皆さんのところではお天気はいかがだったでしょうか?
こちらは昨日の夕方から雨風が酷くなり、雷が鳴って嵐のような夜でした。
ニュースでは水害の様子などが流れて、天災の恐ろしさをつくづく感じた一日でした。

そういえば・・・去年の本試験の日
沖縄では台風が直撃し、試験会場まで行けなかった方々も多かったと訊きました。
1年間勉強したのに・・・と本当に辛かったと思います。

何があるか分からないと思うと
普通の毎日、平々凡々であることがとても素晴らしいことだと思わずにはいられませんね。

社労士試験は仕事を持っている方々が受ける試験と言っても過言ではない試験です。
今の仕事をこなしつつ、勉強時間を確保しながら勉強されている方が多いので
しんどいのは私だけじゃないって思いつつ勉強していました。

朝勉は性格的に出来ないのでもっぱら夜勉でしたが、ウトウトしてしまって寝ている時もありました。
今の時期は基本の勉強と、答練とに追い回されて悲鳴をあげていた頃です。

そういえば、法改正をテキストに書きこむのも面倒だったなぁ・・・。

大原に行っていた頃、とてもよくできた方に勉強方法を教えてもらいました。
それはノートに書いて書いて覚えること!だそうです。
それはボールペンで書くそうです。
するとインクが無くなっていくことで、
勉強したことが目に見えて判るのでモチベーションっもアップすると言っていました。

私もやってみましたが・・・三日坊主で断念

井出先生も「学生時代は書いて覚えましたよね?」とおっしゃっていましたが
私は書くこともなかった気がします。
めんどくさくて出来ない・・・ってなまくら人間です。

なので私の勉強法はもっぱら「何度も見ること」です。
声に出すのが良いのですがちょっと照れくさいので、
書いたりする時間に目で何度も読みます。
書くよりも多くの回数を目で読むことが出来ます。

目で見る=右脳で記憶するって感じでしょうか。

でも勉強方法って人にアドバイスをもらっても自分に合うとは限らないのです。
いろんな方から勉強方法を教えてもらって、その中で自分に合うことをやってみること。
それで良いと思います。

その人にはとても効率的でも、一人一人性格も置かれた環境も違うので合うはずもないのです。
いろんな意見を訊いて、自分に合う勉強方法を見つけることが合格への近道かもしれません。

ただ一つだけ言えることは
「コツコツやること」これは必須ですね。
やらないと忘れます。

毎日10科目に触れること。
二つの年金は毎日問題を解くこと。
お友達は毎日50問ずつこなされていましたが、50問は出来ませんでした。

たとえば3問でも良いと思います。
年金だけは毎日問題を解くことが必要です。

それで随分違います。
年金が苦手だった私ですが、点数が取れるようになりました。

なんてね・・・また今日も長くなりました・・・すみません(;^_^A アセアセ。
受験生の皆さん、応援しています。
まだまだ時間はありますからね

コツコツいきましょうね~
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック