3月11日・・・あれから3年なんですね。
京都は何事もなく過ぎた日でしたが、高校時代のブラスバンドの後輩が連絡つかなくなりました。
宮城の高校の教師をしているだけに、心配で心配でみんなで連絡を待っていたものです。

無事、連絡が入ったのは確か3日後。
本当に嬉しかったものです。

他人でさえこんなに心が痛かったのに、身内で行方が分からないというのは本当に辛いことです。
朝からいろんな映像が流れていました。

消防団でみんなに避難を誘導していた男性が犠牲になったり
放送で津波が来るから逃げるようにと、最後まで伝え続けて犠牲になった女性のお話は泣けました。

年老いたご両親は、子供に先立たれて生きる張りも希望もなくなったそうです。
そうですよね・・・。

いくつになっても子どもは子ども。
先立たれた辛さは想像も出来ないほど辛く悲しいことでしょう。
でも、彼らが救った命たちの尊さ。
助けてもらった人たちの支えがあり、それを希望に生きてられるとのことでした。

もし・・・私の子どもが・・・となった時に、きっと私は言うと思います。
「先ずは自分が助かりなさい!」と。
綺麗ごとは言えません。
人を助ける人になって欲しいと思うものの、実際はやっぱり生きていて欲しい。

誰よりも自分の子どもの命が大切だと思ってしまうのです。
不思議です。
自分よりも親よりも、子どもってのは何よりも大事なんですね。
こういう気持ちは、母親になるまでわかりませんでした。

3年前の地震、津波、原発事故
たくさんの方が犠牲になりました。

小さな子から、お年寄りまで・・・。

親を亡くした子も可愛そうだと思いますが
まだ少ししか生きていない、小さな子どもたちが津波に呑まれたというのはとっても悲しい・・・。

それでも残された人たちは生きていかないといけない。
なぜこういう悲しいことが起こるのか・・・。
何のために神様は試練を与えるのか・・・。
いつも、こういうことがあると考えてしまいます。

日本中のみんなが、決して忘れてはいけないこの日
犠牲になった人たちを思う日

当たり前のことが当たり前に出来ることに感謝しつつ
真摯な気持ちでいろんなことに取り組んでいきたいと思います。

黙祷


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック