受験生の頃、介護保険を勉強しました。
とても苦手な社一と労一は手ごわい敵ではありました。

実際に仕事をしていると、国民健康保険の知識も必要です。
もっと社一を勉強すべきだったと後悔先に立たず・・・

特に介護保険はもっと手ごわかった科目です。
介護保険を受けるのに必要なもの、介護保険被保険者証+要介護認定等申請書
介護保険被保険者証が選択式で出ましたね。。。

当たり前すぎて選べなかった友達もいました。
そんな注目の紫色の被保険者証、今日実際に見ました。

父の分です。

介護保険の種類は、要支援1と2、要介護は1から5です。
勉強しましたねぇ・・・でも、ほとんど覚えていません

実は、今日は昼から休んで母と一緒に父を病院に連れて行きました。
2週間ほど前にMRIなどを撮ってもらって、神経内科での予約受診です。

2年ほど前から少しずつ、父がおかしくなっていきました。
1年前には、とある医院で受診したのですが、異常なしとのことでしたが
明らかに、いろんな症状が顕著に現われてきたので少し大きな病院へ行きました。

診断結果は、アルツハイマーでした。。。

そして、すぐに介護保険の請求をすることになり、相談室で介護支援専門員さんに相談しました。
1か月前に、区役所の福祉のところで相談したのですが、まずは主治医意見書が必要なので受診するようにとのことでした。

その時の対応より、今日の病院の相談員さんのほうがずっとずっと親身になってくださいました。
今日診察してくださった先生が、介護保険の認定まで1か月以上かかるので先に利用しておいたほうが良いとのことでした。

そうでしたね、これも習いました。
認定まで30日かかってしまうが、認定されたら申請した日に遡って受けることが出来る。

さっそく、ケアマネージャーを紹介いただき、訪問調査をしてもらうことにしました。
今日一日でどんどん進んでいきます。
行ってよかったです。

私の連絡先を教えるのに、名刺を出したのですが
社労士の名刺しか持ってなくて、それを渡しました。

「社労士さんですか~じゃあ、よくよくご存知ですよねぇ」と介護支援専門員さんに言われたんですが
「お恥ずかしいことに、まったくもう覚えていないのです・・・(〃・ω・〃)テレッ 」とお応えしました。
本当にその通りです。。。。

勉強したことは微かに記憶の彼方にあります。
全くないよりかはマシかもしれませんが・・・情けないです。。。

これからは介護保険の強い社労士になれるかもしれません!
なんてね~
ボジティブに考えることにしました
コメント
介護支援専門員
通称(ケアマネージャー)で書かれてもなじみが無いのにと思いました。
条文順過去問題集には、平22.9A(介護保険法69条の2第1項)1問しか掲載されていないと思います。

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方 (誕生日が昭和19年4月2日以降の方)→70歳となる誕生月の翌月(各月1日が誕生日の方はその月)の診療から、窓口負担は69歳までの3割から2割になります。
介護給付・予防給付もそのうち上がるんですかね?
2014/04/25(Fri) 06:53 | URL | 芦原英幸 | 【編集
芦原英幸さんへ
介護保険の名称はなじみもなくわかりづらいです。
苦手・・・・e-263

前期高齢者も今年の4月から負担が増えますね。
生きにくいよのなかですね。。。
2014/04/25(Fri) 22:38 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック