年金アドバイザーの勉強がおろそかになっています。
元々読書が好きなのですが、勉強している間は9月だけ読んでいました。
どんどん溜まっていく小説で引出がいっぱいになってきたので、今年は10月も読むことにしました。
とっても楽しい~

好きな作家はイチオシ"宮部みゆき"さん。
次は"東野圭吾"さん。
昔はイチオシ"三浦綾子"さんでした。
「塩狩峠」で感激し、クリスチャンになりたいと真剣に思った若い日々。

今では、好きな作家がほとんど亡くなってしまいました。

そんな楽しい小説を読むのも少し減らし、年アドの問題集やってます。
前半の30問は社労士試験のような問題なのでなんとかいけそうですが
問題は後半の応用問題20問。

年金額の計算から最後は退職所得の計算で終わります。
なんで年アドに税金なの?って初めは思いました。
問題は同じような形式なので繰り返していると出来るようにはなってきそうです。
時間確保が合否を分けそうです。

どうしてもわからないのが一部繰り上げ。
これは対象の人が少ない上に実務でも出てこないので社労士試験では
覚えなくても良いって塾長がおっしゃっていたので気にもしてませんでした。
なので全く理解できてません。

計算式を覚えればいいのですが、暗記が出来ないので理解して覚えたいのです。
厚生年金の講義CDを聴いてみたのですが・・・理解不能。

実務でもないのになんで試験に出る?
・・・なんて逆切れしそうです。

時間がかかるのでその問題を捨てようとも思っています。
同じ2点ですから。
100点満点で60点以上取れば良かったのではなかったでしょうか。

恐るべし年金!
打倒年金!

昔の人は定額があるので老基を繰り上げると止まりますよね。
うちの母、繰り上げてます。
損じゃないの?って勉強してすぐに訊いてみましたが
いつ死ぬかどうかわからないし、そのほうが得だと訊いたからと言うのです。

あ~~~~ぁ もったいない。

タカが年金されど年金です。

年金アドバイザー不向き
そんな風にも思いますが、だからこそやるっきゃないのです。
苦手だけれど応用問題はすごく勉強になりますから。

試験日は28日です。
受験校は立命館を希望したのに申し込みが遅かったようで
龍谷大学となりました。

遠い

でも諦めないこと

ってことで頑張りますよ~~~~~
コメント
No title
こんにちは! アグレッシブな秋を満喫しているようですね♪
年アド受験されるのですね。
ちなみに一部繰り上げ、現場ではやりますよ~。
見込みを出すときに一部繰り上げ対象者だと金額が出てくるので、お客さんには全部繰り上げとどう違うのか説明しています。
最近は受給開始とともに繰り上げてしまう人も多いですが、対象者もまだまだいますので、やっておいて損はないと思います。
勉強がんばってくださいね!
2012/10/16(Tue) 21:45 | URL | panko-maru | 【編集
一部繰上げ
女性はまだ特老厚で定額部分が出ますから、たまに問い合わせはあるんですよ。計算が複雑なんで捨てるのは一つの方法です。考え方はこんな感じです。

本来の開始年齢から支給される定額部分を繰り上げ開始年齢から分割受給し、足りない部分を老齢基礎年金から持ってくる。つまり…

(例)63歳から定額部分支給の女性が60歳より一部繰上げした場合

2年間で受給する定額部分を5年間で受給するので1年間の定額部分の受給額は2÷5=2/5(これを繰上げ調整額と言います)
足りない部分は1-2/5=3/5
これを老齢基礎年金から持ってきます。減額率は1-60か月×0.5=0.7
従って65歳までの受給額は
2/5×定額部分の額(繰上げ調整額と言います)+3/5×0.7×老齢基礎年金の額となります
ここがポイントですが65歳を越えると繰上げていない部分(残り2/5、老齢基礎年金加算額と言います)が加わります。従って65歳からの受給額は上記65歳までの額に2/5×老齢基礎年金の額が加わります。
加給年金や振替加算は繰上げても本来の開始年齢からですから注意が必要です。

上記の通りの内容をお客様には説明しますが先ず理解していただけないことが多いです。要は全部繰上げより減額率は低い為、厚年の加入期間が相当期間ある人には有効な制度なのですが(逆に言えば1号期間が長い方にはほとんどメリットはまりません)。参考になりましたでしょうか?

2012/10/17(Wed) 05:00 | URL | さとし | 【編集
maruちゃんへ
一部繰り上げって本当に一部の年齢の方だけで、
実際にはないようなことを塾長がCDでおっしゃってました。
あるんですね・・・なるほど。

年金は向かないなって感じた私です。
3級でも難しくて、2級はやめようかと思いましたe-263
2012/10/17(Wed) 12:36 | URL | 春 | 【編集
さとしさんへ
さすが年金博士!
すごくわかりやすいです。

計算式でなんで「1」からひくの?とか
なんで65歳から追加があるの?とか
疑問がいっぱいだったんです。

すこしわかってきた気がします。

夜に問題を見ながらやってみます。
ありがとうございますe-466
2012/10/17(Wed) 12:39 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック