今日はイデアクラブの"ビジネスマナー二回目"です。
講師は前回と同様、島津ゆう子先生です。
ほんとうにいつもきれいな声です。

アナウンサーってそういえば若いころ憧れたな~~~

今日は、前回に引き続きビジネスマナーとのことですが
今回は声の出し方の練習です。

挨拶一つにしても、気持ちの良い挨拶をするのと、暗い挨拶では違います。
笑顔で、気持ちが伝わるように挨拶をしないと意味がないですね。

早口言葉も色々とやりましたよ~~~
自分では得意なつもりでしたが、出来なかった・・・
口を大きく開けて話すことは顔の筋肉を使うので、アンチエイジングになるそうです。

今日は
「伝える」と「伝わった」の違い。
「聞く」と「聴く」の違いも考えました。

"言霊"

これは以前もブログで書いたことがあります。
口から出る言葉は生きています。
毎日、言葉を発しているとその通りになります。

あの頃・・・
「合格する!」って毎日唱えてました。

言葉には魂が宿ります。
綺麗な言葉を使いましょう。

もし、ネガティブな気持ちになったら、反対にボジティブな言葉で脳みそもだましながら
最後の1か月半を過ごしてくださいね
コメント
言霊
「聞く」と「聴く」の違い…

「聴く」の意味は昔聞いた記憶がありますが、もう忘れてしまいました(==;)

耳にプラスして目と心で感じるってことと、耳で十四の心を感じるってことだったかと思いますが、
「受容」「共感」「好意」「肯定」「誠実」…と他なんでしたっけ?

「言霊」…
言葉には魂が宿るって、よく言いますもんね!
かんさんがよく本試験で初めに解答した答えを書変えて誤答になる経験をされたと話されてました。それを無くすために今、目覚めにある言葉を毎日3呼称唱えていただくようアドバイスをさせていただきましたが、かんさんやってはりますかねぇ…。その言葉っていうのは…

答えに迷ったときの判断:「第一印象、これに勝る迷いなし!」×3回
(ぜひ、他の受験生の皆さんもこれを朝イチ目覚めに3回呼称してみてくださいませ)

ネガティブな気持ちはあえて隠す必要はないと思いますけど、つい出てしまったらその3倍ポジティブな言葉を口に出してみるといいかもしれませんね。

澤田 知宏

※本日ラストの勉強会資料をお送りいたしました。ラストなんで、いつも以上にかなり気合入れて作成しました。ぜひご確認くださいませ!
2014/07/12(Sat) 23:55 | URL | 澤田 知宏 | 【編集
澤田さんへ
そのとおりです。
「聞く」は、ただ耳に入ってくるだけで聞こえる。
「聴く」は、理解するようにしっかりと聞くこと。
耳をそばだてて十分に目と心を使ってきくこと。
だそうです。

感じって素晴らしいですね。
日本語はみんな意味があるのですね。

井出先生もおっしゃいます。
第一印象を大切にすること!と。

明らかに間違っている場合は別として、書き直して失敗することってよくありますもの。
かんさんは今年はぜったいにクリアです。
信じてますもん~

メールありがとうございます。
内容は見れてませんが、いただいていることは拝見しました。
いつもありがとうございます。

よろしくお願いいたします。
2014/07/13(Sun) 14:35 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック