先日、お客様が労働保険の納付をしたかどうかがわからないとのご連絡がありました。
同時に源泉税の納付もあるので、どちらかが払えていないかも・・・と。
納付書は手元に残っていないようですので、こちらで確認することになりました。

たぶん労働保険だろうなってことでしたので、さっそく労働局に確認の電話を入れました。
「調べます・・・」とのことで、事務所の電話番号を伝えました。
ところが1週間経ってもかかってこない・・・。

もう一度労働局に掛けてみました。
また「調べます・・・」とのことでしたので、「今度はお返事くださいね」と再確認しました。
今回はすぐにお返事がありました。

すると「前回のお電話の後、お客様の方にお返事をするために電話をしました」と。
ええええええ~~~~です。
「いきなり労働局から電話があったらビックリされるでしょ。困りますね~」というと
「個人情報なので、ご本人様でないと・・・」とのこと。

結局、先方には一度しかお電話を掛けてられなかったようで、その時は不在だったようで掛からなかったようです。
で、そのまま放ったまま・・・状態。
「それなら、まず電話をしたときに、その旨を伝えるべきですし、その後でも事務所に連絡を入れるべきではないですか?」と、この時点で少しイラッとしてきました。
「電話に出たものの対応が悪くてすみません・・・。」とのことですが、その後も放ったままにしているのもどうなんでしょうか。

「個人情報とのことですが、何のための社労士印なんでしょうか。電子申請で提出代行証明書も付けていますがそれでは社労士の意味がないですね!」と、久々にキレてしまいました

すると、「上司に相談します」と一度お電話を切り、その後すぐに
「提出代行をしていただいている社労士さんですから、お知らせしても良いということでした」とお返事をもらいました。
納付書を書いたのも私ですしね・・・ったく

こちらもお世話になっているので、偉そうには言えませんが
事務所に一度も連絡もなく、放ったままってのにも呆れました。
もちろん、誰しも失敗はあります。
私も助けてもらうことがありますから、キツく言うつもりはないのです。
でも、道理が通ってないことは納得できない・・・。

「まあまあ・・・。」

そんな風に、もう一人の私が言うのですが・・・。

個人情報って大切なものです。
それでも、ある程度のことは委託を受けていれば適宜対応すべきかと思います。

偉そうにするつもりは何もないのです。
ただ、お客様と行政との間に入って、少しでもスムーズに事が運ぶようにと思うだけです。
そして、出来るだけお客様に面倒を掛けないようにと、気を配ります。
それだけなんですけどね・・・。

それにしても、ブラックリストに載ったらどうしよう・・・
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/25(Fri) 16:11 |  |  | 【編集
7/25 鍵コメさんへ
そうなんですね・・・大きな学校はそこまで徹底していないのでしょうね。
営業が一番なんでしょう。
ideはそれよりも、合格させることに力を入れているので、経営は大丈夫なのかと反対に思うこともあります。
(余計なお世話ですね。)

お話するだけで癒される・・・そんな塾ですよね。

通勤時間に塾長の声を聴きながら、何度もうとうとしていました。
あはは~同じで嬉しい。

あと少し、お身体大切に頑張ってください。

いつも温かいコメントをありがとうございます。
2014/07/25(Fri) 21:47 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック