おきらく社労士の特定社労士重要判例集の出版記念セミナー
こちらに参加してきました。

image2_convert_20140621190017.jpg

佐々木先生のお写真もipad miniで撮ったはずなのに・・・ビデオになっていて・・・失敗です
今日は前回の特定社労士講座の時同様、京都ひよこの会の大原先生にお世話になりました。
お世辞じゃなく、去年は先生方のおかげで合格できたと思っています。

特別研修よりも楽しく充実していたと思います。
合格するためのコツも含め紛争解決の流れを知らない、ど素人の私にはわかり易い講義でした。
なんといっても、おきらく先生が面白い~

去年の9/21のブログここから始まりました。
リベンジの方もいらっしゃいましたが、合格率は高かったと思います。

今日のお題は”ブラック企業VSホワイト企業”
CIMG4726_convert_20140621185725.jpg

こちらも面白くてあっという間に3時間半が過ぎました。

今回は"おきらく社労士の特定社労士重要判例集"こちらの記念セミナーとのことでした。
実は去年の特定試験の勉強の時に、去年の写真にあるように判例集もいただきました。
これ、すっごく読みやすくて、面白いのです。

でも今回のは本好きの私にはどうしても欲しいと思える綺麗に製本した本でした。
おきらくノートと並べて本棚におけばとっても美しい
CIMG4727_convert_20140621185745.jpg

パラパラと内容も見せてもらいましたが、気に入ったので会場で購入しました。
予約されている方もいらしたのに、足りたのかなぁ・・・と気になりましたが、OKが出たので安心しました。

CIMG4723_convert_20140621194240.jpg
去年のおきらくノートもサインをもらったので、今年もいただきました

今日もとっても楽しく勉強できましたよ~~~
もめないための就業規則の「ひとこと」は参考になりました。

特定社労士になるということがすべてではないけれど
持っていないよりは持っていた方が良いとおっしゃいました。
それは、何と言っても特別研修の内容が良いからと。

あの頃はただただ、毎週の土日がビデオ研修で潰れることが辛くてたまりませんでした。
毎回、睡魔との戦いだった時もありました。
でも、今改めて分厚いテキストを見てみると、内容がぎっしりと書かれている素晴らしい参考書ですね。
出来れば今、もう一度見たいビデオです。

その知識担保研修がためになるのだと先生はおっしゃいます。
判例の勉強や、あっせんの場合の答弁書などの勉強もとても有意義です。
労使紛争になったら、こんなに大変なことになるのだと知ることは大切です。
そのためにも、一歩踏み込んだADRの勉強は必要だと思います。

もし、迷っている人がいらしゃったら、私は背中を押します。
今年受けられる方は、頑張ってくださいね。

応援します
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック