週末の模試を受けられた方、お疲れ様でした。
自宅受験の方々には問題が届くと思いますので、ぜひ頑張ってくださいね。

昨日はこれが書きたくて書き進めていたのに嫌なことがあって中途で放ってました。
やっぱりちゃんと書いておこう。


そう言えば、去年初めて一度だけですが
模試の解説を受けました。
模試でヘロヘロになって、延々塾長の講義を聴き
京都に帰ったのが12時済んでいたので、めちゃくちゃ疲れました。

それでも充実感はたっぷりあったように思います。

大原とかide塾は模試の時にも先生が来られますからとても緊張します。
他の模試はアルバイトの様な方々なのでリラックスこの上ない。。。
Lなんて途中で退席されますから、緊張感ゼロでした。

本試験で緊張することがネックになっている私には
模試でも緊張感を味わいたかったのです。
緊張すると頭の中がぶっ飛びます。

本試験の時に会場に持っていく知識は、何年も勉強していると変わらないのですよね。
去年など、私の友達のほうがずっと理解もされてて、知識も深かったのにダメでした。
それはきっと、当日のコンディションとか、冷静にどれだけなれるのか・・・とかのプラスαの世界です。

知っているのに思いだせなかったり
判っているのに違うほうを選んだり
そんなことの繰り返しでしたから、そういったミスを減らすことも目標でした。

そう言う意味での模試の会場受験は意味があるように思います。
それでも体調の都合や、環境の都合で自宅受験をした時は
家ではなく、外の図書館とかで時間を計って同じようにやりました。

トイレ休憩も同じように。

緊張感の度合いは違いますが、問題演習と言う意味では効果は高いのです。
そしてその後の復習。
これに命を燃やしていた私です

それでも試験当日はびっくりするような問題が出ますから、胃に悪いですねホント。

あの緊張感が好きって人が居ました。
信じられない・・・

これからの3か月弱を一緒に頑張りましょうね。
そして秋には嬉しい報告を待っています。
コメント
緊張感は…
大事ですよね。実力はあるはずなのになぜか本番ではそれが発揮できない人…いらっしゃいますよね。

春さん、ありがとうございます!またまた今日の春さんのブログ記事を見て、次回の勉強会の企画を一つ思いつきました!

いつもいつもヒントをありがとうございます。
超ドSな澤田の企画案は、春さんにだけ、またこっそりお教えします、ネ♪

澤田 知宏
2013/06/04(Tue) 22:20 | URL | 澤田 知宏 | 【編集
澤田さんへ
緊張すると本当にダメですね。
人前も苦手ですし・・・・。
澤田さんのように落ち着いて話せるように少しでも良いからなりたいです。

いつもいろんなアイディアありがとうございます。
超ドS・・・e-447
2013/06/05(Wed) 12:28 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック