算定基礎が半分終わりました。
従業員の人数が多いとめちゃくちゃ時間がかかります。

今日はとある事業所のことでとまってしまいました。
月給の方ですが、事故でお休みしているので給与は半額です。
3か月のうち、たったひと月だけでの算定となりました。

今も休みがちなのですが、月変にもかけられません。
時間給になればなんとか可能性もあるのですが
それでも3か月間17日以上勤務って条件がありますから難しいです。

何とかならないかと年金事務所に聞いてみました。
「給与が少ないのに保険料が高くて可哀想ですね」と言うと
「傷病手当金もらえます高いほうが良いでしょうとおっしゃるのですが、残念ながら国保組合なんです。
なので何もメリットはありません

この制度ってなんだか変

4月から6月まで残業が多いと、年中保険料は高いままってのも変ですよね。
この厚生年金って戻ってこないし・・・掛け捨てだし・・・なんて思ったり

賞与からの保険料徴収も大きいです。
雇用保険も失業保険の対象にもなりませんが取られます。

私が若いころは、賞与金額も失業保険の対象になってましたから、賞与支給の月に辞めるのが得策となってました。
賞与からは源泉税しか徴収されませんでしたから、手取りも多かったのです。

あの頃が懐かしい・・・。

改正じゃなくて改悪だと思うのですが、そうしないと社会がまわらないのですから仕方がないのですね。
高齢化社会をどう乗り越えるのか・・・大きな課題です。
文句を言うことだけでは解説しないのですよね。
いろんなことを考えながら、仕事をしていけたらなって思います。

台風8号が猛威をふるっています。
910ヘクトパスカル
あまりの大きさにびっくりです。

沖縄や九州が心配です。
被害が大きくないことを祈ります。
特別警戒ってことですので、お気を付けください。

数日後、近畿直撃の進路でしょうか・・・。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック