昨日の夜は支部会のセミナーがありました。
なぜか勝手に全部の支部だと勘違いしてました

あは

いつもの顔なじみの先生方でホッとしつつ会場入りです。
講師は特定のグループリーダーをされている先生でしたので、これもまたリラックス。
でも、まだまだ猫をかぶっている・・・っていうか
人見知り最中なので寡黙で、一人寂しいです。

もっと笑顔で諸先輩方にご挨拶し、
率先してなんでもやっていけないといけません。
が・・・出来ない性格です

今日は年金改正セミナーでした。
半月ほど前にide塾で受けたのと同じ内容です。
なので理解も早かったのですが、やっぱりどんな先生でも井出先生の解説には勝てないと思いました。

人に教えることを職業とする人と比べちゃ失礼ですよね。。。ほんとは。

でも登録するとこうやって社労士会で勉強する機会が与えられます。
もちろん無料です。
だから合格された方は現在の職業がなんであれ、せっかく取った資格ですから
それを生かすためにも登録してください。

合格したら誰も教えてくれないので、こうやって自分で勉強の場を探すしかないのです。
その時に社労士会はフォローをしてくれるんです。
登録することをお勧めします

あと1週間で今年の合格発表ですね。
たくさんの合格者が出ることを祈っています。
一番の仲良し友達が合格する予定です。
救済はきっとありますよね。

同じように救済待ちの方々も今年はたくさんいらっしゃいますね。
1点救済があると思っています。
みんなが納得いく救済が入ることを祈っています。

去年の今頃は胃が痛くて死にそうでした。
きっと今頃友達も同じ気持ちだと思います。

当日の発表はオフィシャルサイトの不具合で合格基準を見るよりも
官報の発表のほうが先でした。
官報の番号を探すのに上から下を見て、やっぱりなかった・・・と思ったら
番号は右に見るのだと見直して、やっと番号が有った時は本当に嬉しかったものです。

同じ気持ちを味わって欲しいです。

あと少し・・・落ち着かない日が続きますね。

もうちょっとだよ~~~
コメント
NoTitle
こんにちは。

日々の仕事、家事に加えて、母上の旅行、セミナー、試験勉強と毎日お疲れ様です。いや、本当にものすごい体力ですよね?最近へばり気味ですが、改めて頑張らにゃと思います。

私の場合は、「人見知り」というより「猫かぶり」・・・。
当たり障りのない会話なら平気なんですが、込み入った話は逃げてしまいがちです。その代わり、なれるとどんどん化けの皮が。。。

あまり積極的で、「なれなれしい」「ずうずうしい」のも困りものですし、今の感じのまんまがいいと思いますよ。そういう人より、少しくらいおとなしい人の方が、周りも助け船を出してくれるものだと思いますよ。

改めて、Webで労基を受講してますが、塾長の講義は分かりやすくて、中身も非常に濃く、1回分の前半だけでもうくたくたになります。。。特に、労基は、試験傾向に合わせて、制度趣旨、背景、判例、通達などとにかく「ここまで説明するか?」と思うくらい徹底的に説明があります。やっぱり凄いです。

そうですか。最初は社労士会費高いと思ってましたが、思いのほかフォローして下さるんですね・・・考えが変わりました。

試験の合否結果発表のこと、すっかり忘れてました。。。ああ、職場に不合格報告するの嫌だなぁ~v-12さすがに、選択社一が0点で、合計でも20点。塾からも「早めのスタートを切りましょう」って文書でしたよv-12
せめて、2点、1点救済待ちの勉強会メンバーが合格してほしいですv-308
2013/11/03(Sun) 14:38 | URL | びーふる | 【編集
びーふるさんへ
同じ時にログインされていたようでちょっと嬉しい~e-349

webは良いですよね。
ライブ授業と同じですからね。
もう一度見たいと戻せたりもするし、眠くなったらお休みできるし(笑)
本当に井出先生の講義は最高です。

社労士会、会費の分は十分になると思います。
私の場合は毎月8,000ですが、就業規則や助成金、年金などの研究会も月一であるし
それ以外にも支部単位や地域の社労士会でもいろんな研修が有ります。
許される限り参加していますが、正直これに行っていれば他の有料のはいかなくても良いと思います。
そして社労士会の方々との繋がりも出来ますから、合格後は絶対に登録してくださいね。

今年は合格年ではなかったのですが来年は絶対に!ですよ。
また一緒に頑張りましょうね。

猫かぶりって私も同じだなって思って読ませてもらいました。
慣れるとめっちゃやかましいんですよ。
ご存じでしょうが・・・e-330

初対面からガンガンいける人が羨ましく思います。

ではまたお会いできるまで~
2013/11/03(Sun) 14:49 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック