仕事の帰りにバスの時間が合わなかったのでペットショップへ寄りました。
たまたま子猫ちゃんが外に出されていたのでヘ( ̄ー ̄ヘ)))。。。フラフラァっと
巻き毛のとっても可愛い猫ちゃんでした。

抱かせてもらったのですが、肉球も柔らかくてとても可愛い目をしていました。
抱かれることも嫌がらずとっても可愛い姿に手放すことが辛くて・・・。

我が家は母が大の猫嫌いです。
私は大の猫好きで、何度も連れて帰っては里子に出されたり捨てられたりしてしまいました。
だから猫と一緒に住んだことがないのです。

正直自分の子よりも猫が好きかもしれません

猫飼いたいです。。。。

私の老後の夢は、猫を膝に乗せて陽だまりで本を読むこと。
猫と一緒に寝ること。

その時に収入がなかったら悲しいので
社労士として収入が有れば老後は何とか生きていけるかもしれません。
ガンバロ・・・。

さて、昨日の出来事。
とある顧問先さんが大きな事業を始めるとのことで以前打診がありました。

助成金や補助金を洩れなくもらえるようにやって欲しいという件でした。
一度はお断りしたのですが・・・結局やることになったのです(このお話は以前書きました)。

ところが今度は給与計算も含めて事務所と社労士契約をしたいとのこと。
そしていろんな場面で私を利用し(言い方が悪いのですが)たいとのこと。
労務関係はもちろんグレーゾーンも率先してガンガンいって欲しいとか。

ボスが居るらしく、その方がいろんなことを指導し伝授してくださるとのことですが
めちゃくちゃ怖い

私にはそこまでの力量もないですし、機転も利かないし要領も悪いのです。
顧問契約を取れば今までのようにはいきません。
今でもめっちゃ緊張する先さんです。

思わず「なんで社労士試験に合格したとゆうたん?」と担当者に言ってしまった私。
社労士としてやれることはやらないといけないのは重々承知していますが
面倒なことに首を突っ込みたくない気持ちが大きいのです。

自賠責には入ったとは言うものの、失敗したら・・・

所長は私の仕事のやり方が拙いといいます。
100%の仕事なんて出来ない、出来るに越したことはないけれど、精一杯やれば良いのだと・・・。
目の前のことだけに必死になるのではなく、一歩下がって大きく観ることで
小さいことは見えなくても大きいことには対応できるとのことでした。

ようするに「こういうことが受験勉強と違うとこや」と。
「勉強や試験は出来なかったら不合格になるけど、実務はアレはだめだったとしてもコレで取れる!とか言うことができる。〇か×かじゃないんやで」とも・・・。

う~~~~ん難しい。。。

社労士としての自覚も余りありません。
そういうところがダメなんですね。

それにしても、私なんかが役に立つのかなぁ・・・と重い気持ちになりました。

税額控除のために、ハローワークヘ届け出ることも有り
その辺の兼ね合いもあるのでしょうね。

『社労士』と名乗る以上はなんでも出来るのだと思われるのです。
一発合格じゃなくて良かったとも思います。
それでも5年も受験勉強はやってきましたがまだまだ未熟です。
こういうことは身体で覚えるしかないのでしょう。

猫との老後のためにも頑張らなきゃって思うのですが
とても心細い・・・
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック