昨日の勉強会ではいつもになく身近にお話出来ました。

無報酬で交通費までかけて、おまけに会場費まで頭割りで出していただいて
教えていただいているのです。
ありがとう

大変申し訳なく思うのでその旨を伝えると
「合格してくださったら良いですよ」と一言。
カッコええ~

私が勉強を始めて5年、いろんな社労士さんや受験生の方々にお会いしてきました。
でもホント、お世辞じゃなくみんな良い人ばかり。
社労士の世界って良い人の集まり???って思うほど。

でも、そうでもないようですね・・・。
いろんな人がいるようです。

今はみんなに守られているけど合格したら一人です。
「合格してからのほうがしんどいですよ」とも教えていただきました。
ですよね・・・

待っていても顧客は来ません。
先ずは営業です。

医者のように資格さえあれば、医院を開業して待っていれば良いっていうのとは違います。
自分自身を売らないといけない。
そう思うと話術や人柄って知識と同じほど大きな影響を与えるのだと思います。

社労士になって何がしたいか。
そんなことを考えると悩みそうになりますが、今は考える時期ではありません。

問題を一生懸命解くこと。
正解できるように繰り返すこと。

それだけです。

模試もたくさん受けることは良くないと言われます。
でも選択問題に出来るだけたくさん当りたいし、時間配分の練習もしたい。
予備校の問題は一番の予想問題であるから法改正にも強い。

自校模試も良いのは良いのですが問題に慣れてくるのです。
答練から出たりしますから。
でも他校模試はそうはいかないから点数もあまり取れません。

過去問じゃないので意味がないとも言われますが
私はやっぱり模試を受ける派です。
少しでも知らない問題に当たって早い論点の見つけ方を工夫したいです。

人それぞれいろんなやり方があるので何が正解ってないのでしょうね。
自校模試と他校模試一つで良いとも思ったりもします。

そしてこの時期、今やらないといけないことを選別することが合否を分けるような気もします。
手を広げすぎないこと。
これは私がしっかりと肝に銘じないといけないことだと思っています。

仕事も忙しい時期なので平日は無理しすぎないようにします。

ちょっと風邪をひいてしまいました・・・
コメント
ブログジャック17
ちょっとお久しぶりですね。今日は台風の影響で早めの帰宅となり、久々にブログジャックさせてもらいます♪

春さん、日曜日の勉強会お疲れ様でした。

ワタクシ澤田は私用で今回出席できませんでした。残念~!&すみませんでしたm( _ _ )mお風邪の方はその後いかがですか?

>「合格してくださったら良いですよ」と一言。
カッコええ~

T先生ですね、これ言ったの。私も言いたかったな~このセリフ(笑)なーんて。

では、ブログジャック問題で、私は春さんのお役に立てればと思います。春さんお得意の雇用保険からの出題です。(初めてですね♪)

【問1】受給資格者が、疾病または負傷のために失業認定日に公共職業安定所に出頭できなかった場合、その期間が継続して15日未満であるときに限り、いわゆる証明書による失業の認定を受けることができる。

【問2】再就職手当と常用就職支度手当は、その支給にかかる就職日前3年以内の就職について、就業促進手当の支給を受けたことがある場合には、支給されない。

前回の問題ですが、春さん、2問とも正解です!そうなんです。2問とも改正点を踏まえての出題でした♪

この調子で、頑張っていきましょう!

澤田 知宏
2012/06/19(Tue) 22:47 | URL | 澤田 知宏 | 【編集
澤田さんへ
そうですT先生にそう言っていただきました。
澤田さんや、Aさんなど合格されている方々に金銭的な負担を掛けるべきじゃないって思うのです。
時間を割いて来ていただいているのに・・・。

だからサラッと言ってくださって(T-T) ウルウルってきました。
本当にお世話になっています。
なんとしても合格しないといけませんね。

でも風邪が・・・e-448
おバカです。

【問1】○
これよく間違います。
15日以上は傷病手当、30日以上はその分追加して期間を延ばしてもらえる。
じゃなかったでしょうか。。。

【問2】×
なんだか両方○って本当かなって思って見直しました。
就業促進手当ってなっているではありませんか!
就業手当は3年以内に受給していてもOKですから×ですね。

危ない危ない・・・。
問題の読み間違い、とても多いです。
気を付けます。

ではいつもありがとうございます。

お風邪を召されませんようにe-266
2012/06/20(Wed) 12:51 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック