今日は出務当番です。
朝から直行し、労働保険の年更受付を手伝いました。
同じ支部の女性の先生も一緒だったので嬉しかったです。

でもいきなり・・・建設業で・・・おまけに白紙
固まってしまって、頭はパニック
初めてのことなので動揺し、焦る焦る・・・。

でもって、手引きを持って行くのを忘れてしまい、借りながらの記入です。
ついこの前やったのに、電子だからどこをどうするって・・・あまり気にしなくて・・・。
自動計算って恐ろしいです。
道理がわかってないとこういうものはダメですね。

冷や汗ものでした

今日から7月。
そういえば私も6月下旬にまとめて提出し、あとは7月のかかりに建設などの残りを持って行ってました。
それも朝の8時半からです・・・。
待ち時間がないので空いているのです。

今日もそういう税理士事務所さんがいらして、みんなで手分けして電卓打ちました。
終わったら「ふう~~~」とため息です。

「朝一にこれは辛いな~」と先生がおっしゃって
実はいつもこういうことやってました・・・と白状しました。

そういえば、待っている間は暇なので、電卓を叩いてられるのをジーっとみていたものです。
今回反対の立場になってみて、それがすごくプレッシャーになることを知りました。
見てみないふりが一番良いんですね。

今日は税理士事務所さんがとても多かったのですが、
やはり電子申請が出来ないので仕方がないのでしょうね。
社労士印のある申告書はすごく少なかったのですが、きっと電子で処理されているんでしょうね。

昼からはずいぶん慣れてきましたが、還付請求や消滅もあり、四苦八苦してました。
事前にマニュアルで勉強もしたのですが、実際に目の前にお客さんがいらっしゃると焦りますし、普段やっていることが出来なくなります。

それにしても驚きです。
白紙でみなさん持って来られるんですね。
説明して出来るだけ書いていただきます。

せっかく慣れてきたので、このままもっとやりたいな~~~って思いました。
でも時間になると、「ここまで!」と帰らせてもらえました。
受け付けた分は仕上げたかったのですが・・・さすが公務員

最後も建設業でした

今回の出務で思うことは、税理士事務所がよく間違っていることです。
「税理士さんに書いてもらったんやけど」
というのが一番多かったです。
残念です。
もうちょっと頑張って欲しいなって思いました。

今日は仕事でお世話になっている方が、ご挨拶に来ていただいたりと
なにも出来ないのに、「先生」と呼ばれて恥ずかしい思いをしました。

役に立ったんだろうか・・・
足手まといになっていたのでは?
そんな気がしていますが、それでもまた来年、要請があれば参加させていただきたいと思う次第です。

良い勉強をさせていただきました。
ありがとうございました。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック