先日、京都で事業をしている法人が滋賀県に支店を出しました。
その場合、手続きはどうするのでしょうか?

その法人の住所は滋賀県です。
でもお店は京都。
その場合、社会保険は滋賀県の保険料率です。
雇用保険と労災は京都で加入となります。

新たに立ち上げた滋賀県の雇用保険の事業所は新たに新規で設置届が必要です。
また登記簿が必要になるので取りに行かないといけません。

労災は継続事業の一括の届出が必要です。
そうでないと新たに滋賀県で労災の新適が必要となります。

まず、滋賀県に『成立届』を出し、すでに労災の手続きをしている京都に
『労働保険継続事業一括認可・追加・取消申請書』を出します。
これで継続事業の一括OK
労働保険の申告書も1枚で済みます。

雇用保険も同じように一緒にすることが出来ます。
その時に必要なのは
『雇用保険事業所非該当承認申請書』と『事業所非該当承認申請書にかかる調査書』
これを出すことで滋賀県の店舗の人も京都の方で手続きとなります。

私の中ではこれで行くつもりでした。
わざわざ雇用保険の新適面倒ですから。

ところが『地域雇用開発助成金』の手続きをされる予定とのことで
こちらは、その指定の地域の人が対象となるので
『非該当』の申請をすると滋賀県は適用事業所ではないと言うことになりもらえないそうです。
だいたい10人ぐらいの規模で1回300万で3回もらえます。

もっと人数が多かったり、設置・設備に要した費用が高いと助成金の金額は増えます。
金額が大きいのでもらい損ねると大変です。
なので労災は一括の手続きをし、雇用保険は京都と滋賀とを別に届けることにしました。

担当者に訊いて良かった~

手続きはちょっとした油断で墓穴を掘ります。
あぶないあぶない

まだまだ知らないことがいっぱいです。
でも勉強になりました

勉強で何気に習っていることですが
実務になるとまた別にいろんなことが影響してくるので、頭をひねらないといけません。

助成金のセミナーも有ったら行きたいです。

今日も少しだけ事務所に行きました。
仕事を忘れてゆっくり出来るようにはいつになったらなるのかなぁ・・・。

GWが明けたら、溜まっていた手続きもしないといけないし
試算表も仕上げないといけません。
頑張らないと!

明日はまた勉強会の予定です。
みなさんにお会いできるのが楽しみです
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック