労一、社一の板書ノートと厚年の残りのCD7から12までが届きました。
CIMG2166_convert_20120303195347.jpg

厚年が揃いました。
ん~~~でもまだ厚年に入れません

焦らずマイペース!
でもちょっと焦ります。。。

今日は大学図書館へ行きましたが、眠くて眠くてどうしようもなく
2時間いましたが半分ほど寝ていたように思います。

今のカードが3月末で切れるので次年度分の更新をしました。
いつも更新のたびにこれが最後!って思うのですが・・・。

今年こそ!と念じます

一向に効率が悪く、過去問も進まないので早めに切り上げて仕事に行きました。
仕事になると眠くないから不思議ですね。

昨日で国年の講義CDを聴き終えたので、今日から過去問とテキスト読みをする予定です。
頑張らないと!

今日はとても風がきつかったのですが春を感じる暖かさでした。
こうして少しずつ春に向かっていくのですね。
私自身もそうだと良いんですが・・・サクラサク希望
コメント
No title
春様、こんばんは。
春様、私は88万人のうちの一人になってしまいました。
そうです。厚生年金基金の加入員ですが、基金がAIJに運用を委託していました。
会社から基金だより というチラシが配られるのですが、その内容は、
他の基金は、収支がマイナスのところも多いようですが、当該基金は
プラスで、運用を自慢する内容でした。
リーマン以降、超円高、株価もボロボロの中で、プラスの収支とは何か変と思っていたのですが、虚偽の運用成績を報告しているAIJに委託をしていれば、プラス収支の報告は当然ですね。
デリバティブでレバレッジ取引をして、運用ではなく完全に博打に基金のお金が使われていました。
AIJに委託していた厚生年金基金の中には、存続の岐路に立たされている基金もあるようですが、解散をするには、積立金を返還しなければならず、解散もできない基金もあるようです。
(大臣の解散命令が出されるのかな?)

私の会社は、厚生年金基金分は会社が、全額負担をしてくれています
。給料から引かれてません。普通は折半なんでしょうが。(感謝)
ですから損をした気持ちはありません。

AIJは氷山の一角であると思います。

春様、厚生年金基金の選択問題にはご注意を。
長々とすみませんでした。
2012/03/03(Sat) 23:01 | URL | 焼きまんじゅう | 【編集
焼きまんじゅうさんへ
そうなんですね・・・。
他人事だと思っていましたが身近にいらっしゃってんですね。

私は基金のあるような大きな会社にいたことがないので
基金自体は仕事をして初めて知りました。
世の中何が有るか分からない時代になっています。
何が安心で何がそうでないかわかりません。

その中でもしっかりと生きていかないといけないといけませんね。

お話ありがとうございました。
2012/03/04(Sun) 15:15 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック