昨日ライターさんの日記で知ったので早速見てみたオフィシャルサイト

社会保険労務士試験の試験問題の誤植について

とのことで厚生年金の選択式問題の「平均標準報酬月額」と「平均標準報酬額」との間違いについての見解が載っています。
「複数回答、正答なしとはしない」との結果でした。

なんだかなぁぁぁ・・・って思います。
得点にはならないのですね・・・。
そっかぁと少し残念な思いです。

これが1点増えることで合格になる人も多いのに・・・。

元々、社労士試験の合格基準はあいまいだと思っています。
選択式は各3点以上、択一式は各4点以上という基準があるにもかかわらず
救済が入る科目のアンバランスなこと

基準があるのならそれは絶対に下げずに、上位から順に合格数を決めるべきではないでしょうか?
そうすれば簡単な問題でも難しい問題でも上位何%と決めていれば公平なはず。
救済が入る入らないで一喜一憂することもないのです。

救済を入れるというのは、作問者にとって
「あなたの問題で正解を導くのが難しい」だから
「問題失敗」とのレッテルを貼られたようなもの。

救済が入るような問題ではなく、真っ当な問題を出してほしいものです。

正誤表

これだってめちゃくちゃ単純なミスです。
問題を作る時の校正をしっかりとやれば避けられるレベルです。
当日、会場で黒板に書かれていましたが「はあ~?」って思って見てました。

合格率7~10%の難関資格と言われる社労士試験の実態。
なんだか情けなく思ったものです。

今日は辛口ですみません

一つお尋ねがあったので記事にします。
最短最速合格法
こちらのライターを私はやっております。

『ニュース』のところを気にかけてみていてもらうとライター募集のお知らせがあります。
募集期間が短いので注意しないと終わってしまいます。
募集は年に1回のみ。
選ばれると毎日更新の日記を書かないといけません。
2週間以上更新がないとライターから削除されます。

期間は合格発表の翌日までです。
合格した方は『記念碑』として合格者日記をして残してもえらます。

日記以外にも無料で一日一問一答問題をすることが出来ます。
有料ではいろんなことができるのでとても参考になるサイトだと思います。

ただクレアール主催です。

ライターをやってみようかなって思われる方は一度ご覧ください
コメント
No title
こんにちは。ブログ村からお邪魔しました。

まったく以って、同感です。

そもそも基準点(選択式なら各科目3点以上)が決まっているのですから、「救済ありき」で問題を作成するのはいかがなものかと思います。

「救済」=「合格者数の調整」と事実上なっているのも、おかしいと思います。

春さんのおっしゃるように、選択式と択一式の基準点を満たした者から上位を取っていけばよいと思います。

人数合わせの救済で、救済が入り合格する人、入ったため不合格の人(択一式の基準点がUP)がいるのは、不合理だと思います。
2012/10/03(Wed) 15:17 | URL | しろたん | 【編集
No title
こんばんは。

春さんも、厚生年金の選択式問題の誤植ご存知でしたか。
もし、全員加点とされれば、厚年1点の私にとっては大逆転のチャンスでしたが、やはり世の中自分の思い通りには回ってくれないもんですね・・・。
とはいえ、これで全員加点となれば、択一の合格最低ラインが上がる可能性もあるので、一概にチャンスともいえないですね。

正直、もともとこういう試験制度だと分かった上で受験してるので、この合格点基準はまだ受けとめることができますが、誤植・出題ミス・没問は本当に再発防止に努めるだけでなく、実現してほしいですね・・・
2012/10/03(Wed) 17:24 | URL | びーふる | 【編集
しろたんさんへ
初めまして。

コメントありがとうございます。
少し言いたいことを言いすぎた感じもするのですが
毎年、振り回されている受験生の気持ちも考えて欲しいです。

みんなが納得いく結果であることを祈ります。
2012/10/03(Wed) 20:07 | URL | 春 | 【編集
びーふるさんへ
厚生年金基金で一問は驚きましたね。
AIJでいきなり日の目を見た感じではありましたが
破たんしているのに出すか?!って試験会場で思いました。

4択なので救済は無いかもしれないと思いつつ解いていました。
救済は有るだろうとの井出先生の見解です。

誤植のレベル低すぎですよね。
一生懸命勉強しているのにって腹立たしい気持ちです。
全員に加算すべきかと思うのですが・・・。
2012/10/03(Wed) 20:11 | URL | 春 | 【編集
 同感ななかにもそれも現実、
 俺もこれまでだいぶ自分のブログで社労士試験のいいかげんな、理不尽な制度にグチってもきたけど(笑)、問題を作る人のレベル、質が変わらないから、レベルのあがってきた受験生に対応できなくなってきてるんでしょうね。
 なもんで、誤植も見逃したり、複数回答になったり、問題を作った人自身も混乱してわけわかんなくなってるんじゃないか、って印象もあります(笑)。
 でも、“権威ある”国家試験だからそこまで合格率をあげたくない、なもんで、「そんなこと聞いてどうするんだ」ってな、試験の本質からかけ離れたしょーもない問題も出るし、小手先だけで合格率を調整してその年その年を無難にやりすごしてるんでしょうね。

 もはや、「社労士となるのにふさわしい能力があるかを判定する試験」でもないし、試験という本質からはずれてる感もあり、まずは、試験問題を作る人らに「国家試験問題を作成する能力やセンスがあるかどうかを判定する試験」を課すべきとも思ったりもします。
 現に、近年の試験問題を解いて合格ラインにいける試験委員がどれだけいるのか。
 そういう人らに俺らの人生、仕事が振り回されてるのもシャクだし(笑)。
 それくらい基準がフラフラしてて内容もどうでもいいような、いいかげんな、問題作成者に責任も負担もないような基準の試験という印象もあります。

 ただ、ただ・・・、現実は、それでもその資格をとりたい、というなら、どうしてもそういう場、環境、制度下に自分の身を置いてそういう条件の下でそういう試験をクリアーしないといけないんすよね・・。
 だから、俺は試験に通った時は、まず素直にうれしいとかより、問題を作った連中に対して「ざまあみろ」とも思ったものです。それだけ俺も苦しめられてもきましたんで。
 個人的な恨み節とかひねくれて、とかってのもあるけど(笑)、うかったあとの今でさえ、もうちょいまともな、公正、公平な基準でできないもんかな、と客観的に見ても思えますからね・・・。
 でも、それが「試験」というものでしょう。
 ただ、一方で、実施する方のルールの下でその試験を受ける、その条件の下でうかる、というのも悲しいけど現実なんすよね。
2012/10/04(Thu) 09:30 | URL | Kei | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/04(Thu) 09:49 |  |  | 【編集
Keiさんへ
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウンってうなづきながら読ませてもらいました。
確かにそういう試験でも、受からないことには負け犬の遠吠えです。
合格してない私が言うことではないですね。

何があっても高得点を取れば問題ないのです。
未達なしの択一50点以上、選択30点以上取れば合格確実なんですからね。

救済待ちの人たちにとっては厚年の誤植問題は気になるところですよね。
ホント胃に悪いこの時期、まだあと1か月と少しあるんですね・・・。
2012/10/04(Thu) 13:04 | URL | 春 | 【編集
10/4 鍵コメさんへ
行政書士も人気資格ですよね。
私には無理なので考えたことがないのですが・・・。

社労士試験も微妙です。
とにかく合格すること!まさにその通りですね。

頑張りましょうね。
2012/10/04(Thu) 13:06 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック