すっかり春の良い気候になりました。
窓の外からは、青空が見えています。

以前いた事務所は、3階建てで南と東が窓になっていたのでとても景色も良く
目が疲れたら遠方の山を見ていたものです。
下を見下ろせば、春には桜が満開になり、冬には鴨たちが集い
四季折々を感じる事務所でした。

次に、5年半前に今の事務所を構えるときに所長が決めた場所は
やはり緑が多くて、電車を降りてからも緑を見ながら駅3分のところでした。
大きな通りからは1本入っていたのでとても静かで
し~~~んと静まり返っていて、妙に落ち着かなかったものです。

それでも近所のオバちゃんや隣の喫茶店のママたちとも仲良くなり、人との繋がりが密な場所に満足していました。
ただ、残念だったのは1階は通りに面しているので、すりガラスになっていて外が見えなかったことです。

この5月から新しい事務所に移転し、毎日駅から10分の道のりを歩くことになりました。
夏になったら歩けないかも・・・

場所はと言えば、前の道路はバスが走り、騒音でうるさいことこの上ないところです。
周りは学生が多いからか、コンビニばかりが立ち並びます。
そしてマンションばかり・・・

緑は何もありません。
桜も無ければ鴨も居ません。
近所のオバちゃんも居ません。

おまけにフロアを移動するときはたった1階降りるだけでもエレベーターでの移動です。
今までずっと階段で行き来をしていたのでしんきくさくてたまりません。 ← 方言???(ノ_-;)ハア… 

とってもつまんない…

部屋も広くなった分、みんなの顔が見えなくて
笑い声も少なくなりました。

来てくださる方には綺麗になって、広くなって・・・と好評です。
でも車で来られる方にはちょっと不便です。
前なら事務所の前と隣が駐車場になっていたので便利でしたが
今はビルの下は1台だけであとはコインパーキングになってしまいます。
ビルの下に停めるのも交差点の前なので上手くないと入れられません。

住めば都でしょうか。。。。

3年後にはビル全館を借りることになっています。
所長室も出来るようです。
どんどん大きくなります。

私の引退時期もその頃かなぁ・・・なんてふと思ったりします。

私は大きなビルより、小さなところでこじんまりと
アットホームな事務所が好きですね。

この近くに私たちの知り合いの税理士さんが何人か開業されています。
みなさんほとんどが家内工業です。

うちの所長は副所長だったメリットと自分が新規開拓担当だったこと、
元上司は監査が出来、OAに強かったこと、
私はデスクワークがメインだったこと、
その三人が一緒だったから、それぞれの立場で動くことで一つの組織が出来たのでしょう。
一人ずつならきっとそうはいかないはず。

そう思うと不思議です。

資格を取ってもこうして顧問先が取れなければどうしようもないのです。
先ずはそこからです。
士業とは結局は営業力がモノをいうのだと再認識です。

さて、私はどうなる?
どうする?

と、また思ったりするわけです。

取った資格を生かすというのは本当に難しいことですね。
今は忙しくてふと佇む暇がないのですが、時折フッと思います。

受験生の方々も将来の自分の夢のために頑張ってられますよね。
先ずは資格を取ること。
そこから始まります。

頑張るならいつ? 
「今でしょ!」
コメント
春さん、こんばんは。
というか深夜ですよね。すいませんv-9
最近、夜型になり今頃の時間がホッとできる時間なんです。

朝型にしなければと思いながらズルズルしております。

受験生も将来の事考えてます。不安が〜。
士業は、営業が大切!ほんとそうですね。

春さんは、将来はやはり独立ですか、。
ほんとに自分がしたい事、じっくり考える時間て大切ですよねv-22
2013/05/22(Wed) 01:48 | URL | pon | 【編集
ponさんへ
私も夜型でした。朝勉は絶対に出来ません。
先ず起きられない・・・朝が弱い。
出勤するということが気になってゆっくり集中できない。

この2点から夜に腰を据えて・・・って感じでした。
本当は朝のほうが脳のためには良いのですが。

合格後はその後のことを考えないといけません。
勉強している時のほうがそういう意味では楽だったかもしれませんね。
よくそんな風に先輩方に言われてました。
でも、実感がなくて・・・まず合格でしょ!って思って後回しにしていたのです。

考えることも必要ですが、受験生の時はそれよりも勉強時間確保でしたね。。。

とにかく頑張る!ってことはいつでも思い立った時が旬ですね。
お互い頑張りましょうね。
2013/05/22(Wed) 08:28 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック