娘の就職が決まらず、ネットで探しては「ココはどう?」とか勧めると
「自分の仕事は自分で決めるから、干渉しないで!」とキレられて・・・これがまだ1年続くのかと思うと・・・トホホホホ

さて、その時に私がやりたいコトの求人を見つけました。
まだ資格も持っていないので先ずはそこからですが・・・。

資格を取っても採用してもらえる保証はありません。
それでも、持ってないとスタート地点にも立てない。

娘にそれを言うと
「まだ勉強すんの?もうええんちゃう?家族は迷惑やわ」と一言返って来ました。

確かに・・・

でも、定年後のことも視野に入れておかないと
年金暮らしで悠々自適
って老後は無理なので、しっかり稼がないといけません

そのためにも知らない人と話せるようになりたいです。
信じてもらえないけど

人見知り

を克服したいのです。

皆さんはタクシーに乗った時に、運転手さんと雑談しますか?
無口じゃなくて結構しゃべって来る運ちゃんっていますよね?
私はほとんどしゃべりません
新幹線とか電車の隣の人ともしゃべりません。

子どもが小さい時は、公園でも知らない人に声を掛けてもらって一言二言話したこともありますが
今では私から話しかけることもないので、ひたすら無口です。

でもこの前の旅行で、友達の姿に感動したのです。
先ずは中居さんが料理を持ってきては、「ありがとう。運びますね」とせっせとお手伝い。
中居さんが何かを言うと、その人がちゃんと受け答えしてくれます。

そういう心配りは大切です。
その友達はどこに行っても、よく話すそうです。
そうすると、相手の人も笑顔になります。
とっても大切なことですね。

いくら資格を取っても、話しにくい人だったり、不愛想だったりすると誰も相談しようと思わないです。
これはどんな職業の人でも"接客"という仕事をする人には当てはまります。

大切なのは「笑顔」そして「人懐っこさ」もあればもっといい。
「頼りになる」印象もあれば鬼に金棒です。

人と人とが接する仕事は、やはり何と言っても「ハート」が大切なのではないでしょうか。
モジモジ・・・ってタイプで、お礼や挨拶もいうタイミングが悪くて、不愛想では可愛がってもらえるはずもありません。

反省・・・。

人として・・・ってことを最近よく考えます。
子供のように、人と話すのが苦手・・・なんて言っている場合ではありません。
急には無理ですが、少しずつ変わっていけたら良いなって思います。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック