぇ。
この前、社労士会での電子申請研修がありました。
社労士会では電子申請と言いますが、税理士会では電子申告です。
今は、確定申告の時期なので、事務所は電子申告業務ですが、よく言い間違います

電子はやっぱり便利です。
出来る限りは電子で処理しています。
そんな私ですが、社労士ソフトを使わずに電子申請する方法ということで参加しました。
ソフトを使わず頑張っています。

処理後の管理の方法もデータでしていたのですが
PDFで残せばいいと教えていただき、行った甲斐がありました。

もう一つ、良いことがありました。
会いたかった人に会えたこと

私のメンタル部分を支えてくれた大原の先生に会いました。
先生は京都会ではないのですが、こちらの先生のつきそいで参加したとのことでした。
もう1年ほど会ってませんから、すっごく懐かしくて泣きそうでした。

「先生が居てくれはったから、今私はここに居られるんです」と思わず言いました。
本当にその通りです。
社労士試験の辛かった受験生時代のメンタルを支えてくれた先生。
だから諦めずに受験し続けることが出来ました。

今もお世話になった先生への感謝の気持ちは忘れていません。
楽しかった大原時代・・・。

実際は楽しいだけで終わってしまったけど・・・

諦めたらそれで終わりです。
受験生のみなさんも、いろんな事情があると思いますが
受けられる限りは頑張ってほしいと思います。

いつか、あの時諦めないで良かったと思える日が来ます。
その日を心待ちに、頑張っていきましょうね。

合格すれば道は何かしら拓けます。
いろんな人との出会いも財産です。
勉強は嫌いだけど、その先にあるものを求めて日々成長したいです。

・・・大原会、計画しようっとぉ~
本日二日目です。

講義は昨日に引き続き、キャリア概論とキャリア理論です。
講師の先生は、昨日と同じで
関西大学社会学部心理学専攻 キャリアデザイン担当主事 川﨑友嗣氏

よどみない話しっぷりは、まるで井出先生を思い出します。
ただ違うのは表情があまりなく、淡々と話されるのが物足りない。
井出先生は喜怒哀楽、っていうか、いつもニコニコされていましたよねぇ~

でも言い間違いもなく、速いスピードでどんどん話されていくのは本当に素晴らしいです。
この前の2月の講座もこの先生が担当されたそうです。
久々に聞きがいのある講義でした。

昨日は、キャリアコンサルタント試験の学科試験の日。
本来なら受けていたのだなって思い起こしていましたが
なんとなんと、今日はとなりの部屋で、その方々の実技試験特別講座が開催されていました。

そして、同じグループの友達に出会いました。
結局、同じグループではその人だけが受けてましたが
他にも一緒に産業カウンセラー試験を受けていた方々の顔を見ると
なんだかねぇ・・・
とっても複雑な気分になったのです。

自分が選んだことですから、人のせいではありません。
産業カウンセラー試験の手ごたえがなく、不合格だろうと思い空しくなり
かねてから興味があった、成年後見人養成講座を受けることにしたのです。

言い訳してたけど、正直、現実から逃げてしまってた・・・

日程的にもきつかったことも理由ですし、
実際にじゃあ受けていれば物理的にどうだったかというと、きっとそれはそれで後悔していたと思います。
それでも今回身をもって知ったことは
やらない後悔より、やったあとの後悔のほうが良いものだということ。

結局、成年後見人養成講座に参加できたし、あと二日頑張れば国家試験の受験資格ももらえるので
今の選択に間違いはないのでしょう。
それでも、先に進んでいる友達がちょっと・・・羨ましかったのです。
なんだかねぇ、置いてきぼりになった気がしてしまって・・・

あ~~~ぁ、嫌な性格です。
きっとしばらくは悶々とするんでしょうね。

やろうと思ったことは最後まで頑張ること!
これって大切ですね。

こうなったら絶対に合格するよ!
何年かかっても、頑張る

・・・・って感じで今日は燃えています
キャリアコンサルタント試験特別講座
今日から始まりました。
IMG_1880_convert_20160312195702.jpg

本来なら、成年後見人養成講座の最終日でしたが
そちらはビデオによる補講があるけれど、キャリアコンサルタント試験特別講座はお休みできないため、こちらに参加です。

成年後見人のほうは最終日ということで、
京都会の会長がお越しいただけるとのことですから楽しみにしておりましたが
とっても残念

でも自分で決めたことですから、気を取り直し
大阪天満橋まで2時間かかって行ってきました。
終日の座学はとてもしんどい・・・

今日は100人近くの人が受講していました。
日本産業カウンセラー協会のキャリアコンサルタント試験は
産業カウンセラー試験に合格しないと受けられないのですが
今日集まった産業カウンセラーの方々は、最後の特別講座に参加することで,
国家試験になるキャリアコンサルタント試験の受験資格をゲットします。

本来140時間の講義を受けないと手に入れられない受験資格を、たった四日の24時間で手に入れます。
4月からのキャリアコンサルタント試験特別講座は、4か月ほどで30万と少しかかるのですが
今回の講座は6万円弱です。
時間も費用もめちゃくちゃお得

今日はキャリアコンサルタントの概要とのことでしたが
今まで何も知らずにいた自分が恥ずかしいです。

民間資格のキャリコンは「標準」であり、それ以上は技能士として1、2級の国の資格だったんですね。
技能士2級は熟練レベルで、技能士1級は指導レベルとのことです。
技能士になると合格率も低いのですね。。。。

国家試験となると実技免除もなくなりますし、人前で緊張する私は正直不安です。
今回の受験資格は5年間有効とのことですから、その間に合格しないとキャリアコンサルタント試験は断念です

試験まで何か月なのか、まだ発表すらないので目標も定まりませんが頑張ろうと思います。
産業カウンセラー試験の時にも思いましたが
精いっぱい頑張れば結果が出る試験はやりがいがあります。

社労士試験はその点、頑張っても頑張ってもプラスアルファの運も必要となり精神的にしんどいですね。
もう少し合格率を上げて、頑張った人が報われる試験であってほしいと思います。


そうそう・・・産業カウンセラー試験の合格通知は来たけれど
もう、一か月になるのですが、その後、合格証書なるものは届きません

合格してるんかなぁ・・・ほんとに・・・。
司法書士 : 成年後見人としての実務
        (職務全般・就任直後の職務・任務終了の際の職務)
社会福祉士 : 事例研究(精神障害者のケース)
社労士 : 事例研究(社会保険労務士業務と成年後見制度の関わり)

いよいよ成年後見人養成講座も大詰めです。
今日の司法書士の先生も、成年後見の申出書を作成できるのは弁護士、司法書士なので社労士は、もっぱら任意後見人のほうをされるのが良いでしょうとのことでした。

う・・・ん、やる気を削がれる一言です。
公証人の方も、社労士はまだそこまでの域に達していないとおっしゃっていましたし
実際はまだまだなんだと思ったりもします。

司法書士のリーガルサポートさんは成年後見を専門にされていますし
そのような方々にとって、新しく参入する新参者ってイメージなのでしょうか・・・。

昼からの社会福祉士さんのお話は楽しく聞かせていただきました。
元々は看護師さんで定年後に後見を始められたそうです。
バリバリされていて、こういった講演も手掛けてられるとのことでした。

言い方は悪いけど、「後見人はおもしろい」とおっしゃいます。
障害となると一番多いのは、統合失調症。
いろんな妄想に取りつかれてしまい、本人も本当に大変だそうです。
統合失調症の人にどう接したらいいのかということで
精神科の先生に言われた言葉を教えていただきました。

”妄想は否定しない、肯定しない、事実を伝え、そのしんどさに寄り添う”
認知行動療法という言葉も出ました。
こちらも産業カウンセラーの勉強時に習いました。

妄想であったとしても、本当のことのように感じてしまっているその気持ちの辛さを思いやる。
なるほどなあ・・・と思いました。

その社会福祉士さんはおっしゃいます。
自分の人生、そうそういろいろあるわけじゃない
成年後見人をすることで、いろんな場面に遭遇する。
その都度、いい経験をさせてもらえているとおもうと、とても面白いと。

すごい方です。

最後の社労士の方は、障害年金受給の申請もあったために
声を掛けられ受けられたそうです。
実際の受任から手続きのことなどをお話いただきました。

私も仕事を辞めたら、やってみたいと思うようになりました。
儲かるための仕事ではなく、自分の生きた証として何かがしたいと思うからです。
そういう意味で、産業カウンセラーとしてのカウンセラーもしたいのです。

世の中に貢献できたらいいなってことを思います。
ちょっと偉そうかな・・・。

来週で養成講座は終わりですが、来週はキャリアコンサルタント研修が始まります。
技能士としての今回の試験は見送りましたが、国家試験受験資格としての特別講座に参加します。

最後まで受けたかったのですが、とても残念です。

二兎を追う者は一兎をも得ず
そうならないように頑張らなきゃ!