解雇したいけど解雇できないから、なんとか自主退職に持っていけないか・・・。
そんなお話を聞きました。

コレって正直よく聞きます。
ひと昔前なら、出来たことです。
パートだった私も20年前に、そうやってクビ切られました。
今なら大ごとです。

でも、解雇出来ないわけじゃないし
ただ、不当解雇だと言われないようにしましょうということなんです。
特定試験の問題によく"解雇"が出てきますが、仕事が出来ない人ほど訴える気がします。

でも実際はどうなんでしょうか。
事業主からの声しか聞かないので実際のところはわかりません。
が、やはり、合う合わないってのはあると思います。

そういう話を聞いて、所長が言うのには
「雇った以上、教育する義務はある」と。
まったくその通りです。

出来ないから辞めてもらうってのはどうなんだろう・・・。
でも、合わないところにいて、評価してもらえないよりは
その人に合ったところに転職するのも一つの方法です。

難しいなって思います。

その従業員がモンスター社員なのか、事業主が人間的に出来ていないのか
見極めは必要です。

従業員さんが楽しそうに働いている職場は、雰囲気が違います。
それは事業主さんの器の大きさでしょうか。

社労士になって思うことは、人を雇うことの大変さです。
本来の仕事だけでなく、従業員との関係を良好にするためにどうしたら良いのかを考えないといけない。
従業員間で揉めたらそれをなんとかしないといけない。
結構悩まれています。

大きな会社なら、パワハラやセクハラの問題も出てくるかもしれません。
労働者保護が徹底されているので、企業側はしっかりとしないといけません。

そう思うと雇われているってことは、
自由がきかないかもしれないし、一発千金が狙えないかもしれないけれど
精神的には楽だと思うのです。

社労士として何が出来るのか。

従業員を上手に辞めさすアドバイスなのか
従業員が辞めなくてもすむようなアドバイスなのか
労使間が良好に持っていけるために、どうした良いのかを考えたいなって思うけど、理想のようにはいかないのです。

人間は"感情"ってものがあるので難しいです。
それを"相性"とも言いますが、こればかりはどうしようもないので難しいです。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック