念願の土屋鞄で名刺入れを購入しました。

CIMG3043_convert_20121124191324.jpg

meisi_convert_20121124192550.jpg

本当はヴィトンのが欲しかったのですが仕事で使うのにブランドは良くないかもと思ったので、土屋鞄のヌメ革の名刺入れを購入です。
ヌメ革は使えば使うほど光沢も出て良い感じになるので大切に使って行こうと思います。

今使っている名刺入れは、カード入れにして
これからは社労士として新しくスタートするためにも新しい名刺入れとともに歩んでいきます。
本当はマウスパッドを買おうと思っていましたがそれはお預けです。

社労士として印字した名刺を入れる日を心待ちに頑張ります。

こうして少しずつ揃えているのですが、一番大切な登録の件が進みません。
合格後に少しだけ話を訊いてもらってから、1週間後にやっと時間を作ってもらえました。
「今のままで良いので、ただ手続きの時に印鑑を押したいのです。
それだけで、仕事がスムーズに行くのです。そのためには開業しないといけないのです」と私の思いを伝えました。

でも、それがとても引っかかるとのことでした。
ハンコを押すことはとても重要なことで、
そのことですべての責任が私にかかってきたとしても
税理士である自分は責任を取れないから・・・・と。

任せられないってことなんでしょうか・・・。
私が思うには、「社労士」というもう一人のサムライが増えることに躊躇しているのでは・・・と。

事務所での立場的なことも気にしていました。
「今のままで良いんですけど・・・」とは言ったのですが・・・。
「給料も増えへんで」とも一言いわれました。

そんなことじゃないんです。
先生と言われたいわけでもなく
みんなと立場を変えて欲しいわけじゃなく
ただ、顧問先さんの社労士業務をするために開業社労士になりたいだけなんです。

税理士の付随業務にも限界が有ることを判っていないようです。
そのためにどれだけ私が困っていたかも判っていない。

社労士の資格を取ったことで、事務所的にも喜んでもらえると思っていました。
ところが、そうではなかったようです。

昨日も助成金の関係の仕事が来ましたが所長は断りました。
先日も、労務コンサルタントということで他の社労士事務所と契約した顧問先さんもありましたが、それでも所長は動きません。

事務所の顧問先さんの手続きの仕事をしながら、労使間の仲裁役も月次関与という形でやっていけたらいいな~
なんてね、将来のことも思ったりもしたわけですが
頑張るぞ!って気持ちもしぼみます。

同意を待たずに自宅開業しようかなとかも思ったりしましたが
社労士会の方に訊いたら兼業ならやはり同意をもらったほうがいいでしょうとのことでした。
1月開業期限が迫ってきています。
合格したらもっと喜んでもらえると思っていたのに、そうでなかった原因が判った気がしました。

この思いを絶対に忘れないでおこうと思います。
単純な性格なのですぐに忘れます。
これから先この気持ちをしっかりと胸にもって仕事をしていきます。

前に進めないってことは辛いことです。

最後に一言いわれました。
「ひとことゆうとくわ。資格を取ったということは素晴らしいことやけどな、絶対に偉そうにしたらあかんで」と。
そう言えば前の事務所でも税理士になった人で偉そうにしていた人が居ました。
「バッチを付けている人ほど小さい人間なんや」とも。

そうですね。
資格を持っただけで人格が変わるようにはなりたくないです。
これだけは心がけます。

いつも労働者の目線で物事を考える人で有りたいと思います。
っていうか、労働者ですもんσ(・・*)アタシ
これからも
コメント
そこが交渉なんです
所長さんも春様に自分の手の届かないところで動かれるのを警戒しているのかも知れませんね。別な意味で労務全般のコーディネートも出来る税理士事務所に脱皮出来るチャンスだと思うんですがねえ。
自分も社労士バッジをしてクライアントと会うことはありません。サービス業ですから我々は。それは忘れないように心がけています。
2012/11/28(Wed) 12:33 | URL | さとし | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/28(Wed) 13:41 |  |  | 【編集
 土屋鞄~、
 有名ですよね、その革の会社。
 長くもつやつだろうから、これから末長くパートナーとして、使えば使うほど味が出るその過程を楽しんでください。

 しかし、所長もどうも度量が小さいというか、好意的にとらえてくれてないようなんすねー。
 所長も、自分の顧客をとられるとかって思ってるのかな?
 顧客のために幅広く対応できるようになる、ってことがわかってないのかなあ。

 そういう事務所ってその事業主の影響が大きいっすからね・・・・資格とっても自分個人でやってけそうにないと思ったら、やはりそこでそこの方針に従ってやってかないといけないのかなあ。
 んー、そういう春さんのようにやる気ある人を伸ばすのも萎えさせるのもその事業主次第。
 どうしても話が通じないようなら、次の道、やり方を考えないといけないっすよね・・・。
 でないと、春さん個人が今までのまま、ってなっちゃいますからねー。
2012/11/28(Wed) 15:01 | URL | Kei | 【編集
No title
素晴らしい名刺入れがあるんですね・・・。
今までは、あまりそこいら辺に気を配ることがなかったのですが、
それじゃもったいないなぁと、また勉強になりました。

所長さんのお考え、いまいち測りかねますね。
一体なぜ悩んで躊躇されているのか・・・何か社労士に対する一方的な偏見か誤解があるんでしょうかね?あるいは、事務所内の組織統制の問題でしょうか・・・それとも、組織が変わることへの怯えでしょうか・・・。単純にナンバーワンの座が脅かされるとの思い込みなのか。

言葉で伝わらないなら、ちょっとオーバーですが「誓約書」の類を取り交わすのはどうでしょうか?
2012/11/28(Wed) 18:03 | URL | びーふる | 【編集
さとしさんへ
イチ従業員のオバサンが、まさか社労士試験に合格するとは思っていなかったんでしょうね。
私の実力も大したことないのを御存じなので(^_^;)

なるようにしかなりませんね。
どうでも良くなってきました・・・。
2012/11/28(Wed) 20:11 | URL | 春 | 【編集
11/28 鍵コメさんへ
ほんと合格後の方が険しい山がいっぱいですね。
これからは自分の力を試されるんですね。

怖いです。

鍵コメさんはまだまだお若いからいくらでも経験は積めますよ。
頑張ってくださいね。

お互い頑張りましょうe-271
2012/11/28(Wed) 20:14 | URL | 春 | 【編集
Keiさんへ
私もブログ友達さんのまこつさんから教えてもらったのです。
偶然京都にもお店が有って、気に入ってます。

革はとても良いですね。
大切に使っていきます。

事務所の方ですが・・・月末までに返事を欲しいとお願いしたのに
な~~~~~~んも知らんふりです。

悲しいので笑う気にもなれません。

ダメなら自宅開業か、はたまた勤務社労士か・・・めげますe-263
2012/11/28(Wed) 20:17 | URL | 春 | 【編集
びーふるさんへ
ネットでみてください。
いろいろありますよ~

革の風合いはとても良いので癖になりそうです。

所長の考えはわからないけど
私の合格は歓迎されていないことだけは確かですね。

前途は明るいと思っていただけにとっても悲しいです。
2012/11/28(Wed) 20:19 | URL | 春 | 【編集
所長さま的視点になって考えてみました
お久しぶりです。澤田です。
色々とお悩みのご様子ですね。
「私の合格は歓迎されてないのでは…」と
もしかして春さん、考えておられませんか?

そんなことありませんよ。

えー、ではまた一つ一つ整理して考えてみますと…

>ハンコを押すことはとても重要なことで、
そのことですべての責任が私にかかってきたとしても
税理士である自分は責任を取れないから・・・・と。

では春さんがもし何かあったとき、すべての責任自分で取れますか?
…って言われたときに「取れます!」と自信持って言えれば、
所長さまも、きっと納得してすぐGOサイン出してくださいますよ♪
そのために、春さんが今できることをじっくり考えてみてください。

>ただ、顧問先さんの社労士業務をするために開業社労士になりたいだけなんです。

でもこの理由だけでは、所長さまは納得してくださいませんよね?
所長さまからしてみれば、それがどう事務所にとってメリットなの?
ってなります。所長さまは、春さんはもちろん、その他の従業員
すべての生活を一身に支える重要なポジションのはずですから、
明確な見通しがなければ、事務所の従業員すべてが露頭に迷って
しまう危険性がありますよね。

とまぁ、これは極端な言い分ではありますが、でも、

事務所にとってメリットになる理由

これを春さんが言えれば、所長さまも、きっと納得してすぐGOサイン
出してくださいますよ♪

>最後に一言いわれました。
「ひとことゆうとくわ。資格を取ったということは素晴らしいことやけどな、絶対に偉そうにしたらあかんで」と。

社労士は、さとしさんもおっしゃってるように、サービス業のひとつで
すしね。でも春さん、私以上に身に染みてそれを感じてらっしゃるはずです。
社労士としてできることは、それこそ十人十色。春さんの強みを活かして、「オンリーワン」の社労士目指して、これからも突き進んでいってください。

>前に進めないってことは辛いことです。
…っておっしゃってますけど、「社労士」資格を取得したからこその
悩みですもんね、これは。焦らず慌てず、春さん自身の強み前面に、これから出していってくださいね♪

応援していますよ~\(^o^)/

澤田 知宏
2012/11/28(Wed) 23:39 | URL | 澤田 知宏 | 【編集
澤田さんへ
コメントありがとうございます。

ずっと無視され続けているような気がしている毎日です。
私が社労士を取ったことが事務所にとってメリットになるのならば
もっと早く動くだろうし、そうでない以上やはり嬉しくないのだと思わざるを得ないのです。

ネガティブですね・・・やっぱり。

取りあえず、出来ることをやっていきま。

ありがとうございます。
2012/11/29(Thu) 09:17 | URL | 春 | 【編集
経営者+顧客の視点で
所長にわかって貰えないって辛いね。

春さんの場合、事務所内開業でも顧問料は独立してない形態なのであれば、
印鑑を押して独立しているとはいえ、顧客は税理士事務所と春さんの業務を一体と見ると思うんです。
だから、もし社労士業務で何らかのトラブルがあれば、(反対のケースでも)顧問契約の解除に繋がってしまい、顧客先さんを失ってしまう可能性がある。

澤田さんのコメントにある「路頭に迷う~」はそういう視点では?と思います。
所長が躊躇しておられるのは、そういう所なのではないかと思います。

私も提携税理士さんが合格を待っていて下さってますが、 あくまでも独立対独立(事務所合併したとしても、顧問契約は独立したもの、収入は別)
としての立場で待って下さってるのが、言葉の節々に感じてます。
だからそんな私からみての所長さんの気持ちの推測です。

でも他の方のコメントにもあるけれど、所長にとっては、
「労務の業務にもたけたワンストップサービスの事務所」として業務拡大出来る道もある。

だから
所長さんに「春さんと一緒にやって行きたい」と思わせるものをこれからアピールして行く事が大事なのかなあ~と思います。

対職員には今までと同じ同僚としての立場で、対所長さんには少しそこにプラスαを足して(みんなにわからないように)アピールして行けるように頑張って下さいo(^-^)o

とまあ長々コメントしてごめんなさい。
少し立場(見方)を 変えて眺めてみると また色々な選択肢を含めて春さんなりの答えでるのでは?
絶対に焦らずに頑張ってねo(^-^)o




2012/11/29(Thu) 09:51 | URL | かん | 【編集
忍耐力
春さん、こんにちは。

春さんが物事をどんどん進めたい気持ちも分かりますが、あまりあせらないことです。春さんも今の所長があってここまで来たわけですし………。どう転んでも先々社労士登録されるわけですので、ゆっくり構えることも大切です。
忍耐も大事です。
では、また。
2012/11/29(Thu) 11:35 | URL | nishi | 【編集
かんさんへ
ありがとう。
いっぱい書いてくれてとても嬉しいです。

うちの所長は学生時代から陸上でも目立っていた人で
前の事務所でも副所長までいった人で
常に自分が一番で注目を集めてないとダメな人なのです。

一方私は、裏方好きで、人と話すことも苦手だし目立つことが嫌い。
だからずっと上手くいっていたのですがここにきてちょっと「変化」になり
悩んでいるのだと思うのです。
私が出ることで顧問先さんとの関係が何かなっては困るとか・・・。

本来は独立開業であれば良いのですが
事務所内開業となれば私一人では動けないので当然ですよね。

メゲメゲですe-263

いつもボジティブコメントありがとう。
とっても救われます。
2012/11/29(Thu) 12:36 | URL | 春 | 【編集
nishiさんへ
コメント読ませていただいて、本当にそうだなって思いました。
「忍耐」
一番苦手なことです・・・私。
2012/11/29(Thu) 12:37 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
念願の土屋鞄で名刺入れを購入しました。本当はヴィトンのが欲しかったのですが仕事で使うのにブランドは
2012/11/29(Thu) 01:06:44 |  まっとめBLOG速報