昨日は事務所の食事会でした
年末調整から確定申告、そして1月決算を乗り越えて事務所移転まで
みんな駆け足でやってきたように思います。
新入社員も入ってきて、和気藹々楽しい時間でした。

以前の事務所に居た時にも利用したホテルでしたが
その時はこんな風にココに来ることになることなんて思いもしなかったです。
一生その事務所でイチ事務員として終わるはずでしたから・・・。

そう思うと人生は何があるかわかりません。
今を一生懸命生きることで何かが変わるかもしれませんね。
頑張ることは苦手ですが。。。

さて、少し前に一生懸命作った就業規則
その後どうなったと思いますか?

訊いた話では今もトップの机の中に入ったままのようです。
「今は従業員さんとの関係がとても良いので、それを出すことで関係が悪くなるのが嫌だから」とのことでした。
うーーーーーーん 違うんだけどなぁ・・・

届け出義務があるんですが・・・

イマイチ就業規則の大切さをわかってはもらっていないようです。
そういうものなのでしょうね。

トラブル社員が現れたらその時はあの時こうしていれば・・・と思われても
その人が辞めてしまうと、そんなことが有ったことすら忘れてしまう。
事業主とはそういうものなのかもしれません。

だからこそ、社労士が必要なのかも。

昨日は常勤さんが退職されて、離職証明書がなかなか帰ってこないので連絡を取ってみたら、この書類の意味がわかってないようでした。
失業給付について少しお話したのですが、
「そんな風になっているんですね」と溜息でした。

知らない方ってやはりいらっしゃるんですね。

今日はうちのパートさんに
私が顧問先さんと話をしているのを訊いていて、「36協定ってなんですか?」って訊かれました。

私も勉強するまでは「36協定」って言葉は知っていましたが
労基法36条だからと言うことも知りませんでしたし
労働者を守るのに、こんなにたくさんの法律があることも知りませんでした。

産前休暇も8週間とする法律と56日とする法律がありますね。
介護の状態を見るのに「半年」だったり、「2週間」だったり・・・。
勉強を始めた頃はみんな統一されていると思っていただけに驚いたのを覚えています。

保険料の徴収月も入退社月は気を付けないといけません。
そう言ったことも、以前の私なら知りませんでした。
そう思うと、やはり社労士は必要です。

もっともっと知名度も上がればいいのになって思います。
社労士の需要と供給が上手くいくことが一番の理想です。
 
そうしたら合格率も上がるかな~
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/05(Wed) 23:50 |  |  | 【編集
6/5 鍵コメさんへ
お久しぶりです。

そうですか・・・断念されるんですね。
その決断も決心が居ることだったと思います。

少しお休みされて、また頑張られればいかがでしょうか?
きっと社労士の勉強は自分にとっても役に立つはずです。
諦めなければいつか、勝利の女神は微笑んでくれますから・・・。

そして受験される皆様に温かいメッセージをありがとうございます。
せっかくですのでアップさせていただきます。

>春さんのブログを訪れるすべての受験生の方が、
「合格」していただきたいと応援しています。

この言葉、ありがとうございます。e-466
また訪ねてくださいネ!
2013/06/06(Thu) 08:06 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック