顧問先さんからの質問に電話で答えました。
年金の相談でしたが、勘違いをされていたようです。
すっきりした~~~と喜んでもらいました。
こういうことがあるととても嬉しくなります。

友達からの質問の時もそうでしたが、私には普段当たり前のように思っていることが、一般の人達にはわかりにくいことだったりします。
だからこそ、税理士だったり社労士だったりと専門家が必要となるのですね。

行政協力のお手伝いにも少し参加させていただくことにしました。
たった一日ですが

労働保険もまた依頼があるでしょうから、そちらも参加させていただくことになると思います。
先日、その件で社労士会の上の方からメールをいただきました。

「机上で何時間も勉強して知識を得るより、このような相談者を経験することは、とても勉強になります。」
とのことでした。
本当にその通りです。

顧問先さんから質問されて、慌てて調べることもあります。
その都度、ふむふむ・・・と納得したりしています。

受験勉強から一歩先を行くこと
それが生きた知識だと私は思います。

社労士として稼ぐのではなく、実務経験を積むことが一番だと私は思います。
人それぞれ考え方は違うでしょうから、あくまで私の優先順位です。
セミナーで受け身の勉強は向いていませんから・・・

机上の勉強も必要なんですけどね。。。私には。

人それぞれ、得意な分野や苦手なところはあるでしょうから
その辺りのことを考えて少しずつ、進めたら良いなって思います。

誰かの役に立ちたいなぁ・・・。
そんな風に思います
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック