すみません・・・また今日は、ぼやきです

賞与支払届の決定通知書が届かないところが2件。
思い切って尋ねてみました。

すると・・・やはり思っていた通り・・・事業所に送られてました。
送り先のシールも付けてるし、送り状にも事務所に送って欲しい旨記入済です。

おっしゃるのには、「賞与支払時期は混雑していて見落としてました」とのこと。
(ノ_-;)ハア…
その時期が繁忙期だと言うのは事前に判っているはず。

そう思うと、社労士印なんて何のために押すんだろうと思わずにはいられません。
押しても押さなくても同じなら、面倒だし押したくない!
事業所さんから回収するのも、問題ないところなら良いのですが
なかなか難しい先さんの場合は、ちょっと困ります。

でも、何度もこういうことがあるのって、なぜ改善されないのでしょうか?
そのことが不思議です。

今回、京都の分は、大丈夫でしたが問題は他府県でした。
社労士委託の届け出も他府県は出来ません。
あくまで登録した都道府県のみになります。
意味ないよな~~~~

出来るだけ電子でやっているのですが、量が多いと紙提出のほうが早い時もあり
今回の事のようになってしまうのです。

この前は新規適用終了書類が事務所ではなく事業所に届きました。
提出した年金事務所が悪いのか、事務センターが悪いのか・・・。

井出先生が「行政とは仲良くしてくださいね」とよくおっしゃってました。
確かにその通りだと思います。
が、あまりに何度もあると、ええかげんにしてくれぃ(-_-メ)と思います。

先日お話した先生は、ほとんど電子はやらないとのことでした。
電子は危険・・・とのことでしたが、私はやはり誤配のことを考えると電子でやりたいと思うのです。

先日、離職証明書を朝一で送ったら、夕方には返って来ました。
従業員さんに夕方には発送できました。
これはとても素晴らしい制度だと思います。
電子の良さはたぶんにあると思うのですが・・・。

今日電話に出ていただいた事務センターの方々は、2件とも優しくて素敵な方でした。
対応もバッチリで、仕方がないな~って思いました。
お世話になりました
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック