最近、電子申請に慣れてきました。
失敗もありますが、やはり郵送よりは便利です。

ただ、早いかどうかは・・・わかりません。
受け側の担当者によって、その日に返ってくることもあれば
10日ほど放っておかれたりしますから。

今日は東京労働局の方からお電話をいただきました。
先日の単独有期の申告書の件でした。
先日のブログにも書きましたが、今年4月の増税により、
請負金額に108分の105を掛けた金額が請負金額となることになりました。

今回は苦肉の策ということで処理してもらったのです。
が、イーガブでは対応が出来てなくて、これから先すぐに修正されて対応できる見通しが立っていないとのことでした。
なので、これからは概算も確定も紙で送って欲しいとのことです。

ええええええ~~~~~

書類に印鑑をもらうのは結構面倒です。
それも会社なので、なかなか社長さんの印鑑がもらえません。
先に印鑑をもらおう・・・ということも、出来ませんし

「時代に逆行しているんですけどねぇ・・・」と残念そうに言っていただきました。
その気持ちだけで十分です。

以前にも、お電話をいただいていろいろと教えてくださった方です。
始めは、オネエ言葉で気になっていたのですが
標準語ってそんな風に聞こえるのでしょうね。
関西人には、お上品な感じがします。

とっても優しくて、かつ、仕事が出来る男って風で素敵な方なんですよ~~~ って、お会いしたことないんですが・・・

単独有期事業の申告書、早く対応してください

また明日も頑張りま~す
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック