覚えている間に今までの受験生の振り返りをしておきます。

大体の結果です。
10月~12月  労働1回転
1月~4月   社会1回転
3月~    答練
4月~5月   過去問
6月~    2回転目、法改正
7月~    3回転目、答練2回転目
8月~    答練3回転目、過去問、模試復習、法改正

通信なので教材が来る、来ないで予定が決まっていたので計画どおりにはいきませんでした。

1回転目は、先ず、過去問とのツッキーをし、それが出来てからCDを訊きながらテキストに書き込みです。
終わったらテキストを読んで、過去問をひと通りこなして添削問題をやって終わりです。
通勤時間にはウォークマンに入れた講義を聴いていました。
テキストは机の上で読んでいると眠くなるので、通勤の待ち時間などに読んでいました。

4月までの1回転の間は次の科目が来るまでには、加藤光大先生の一問一答をやっていました。
ide塾以外の教材はコレを隙間時間に解くことと
TACの"合格のツボ"の選択式を寝る前に数問やっていたことです。

2回転目からはウォークマンの講義を聴くだけでテキスト無しです。
そして、添削問題とテキストの巻末問題をこなします。

3回転目も同じです。

答練は問題を解く時は時間を計りました。
週末に行く大学図書館で時計を見ながら解きました。
解説CDはウォークマンに入れて、通勤時に問題を見ながら聴いてました。
基本科目の1回転目と同じような感じです。

とにかく時間節約のために、どこでも何かを広げていました。
手続きに役所に行った時も待ち時間にはテキストを読んでいるか、問題を解いていました。

法改正は問題を何度も廻すべきでしたがあまり出来ませんでした。
これは反省点です。
結局は模試をたくさん受けたのでフォロー出来たというところでしょうか。

1回転目の過去問は1番から順にやっていきましたが
4月からの過去問は、ide塾の中間模試までの日数を数えて各科目ごとに割り
10科目がすべてひと月で終えられるようにしていました。

その場合は1日目は1番、29番、57番というふうに飛んでやります。
模試の後は、28日で10科目が終わるようにやりました。
28日なので予備日つくりました。
どんなに忙しくても睡眠時間を減らしてでもこれだけはやりました。
出来ない時は昼休みにやっていた時も有ります。
一般常識は労一の過去問が少ないのでじゃあなるの100問を代わりに解いていました。

テキストは1回転目だけで、ほとんど読んでいません。
時間がかかるのと眠くなるので頭に入らないからです。
その代わりに問題演習で間違った時にテキストに戻ってその周りを読むことをしていました。
回数は何回とは言えないくらい間違った個所は読みました。

本当は直前期に読めると良いんですが・・。
井出先生は直前期には読む暇がないだろうからと、総則と雑則を読むことを勧められます。
何が良くて何が悪いかは人それぞれなので難しいですね。

支離滅裂に書き綴っているので長くなったので、続きはまた次回に書きます
コメント
はじめまして
合格おめでとうございます。
私は2度目でしたが、さっぱりでした。
振り返りは参考になるので時折UPして下さると助かります。
2012/11/19(Mon) 11:33 | URL | 社労足軽 | 【編集
社労足軽さんへ
ありがとうございます。

私なんて二度目でも笑うような点数でした。

頑張ってくださいね~

参考になれば・・・ですが。
2012/11/19(Mon) 12:54 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック