今日は解雇の案件が二件・・・。

1件は、無断欠勤で来ないから試用期間なので解雇したいということでした。
実際はもう入社して3か月弱なのです。
試用期間ではありません。
その旨お伝えし、解雇予告をするように言いました。

もう1件は退職勧奨後の自己都合退職。
これは元従業員さんからの訴えでわかりました。
離職証明書が返って来ないので問い合わせて初めてお話してみました。

事業所側の人間だと思い、初めは頑なに冷たくお話されてましたが
その方になんとかいい方向にならないかとお話している間に、少し心を許してくださった感じでした。
退職勧奨になるようにアドバイスをしましたが・・・顧問先さんには叱られるかもしれません。

でも、やはり本当のところで話がしたいのです。
嘘やごまかしはいけません。

「一生懸命働いていたのに、育休の人が戻ってくるから人数が余るのだと言われたんです」とのこと。
きっと事業主曰く
「まったく仕事が出来ない人でした」って返事でしょうね。
まだ事業主さんとは連絡が取れてませんが・・・どちらの言い分もわかる気もします。

労基の解雇と雇保の解雇扱いとはまた違いますね。
今回のことでそのあたりのことが明確になりました。
解雇予告した日よりも早くに自己都合退職したら解雇にならないのですがそれは労基上のことで
雇用保険は"退職勧奨による原因"となり3か月の支給制限がありません。

そっかぁ・・・。
いろいろと勉強になります。

勉強でも一番身が入るのが労基と雇保です。
次は健保と厚年かな・・・。
自分に関係のあることしか見に付いてない気がしたりしております

だもので安衛と一般常識が出来ません。
だからこそ、出来ないところが1点でもアップしたら大きいです。

土曜日に昼ごはんの時にゆうさんとお話してましたが
"社会保険に詳しい人"でしかない私たち。
"社労士さん"と言われるようになりたいものです。
ホント
コメント
No title
こんにちは。
お勉強、頑張っていらっしゃるようですね。
模試の結果も順調ですね。
手を抜くことなく、頑張ってください。
今年は、絶対いけます!!!

さて、試用期間中の勤怠不良による解雇の件です。
もちろん、雇い入れ後14日過ぎてからの解雇には、
解雇予告制度の適用があります。
が、無断欠勤しているのですよね。それが、解雇予告除外認定の
対象になるかどうかも合わせて考えなくてはなりません。
本件の対象者が、どの程度、無断欠勤しているかわかりませんが、
2週間以上正当な理由なく無断欠勤し、出勤の督促に応じない
場合、通達では労働者の責めに期すべき事由とされる場合が
あります。
使用者が、指導や督促をし、それに対して本人がどのように反応したかなど、
記録し説明できるようにしておかなければなりませんが。

使用者がそこまでしてもなお、無断欠勤が続くようなら、
労働者の責めに期すべき事例となる可能性もあります。

そのこともお伝えしたほうがよかったと思います。

それと、試用期間は会社がその期間を自由に決められるので
3か月弱でも、その会社では試用期間です。
もしかして、試用期間は14日とか、勘違いしていますか?

次の件ですが、春さんの気持ちはすごくよくわかります。
だけど、私もよく事務所で言われます。
だれが、お客様なのかと。お客様は事業主様です。
事業主様の顧問料で私たちはお給料をいただいています。
だから、事業主様の不利になる言動は、考えたほうが
いいと思います。
春さんだって、顧問先におこられるかな、と言っていらっしゃるではないですか?
きっと、わかっていても、退職された方の気持ちになってしまう
春さんの優しさだと思います。が、アドバイスは顧問先さんに
するのであって、労働者のほうにするのは??です。
使用者と労働者の利害は反するものですから。

と、エラそうにしてすみません。
私も、少しは社労士事務所で働くということが、わかって
きました。
すべては事業主様のためです。
法令すれすれのグレーゾーンで、いかに労基に駆け込まれない
ようにするか。いかに助成金を多くもらうか?
等々・・・

でも、そんな中でも、少しでも、事業主様の意識を変え、みんなが
ハッピーに仕事ができる職場にしていくことができればいいなと、
また、しなければいけないなと思っています。

春さんも一緒にがんばりましょう。








2012/06/04(Mon) 21:12 | URL | ミルク | 【編集
No title
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

解雇の件ありがとうございます。
微妙なところなので正直疲れます。

もちろん顧問先さんがお客さんですが出来るだけ揉めることのないように穏やかに解決できることを考えたいです。
事業所の評判も悪くなると困るので事業主さんに変えて欲しいところは言います。
その都度向いて無いかもって思っていますが。。。

お仕事充実されているようですね。
良いですね。

頑張ってくださいね~
2012/06/04(Mon) 21:57 | URL |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/04(Mon) 22:03 |  |  | 【編集
6/4 鍵コメさんへ
全然生意気なことないですよ~
だから何???って思いました。
コメントどんどん嬉しいですe-266

そんな風に言ってもらって(T-T) ウルウルってきます。
アリガト。

いつも応援いただいて感激です。
鍵コメさんほど択一が出来ないのでそこが心配です。
いや・・選択も自信ないしe-330

まだまだ覚えられてないところがいっぱいです。
これからどうなることやら。
精いっぱい頑張ります!
2012/06/05(Tue) 08:49 | URL | 春 | 【編集
 実務~、
 おはです、これぞ実務中の実務、テキストやマニュアルに逐一載ってない現場の実務なんすよねー。
 俺も、年金よりそういう労務関係のノウハウや知識も活かせる機会が多いとも思います。

 春さんが書いてた、
 「もちろん顧問先さんがお客さんですが出来るだけ揉めることのないように穏やかに解決できることを考えたいです。
事業所の評判も悪くなると困るので事業主さんに変えて欲しいところは言います。 」
 というのは共感するとこもあります。
 それを自分の名前で、自分で責任持ってやるとなると、さらに緊張感も違うかもしれないけど、そういうポリシー、信念は大事でもあります。

 顧客と元従業員との板挟みになることもある、確かに顧客(カネをもらう元)優先でいかないといけない、でも、それでその元従業員があれこれ言いだして顧客に負担や訴えが起きたらそれはそれでかえって顧客の問題にもなる。
 それで顧客が不利になったりメンドーなことになり、「なんのために顧問についてるんだ」とも言われることもある。だから、ある程度は顧客の味方をしても、やはりあとあとつじつまが合わなくなるようなことは避けないといけないし、その“あんばい”で見極めてこちらもどうリアクションするか、誰にどうアドバイスするか考えないといけないんすよね。
 それも実務。
 そのバランス、あんばい、難しいですよね。
2012/06/05(Tue) 09:15 | URL | Kei | 【編集
Keiさんへ
そうなんですよね・・・間に挟まれてってのがあるのは辛いです。
従業員さんの気持ちってわかりますからね。

資格を取ると責任もしっかりとついてきますから判断の難しいところはしんどいですね。
Keiさんの書かれていることを読ませてもらって(*’ー’)(,,*)(*‘∇‘)(,,*)うんうんって思いました。

資格を取るのも怖かったりして。。。
2012/06/05(Tue) 12:38 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
今日は解雇の案件が二件・・・。1件は、無断欠勤で来ないから試用期間なので解雇したいということでした。実際はもう入社して3か月弱なのです。試用期間ではありません。その旨お伝えし、解雇予告をするように言いました。もう1件は退職勧奨後の自己都合退職。これは元従?...
2012/06/07(Thu) 22:11:58 |  まとめwoネタ速neo