とある事業所の従業員A(未成年女性)が退職しました。
健康保険証も返さずに退職されたので、離職票の手続きの時に一緒に返還してもらう手はずを取り、こちらで請け負ったのですが・・・・

いくら待っても送ってこない・・・。
離職票はしっかりと受け取ったのに、知らんふり・・・。
仕方なく本人の携帯へ電話をしてみました。

私「健康保険証はまだですか?」
A「無くしました」
私「大切なものなので、探してください」
A「はあ・・・」
私「一週間後に電話をしますので探してくださいね」

一週間後、電話をいくらかけても出ない・・・。
結局二週間経っても、繋がらず、業を煮やしてご家族の方に電話しました。

私「Aさんの電話が繋がらないので掛けました。健康保険証の件ですが」
父「ああ、保険証はないんですよ」
私「Aさんから事業所に電話をして無くしたことをお伝えください」
父「ゆうときます」
私「明日、Aさんから事務所にもお電話をお願いします」
父「電話番号わからへんわ」
私「申し上げます」
父「控えるもんがないなぁ」
私「Aさんの携帯に番号が出ていますから、そちらにお願いします」
父「はいはい」

途中で腹が立ってきました。
Aさんはうちの子よりも年下なので、お父さんは私より若いはず。声の感じでは40くらいか・・・。

勤めている頃から、いろんな話をよく聞いてました。
いわゆる、常識がないレベル。。。
従業員の間でも浮いていたのですが、そのうちにわかってくるだろうと思っていたが変わらないとのことでした。

結局、事業所にも事務所にも電話はありません。
携帯にももちろん出ることもないのです。

保険証を無くしたら、紛失したとの書類を書かないといけなくて
もし万が一、使っていたら事業主負担となります。
お詫びの一言があっても良いのでは?

呆れることは、両親が揃っていても、
「そりゃあ大変なことだし、謝らないといけない」って言わないこと。
20歳にもならないとはいえ、社会人として数カ月でも働きながらもまだ親に甘えている。
Aさんは、これからどんなふうに生きていくのかと・・・。

私が心配することじゃないでしょうが。
うちの子もこんなだろうか・・・と不安になります。
いや・・・私もこんなだったのだろうか・・・と。

世の中いろんな人が居ると、改めて感じました。

私ももっと大きくならなきゃ・・・身体は大きいけど
コメント
唖然・・ですよね
こんばんは☆

えええ?というような社会人、ごく稀に存在しますよね。

私が医局秘書をしていた時代に、他の医局に入ってきた秘書さんで、「仕事が、思っていたような内容でなかった」と二日だか3日で退職した方がいたのですが、どうやら、無断欠勤を重ね、なかなか電話も繋がらず、やっと出た携帯で「あの・・・辞めます。」という展開だったらしいです。

未成年ではないけども、やはり若い世代だったようですが、年齢に関係なく、「えええ?」という人はいるような気がします。

辞めるにしても、自分から連絡をするとか、返却すべきものはきちんと返すとか、そういったマナーや礼儀って、社会人としての基本だと思います。

今回は、公開コメントにしてみました、笑。
春さん、いつもあたたかいお言葉やご配慮ありがとうございます。
塾から新しい教材が届いて、また頑張ろう!と新鮮な気持ちになっています。

2014/11/18(Tue) 00:45 | URL | ルビー | 【編集
ルビーさんへ
公開コメントe-402

年齢に関係なく「え?」って思う人が居ますよね。
自分もそうならないようにと思っていますが・・・。

教材が届いたんですね~
今年のカラーが気になります^^

頑張ってくださいね!
2014/11/18(Tue) 21:48 | URL | 春 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック