今年のオフ会も無事終了しました。
参加いただいた皆様のおかげです。
感謝申し上げます。

他府県からのご参加の方々は、費用的にも時間的にもご負担をお掛けし申し訳ありません。
それでもお忙しい中、参加いただけることが何より嬉しいのです。

思えば・・・社労士の勉強をしなかったらこの出会いはなかった・・・。
もっと戻れば、前の事務所の所長が
副所長の独立についていく人材として私を選んでくれたことにも感謝です。
その時はとても落ち込みましたが、結果オーライ

2005年から始めていたブログに加えて
事務所を変わることに対しての不安などをブログに書き始め
一人のお友達との出会いから広がった輪です。

それに加えて、最短最速ライターとしての他のライターさんとの出会いも大きいです。
その時は書く内容に苦慮し、試験日から発表までの間の長さに辟易しておりました。
それでも何度もメゲながらも受験し続けられたのは、受験生仲間や先輩方のおかげです。

せめてもの恩返しにとオフ会をすることで、参加していただいた皆様方に
新しいお友達として輪が広がり、新しい仲間づくりをと思っております。

強がりではなく、合格までかかった年数の分だけ友達が増えて、不合格だった意味もあったと思えます。
その時は辛かったですけど・・・
出会えて良かった~

今回残念ながら不参加だった方、来年は楽しみにしています。
ぜひぜひ、京都でまたお会いしましょう。
先日、6年ぶりにお会いした方は
受験生の頃、受験生日記で憧れた"はなまるいちご"さん。
私がメッセージを送ったことで、お友達になりました。

先に合格されたので、いろんなアドバイスをもらったり
あの頃は本当にお世話になりました。

そんなにお会いしてなかったとは驚きです。

今回はもう一人、一緒に大原に通っていたオジサマと3人でお会いしました。
受験生の頃は、合格するためにどうしたらいいのかとそればかりを考えていました。
合格したらその次は、自分の歩く道を見つけないといけません。

取った資格をどう生かすのか。
収入につながらなくても勉強を続け、知識の担保をしていくためにどうしたらいいのか。
取りあえず、今は資格のことを置いておいて、別の道を歩むのか。
人それぞれ、自分の将来を考えることになります。

社労士試験に合格したから、前途が広がるわけじゃない。
何もしなければ何も変わらない。

そこからが大変だよねぇと、話しました。

私と、はなまるいちごさんのように、昔を懐かしく思える日があることは幸せだと思います。
彼女とのご縁は不思議と至る所で繋がっています。
大切にしたい友達です。

今、思えます。
受験生が長かったから良い友達たちに出会うことが出来た。
辛かったから、受験生の頃の気持ちを忘れたくないと。

いくつになっても、前を見ていたい・・・。

合格発表まであと少し。
今年は桜がたくさん咲くと良いな~
昨日は第九の練習に向かう途中で、天皇陛下の車のための交通規制に引っかかりました。
「急いでいるに何があった???」と驚くほどの警官。
大勢で交通整理をしているし、何があったのかと・・・知りませんでした。

京都に来られていたのですね。

今日は事務所の前を通られました。
早くから交通規制で、車を止めたりされていました。
沿道ではたくさんの方々が、一目見ようとカメラを構えて待ってられました。

以前にも、美智子様を拝見したことがあります。
いつの間に手を振ってた私

美智子様は今日も手を上品に振ってられました。

東京の方々は、こういう機会も多いのでしょうけれど
京都の人間はあまり遭遇しないので、ちょっとしたパニック状態になります。

事務所のみんなとこういう経験をしたことも
ある意味楽しい~~

そんなこんなの一日でした
日曜日に機種変してきました。
iPhone6プラスからiPhone7プラスへ。
黒が今回の目玉のようですが、私はやっぱりゴールドが好き。

今回もプラスにしました。
カメラがすごく良いらしいのも楽しみ。

受験生の頃はまだガラケーだったので
勉強時間の管理とか、ちょっとした調べ物も出来なかったけど
今はとっても便利です。

仕事をする上で、六法を買ったほうが良いと言われていました。
特定社労士試験の時にもそういうことを言われてましたが
結局購入しないままでした。

今年の1月からの成年後見人養成講座でも、六法をお持ちの先生方が多かったのですが
私はスマホのアプリを利用しました。
これだと改正があった場合とか、買いなおさなくても良いので便利です。
かつ、重くないし該当箇所も探しやすい。

スマホって本当に便利です。
元々はガラケー派だったんですが、仕事ではやっぱりスマホに一票。

考えたら、パソコンよりも高価だし

さて、今年のオフ会が週末に迫ってきました。

綺麗に撮れると評判なので、今年の写真が楽しみです。
皆様、お会いできるのを楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。
10月ももう終わりになり、やっと秋らしくなってきました。
長雨にもたたられ野菜も高騰し、住みにくい世の中だと時折思います。

最近、労務関係の相談が多く、これって教科書では習わないよなあって思うことの多いこと。
以前あったドラマ?いや映画だった・・・
「事件は会議室で起こっているのではない、現場で起きているんだ!」と織田裕二が怒鳴ってた。

本当にそのとおりです。

モンスター社員の多いこと多いこと・・・。

こういう人にも労働基準法は守られて、本当に困っている人を助けられない。
理不尽だなって思うことも多いのです。

さて、今日は解雇予告手当について。
解雇をする場合には、少なくとも30日前に予告するか、または30日分以上の解雇予告手当を支払う必要があります。
そして、必要となる解雇予告の日数は、解雇予告手当を支払った日数分だけ短縮されることになっています。
これは受験生にはとても簡単なところですね。

「解雇予告手当1日分」とは「平均賃金1日分」
平均賃金は、原則、【直前3カ月に支払われた賃金総額÷3カ月の総日数】→ 1
総日数というのは、働いていない日も含むので単価が低くなります。
それで、例外として、日給・時間給・出来高払制の場合には、
【直前3ヶ月に支払われた賃金総額÷その期間中に働いた日数×60%】→ 2
を下回ってはならないとされています。

この平均賃金は労災の休業補償などにも使われますが
毎日出勤する人なら問題はないのですが、
乙欄や週一勤務のパートやアルバイトだと逆転現象となります。

例えば月5日しか来ないパートさん。
3ヶ月で15日、給与額はひと月100,000円として合計300,000円
総日数(歴日数)が合計90日

平均賃金1の計算では、
300,000円÷90=3,333円
平均賃金2の場合では、
最低保障となるので300,000円÷15日×60%=12,000円

平均賃金の、この格差・・・どういうことでしょう???
この金額×30日分ですから、出勤日数の少ない方だと最低保証が入るので360,000円です。
1で計算すると99,990円となり、普段の給与額と変わりませんが
実際は最低保証の方を使いますから、銀行に預けるよりも増えてもらえます

おかしな話です。

もちろん、解雇予告期間をもうければ1円も払わなくても済みますが
もう仕事には来てもらいたくないという場合だとそうもいきません。
それでもう一つの策、休業補償を払って出勤停止にしてしまうという方法。

解雇日は1ヵ月後に、その間の給与保証としては平均賃金の6割支給。
この場合、全額払うというのも良いかもしれません。
解雇予告手当を払うよりはずっと安い。

労使間のもめごとはきっと永遠に無くならないと思います。
嫁と姑のもめごとが無くならないのと同じかな(笑)
先日、無料労務・年金相談会がありました。
予定していなかったのですが、対応される先生方が少ないとのことで
急きょお手伝いに。

当日は給与計算もあり、おそろしく忙しいことになってしまいましたが
やはり、いい勉強になりました。

具体的には書けませんが
、仕事を辞めることで違約金や罰金を取られるのではないかと心配されている方がいらっしゃいました。
社労士の勉強をした人なら、そんなことをすれば労働基準法違反だとわかりますが
一般の方は真面目ですから、すごく悩まれることもあるのだと改めて感じました。

年金の相談の場合は、ドキドキします。
毎年、今年は年金を勉強しようと思うのですが
すぐにめげてしまいます。

60歳済んでから社労士試験に合格し、行政強力に行かれたり
ご自分でも勉強されて、年金の質問をどんどん受けられている方を見ていると
自分は怠けているなと感じます。

もっと頑張らないとな~

自分が知っていることをお知らせするだけで、喜んでもらえると思うととっても嬉しいです。
今更ですが、相談対応したいです。
こういうことがやりたいのかもしれません。

仕事を辞めてからは、メンタルケアとして産業カウンセラーをやっていきたいと思うのも
一人の人と対応し、少しでもよろこんでもらいたいと思うからです。
誰かの役に立つことで、"生きている感"を感じたいです。

とても疲れましたが、勉強になった半日でした。

こんな私でも、人の役に立つことがあるとしたら
とっても嬉しいことですね
元々助成金は苦手。
事務所も今まではそんなに積極的動く風でもなかったけれど
最近は助成金も身近になっていているみたいで申請件数も増えてます。

ただ、都道府県によってマチマチなところがあって、どうもやりにくい。
絶対に持参しないといけないところ
初めの確認だけしてもらったらあとは郵送でもいいところ
すべて郵送でもいいところ
捨て印が絶対にいるところ
訂正は絶対なだめなところ
・・・書き出したらきりがない。

一つの助成金でも扱い方が違うようです。
「あら?社労士さんなの?従業員さんかと思ったわ」と言われたり・・・。

そんなに、なんでもかんでも助成金申請やってませんよ~って言いたかったけど
「何も知らなくてすみません」と謝っておくことに

助成金は知らない間に改正されていたりするので
手ごわい

聞いた話なんですが、助成金は委任状があれば誰でも申請できるとか?
社労士になる前に、申請に行ったときに
「社労士じゃない人は出来ませんよ」って言われたんですけどね・・・。

それも、都道府県によって違うのでしょうか・・・。

近畿一円網羅するか~~~
がんばろ
今日は大阪まで出かけてきました。
いつもと同じ時間に起きるのは辛かったけど・・・
久々にお友達と会えて嬉しかったです。

やっぱり井出先生の講義はわかりやすい。
なぜそうなるかを説明していただけるので、理解できます。
OBになってもこうして法改正講座があるので、とても助かっています。

社労士会でも法改正のセミナーはあるのですが
さすがに井出先生以上の方には出会えません。

予備校を変更してよかったなと思います。

今回の改正は、雇用保険が多かったのでとても助かりました。
高年齢被保険者はたくさんの給付が受けられるようになったのですね。
介護も育児もOKですし、32年までは保険料も取られませんから最高です。

雇用保険はどんどん難しくなっていくように思いました。
毎回、法改正を受ける都度、今なら絶対に受からないと怖くなります。

先生も「これだけの知識を受験生は頭に入れて合格してくるので
OBのみなさんはしっかりと勉強してくださいね」と笑ってられました。
確かに、合格から遠のけば遠のくほど、使わない知識は薄れていきます。

やばいです。

「お客さんに間違ったことを教えたり、知らなかったりするとかっこ悪いですよね」といつもの笑顔で微笑みながらおっしゃいました。
本当にそのとおりです。

しっかりと勉強しないといけません。
モチベーションアップです

今日は久々にお会いした遠方の友達に近くに行こうと
急いでいて、おもいっきりコケました
教室の中だったので、結構すごい音だったかも

ズボンは破れるし、足は帰ったら血が出て固まってました。
右手首が重傷で、捻挫してしまいました

1年に一回、ひどくコケます。
やばいやばい・・・。
二週間後には旅行で、レンタカー借りているのに・・・心配です。

皆様も気を付けてくださいませ。

ではでは、お目にかかれたお友達、ありがとうです
心配かけてごめんなさい・・・。
発表の翌日に届くと思っていたら、翌々日の今日。
やっと届きました。

ふう~(;^_^A

学科   A 合格
実技 論述 A ・  面接 (態度B ・ 展開B ・ 自己評価A) 不合格

やっぱり、5分以上残して終了してしまい、パニックになったことが不合格の原因です。
もし、そんなことになっても、何喰わない顔して続きを勧めればいいのですね。
私のように「え~終わってしまったどうしよう・・・。えーえー、どうしよう。」と言葉に出してしまい、顔を覆ってしまったりしてました。
その後、思いついて続きを続けたのですが、それも少し早く終わってしまいました。

またもや・・・「どうしよう」の連発。
これじゃあ"態度"がBでも仕方ない。

次は頑張ります!

もうやっぱりやめようかなとか思ったりしてましたが
発表の翌日、合格した友達が、わざわざ自分が勉強した時のテキストを職場まで持ってきてくれました。
そして、解説まで・・・。

嬉しいです。
こんなダメな私に・・・。

「もうやめようかと思ってた・・・」というと、
「そう言うかと思ったし、すぐに渡したかった」と。

去年1年間、そして今年も約1年一緒に頑張ってきて得た友達。
まったく私とは違うタイプなので、こんな機会がないと知り合わなかった。
そう思うと、縁を感じます。

もう一人、島根の友達も出来ました。
この前の大阪の実技講座で知り合ったばかりですが
なんだかとっても波長が合って、アドレス交換したのです。

残念ながら彼女も不合格でした。
でも、おかげでまた良いご縁が深まりそうです。
一緒に頑張る友達がいてくれるので、もう一度頑張ってみます。

学科試験だけでも合格していたので嬉しいですが
苦手な筆記試験の論述が今回はたまたまAだったけれど
次回はどうなるかわからないのでこれまた不安です。
各試験の基準点割れもあるので、まんべんなくAをとり、合計点を稼がなといけません。

次回試験は11月に滑り込むか、じっくり勉強して2月にするかは考えます。

以上、報告でした。