勉強会の友達と会いました。

元々、ブログで知り合い仲良くなり、勉強会のメンバーとなったのですが
一人は去年合格で、もう一人は今年合格予定。
そうなるとやはり笑顔が出ます。

去年が試練の年でしたから、その分嬉しさも倍増です。
友達の合格って本当に嬉しいです。

勉強するってことは結果も含めて、受験だよねって話になりました。
受けるだけでは次に繋がりません。
不合格だったら、辛くても悲しくても結果を受け止め、立ち上がる。
そこまで乗り越えないといけません。

頑張ったら、頑張った分だけ出来なかったときは辛く悲しいです。
でもそれがまた、翌年へのモチベーションに繋がるのです。

何度も何度も不合格通知が届きました。
この迷路からいつになったら抜け出せるのかと・・・
勉強していても私には縁がないのかもしれないと・・・
何度思ったことでしょう。

お金を遣い、時間を遣い、家族に迷惑をかけ
身体に負担もかけながら頑張った年月を思うと
止めようかな・・・って思うこともありました。

諦めたらそれで終わり。

一年お休みすると、また一からになります。
覚えた知識はどんどん抜け落ちていきます。
いつか廻ってくる「合格年」を逃してしまうかもしれません。

それでも、いろんな事情でやめないといけないこともあるでしょう。
実際、私も家族から「今年が最後」と言われていました。
そういう場合は仕方がないとして、そうでない方はぜひとも続けてほしいです。

何年やっても、まったく届かないなら話は別ですが
あと少し・・・って方は、続けていれば必ずその日はやってきます。
それは今日の私たち3人が良い見本です。

社労士試験は本当にマニアックな試験です。
今年50点の択一点でも来年はわかりません。
選択40点近く取れても、基準点割れがあればドボンです。

知識をしっかりと習得することはもちろんですが
試験への取り組み方や、対応の仕方もコツがあるのかもしれません。
それでも不器用な私たちはコツコツやってきました。

そして今、笑顔で合格予定の友達を労うことが出来ます。

社労士を目指しているみんなが、ドキドキしてマークミスを心配し11月が待てるように
そして、官報で自分の番号が見つかり、合格した喜びを感じてもらえるようにと、切に願っています

痛い思いをした方が喜びも大きいのです。

今は、いっぱい落ち込んでも良いのです。
無理に取り繕う必要もないですし
応援してもらって悪いって思う気持ちも要りません。

9月はゆっくり好きなことをして
また10月から頑張っていきましょう
コメント
no pain, no gain
この勉強会…そもそもはその合格予定の方からのお声掛けがすべての始まりでした。

で、その後春さんに出会い、その次の年にはひとみんさん、びーふるさんに、そして今年はPonちゃんに、と今のような感じでご縁が広がっていったわけです。

>痛い思いをした方が喜びも大きいのです。
全くその通りだと私も思います。

だから今回その合格予定の方からのご報告を受けた時は本当に嬉しかったです!

かんさん、おめでと~~~!(って結局名前暴露してるしぃ笑 ま、いいか!)
2014/08/30(Sat) 23:46 | URL | 澤田 知宏 | 【編集
澤田さんへ
昨日もそんな話をしていたのです。
まりんさんとかんさんと3人で勉強を始めたのですが
ついつい無駄話になってしまって困っていました。

そこから始まったご縁です。

かんさんの連絡は本当に嬉しかったですよね。
彼女が合格しないで誰がする!って思いでした。

澤田さんにはほんとお世話になりました。
ありがとうございます。

2014/08/31(Sun) 20:28 | URL | 春 | 【編集
恐縮です。
何だかえらく取り上げていただき、恐縮してます。
今朝、合格証書を手にして色々な方々へ連絡している夢を見ました。
目が覚めて「あ~夢か。。。」と。。
で、ますますマークミス恐怖症が、、、

この試験、酷ですよね。
でも8年かかった私が言えるのは諦めないで良かったかな。。と。
合格なんて出来ないかも。と思ってましたが、
勉強やりきったと思えたら試験の神様は微笑んでくれるのかも。
そんな気がします。
それにしてもあ~、マークミス恐いです。。。

色々とありがとうございます。。
2014/08/31(Sun) 21:00 | URL | かん | 【編集
かんさんへ
夢を見ましたか~
そんなこともまた微笑ましいです。

めげずに頑張れば結果は出ると証明できましたよね。
本当に嬉しいですもん。

かんさんが合格してくれて何より嬉しい。
TさんもMさんも澤田さんも初めのメンバーは思っています。

秋が楽しみです。
2014/09/01(Mon) 12:37 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック