ココに書いても良いのかなって思いつつ・・・でも書かないと判らないので書いてみます。

実は先日税理士さんが面接に来られました。
残念ながら採用はされませんでしたが・・・。

その方は自宅で開業されていましたが今回の応募となりました。
でも実際のところ採用となると、勤務税理士となるためには事業の廃止届けを出さないといけないのです。
もし、それですぐに退職となるともう一度開業税理士として開業届けを出すことになります。

そっかぁ・・・って感じでした。

社労士もそうでしたね。
勉強では習っているのに実際その場になると結びつきません。

私ももし合格したら勤務社労士にはなれないので登録開業ですが、
今の事務所が合わなくて退職し、次に社労士事務所に勤めることになると廃業ですか・・・。

なんだか変なのぉっ。

まあね・・・私は取れてから考えればいいことです(^▽^;)

国税局(税務署)で23年仕事を続ければ、無条件で税理士資格が得られます。
20年以上公務員(または特定独立行政法人など)として「行政事務」に従事すれば行政書士になれます。

社労士も・・・ない?

そんな美味しい話はないですね・・・せいぜい有って科目免除ですね。
なんだかそう思うと公務員って良いですね。

士業ではやっぱり弁護士ですかね。
無条件で税理士、社労士です。
まあね~上には上があるのでそんなことは置いておいて・・・
でも過去が有って今があるので今の自分に悔いはありませんが、あと10歳若かったらなんて思ってしまいました。

思い立った時がその時ですから私にはそのタイミングだったのでしょうね。
少しでも気付けて良かったと思えるように結果が出せると良いんですが・・・。

平日は仕事、土日は勉強。
そんな風に考えて頑張っていきます。

今日は苦手な労一やりました。
全然出来ません(T_T)
目的条文全滅です・・・ヤバイ・・・ヤバイですぞ。

リベンジ一般常識です!

試験まで、あと106日
コメント
No title
開業⇔勤務⇔勤務・・・・・。

社労士の場合区分変更です。
所属する会によっても費用は変わるかもしれませんが京都会は区分変更は5,000円です。

先日、今年の試験監督の出務募集の案内がありました。
これから当日まで先輩方も準備作業に取りかかる季節です。
2011/05/15(Sun) 00:23 | URL | 京都@社労士 | 【編集
No title
春さん、こんばんは。

東京の場合は、
開業、勤務、その他 に分かれるようです。
その他は開業予備軍のような人、プータローさん、会社勤めで全く社労士関係の業務以外の人?等

社労士は宅地建物取引主任者のように登録と主任者業務が別々でないので一旦、廃止すると再度(一から出直し)登録免許税がかかります。だから、自分も死ぬまで社労士会には毎年お布施をし続けることになります。
2011/05/15(Sun) 02:42 | URL | nishi | 【編集
No title
春さん、おはようございます。
↑ 追記です。
登録免許税だけでなく諸々の初期登録・入会に関する費用が再度かかります。以上です。

では、また。
2011/05/15(Sun) 07:18 | URL | nishi | 【編集
No title
> 京都@社労士さん
ありがとうございます、社労士は区分変更ですか。
それなら簡単ですね。

試験準備が始まりますか・・・。
社労士さんたちもお忙しい時期なんですね。

試験監督・・・夢です。
2011/05/15(Sun) 08:59 | URL | 春 | 【編集
No title
>nishiさん
詳しくありがとうございます。
私たちのように簡単に家でも仕事をし、勤務もするって出来ないんですね。
今更ながら資格の重さを感じています。

登録をするのも大変ですね・・・。
すごく勉強になりました。
ありがとうございます。
2011/05/15(Sun) 09:01 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック