一日出ていたので遅くなりました
足がヘトヘトです。

またそれは明日、書きます。

さて昨日の去年との違いについてですが
昨年の敗因は直前期に選択式問題のみをやりすぎたことです。
模試では択一点は良かったのに選択がいつも基準点割れを起こしていたので
試験直前の1週間は選択問題を重点的にやりました。

今までに出来なかった問題をノートに書いていたのでそれをやってみたり
ヒヨコ先生の選択式をやってみたり
もちろん問題集もやってました。

それをやりながら択一もやっていれば良かったのですが選択一本やりになっていました。
不思議と選択ばかりやっていると択一が出来なくなるのです。
問題を読んでも何を問われているのかわからなくなってしまいました。

やばい・・・と思ったのですがどうしようもなく。
本試験でも何を問われているのか判らず・・・って肢が多く自己採点で43点。
マークミスで42点の結果に終わりました。

その後、解答解説会で井出先生に相談したところ
偏った勉強の仕方が一番ダメだったと指摘されました。
「私だって、講義の前には勉強しないと条文も出てこなくなるんです」とおっしゃっていました。

毎日10科目の択一問題をこなすこと。
それをして選択をしていたら良かったとのことでした。
ですので今年も模試では選択の基準点割れを起こしていたのですが
取り立てて選択問題をすることをやめました。
最後まで過去問か、答練の択一問題を廻していたのです。

そのおかげか今年は問題を読んで
何を問われているのかわからないってことが有りませんでした。
もちろん読み間違いや、知識不足で解けなかった問題はありましたが・・・。

選択の問題集も"合格のツボ"のみに決めてました。
それも、テキスト読みが出来ないので条文を覚えるためにも寝る前に数問やって寝ていただけです。
選択問題は何処から出るのか判らないし
出たところで覚えている可能性も少ないと思ったので今年は集中してやりませんでした。

それが良かったかどうかはわかりません。
でもまた来年も受験することになったとしても今年のやり方でいこうと思っています。

択一高得点の方々にとっては何を言っているのだと思われるのかもしれませんが・・・。
社労士試験は選択で何年もかかる人と
択一点が伸び悩む人との二通りあると思います。

択一点は論点の把握の仕方、書き出しは言うまでもなくあたり前のことですが
応用が利かない私は、問題を読む中で解答を導き出す回路が不完全なんだと思います。

恐るべし社労士試験。
合格した日にはざまあみろ!と言ってみたいものです。

以上、長くつらつらと自分の考えを書いてみました。
少しでも参考になればと思います
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/14(Sun) 10:08 |  |  | 【編集
10/14 鍵コメさんへ
ご指摘ありがとうございます。
変換そのまま行ってしまってました。

名前は間違ってはいけません。
めちゃくちゃ失礼ですから。

助かりました(^_^;)

そうなんですよね・・・まんべんなくってことは難しいです。
苦手科目だけやっていてもいけないし、選択だけでもいけない。
難しい試験です。

マークミスがないことを祈っていますe-459
2012/10/14(Sun) 18:19 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック