泣きたいほど・・・忙しいです

でもね雇われている以上、
何をされようと、
どんな風に仕事を変えられようと、
文句は言えません。

嫌なら辞めるしかないのです。
辞めることが出来ないのなら我慢するしかありません。

ってちょっと極論ですみません

定年まで・・・頑張りますよぉ

さて、新規開業のとある事業所さん。
初めから社労士さんが付いて手続きされてました。
社労士さんはやはり私たちとは違います。
社会保険のプロです。
雇用関係に必要な完璧なほどの知識を事業主さんに伝えます。

事業主さんは何もわからないから、そうかなって思って完璧な土台を作ります。
でも、まだその元となる基盤が出来ていないのにその上をしっかりしては危ないのです。
それが社労士さんにはわからない・・・。

先ずは経営が成り立たなければ何も始まりません。
理想と現実は違うのです。
最上のアドバイスと指導の後、その社労士さんとは縁が切れていますが
税務的にはハラハラしています。

大きな会社ならいざ知らず、個人事業で5人未満なのに行きすぎやろ・・・と突っ込みいれたい気分です。
たとえば・・・
就業規則もまだいらんよ。
賞与もまだ無理だよ。
社会保険?まだええよ・・・と。

社労士にもなれないのに偉そうにごめんなさい。

"木を見て森を見ず"

その方のことは、そんな風に思いました。
意見をするべき資格もないんですけどね。

合格したいです。
いろんな思いが交差します。

あと2か月なのにまだモタモタやってます。
しないといけない課題が山ほど積まれて雪崩がおきます。
なんとかしないといけません・・・。

悶々・・・
コメント
いい社労士になれると思います
春さんは、お客さんにとって、いい社労士になれると思います。
合格に向けて、健闘を祈ります。
頑張ってください。
2012/06/29(Fri) 01:05 | URL | kinntoki | 【編集
kinntokiさんへ
ありがとうございます。

でも、まず合格しなきゃ~e-351
道のりは遠いのです。
2012/06/29(Fri) 12:30 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック