※追記
申し訳ありません。
ide塾中間模試の自宅受験の方でまだ受けられてない方は読むのをご遠慮ください。
不注意で一部解答を載せてしまってます<(_ _)>



昨日帰ったら答練の解答と中間模試の結果が届いてました。
安衛は相変わらず出来ない・・・答練3点と3点でした。。。
「やればできる科目です」と塾長はおっしゃいますが・・・暗記科目なのでホント出来ません(>_<)

模試の結果は心配していたマークミスが有りませんでした。
でも労一の選択2点は最後まで悩んだだけに悔しい思いでいっぱいです。
ジョブカード?
ジョブコーチ?
インターンシップ?
頭の中が???だらけでした。

『ジョブカードはフリーター、子育て終了後の女性、母子家庭の母親など・・・』
このフレーズが頭に入っていて『青少年』は違うだろうって勝手に思ってしまったのです(>_<)
『ジョブカード』は塾長がよく口に出されますよね。
お友達もそれで選んだとも言っていたので、何かしらそういうコツのようなもので覚えるのも良いのかもしれませんね。
二度と間違えません!

結果より早く解説CD欲しいです(*・人・*) ♪

昨日はしんどくて11時で寝ました。
模試の突き合わせをしていても頭に入らず眠くて辛かったので30分でやめました。
復習に1週間かかってますがこれも大切だと思うのでやり遂げます。

模試のテキストとの付き合わせも大切ですが、テキストをあまり読まない私にはどうなんだろうって思います。
今年は模試の活用の仕方を先輩ライターさんに教えてもらったのでそちらを実践しています。
去年は正誤しかチェックしてなかったので、
今年は受ける模試の分すべて論点チェックをやり、そちらから知識を入れようと思っています。

先ずは体調を整えて、次は頭の中から抜け出たものを再度入れ込むこと!かなぁ。

復習をしていても当日解けた問題が解けなかったりします。
すでに1週間で抜け落ちています。。。。ヤバッ。

土日に少しでも問題が解けたら良いなあ~って思うので今日も無理しないで早く休みます。

しっかしホント、忘れるのは早いです・・・。

試験まで、あと79日
コメント
No title

 そうやってもがくのが明日の進歩になるっ!

 もうヘコんだり迷ったりしてるヒマはないっす。

 これまでの悔しさ、自分のがんばり、思い、それらを集約して、集中させて乗りきってください。

 小さなミスやややこしいとこはしょうがないっす。
 できるところをちょっとでも増やすだけでも合格圏内に入れますから!
 今年こそ、っす!
2011/06/10(Fri) 15:24 | URL | Kei | 【編集
No title
 労一の選択式は「雇用対策法」でしたか。井出先生らしい。
 法改正ゼミの講義の中で「出ますよ」って言ってましたよ。

 ジョブコーチ・・障害者雇用の事業所へ月1で来てました。
 インターンシップ・・大学生が会計事務所に来て雑用させて
           ました。
 ジョブカード・・・フリーター、子育て終了後の女性

 模試の解答にたぶんこの4つの選択肢があったのでは?

 「3年間」「ジョブカード」
 「職業生活設計」「職業能力評価基準」

 模試の突合せ・・・全てする時間ありますか?
          私はIDE塾の問題のみでした。
          選択式は、全てマーカーを塗りましたが・

 突合せのし過ぎは、テキストの読み込みに苦労します。
 お絵かきにならないようにしてください。
 
2011/06/10(Fri) 15:55 | URL | かんぱち | 【編集
No title
>Keiさん
はい!凹んでいる時間は有りません。
前に向かって進みますよ~

って言いながらも進んでませんが・・・(>_<)

今年こそ!そうですね。
今年こそ合格してごちそうしてもらおう~♪ よろしくぅ^^
2011/06/10(Fri) 17:57 | URL | 春 | 【編集
No title
>かんぱちさん
ジョブコーチ、インターンシップ、ジョブカードとトライアル雇用と選択肢が有りました。
私は間違ってジョブコーチを選びました。
帰ってテキストを見ると『ジョブカード』にマークが引いてありました。
先生の講義でちゃんと説明されてました。

いつも一般常識の選択を落とすので情けないです。
今度こそ基準点割れの無いように頑張ります。

模試はideの分だけテキストとの突き合わせをします。
他校模試は出来なかったところだけで良いかなって思ってます。
テキスト結構カラフルで・・・すでにお絵かき状態です。
ヤバイです・・・。
2011/06/10(Fri) 18:01 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック