今日は少し暖かいでしょうか。
それでも事務所の足元はひんやりしています。

昨日から、就業規則のワード入力を始めています。
元々ワードが苦手なので文章の頭が揃わなくてイライラしたり
上手く入力できなかったりと奮闘中です。

目が悪いので結構これがまた辛い・・・

フー ( ̄‥ ̄) = =3

朝刊の記事で、今度の法改正のことが載っていました。
労働契約法の有期労働契約の改正で大学の非常勤職員が困っているとのことでした。

国としたら、短い期間の反復を繰り返す契約よりは
無期労働契約になったほうが雇用の安定という意味で良いだろうと決めたのでしょうが、世の中そうはいきません。
社労士も企業に雇われているとなると、この制度に対応する手はないかと考えるわけです。

無期労働契約になる5年の起算日は25年の4月1日からとなるので
これ以降の契約更新時には、5年を超えることがないようにと契約をします。
大学側も今までなら有期契約であるだけで契約切れということもなかったのでしょうが、これからは、5年未満で雇止めとなるのでしょう。

一番に被害を受けるのは国が守ろうとしている有期契約社員です。
企業側も無期に出来るならするでしょうが、それが出来ないから有期になっているのであって、経営状態等を考えると苦しくて出来ない状況なのでしょう。

そんなこんなで、大学の非常勤講師たちは大変な状況に置かれてしまったようです。

なんともはや・・・。

現場は混乱しているでしょうね。
私の周りではそれほど有期契約の人がいるわけではないので今のところは変化はありません。

今日はまた少し社労士関係でいろいろありました。
また明日書きます。
毎日いろいろあって退屈しません・・・
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック