今日は父の診察に行きました。

毎週毎週、仕事を休んでいるので、もうかんべんして~~~って気持ちです。
ぎりぎりまで行けるかどうかわからず、昨晩有給を出したのですが
所長に快くOKしてもらいました。

予約なので待ち時間は30分ほどでしたが、病院はお年寄りでいっぱいです。
これが医療費を食い尽くすことになるのでしょうね。
だからといって、高齢になればそれは仕方のないことで、
その医療費や年金の負担金を将来の子どもらに負わすのもいかがなものかと・・・。

先月、アルツハイマーだと診断してくださった先生も
非常勤でたぶん定年後のアルバイトって感じのお歳です。

今日は、少しテストをされました。
結構クリア出来ていたようです。
少しでも症状が進まないようにとのことで薬の服用を勧められました。
でも、効く人が半分ほどだそうですから、あまり過度の期待はしないで欲しいとのことでした。

介護保険の主治医意見書を書いてもらえるようにお願いしました。
ケアマネさんも決まったし、認定員も来てもらったので、あとは意見書のみです。

早く認定がおりてほしいです。

朝刊に介護保険の改正の記事が載っていました。
2015年8月から所得の多い高齢者の介護費の自己負担割合を、今の1割から2割に引き上げるそうです。
年金収入が単身で280万円以上、夫婦で359万円以上が引き上げ対象となるとのことですが
これって多い???

症状の軽い人向けの介護予防サービスの一部を市町村に移したり、
特別養護老人ホームへの入所要件を、原則症状の重い「要介護3」以上と厳しくしたりする見直しです。

今までなら、スルーしていた法改正ですが、今はとっても気になる・・・。

今日からお薬も服用したので次回は2週間後です。
父のおかげで、介護保険のいい勉強になってます・・・
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック