めっちゃ忙しい・・・。
気付いたら夕方でホッと一息ついたら7時ごろ。
ヘトヘト・・・。

事務組合に入っている先のデータも作ります。
締め日が近いので慌ててやってます

あと有期事業の成立届と概算申告書も作成。
これって前にも文句を言ってましたが、大変面倒
なんで有期事業の一括は地域制限が有るのでしょうか?

たとえば支店が他府県に有って、そこの営業が取って来た仕事で
本社がメインで工事をするとなると一括出来ないのです。

工事が有る都度、成立届と概算申告書を作成し、
工事終了時に確定申告書を作り、返金が有れば還付請求書をまた作成。

徴収法で確か、手続きの簡略化ってあったような・・・。
簡略化して欲しい・・・と願います。

まず、都道府県の申告書を手に入れるところから始めないといけないのですが
こんなことを思うのは私だけでしょうか。。。

手続きは慌てると間違えるので落ち着いてやりたい仕事です。
でも迅速にしないといけないですから、難しいですね。

この前、社労士の登録をした時に書式事例集をいただいたのが役に立ってます。
まだまだ新米ですが、こなします

社労士のハンコが押せるのが嬉しいです
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック