今日は祖母と祖父の法事でした。
親戚のみんなと久々に会いました。

思えば・・・受験生時代に祖父の法事がありましたが
模試が重なったと嘘をついていかなかった年がありました。

祖母が祖父が亡くなった後、ホームに入って寂しい時に
私に会いたがっていたのに、勉強があると1年間行かなかったときがあり
その間に私がわからなくなるほどボケてしまいました。

勉強することで、子供との時間はもちろん
祖母との時間も犠牲にしてしまった私です。

勉強することは素晴らしいことですが、大切な時間を無くしてまでやる必要があったのかと今でも思います。
後悔の念は、きっと死ぬまで持ち続けるのでしょう。
祖母が会いたがっているときになぜ行かなかったのかと、
久々に顔を見に行ったときに他人を見るような目の祖母を見ては、ボロボロ泣けてきたものです。

試験のための私の1年と、祖母の1年は違うのです。
子供だって1年あれば、生まれた子が歩くんですものね・・・。

でも、生半可な気持ちで合格できる試験でもないので難しいです。

祖母の納骨の時に、火葬場で親戚に必ず社労士になるのだと宣言したことを思い出しました。
だからってあの時と今日とが何かが変わってるかというと、何も変わっていないのですけどね。。。
でも、いくつになっても何か目標を持っていたいです。

変わってなくても、何もないよりはあったほうが良い。
そんな風に思います。

人間一生勉強だと、相田みつをさんも詩にあります。
images.jpg

一生勉強と一生青春は、一枚の紙の裏表のようなもの。

「年をとって困ることは、身体が固くなるばかりでなくて、
 頭が固くなること、心が固くなることです。
 心が固くなると、感動、感激がなくなります。
 一生青春を保つためには、心のやわらかさを保つこと。
 そのためには、具体的に何かに打ち込んでいくことだと思います。」

※相田みつを美術館より

心を柔らかく持って、臨機応変に物事に立ち向かっていけたら素敵ですね
コメント
春さん、こんばんは。。

それだけ打ち込んできたから今の春さんがあるんですょ(*^^*)
そんな試験ですよね。この試験は、、。

春さんも私も皆さんも青春してますよね!(≧∇≦)

2014/03/09(Sun) 23:45 | URL | pon | 【編集
ponさんへ
ありがとうございます。

そんな風に言ってもらえると少しは楽になります。
でもね・・・ほんと勝手な人間なんですよ。
自分の事だけなんです。

打ち込むものが有って幸せだと思ったりもしますが・・・。

ホント熱い日々です。
今年はもっとお会いできるので楽しみです。
2014/03/10(Mon) 08:23 | URL | 春 | 【編集
春さんこんにちは。

そうですか。
つらいご経験でしたね。

でも今 祖母さんは、春さんやご家族が毎日元気に楽しく
過ごしている姿を暖かく見守っていて下さいます。
きっとそうです。

しっかりと生きてゆくことは、
いま生きている私たちの使命であり、
それが祖母さんが一番望まれていることと思います。

慌しい毎日の時間に流されてしまいがちですが、
そんなときは家族や仲間たちと
助け合いながら、同じ空気を吸ってゆきたいと
改めて感じています。

2014/03/10(Mon) 15:51 | URL | キヨキヨ | 【編集
キヨキヨさんへ
ありがとうございます。

自分勝手な人間なので後悔先に立たず・・・です。
当たり前すぎて気づかないことが多いのですが、無くして気づくのでは遅いのです。

でもなかなか学習できてません。
自分の目でしか物事を判断できないのではなく
大きな視野で周りが見れる人になりたいです。

キヨキヨさんのコメント
いつも温かいです。。。ありがとう。
2014/03/10(Mon) 20:28 | URL | 春 | 【編集
こんばんは。
春さん、とても素敵な記事ですね。
じーんとしました。
私も勉強に費やしてきた時間で、いろいろなものを犠牲にしてきた気がします。
その分、今その時間を取り戻そうとしています。
ただ、私も同じように祖母を亡くし、勉強ばかりして元気な時に会いに行かなかったことには後悔があります。

でも、やっぱりあいだみつをさんの言葉のように、「何かに打ち込むこと」の大切さも感じています。
あの時間があったからこその今があると思いたいですよね☆
素敵な記事をありがとうございました☆
2014/03/11(Tue) 22:57 | URL | ako | 【編集
akoさんへ
akoさんのような温かい文章がかけません。
だから褒めてもらってとっても嬉しいです。

私と違ってakoさんはいつもおばあさんを気遣ってられましたよ。
決してないがしろにはしていません。
それでも同じように思われるんですね。

そういうものなのかなぁ・・・。

お互い、家族との時間を取り戻したいですね。
お母さんといろんなところに出掛けられるakoさんを見ていて、それも同じだなって思います。
おばあさんへの思いも大切にしたいです。

いつも本当にありがとうございます。
2014/03/12(Wed) 22:15 | URL | 春 | 【編集
その時にしかできなこと
…はその時感じたことを感じたままにやることだと私は思っています。

大事な何かを犠牲にしてきたことは後から振り返ってみて、ようやくそれを感じることは多いと思いますが、それも「今」という瞬間を精一杯に生きてきたからこその「結果」なのかな?と私は感じます。

「一生青春」は自分らしく生きることだと私は思います。
犠牲にしてきた「後悔」があるならば、その分をぜひ「喜び」という形でご自身あるいは周囲の人たちに還元していきたいですよね♪

というわ・け・で「後悔」を「喜び」に…ぜひ4月からの勉強会でお願いしま~~す!(…って結局そこに結び付けたがる澤田でした♪)

今年は黒春でも、白春でもない、もっと次元が上の「青春」ですネ!?

>ponさんへ
この4月からはどうぞ宜しくお願いしますね♪

澤田 知宏

※勉強会会場のご手配いつもありがとうございます。ご指定させていただいた日が少なくてほんとすみませ~ん!m(_ _ )m
2014/03/12(Wed) 22:56 | URL | 澤田 知宏 | 【編集
澤田さんへ
そうですね・・・その時に選択したことなんですが
やっぱり、もう少しこうもすればよかった、あ~もすれば良かったと思うのです。
..............( _ _)σ イジイジ

済んだことを後悔しても始まらないのですが
法事のたびに思いだすのです。
仕方がないですね。

前を向いて頑張っていきます。

黒春、白春に青春ですか~~~~
澤田さんの発送ってすごいです。
今年はアオハルで頑張っていきますネ!

勉強会、来月からよろしくお願いいたします。
いつもお任せですみません<(_ _)>
2014/03/13(Thu) 08:17 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック