A事業所を辞めたBさんからお電話がありました。

Bさんは5月に退職ですが、健康保険の被保険者証を返却されてません。
事業所の方が何度も連絡をされているのに、電話が繋がらないとのこと。
離職票も作成するのかしないのか・・・。
それよりも退職と同時に引っ越される方も多いので、送るにも送れずにいました。

事務所の担当者も自宅に時間を変えて電話をしていたのですが繋がらず。
仕方なく書面で連絡をしたそうです。
すると、昨日そのBさんからお電話です。

担当者からの書面の内容にいきなり延々罵倒。
こんな日に限って担当者はいません。

私が健康保険の保険証を返してくださいというと
「返せって言われてないし」と・・・。
数日前に、保険証無しで喪失手続きをすましたところです。
自分が保険証を返さなかったことには否がないと言い切るのです。

事業所さんは何度も連絡されていたのに、もっとマメに電話をすべきだ」とおっしゃる・・・。
最後には
「まったく言っている意味が解らん!こういうことに詳しい人が知り合いに居るので訴えてみる」と。

こんな人がいるんだ・・・と、本当にびっくりです。
今までこんなバカげたことを平気で言える人に出会ったことがありません。
働いていて、健康保険証をもらったら、退職時には返却するのが道理です。

何度も連絡をされている方々に、「なぜもっとちゃんと連絡しないのか!」と罵倒することも間違ってる。
連絡が取れなかったことの詫びが有って然るべきなのに・・・。
本当に驚きました。

夕方にはまたまた別のCさんからお電話です。
今日は担当者が居たので電話に出ました。

Cさんいわく、離職票が届かず、その前の書類(離職証明書)が届いたけれど、いったいどうなっているのかとのことでした。
勤務態度が悪いので解雇されたのですが、その時に雇用保険の手続きはすぐに出来ると言われたとのことでした。
退職日は28日で、タイムカード等が届いたのは月曜日の1日。
まさかそんな急ぎだとも知らずに私も1日寝かしてました。

Cさんは京都ではないのですが、夕方の6時過ぎでしたが
「今すぐに書類を取りに来い!」というらしく担当者も弱ってました。
今日取りに行っても、ハローワークはもう閉まってます。
そういうことも判ろうとしないで無理難題をいうCさん。

BさんもCさんもA事業所の従業員です。 
今までにもそういったトラブルはよくあります。
事業主さんにも原因はあるのですがとにかく揉める揉める。

結局事務所がいつも割を食うのです、
でもそれも仕事ですかね・・・。

事務所が出来ることを精一杯するってことで今日は決着です。
明日、私がハローワークに電話します。

(;-_-) =3 フゥ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック