算定基礎や他の手続きの公文書が返ってきていますが
まったく手を付けられてません。

やばいです・・・。

社労士の仕事に追い掛けられていたので、税務の仕事が間に合わず
期限ぎりぎりで飛び込んでいる状態です。
その合間にも、手続きのことや相談事は後を絶たず・・・。
もう一人自分が欲しいです。

へとへと・・・

決算の試算表も仕上げないといけません。
あちこちで、「すみません・・・」の連続です。

事務所の就業規則も頼まれているのですが、それこそ、このままでは手もつけられません。
それなのに、とある事業所で、就業規則の見本みたいなのもらえないだろうか?と言われました。
こればっかりは、出来ません。

無料でひな形をもらい独自で作り、その後見直してほしいとの要望をよく聞きます。
事務所に言えば何でも出来ると思ってもらえるのは嬉しいのですが・・・。
結局、厚生労働省のモデルをお渡しすることにしました。

去年は10万円の就業規則のセミナーに参加しましたが
もったいないとは思いませんでした。
知らないことを知りたいと思うなら、それなりの投資は必要だと思ったからです。

事業所に行き、労使間相談を受けるのもやっていければとは思いますが
やはりその分の費用は発生すると思ってほしいです。
でも、なかなか言えません。

所長から、初めに話しておかないと後になるほど言いにくいとアドバイスをもらいました。
確かにその通りですが、言いにくい・・・。
でも、事務所のために、頑張って稼ぎたいって気持ちも大きいのです

そうそう、今日は『特例退職被保険者』って知ってはりますか?って聞かれました。

ええ~~~~っとぉ・・・と思いつつ、調べながらお話してました。
受験生の頃、しっかり覚えたのにすぐに忘れます。

やばいやばい・・・。

知識のメンテも必要ですね。
ドキドキものでした。。。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック